注目のインスタグラムのショッピング機能

 

インスタグラムのショッピング機能は、日本では2018年6月5日から導入されたばかりの新しい機能。アメリカでは先行して2017年3月にリリースされ、2018年に入ってから市場拡大してきている今大注目の機能です。

日本でも、Baycrews、BOTANIST、creema、GiltJapan、minne、ZOZOTOWNの6社でテスト運用を実施してきたので、すでに消費者としてショッピング機能を利用したことがある方もいらっしゃることでしょう。

 

ショッピング機能では、投稿した画像に写っている服や小物などのアイテムに「商品名」「価格」などを記載したタグを付与することが出来ます。気になる商品のタグをタップすることで、直接商品サイトへ移動し、その商品の詳細を確認したり購入することが出来るようになります。

画像は、商品をコーディネートして身に着けたモデルや、テーマを決めてディスプレイした商品などで、消費者の興味を引くことができます。

 

 

これまでは、インスタグラムで気になる商品を見つけた場合、そこから取扱いサイトを探すなどの消費者側からのアプローチが必要でしたが、気になる商品の画像からすぐに詳細画面や購入サイトへとスムーズに誘導することが出来るようになるのが大きな魅力です。

 

実際、ショッピング機能のテスト運用をしてきた企業の中には、これまでは、「この商品は、どこで手に入りますか?」などというコメントが多かったそうです。商品が買える場所のURLやキーワードがあっても、「それを確認し商品を探す」というひと手間があるだけで、ハードルが高くなり、購入意欲を逃してしまうケースも多かったと考えられます。

それが、気になる商品をタップするだけで商品購入できるようになるのですから、購入意欲が冷めないうちに購入してもらうことが出来るようになるわけです。

 

この魅力的なショッピング機能は誰でも利用できるわけではなく、導入には条件があります。

・インスタグラムのアカウントが事業者アカウントになっていること。

・Facebookのビジネスアカウントを持っており、そのページにショップセレクションを追加、あるいはビジネスマネージャでカタログを作成してあること。

・インスタグラムのアカウントが所有権のあるFacebookページと接続されていること。

・提供者契約とコマースポリシーに準拠した物理的な商品を販売していること。

 

これらの条件をクリアすれば、ショッピング機能を導入できます。

 

日本国内で月間アクティブユーザー数が約2000万人(2017年10月発表)、全世界の月間アクティブユーザーはなんと10億人越えです(2018年6月)。

この巨大な市場をぜひとも活かすことをお勧めします。

関連記事