写真/宮下 潤 文/竹田 明(ユータック) マンガ/株式会社M41  | 2017.06.12

2016年4月に開局以来、瞬く間に人気を博し開局1周年が過ぎ、ダウンロード数は1700万を超えるAbemaTV。

さらに、放送前から注目を集めた番組「亀田興毅に買ったら1000万円」では、開局後最高の1420万視聴、累計コメント48万件を記録。賛否両論の入り混じった多くの注目が集まるのをよそにサイバーエージェント藤田晋社長は「無理な黒字化は事業をおかしくする」「年間200億円の赤字」などと発言。腰を据えてインターネットテレビを育てていく様子。

果たして、藤田社長の真意はどこにあるのか?常にヒットサービスを生みだし続ける藤田流の経営哲学、その秘密に迫る。

「スーパーCEO列伝」
https://superceo.jp/book/vol26/#!4
https://superceo.jp/book/vol26/#!5

「スマホ版」
https://superceo.jp/tokusyu/manga/

株式会社サイバーエージェント 代表取締役社長 藤田 晋(ふじたすすむ)

1973年福井県生まれ。1998年株式会社サイバーエージェントを設立、代表取締役社長に就任。2000年に当時史上最年少社長として東証マザーズに上場。「Ameba」をはじめとするスマートフォンサービスをはじめ、国内No.1のインターネット広告代理店でもあるなど、インターネット総合サービスを展開。創業から一貫して、インターネット産業において高い成長を遂げる会社づくりを目指し、「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに、代表取締役社長であると同時に、「Ameba」の総合プロデューサーおよび技術担当取締役としてサービスの拡充・拡大に注力。2015年に株式会社AbemaTVを設立し、新たな動画メディアの確立に挑んでいる。
著書に『藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー』(2009年日経BP社)『憂鬱でなければ、仕事じゃない』(見城徹共著 2011年講談社)『藤田晋の成長論』(2011年日経BP社)『人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない』(見城徹共著 2012年講談社)『起業家』(2013年幻冬舎)など。

関連記事