LINEスタンプクリエイターって稼げるの?

 

誰でもLINEスタンプを作成して販売できる「LINEクリエイターズマーケット」が始まってから4年以上経過しました。

この4年間で、LINEスタンプを巡る環境も大きく変化してきました。何より「誰でも

作成・販売できる」ことにより、クリエイターもスタンプも増加の一途をたどっています。

LINEスタンプが始まった当初は、販売されているスタンプは400個でした。それが今や12万個以上のクリエイターズスタンプが販売されています。公式スタンプや企業などからの無料配布スタンプもあわせると、ものすごい数のスタンプがあることになります。

 

これからクリエイターとしてLINEスタンプを販売しようとすると、ものすごい数のライバルがいると言えますね。

 

人気・話題のスタンプはたくさん購入されますが、ほとんどのクリエイターズスタンプは利用者の目に留まらずに売り上げがあがっていないというのが厳しい現状のようです。

 

LINEスタンプでまとまった収入を得ようとするのは、あまり現実的ではないようです。

そうはいっても、ひとたび人気に火が付けばシリーズ化などで売り上げを増やすことのできる可能性があります。

 

もし、人気のクリエイターの仲間入りができるのなら、どのくらいの収入を得られるのでしょう?

2018年5月時点で、売り上げ上位10名の累計販売額は、何と6億4100万円だそうです。普通の人には想像できない金額です。

 

また、2017年末時点での上位300位までの平均売り上げ(LINEクリエイターズマーケットが始まってからの累計)は、

1~10位:5億円

10~30位:1億円

30~100位:4000万円

100~300位:1000万円

となっています。

その一方で、月に1万円以上売り上げのある人は全体の1%未満というデータもあります。

 

この数字を見ると、スタンプが売れている人とそうではない人の差が大きいと感じますよね。

 

この上位に入っているクリエイターの方々は、全員がゼロから全てのスタンプ制作を行っているわけではありません。アイデアを練ったら、実際にスタンプを制作するのは技術をもったスタンプ制作会社へ依頼しているクリエイターさんも少なくないようです。

アニメーションスタンプで動きをつけたいとなると、それこそ制作会社へお願いすると完成度が高まりますね。

 

売れるスタンプとなるかどうかの大部分はアイデアにかかっているとも言われます。

いいアイデアがあるけれど、制作する技術も不安だし、なにより制作時間を取るのが難しい場合も多いかと思います。制作のプロならば、審査を通るために必要な点、ユーザーの目を引くポイントなども抑えながらスタンプを作成できます。

 

アイデアに自信があるのならば、ぜひLINEスタンプ制作会社へ依頼をして人気スタンプのクリエイターとなる夢にチャレンジしてみませんか?

Copyright © 株式会社M41 All Rights Reserved.