写真/宮下 潤 文/髙橋光二 マンガ/株式会社M41 | 2015.06.10

学生、商社マン、デザイナーの各時代を通じてバーテンダーのアルバイトを続けたほどの酒場好き。デザイナー時代にプロデュースしたビアガーデンが大成功し、エクスタシーを感じる。しかし・・・・・・。「プロデュースだけでは、開業後の地獄はわからない」知人の一言に奮起し、飲食店経営の世界に飛び込む。

自分のフィーリングを頼りに、常に新しいアイデアで次々に店を企画しヒットさせてきた。「店づくりは街づくり」という基本理念の下、人を集める魅力的な企画に才能を発揮。公共施設の再生・活性化にも幅を広げ、店づくりを通じて街のにぎわいづくりに貢献している。そんな稲本健一氏の、“繁盛の方程式”とは?

スマホ版
https://superceo.jp/tokusyu/manga/100131

PC版
https://superceo.jp/book/vol14/#!4
https://superceo.jp/book/vol14/#!5


株式会社ゼットン  代表取締役社長  稲本健一(いなもとけんいち)

1967年12月11日名古屋生まれ、金沢育ち。商社マン、プロダクトデザイナーを経て、93年、期間限定ビアガーデンのプロデュースを手掛けたのをきっかけに飲食ビジネスの世界へ。95年、株式会社ゼットンを設立しレストランバー「zetton」をオープンさせる。その後もさまざまな業態の飲食店を展開し、レストランウェディングなどにも進出。さらには、名古屋の「ランの館」を皮切りに、「徳川園」「中部国際空港」「テレビ塔」、東京の「三井記念美術館」など、公共施設をレストランビジネスで活性化させる「パブリックイノベーション&リノベーション事業」にも積極的に取り組み注目を集める。2006年には名古屋証券取引所セントレックス市場に上場を果たす。現在、東京・名古屋を中心に海外含め70店舗を展開。飲食を通して街の活性化、新しい文化の醸成に取り組んでいる。

関連記事