写真/宮下 潤 文/髙橋光二 マンガ/株式会社M41 | 2016.10.11

28歳で不動産会社であるエスグラントコーポレーションの株式上場を果たし、一躍“不動産業界で最年少の上場経営者”として名を馳せた、杉本宏之氏。しかし、リーマン・ショックの怒濤に飲み込まれてしまう。

30歳で400億円もの負債を抱え、地獄のような日々を耐え抜く。そこには、起業家仲間の励ましや支援があった。そして、民事再生手続を完了させ、2010年、同じ不動産ビジネスで再起を期す。

現在のSYホールディングスは、グループ7社、売上高200億円を超えるまでに成長。見事にリベンジを果たした。大失敗を猛省し、成功哲学を紡ぎ出した杉本氏に、その心得を聞いた。

スマホ版:https://superceo.jp/tokusyu/manga/100004
PC版
https://superceo.jp/book/vol22/#!4
https://superceo.jp/book/vol22/#!5

次世代の経営者にフォーカスを当てた電子ビジネス誌「マンガで見るスーパーCEO列伝」SUPER CEO(スーパー シーイーオー)vol.22を公開しました。



株式会社SYホールディングス 会長 杉本 宏之(すぎもとひろゆき)

株式会社SYホールディングス会長。1977年生まれ。高校卒業後、住宅販売会社に就職、22歳でトップ営業マンとなる。2001年に退社し、24歳でエスグラントコーポレーションを設立。デザイナーズワンルームマンションの開発を皮切りにプロパティマネジメント、賃貸仲介業、人材派遣業、リノベーションなどと事業を拡大し総合不動産企業に成長させる。2005年12月、名証セントレックス市場に業界最年少で上場を果たす。2008年、リーマン・ショックで急激に業績が悪化。負債191億円を抱え、2009年3月、民事再生を申請、受理される。2010年にSYホールディングスを設立し、グループ7社、売上高200億円を超えるまでに成長。

   

関連記事