健康経営優良法人とは

「健康経営優良法人認定制度」とは、健康経営に取り組む企業等の「見える化」をさらに進めるため、上場企業に限らず、未上場の企業や、医療法人等の法人を「健康経営優良法人」として認定する制度です。
経済産業省が制度設計を行い、日本健康会議(※)が認定しています。

2回目の認定となる「健康経営優良法人2018」では、大規模法人部門(ホワイト500)に541法人、中小規模法人部門に776法人が平成30年2月20日に認定されました。
(平成30年8月1日現在 大規模法人部門 539法人、中小規模法人部門 775法人)

※日本健康会議とは、少子高齢化が急速に進展する日本において、国民一人ひとりの健康寿命延伸と適正な医療について、民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実効的な活動を行うために組織された活動体です。
経済団体、医療団体、保険者などの民間組織や自治体が連携し、職場、地域で具体的な対応策を実現していくことを目的としています。


 出典:経済産業省「企業の健康経営ガイドブック」

 

健康経営優良法人認定メリット


全国健康保険協会 健康経営のメリットより

 

健康経営のメリット

 

  1. 企業のイメージ向上、ブランディング効果UP
  2. 人材採用力UP
  3. 従業員のモラールUP、自社に対する誇りが生まれる健康経営を推進することで、生産性がUP
  4. 特定の金融機関から、認定企業に対してのみ実施している金利優遇措置が受けられる
  5. 地方自治体によっては、インセンティブが授与される
  6. 取引先の健康経営度も重視する企業との取引が有利となる
 

 

健康経営とは

 
「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても 大きな成果が期待できる」との基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、 戦略的に実践することを意味しています。 従業員の健康管理・健康づくりの推進は、単に医療費という経費の節減のみならず、生産性の向上、従業員の創造性の向上、企業イメージの向上等の効果が得られ、かつ、企業におけるリスクマネジメントとしても重要です。 従業員の健康管理者は経営者であり、その指導力の下、健康管理を組織戦略に則って展開することがこれからの企業経営にとってますます重要になっていくものと考えられます。

健康経営優良法人(中小規模法人部門)認定基準 認定項目

 出典:経済産業省「企業の健康経営ガイドブック」

 

サービス内容

 

  1. ホワイト500、優良法人認定申請代行コンサルティングサービス
  2. 年間計画、健康経営プログラム開発、研修旅行、リトリート
  3. 講師出張サービス:バラエティ豊か専門家達が健康増進を図るために実施する出張レッスンや出張セミナーを貴社オフィスにて開催させいただきます。企画や内容、スケジュールにつきましては、貴社要望に応じて調整が可能です。(医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、マッサージ、ヨガ、筋肉体操他)

 

マッサージ、エステ、カウンセラー紹介

 

 

登録講師募集

 
募集人員:ヨガインストラクター、トレーナー、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、マッサージ師など、健康増進に協力的な方
出張エリア:都内丸の内エリア、横浜市など
 
 

ファーマシー事業

医薬品卸会社との価格交渉を改善しませんか!? こんなお悩みありませんか? 医薬品卸会社との交渉が苦手で、データーも整理できないしどうしていいかわからない 取決め仕入率をデータ化し保管や毎月の確認が出来ていない 請求差異のチェックが毎月できない ...

詳しくはこちら

モバイル事業

販売代理店募集!在庫なし、ノルマなしでモバイルが販売できます。ご興味のある調剤薬局様、多店舗経営者の方はお問合せ下さい。

詳しくはこちら