写真/宮下 潤 文/髙橋光二 マンガ/株式会社M41 | 2017.04.10

大学中退後、独立しオリジナルサービスを模索。そうしたなか、2007年にイラストコミュニケーションサービス「pixiv」を立ち上げた片桐孝憲氏。これが瞬く間に大ヒット。
1日約2万6000点もの作品が投稿され、月間利用者数のべ約4000万人、10年間で全世界にユーザー約2000万人を数える巨大サービスに発展。一躍、IT業界の寵児のひとりとなった。

その片桐氏が、2017年1月よりDMM.com及びDMM.comラボの代表取締役社長に就任するという電撃的なニュースが駆け巡った。2012年に共通の知人であるチームラボ代表の猪子寿之氏を介して、DMM.comの創業者で現会長の亀山敬司氏と出会い、交友を重ねた片桐氏。

スマホ版:https://superceo.jp/tokusyu/manga/100329
PC版
https://superceo.jp/book/vol25/#!4
https://superceo.jp/book/vol25/#!5






株式会社DMM.com 代表取締役社長 片桐孝憲(かたぎり たかのり)

1982年、静岡県浜松市生まれ。高校時代から起業を志向し、2000年にインターネットと出合い、大学在学中からウェブ制作会社で働き始め、デザインやプログラミングを習得。クリエイターを目指すなか、知人からECサイト構築を依頼され、課題解決のためのソリューションが得意であることを自覚。2005年に大学を中退し、2名の仲間とウェブ制作会社を創業(現:ピクシブ株式会社)。ホームページの受託制作を始めるが、会社の規模を拡大させるために自社サービスの必要性を感じ試行錯誤。2007年、5つめにリリースしたイラストコミュニケーションサービス「pixiv」が大ヒット。2008年にピクシブ株式会社に社名変更し、本サービスに集中特化する。10年間で全世界に約2,000万人のユーザーをもつ巨大サービスに育て上げた。2017年より株式会社DMM.com及び株式会社DMM.comラボ 代表取締役社長に就任。

関連記事