写真/宮下 潤 文/竹田 明(ユータック) マンガ/株式会社M41 | 2016.12.12

前時代的な不動産業界の体質に疑念を抱きサービスとマナーの徹底で新時代の不動産会社を築き上げた北見尚之氏。不動産のスペシャリストを目指して「リスト」と名付けた会社を地元に密着した経営スタイルで成長させ総合不動産会社として地歩を築いた。

そして、持ち前のチャレンジ精神で海外進出も果たした現在北見氏はどこを目指しているのか?地元の神奈川を出発点に、世界へと視野を広げて更なる成長を模索する北見氏にリストが実践する不動産会社のあるべき姿とグループを支える独自の経営哲学を聞いた。

スマホ版:https://superceo.jp/tokusyu/manga/100003
PC版
http://superceo.jp/book/vol23/#!4
https://superceo.jp/book/vol23/#!5

リストグループ 代表 北見尚之(きたみひさし)

リストグループ代表。1965年、神奈川県生まれ。不動産会社のあり方に疑問を感じ、独立を見据えて大手不動産会社に転職。1991年25歳の時に、リスト株式会社を設立し不動産仲介事業を開始。ビルマネジメント、一戸建て住宅の分譲販売と事業範囲を広げ、2000年からは新築マンションの分譲を手掛ける。2010年の上大岡駅前の再開発でデベロッパーとしても業績を挙げ、同年、世界的に有名なオークションハウス「サザビーズ」が有するネットワークを利用したクロスボーダー仲介事業に進出。2013年には「リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ」を設立。2016年にはホールディングス経営に移行し、不動産に関する開発・建設・販売・仲介・資産/施設管理・証券化など、総合不動産会社として時代の先と世界を見据えた事業展開を目指す。

関連記事