写真/宮下 潤 文/髙橋光二 マンガ/株式会社M41 | 2015.02.10

マッキンゼー日本法人でキャリアを積んだ川鍋氏は、祖父、父が社長を歴任する老舗タクシー会社「日本交通」に入社した。だが、同社がバブル期に手を出した不動産投資は不良債権化し、経営は火の車。「アメリカ帰りのエコノミスト」と揶揄されながらひとり自主再建に打って出た川鍋氏はタクシーサービスのイノベーションを敢行。 “タクシー王子”の異名を取り業界の常識までも一新させた価値創造の源泉は、徹底した“現場主義”にあった。
スマホ版
https://superceo.jp/tokusyu/manga/100133

PC版
https://superceo.jp/book/vol12/#!4
https://superceo.jp/book/vol12/#!5

 

日本交通株式会社 代表取締役社長 川鍋一朗(かわなべいちろう)

1970年、東京都出身。日本交通の創業者・川鍋秋蔵の孫として生まれ、幼い頃から「将来は会社を継ぐ」と意識していた。慶應義塾大学経済学部卒業後、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院に留学し、MBAを取得。帰国後、コンサルティングファームのマッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパンに入社し、経営コンサルタントとしての経験を積む。2000年、取締役として日本交通に入社。専務、副社長を経て、2005年、業界最年少の34歳で社長就任。グループ全体で約1900億円もの負債を抱えていた同社を大胆な経営改革で立て直す。その後も“攻めの戦略”で売り上げを伸ばし続け、注目の若手経営者として話題を集める。著書に『タクシー王子、東京を往く。』(文藝春秋)がある。

関連記事