写真/宮下 潤 文/髙橋光二 マンガ/株式会社M41 | 2015.10.13

26歳で、将来の労働人口減少社会を読み人材ビジネスを手がけるインテリジェンスを創業。35歳で父親の後を継いだ大阪有線放送社(USEN)では来るべきブロードバンド時代を確信し“Fiber to the Home”に着手。45歳で立ち上げたU-NEXTではいち早く動画配信やMVNOを事業化。そして52歳の今、来る電力自由化に向け新電力事業参入を表明。

常に時代の先を読み、「10年後に花開くビジネス」にアプローチし続ける宇野氏。これまで3社を上場させ、経営者として結果を残す。そんなチャレンジを支える“信念”とは?

スマホ版 https://superceo.jp/tokusyu/manga/100129
PC版
https://superceo.jp/book/vol16/#!4
https://superceo.jp/book/vol16/#!5


株式会社 U-NEXT 代表取締役社長 宇野康秀(うのやすひで)

1963年8月、大阪府生まれ。1988年、明治学院大学卒業後、リクルートコスモス入社。1989年6月に株式会社インテリジェンスを創業する。人材派遣サービス、人材紹介・人材コンサルなど総合人材サービスを展開し、2000年にはジャスダックに上場を果たす。その後、父の病をきっかけに、1998年7月に大阪有線放送社(現:株式会社USEN)の代表取締役社長に就任。それまで同社が抱えていた電柱の無断使用といった問題を改善するとともに、ブロードバンド事業に参入。2001年にマザーズへ上場する。2010年USEN代表取締役を辞任し(現取締役会長)、株式会社U-NEXTを設立。USENから譲渡されたインターネット動画配信サービス「U-NEXT」などを手がけ、2014年に自信止めとなるマザーズ上場を果たす。


関連記事