写真/宮下 潤 文/髙橋光二 マンガ/株式会社M41 | 2017.02.10

故郷・石川県の英雄、松井秀喜選手がニューヨーク・ヤンキースに移籍した2003年、本拠地開幕戦で放った満塁ホームランに衝撃を受け「自分もニューヨークで活躍するぞ!」とカレー店で起業を決意。松井選手の背番号55にあやかって「ゴーゴーカレー」と名付ける。

マンガ列伝公開中!是非、ご覧くださいませ

スマホ版:https://superceo.jp/tokusyu/manga/100291
PC版
https://superceo.jp/book/vol24/#!4
https://superceo.jp/book/vol24/#!5



 

ゴーゴーカレーグループ 代表 宮森宏和(みやもり ひろかず)

ゴーゴーカレーグループ代表・CEO。1973年、石川県金沢市生まれ。高校卒業後、旅行の専門学校を経て地元の旅行会社に就職。社長を目指すも不景気で業績が右肩下がりとなり、買収されて視野が開けない状態に。30歳を前に将来を案じていた2003年4月、ニューヨーク・ヤンキースに移籍した松井秀喜選手が開幕戦で満塁ホームランを放つ映像に震撼。学生時代にニューヨークに行き「いつかここに進出する!」と思ったことを思い起こし、独立を決意。好きでよく食べていた「金沢カレー」で勝負しようと、1年弱の修業の後、2004年5月5日、東京・新宿に「ゴーゴーカレー」1号店をオープン。3年後の2007年5月5日にはニューヨーク1号店をオープンさせ、念願を果たした。

関連記事