写真/宮下 潤 文/上阪 徹 マンガ/株式会社M41  | 2014.12.10

仏壇販売業で日本初のチェーン展開を成功させ、日本一の売上を達成。1988年には業界初の株式上場も果たした長谷川氏を突き動かす原動力となったのは、「日本一の仏壇屋になる」という目標だった。それは、人と人との出会いに感謝し、心の交流を生み出せる価値を提供すること。お手々のシワとシワを合わせて、しあわせ――。この言葉には、そんな長谷川氏の願いと、人の心を揺さぶり、岩をも通す一念が込められていた。

スマホ版
https://superceo.jp/tokusyu/manga/100134

PC版
https://superceo.jp/book/vol11/#!4
https://superceo.jp/book/vol11/#!5

株式会社はせがわ 相談役 長谷川 裕一(はせがわひろかず)

1940年、福岡県直方市に生まれる。龍谷大学文学部仏教学科卒業後、家業の長谷川仏具店(現・株式会社はせがわ)入社し、営業経験を積む。その後、仏壇の製造直販システムの確立、直営店によるチェーン展開など、業界に先駆けたビジネスモデルやテレビCMの導入によって、社業の発展と業界のイメージアップに貢献。1982年4月、父・才蔵の志を継いで、株式会社はせがわ代表取締役社長に就任。1988年には宗教用具業界で初めて福岡証券取引所に株式を上場し、1994年には大阪証券取引所市場第二部に上場(2012年5月上場廃止)。仏壇販売を通して国内外に日本仏教文化の普及、仏壇の製作・修復技術者の育成にも貢献。2003年3月には東京藝術大学に「お仏壇のはせがわ賞」を創設したほか、京都西本願寺御影堂内陣修復工事、銀閣寺内部漆修復工事など、数多くの世界文化遺産、国宝・重要文化財の修復にも力を注ぐ。主な著書に『日本流』(ダイヤモンド社刊)、『お仏壇の本』(チクマ秀版社刊)、『商人道』(株式会社 はせがわ刊)がある。

関連記事