写真/宮下 潤 文/髙橋光二 マンガ/株式会社M41 | 2016.08.10

1995年12月、何もなかった大阪・南難場にカフェ「アマーク・ド・バラディ」をオープン。同地を若者でにぎわうスポットに変えた。その2年後、月商4,500万円を売り上げる「カフェ・ガーブ」を開店。軌道に乗った事業は急速に拡大するが、組織の成長と自身がやりたいことのギャップに苦悩。「自分を輝かせるために仕事をする」という原点に戻り自らの理想とする飲食店経営を確立。

マンガ列伝公開中!是非、ご覧くださいませ

スマホ版:https://superceo.jp/tokusyu/manga/100108
PC版: https://superceo.jp/book/vol21/#!4
https://superceo.jp/book/vol21/#!5





 

関連記事