調剤薬局の皆様

「厚生労働省保険局は1月10日の中医協総会に、医薬品購入等の未妥結・仮納入を是正する目的で導入した「未妥結減算制度」について、新たな見直し案を提示した。現行の妥結率50%以下に課せられる減算ルールに加え、単品単価契約率や一律値引き契約等にかかわる状況について報告しなければ、医療機関の初診料や保険薬局の調剤基本料などを引き下げる。全品を対象とした毎年薬価調査が2021年度から実施される中で、流通の現状を把握し、流通改善を促す狙いがある」
引用記事⇒https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/59388/Default.aspx

薬価交渉の準備はお済ですか?

以下該当する調剤薬局の経営者の方は是非、ご相談ください

「価格交渉を行っているけどいつも不安で合っているのかわからない」
「卸し側との交渉が苦手で他の人に任せたい」
「薬価改定で数値目標を新たに立てなければいけないのは知っているが時間がない」

御社の問題を解決いたします

薬価改善 薬価交渉 単品単価導入支援 交渉代行サービス 調剤薬局コンサルティング 株式会社M41

 

関連記事