写真/宮下 潤 文/髙橋光二 マンガ/株式会社M41  | 2017.08.10

日本のSNSの先駆けとして、まさに一世を風靡した「mixi」。ところが、スマートフォンへの対応の遅れや、Facebook、Twitter、さらにLINEの台頭でユーザーが離れジリ貧の状態に。業績も落ち込み、社内は荒んでいった。

そんな状態を一気に覆し、“起死回生”をもたらした「モンスターストライク」。新たな価値をつくろうという信念を貫き通した結果のメガヒットで、業績はV字回復を遂げる。その立役者として、2014年6月に社長に就任した森田仁基氏。

以来、「モンスト」を単なるゲームだけではなく、リアルイベント「XFLAG PARK」や映画作品への展開など、IPビジネスを通じて“文化”としての定着を目指すステージに
押し上げている。また、買収したフンザの「チケットキャンプ」や、創業者の笠原健治会長が手がける写真・動画共有アプリの「家族アルバム みてね」も好調だ。

まさに“新しい文化を創る”というミッションを追求する企業として、同社は完全復活した。その推進力となっている「新しい価値を生み出し続ける」「社員が誇れる会社にする」という森田氏の経営方針を因数分解する。

「スーパーCEO列伝」

 
<スマホ版>

株式会社ミクシィ 代表取締役社長 森田仁基(もりた ひろき)

2000年、ネットビレッジ株式会社(現 株式会社fonfun)に入社し、モバイルコンテンツ(公式サイト)の企画・運営、コンシューマー向けゲームのプロデュースに従事。2008年11月、株式会社ミクシィに入社し、「mixiアプリ」の立ち上げを担当。2011年2月、サイバーエージェントとミクシィの合弁会社である株式会社グレンジの取締役副社長に就任し経営を担い、「mixiゲーム」を推進。2013年1月、株式会社ミクシィ執行役員に就任。2013年11月より、mixi事業本部長としてSNS「mixi」の事業責任者を務めると共に、モンストスタジオエグゼクティブプロデューサーとして「モンスターストライク」の創出と事業拡大を統括し、大ヒットサービスに育てる。2014年6月、代表取締役社長に就任。

関連記事