飲食店が提供するオールシーズン利用可能なスポーツ施設移転計画 スポーツに需要な栄養素を取り入れた、プロの食事を提供する新しいスポーツ施設。
スクールでは子供の成長を第一に考えた育成プログラムを採用。
コロナ対策として券売機の導入・全メニューテイクアウト容器にて提供。
オンライン料理教室とテイクアウトキッチンスタジオ オンラインの料理教室およびデリカの販売を行えるキッチンスタジオの開設。
専門店の味を届けるキッチンカーによる市場拡大 キッチンカーによるランチ等の移動販売を行います。販売する商品の下ごしらえを行うための仕込厨房(テナント)を新たに借ります。キッチンカーで販売するためのスタッフを雇用します。
「7つのガーデン玉手箱」の開発・発売による新市場開拓 2020年花のまち恵庭に道内を代表するガーデナー7人が作った「7つのガーデンはなふる」が誕生しました。この7つのガーデンの特徴や思いを7種類のお菓子で表現する「7つのガーデン玉手箱」を開発・販売します。
全国で唯一の認証牧場生乳を自社工場で低温殺菌し、風味を生かした飲むジュラート等の開発・販売 放牧畜産実践朴翔として認証された恵庭市の水木牧場から生乳を毎日運び、当社において関係法令順守のもと、適切な衛星管理のもと、殺菌・製造・販売まで一貫して行い、国内ではまだ一般的ではない「飲むジュエラート」等を開発・販売します。
焼肉店の新規展開による事業再構築計画 北海道中心に居酒屋など6店舗を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、コロナ禍でも好調な焼肉店を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする。
店内飲食からテイクアウト業態への完全転換によるウィズコロナ対応 現在はラーメン店舗を経営し店内飲食という業態。コロナ禍では「店内飲食」から「テイクアウト・デリバリー」へのシフトが進んでおり、2022年4月に移転リニューアルする「道の駅おとふけ」のフードコートにおいて、100%テイクアウト業態に転換して事業の再構築を図る。
十勝地区初となるデジタルサイネージによる新たな映像文化の創出 コロナ禍ではお客様の来店に依存する業態が外的要因による影響を直接的に受けることが明白となった。当社ではデジタルサイネージへの参入により個別契約に基づくサービス提供という新たなビジネスモデルに挑戦する。
コロナ禍と戦う酒屋たちと連携した酒・おつまみコラボ通販事業 札幌市の和風居酒屋が、新型コロナの感染拡大による来客減に対抗し、酒屋8社と連携した家呑み用の日本酒&つまみのセット商品等を販売するため、製造体制を整え通販事業に参入する。
喫茶店から立地・眺望・機能を兼ね備えたコワーキングスペースへの展開事業 喫茶店スペースをコワーキングスペースに転換する。間仕切工事、通信環境整備、コピー機の設置を行う。札幌市役所19階に立地し、コロナ禍で増えた在宅勤務者や、市役所来館者の業務補正スペースとしての利用を見込む。
コロナ禍で新たな市場を開拓するダイニングバーからベーカリーへの転換 新たな店舗を借りて、店内でパンを製造し、販売するベーカリー事業に新規参入します。

店舗販売は、テイクアウトとしますが、長年の経験とノウハウを活用してデリバリーサービスも実施します。

スープカレー専門店がコーヒー豆の焙煎販売および焙煎体験を行う事業 創業20年のスープカレーの専門店がコーヒーの焙煎販売を行う。オーダーメイド焙煎の200種類のコーヒー豆の店頭販売、デリバリー販売。焙煎体験会の開催、ドリンクや関連商品の販売など。
北海道を食べる!「道産ジビエ×今金男しゃく」冷凍食品の製造・販売事業 現状は飲食事業であり、来店客に調理した料理を提供するスタイルのため、新型コロナウイルスのなどの影響の災害の影響を受けやすい。今後は、自らが冷凍食品を製造・販売できる一貫体制を構築することにより新市場へ展開する。
すきやき しゃぶしゃぶ店が手掛けるお好み焼きテイクアウト事業 お好み焼きのテイクアウト・デリバリーを開始し、現状夜しか営業していない店舗でランチタイムの売り上げを確保するとともに、近隣オフィスワーカーやスナック等といった新たな顧客層を開拓する。
ECサイトとリアル試飲販売所の二刀流で道産ワイン・自家製ビール販売に挑戦 既存ラーメン店事業とシナジー効果を生む酒類販売事業を新規展開する。自社ECサイト及び「試飲+テイクアウト」販売所を開設。北海道食材にこだわった北海道ワイン・自家製ビールを販売、北海道農業の支援にも貢献。
テイクアウトを主体とする店舗「puratto-coffee」の開業 コロナ渦におけるテイクアウト需要に対応するため、テイクアウトを主体とする店舗「puratto-coffee」を開業し、「withコロナ」に適応できる体制を整えて参ります。
地元産生乳使用のソフトクリームを全国へ 新型コロナウイルス感染拡大の影響で減少した売上を回復させるため、地元産の生乳を用いたソフトクリームを製造し、飲食店舗、催事、卸売の3形態で販売し、陸別町の生乳の魅力を日本中に発信していきます。
函館初、ペット同伴可能な海鮮レストランへの新分野展開 防音、消臭、消毒換気設備が完備されたペット同伴完全個室レストランによりペット愛好家をターゲットにした新たなレストラン事業への新分野展開を行う
バー飲食店からテイクアウトへの転換 手作りサラダと自家製ドレッシングと入れたてコーヒー専門店への事業転換
この味を全国へ。札幌ラーメンの名店が最新技術で冷食製造・卸に挑戦 日本のトップも来る札幌ラーメンの名店が、コロナ禍で奮起。既存集客事業に加え、最新技術等で当店だけの味を再現する冷凍食品製造業・卸売業に挑戦。持続的発展を可能にする新たな柱を出前館とのコラボ等で確立し全国展開へ。
コロナで売上減。感染対策を徹底した有名カレー北海道初出店事業 コロナの影響で売上が大幅減。オーナーの人脈で有名カレー店の北海道1号店が実現。

道内一番人気ザンギ店とのコラボや道内過疎地の食材使用で地域貢献。他店にはないメニューとブランドで売上V字回復新分野事業。

選べる華やかな多品種テイクアウトコンボの販売 15種類ほどの華やかなお惣菜をケーキ店のような冷蔵ショーケースに並べ、お客様自ら9種類チョイスして詰め合わせる新スタイルのごちそうテイクアウトサービス。
スナックからアットホームな雰囲気の小料理店への事業転換 ランチや夜営業でのおばんざい等の料理中心の事業に転換するとともに、クラフトビールのテイクアウトを実施する。雰囲気を気に入ってもらった方にスナックへの利用を促進していくことで、新規顧客を取り入れていく。
すし店からケータリングサービスの新分野展開における事業計画書 すし職人がいる強みを活かし、外出を自粛しても美味しい日本料理を食べたいニーズを満たすため、ケータリングサービスを新たに始める。そのために食材や下ごしらえした料理を保存できる冷蔵庫を購入する。
都心から郊外へ 温泉街の古民家を利用した甘味処新店舗展開 コロナ感染の恐れが強い都心を避け、郊外の温泉街に古民家を利用した、観光客の新しい楽しみとなる甘味処の新店舗を展開する。
十勝・帯広産の食材を使った本場韓国の家庭料理の調理方法を教えるオンライン料理教室 実店舗でも提供している人気メニュー、十勝・帯広産の食材を使った本場韓国の家庭料理の調理方法を教えるオンライン料理教室を開始する
居酒屋事業から、岩見沢市内最大級の焼肉事業へ事業転換 新型コロナウイルス感染症の影響による国民の生活スタイルの変化により、居酒屋の酒類提供を前提とした集客からの脱却を図るために、お客様に安心していただける無煙ロースター完備の焼肉事業に事業再構築する。
非対面型DX推進トータルビューティーサロン事業 脱毛・エステの非対面型トータルビューティーサロン事業。予約から管理/勤怠・各種事務作業まで一元管理できるITシステム&AIサポートの構築
パンの製造とベーカーリーレストランの開業による事業再構築 パンの製造機器を導入し、ベーカリーレストランを出店していくことで、居酒屋からベーカリー事業へ主要事業をシフトする。
北海道の安心安全食材にこだわった テイクアウト専門「おにぎり&ソフトクリーム店」と 高級具材の自動販売 「安心安全な北海道産食材×手作り」をコンセプトとしたおにぎりを中心に、漬物や味噌汁などのサイドメニューを製造販売するテイクアウト・デリバリー専門店を開業。また、おにぎりの具材として使用する、いくら、ホタテなどの高級水産加工品はオリジナルブランドとしてパッケージ化して、店内+エントランス付近に設置する冷凍自動販売機で24時間、無人で販売します。
スープカレーのお持帰り(ドライブスルー有)専門店の開業 お持帰り専門という新たな店舗の開業により、新型コロナウィルスの影響からの再起と数多くのお客様へのドライブスルーによる利便性の向上とともに、ウィズコロナ沿った新たな事業展開を実施する。
道産素材や食文化、観光を活かした「オンラインレストラン」の取組みと販路拡大 本事業は新型コロナの影響による売上高回復が難しい中、消費者の「新たな生活様式」に係る自宅食事需要に潜在的ニーズがあるものと勘案し、北海道地域の「素材・食文化・観光等」付加価値を含めた食品加工・オンラインによる通販事業への業態再構築と販路拡大事業。
楽天市場における179DENO北海道物産展の展開 Withコロナのこれからはオンライン、オフラインのどちらが⽚⽅だけではなく、オンラインとオフラインを融合させ(OMO)あくまでも⼈がモノやサービスに触れて得られる体験や経験を主軸に置いていきたいと考えております。それによって蓄積データを世界からも⼈気の「北海道⾷ブランド」を守り、発展していきたいと思います。
飲食経営ノウハウと廃材を活用した、「飲食店向けリメイク家具・内装リフォーム事業」の展開 飲食店経営ノウハウを活かし、飲食店が必要とする複雑なニーズに応えられる什器を制作する。状態の良い廃材等を活用をすることで安価で良いものを提供し、価格・質の両面で差別化を図る。
地元食材を生かしたファミリー向けのレストラン「お魚食堂」の出店計画 コロナ禍により落ち込んだ居酒屋事業に代わる収益源として、北海道の新鮮な魚介を用いた食堂を出店する。地元農家から直接仕入れた新鮮な野菜もふんだんに取り入れて健康志向の食堂を目指すことで差別化を図り、ファミリー層という新たな顧客獲得を目指す。
居酒屋から、漁港直送、未利用魚活用の「旬を売る魚屋」へ業種転換 魚市場や生産者との人脈を生かし、道内2漁港から目玉魚介や未利用魚を直接仕入れ、新鮮で割安な魚介等を調理法と合わせ地域のお客様に販売していく「旬を売る魚屋」へ業種転換する。
店舗依存型蒸したて中華饅頭店から、冷凍食品販売への業態転換 外出自粛や飲み会禁止などによりすすきのへの人流が減少。その結果、すすきの店舗の売上が激減したため、実店舗での蒸したて商品の販売形式から「業態転換」し、急速冷凍設備の導入を行い、商品の品質を維持した冷凍商品の販売を開始。BtoB開始により慢性的な人出不足対策、外部環境に左右されない販売環境の開拓
うどん調理機器を導入し道産食材を用いたこだわりうどんを開発、昼食市場開拓に挑戦 コロナ感染症の影響で居酒屋離れが顕著になり、売上が大きく減少。新事業では、うどん調理機器を導入し、酒類ありきのビジネスモデルから脱却すると共に、調理知識と道産食材を活かした高クオリティかつ安価なうどんを開発。個食形態でランチ事業に進出する。
ペットと楽しめるステイホーム生活をサポート!ペットトリミング事業への転換 コロナ禍でのペットホテル預け入れ需要低下を回避するために、既存事業のペットホテルとドッグカフェ事業で培ったペット取り扱いや飼い主フォローのノウハウを活かして、ペットトリミング事業への再構築で新たな収益基盤を確保する。
ニセコの有機作物・水で個性溢れる発酵食品を製造販売 飲食店経営から、北海道ニセコエリアの有機作物や未使用天然資源を利用し、地域特性が溢れ希少性の高い製品(ジンジャービア、ミネラルウォーター、発酵カレー等)を製造し、ニセコ及び札幌・東京などの高級ホテルやレストランに卸し、ECサイトや移動販売トレーラーで販売する製造販売業への参入
ビジネスモデルを転換!ウィズコロナ仕様の飲食店を新たに開店! ビジネス街、地下鉄駅直結の好立地にて、ウィズコロナ・アフターコロナを見据えた非接触型システムを導入し、テイクアウトにも対応した「食堂」を開業。既存店舗との仕入共通化などにより収益性の高い運営を行う。
クラウド顧客管理&AIを導入!エステサロン&ECで業績回復! コロナ禍において比較的影響の少ない「エステサロン」を開業し、同時に美容製品を販売するためのECサイトを開設。クラウド顧客管理システム、AIシステムを活用しビックデータを参照しつつ運営する。
旅行の思い出を作ることができる長期のワーケーションサービスの提供 世界中が新型コロナウイルス感染症に襲われ、苦境にあえぐ観光業界にとって数少ない希望の1つであるワーケーション促進による長期宿泊事業を展開することで、事業再構築を行うこととした。
コロナ禍対応!換気設備万全のジンギスカン店、ECサイトの運営 北海道を代表するグルメであり、長年培ってきた飲食店運営のノウハウを活かすことができ、また換気設備が整っていること等を考慮し、既存のイタリアン居酒屋を改装して新たにジンギスカン店及びECサイトを運営する。
登別温泉初のオールデイカフェ事業と「のぼりべつレンタサイクルツーリズム」事業 当社は、登別温泉街の中心部に位置し北海道遺産「登別温泉地獄谷」へ徒歩5分とアクセス至便な好立地にあり、登別温泉を代表する老舗旅館「第一滝本館」とのグループ企業関係にある強みを活かし、登別温泉街に来る100万人以上の日帰り及び宿泊観光客を対象に、ホテル館内を大幅に改装してオールデイのカフェ事業と登別温泉周辺の壮大な自然を満喫できるレンタサイクルツーリズム事業を展開する。
「暮らすように」旅する~地域初の観光特化型ホテルの開業~ コロナ禍によるインバウンド需要の減少に対し、地域内観光に適する観光特化型ホテルを開業。長期滞在・ペット同伴・非接触も可能とすることで、地域の隠れた魅力を再発信し、「新しい旅のかたち」を提案する。
カプセルホテル建設への新規参入で宿泊施設不足という地域の課題解決に繋がる新たな取り組み 当店舗と同じビルにある空き部屋を改修して、カプセルホテルにします。男性20名、女性6名が宿泊できるように各部屋に2段ベットを造作します。入退室は暗証番号鍵で出入りし、当日決済もできる自動精算機を設置することで、完全無人でのチェックイン、チェックアウトを可能にします。
『焼肉文化の街オホーツク北見』北見ヤキニクをご家庭にお届け! 焼肉の街北見で焼肉店を営む当社がこれまでに培った北見焼肉のノウハウ、知名度を活かし、商工会議所活動で学んだスキルやネットワークをフル活用し、又、デジタルを活用する事により、コロナ禍でも非接触で注文、会計ができるシステムを使い、北海道オホーツク新ブランドとして『北見ヤキニク』の確立を目指します。
小麦アレルギー者対象のグルテンフリー生ハンバーグ販売事業 今後市場規模拡大が予期される小麦アレルギー持ちの人に対する食需要に対応すべく、新たにアレルギー持ちの人を対象としたグルテンフリー生ハンバーグ(冷凍)製造販売事業を開始する。
クラフトビール醸造所から発信する新たな地域活性化事業 我々の事業は、コロナ禍で疲弊した中心飲食店街を再び活性化させることを目的として、町の観光所の一つとして利用していただけるビール醸造所とブルーパブを併設した施設を繁華街中心部に設置運営します。
地域に根差した鮮魚スーパーの新規事業計画 北海道に和食レストラン、寿司・惣菜テイクアウト専門店を中心として13店舗展開している当社は新型コロナウイルス感染拡大の影響により売上高が大幅に減少したことを受け、新たに鮮魚専門スーパーを展開し、売上高のV字回復を狙います。
自由気ままな心地よい時間を過ごせるラグジュアリー・グランピングで新事業展開 「ピンチをチャンス」にして、コロナで疲れ切った方、特に「富裕層の大人のカップル」を対象としたグランピング事業を開始します(グランピングとは「グラマラス」と「キャンピング」をかけ合わせた造語で2015年頃からホテルのような快適さを楽しめるキャンプという意味で一般に使われるようになった言葉です)。全く新しい「新分野展開」となる事業ですが、事業を拡大しカフェとグランピング2本の柱での安定経営を目指します
美瑛町農産物を主原料とした大口事業者向けの高品質冷凍調理食品の製造 観光客への飲食業と宿泊業を主体としていたが、感染症の蔓延に伴い大幅な減収となった。そのため、新たな収益源を確立する目的で、美瑛町の農産物を用いた大口事業者向けの高品質な冷凍調理品を製造・販売する。
無人化・非接触型疲労回復サロンの運営展開事業 創業から10年取り組んだ「飲食業」から、全く異なる分野へ「業種転換」を図ります。ウィズコロナの時代背景にも対応し、AIサービスやSNS等も活用した、新しい形の疲労回復サービスの提供を行って参ります。
別荘の新築・改築、集客および予約管理までの一体型サービス事業 富裕層に別荘を自己資金にて建設して頂き、オーナー不在時は客室として貸出、当社が運営を請負うビジネスモデル。それを可視化する為のモデルルームの建設、および予約管理システムの構築を希望
地産地消をテーマとした自家製餃子の冷凍食品市場進出による事業基盤の確立 地産地消をテーマに約15年作り続けてきた自家製餃子を、感染症環境下においても市場拡大が見込まれる冷凍食品市場へ進出させることで、ウィズコロナの時代に沿った販路拡大を図り災害リスクに左右されにくい事業基盤を確立します。
北海道のボタニカルが香るクラフトビールのブルワリー&カフェ事業 日本初となる、北海道の木々や野草等のボタニカルを使用したクラフトビールのブルワリー(醸造所)を行います。クラフトビールやスペシャルティコーヒーが飲めるブルワリーカフェを併設します。
eスポーツを軸とした新たなローカル型DXスクール&コミュニティ事業の展開 本事業は飲食業がコロナウイルスの影響による業績低迷と市場環境の変化を乗り越えるために、地方の若者と高齢者を対象とした新たなローカル型DXスクール&コミュニティをコンセプトとして、eスポーツを軸とした事業への業種展開による事業再構築を行い、事業規模の拡大と、地域貢献を図るものである。
コロナ禍で高まるアウトドア+ペット需要 トレーラーハウスで新規参入 トレーラーハウスを活用したペットと楽しめるグランピング施設を展開

コロナ禍で需要高まるアウトドアとペットに着目

自宅やホテルのような快適さで北海道でも1年中ペットと手ぶらアウトドアを楽しめる新感覚外遊びを提供する

オスパーリニューアルプロジェクト コロナで宿泊客が減少しており、市外からの宿泊客に依存した収益構造を変える必要がある。本事業では、関連会社の温浴施設を引き継ぎ運営する。リノベーションして集客力を高め市内客を取り込み売上の回復を狙う。
温泉旅館連携型ワーケーション施設による、アトピー療養特化型移住拠点の構築 宿泊事業の経験と、長年地元で商売を続けてきた信頼をもとに、新たにワーケーション拠点の経営に着手します。宿職一体型で小店舗を営める仕様の滞在施設です。温泉の特徴を生かし、アトピー療養者にターゲットを絞り事業を展開いたします。
eスポーツイベントで得たノウハウを活用した配信・レンタル事業 コロナウイルスの影響という外部要因によって弱みを突かれた形となった当社ですが、逆にコロナの影響によりオンライン配信の需要が高まっていることに着目し、eスポーツで得たノウハウを活用して配信と、配信機材レンタル業を行ないます。
北海道カントリーライフスタイル【体験型一棟貸切のヴィラ】 コロナで打撃を受けた簡易宿所が一棟貸切宿を新規開業。バックカントリー等のアクティビティや庭で薪割り・焚き火を楽しむ体験等で既存施設にはないファミリー・グループ層とワーケーション向けの新分野展開で事業再構築に取り組む。
丘のまち美瑛の観光・農業振興に貢献!リゾートホテルと地元農家が連携する「美瑛マルシェ」 変革する個人・少人数型観光ニーズに対応するため、当ホテル強みである食関連のリソースとサービスを活用し、お客様の誰もが美瑛町の魅力を堪能できる“食”の新スポットとして、美瑛町産食材を最大限訴求させる【ダイニング】&【農産品販売(直販・EC)】の複合マルシェ構想ビジネスに挑戦する。
熟練の技と最高級のすし食材を新たな魚料理に活かした、2店の複合店舗展開とECサイトによるテイクアウト・ギフト商品の販売 現在、北海道内にグループ店を含めて3店舗経営している既存すし店の1店舗を縮小移転し、「すし店」と「炉端焼き店」2店を複合させた新店舗をオープンさせ、炉端焼きを主力とする運営に順次業態転換する。
セントラルキッチン導入により、競合飲食店との共存とフードロスに取組む。 コロナ禍により居酒屋の売上が激減していることから、セントラルキッチンを新たに導入し、自社内の食材加工の効率化を図る。さらに競合飲食店へも商品の加工・配送も行い、地域の飲食店と共存し、フードロスの低減にも取組み、地域貢献を果たす。
HOKKAIDOアップルパイを全国に!飲食店からWEB通販事業への業態展開 広い店舗に移転し、ウィズコロナ時代に対応できるフランス料理店の運営と店舗内に総菜・製菓製造工房を併設して、総菜・アップルパイ・アイスクリームを全国に届けるWEB通販事業へ業態転換します。
来店型洋食店から、VRを駆使した非接触オンライン料理教室等への新分野展開 休業・時短要請などにより洋⾷店の売上が激減したことから、VRを活⽤した⾮接触型オンライン料理教室を開業する。
また、当該教室で使⽤する⾷材・半製品を既存洋⾷店で製造・宅配し、内⾷需要に対応できる新分野を展開していく。
withコロナ対応型飲食ビジネス 新型コロナにより、厳しい環境を強いられる中、コロナ禍でも持続的に経営を展開するため、感染予防を前提とした手羽先唐揚げのテイクアウト専門事業及び常時換気による焼肉店事業を新たに展開し、Withコロナにおける飲食店モデルを構築する。
若者を引き留めろ!夜こそ楽しい街小樽へプロジェクト 道産の美味しく安心安全な食材で炭焼き生サムギョプサルと韓国料理
温泉で心身を休めながら、仕事の成果につなげる 第一滝本館の「登別ワーケーション」 このたび事業を再構築し、道内外のエグゼクティブ層が誰とも接することなく客室内で登別の源泉かけ流しの湯と大自然の眺望に心身を休めながら、集中してパフォーマンスの高い仕事ができるリモートワーク環境を同時に提供し、ソーシャルディスタンスとプライベート感を尊重した「温泉+ワーケーション」事業を展開する。
冷凍加工工場を併設した、24時間営業「無人冷蔵冷凍肉専門店」直販売事業 焼肉業界単一事業からの脱却を図り、新しいビジネスモデルを再構築、商品開発の拠点となる加工工場を併設し、コロナ禍における新時代の顧客ニーズに沿った新しい業態、非接触型の24時間営業「無人冷蔵冷凍肉専門店」直販売事業を展開し、新しい顧客創造を生む。
コロナ禍終息後に向けたRVパーク事業とコインランドリー事業 当社(宿泊業・公衆浴場)は十和田湖への観光客の玄関口として利用頂いておりコアコンピタンスである温泉事業と宿泊事業とのシナジーを勘案し、「RV パーク事業」と「コインランドリー事業」を展開 いたします。
クラフトコーヒーの製造とBtoC販売への業態転換 新たに珈琲焙煎所を設置してクラフトコーヒーの小ロット注文生産を開始します。SNSによるマーケティングで新たな市場を獲得してコロナ架で激減した収益に代わる新たな収益として雇用も生み出します。
高級クレープのテイクアウト専門店およびオンライン販売によるV字事業 オリジナルスイーツのイートインカフェから、テイクアウト・オンライン販売向けスイーツの商品開発を行うとともに、テイクアウト専門店の新設及びオンライン通販サイトを構築することで、コロナ禍で在食が増えているお客様に青森の高級果物を使用した特別感のあるラップクレープを楽しんでいただきつつ、V字回復を図る。
完全栄養食品の製造と冷凍食品通販事業への挑戦 少子高齢化に伴う学校給食業務の縮小傾向により、今後伸びるであろう「完全栄養食品」、「冷凍食品」の製造を行うもので、現在の従業員や設備のシナジーを有効活用した事業再構築を図る。
津軽エリア初!コワーキングスペース併設の長期ワーカー向けホテルの新設 技術者・作業員・ワーケーションなどの長期滞在のワーカー向けホテルを建設し運営する。非対面、非接触設備を備え、多様な働き方にも対応すべくコワーキングスペースを併設。一定の時間を中高生向けのラーニングスペースとしても共用し、地域のビジネス・教育インフラとしての価値を提供する。
オーベルジュ「とおのや 要」の味を伝えるため飲食事業へ進出! コロナ禍よって、宿泊需要は低迷しているなか、飲食業に転換し昼はテイクアウトを中心に。夜は、テイクアウト+1日1組の貸切スタイルのレストランとした店舗運営を行う。どぶろくをはじめ独自の熟成技術で差別化を図る。
フレンチで地域イノベーション非対面型のビジネスモデルの構築 フレンチ寿司の開発と販売、非対面型の販売方法で地産地消、県産の質の高い食材の提供を図る。
新たな業態店の開設による新分野進出で新規顧客層を獲得 新型コロナの影響で売上が激減している。そこで、社会変化に対応すべく事業再構築に挑戦し、現在のハレの日利用の飲食業に加え、デイリーユース型の食堂事業を新たに開始することで事業継続を図るべく本計画を策定したものである。
夜のスナック事業から、昼夜営業の蕎麦屋事業へ事業転換計画 新規事業は山形蕎麦と鶏料理を中心とした飲食事業です。岩手県には現在1店舗しかないという希少性を売りにした山形蕎麦の提供と、テイクアウト需要も見込んだ鶏肉料理(とり天・焼き鳥)を中心とした商品の開発・販売です。
非接触を基本とした個人空間と地域資源を活かしたサービスの提供 当館の課題である個人客需要に対応したお客様同士の接触機会の低減、プライベトー空間の演出、各種アクティビティーサービスの充実を図り、高価格帯市場への参入を契機とした、コロナ禍からのV字回復を目指す。
ピザ・スパゲッティ専門店からゴルフシミュレーター事業への転換 予約宴会に使用していた客席を改装して、ゴルフシミュレーターを導入。コロナ禍で地域のゴルフ人口が拡大した今、初心者やスコアアップを目指すプレーヤーをリピーターにすることで新規顧客と新たな収益の獲得。
コワーキングスペース付古民家喫茶店での癒し空間創出 コロナ禍によりバー事業・食堂事業は売り上げ低迷。旅館事業も外国人観光客消滅した為、事業転換が急務。既存の建物の設備・立地・雰囲気などの好資源を活かし、個室コワーキングスぺース付古民家喫茶店を新展開する。
飲食業のノウハウを活かした水産物加工・卸、小売部門への展開 当社は三陸宮古の海産物を活かした飲食店であるが、新工場を建設して魚介類の加工・製造を行い自社の仕入機能・加工機能強化を図るとともに、飲食店・ホテル等への卸売、小売への進出、テイクアウト等を開始する。
テイクアウト専門の弁当惣菜店の開業で外食から中食市場へ進出 コロナ禍の影響で売上が減少し飲食店のみの経営では事業継続が困難な状況となっている。そこで、ウィズ・ポストコロナ時代に順応するため、調理技術等を活かし新たにテイクアウト専門の総菜・弁当店を開業し中食市場に進出することで新たな顧客獲得と売上創出を図る。
東北初カプセルホテル複合型セルフサロン事業 東北一の歓楽街でカプセルホテル事業を行っている経営ノウハウ、自社遊休スペースを活かし、withコロナ時代に沿った個室型セルフ脱毛・日焼けサロンを展開することで、新規顧客獲得と売上拡大を図る。
生産者と連携、市街地エリアにおける飲食店での菓子製造施設創設 仙台市街地のシンボル的ビル内に食品製造施設を創設。連携した生産者から直接仕入れた旬の食材を使用し、見栄えにこだわったスイーツの製造を行う事業。テイクアウト販売所や加工食品販売所を併設し販路を拡大。
医療・介護保険だけに頼らない脳卒中後遺症の方を中心とした保険外リハビリの構築 少子高齢化で2025年・2040年問題がよく話題に上がっています。そして、年金・医療・介護保険について心配される声が聞かれるようになりました。これらの改善の一つに医療・介護保険に頼らない自費リハビリの需要を掘り起こしをしていきたいと思います。
手羽先のEC販売を日本全国に展開 当社は今まで仙台市を中心に居酒屋やBARなどの飲食業を営んできた。家族連れや高齢夫婦まで来店いただいていた状況である。現在はコロナの影響により大きく売り上げが落ち込んでいる為、当社の既存事業のノウハウを活かしながら、ECサイトにて手羽先などの商品を販売していこうと考えている。
女性バリスタが営む高付加価値の子育て支援カフェ 居酒屋を運営している自社が、売り上げ激減に歯止めをかけるべく、女性バリスタによる子育て支援カフェを新たに収益事業として確立し付加価値の高いサービスで会員獲得を図っていくことで事業再構築を行う
地域密着型とオンライン授業を兼ね備えた幼児用設備施設改修と住宅宿泊業からモンテッソーリ英会話教室へのハイブリット事業転換 新たにモンテッソーリ教育を取り入れた幼児用英会話教室を新設し新規市場を獲得し観光客や人の移動集まりが主となる住宅宿泊業に変わる新たな収益を生み出す事業に再構築します
絶品!藁焼き居酒屋による焼き鳥のテイクアウト販売事業 仙台市郊外立地の居酒屋店舗に独自の調理法による藁焼き焼き鳥をテイクアウトにて提供する事業。宴会需要が減少する中で施設内の座敷を改造活用し焼鳥の串刺し加工場を整備し卸販売により販路を拡大させる。
3代目withコロナへの挑戦!老舗ブランド力を活かした「かとう精肉店」の新分野展開 本事業計画は、3代目社長が中心となり、コロナ禍において外出して食べに行く文化が減りつつある中、新分野展開を実行することで、落ち込んだ売上高の回復やブランド力を向上させ、さらなる老舗企業へと進化を目指していくものです。
焼肉等の肉料理専門店の経営 弊社は「串焼きやきとん とんがらし」という居酒屋を経営しております。コロナ禍前は、「宴会」が大きな収益をあげておりましたが、コロナによる営業自粛等により、大打撃を受けました。そこで他の営業の柱として焼肉店の新事業を計画しました。焼肉店は既存店のノウハウを流用でき、かつ既存の仕入先も活用できるうえ、コロナ禍にも強く、新たな顧客層の開拓や高利益率化も期待でき既存店の強みを活かし弱みをカバーするものです
ポストコロナに対応した少人数会食とテイクアウト事業への転換 主力であった法事会食は縮小見込みであることから、今後の動向を見越し、ターゲットを少人数団体客とし、商圏を既存の東和町に加え隣町へと拡大する。また、テイクアウトの形態に転換し、売上増加を図る。
「プロテインジェラート」の製造開始とECサイトを活用した販売 宮城県丸森町の地域商社である弊社が経営するジェラ―ト店、「ジェラテリア・ラ・フェスタ」による、地域素材を活かしたプロテインジェラートの製造、及びECサイトを活用した販売事業。
仙台のモツ煮込み専門店がセントラルキッチンを立ち上げ全国宅配事業へと転換。 仙台でモツ煮込み専門店を経営してきたがコロナで売上が減少。本事業を通じてセントラルキッチンを新規設立し、当店の自信商品であるモツを冷凍技術を駆使して全国卸売・全国宅配専門店を進める。
冷凍からあげで新たな販路を開拓 コロナウイルスの影響により、飲食店の売上が大幅に減少。中食事業注目し、「からあげの匠」のフランチャイザーとして全国展開中。からあげの匠で培ったノウハウを活かし、冷凍でも品質が落ちない製造方法を確立。セントラルキッチンで製造を行い、事業者向けとして販路を拡大。
地元食材の調理技術や取扱ノウハウを活用した「加工食品製造業」への業態転換計画 県内の飲食店展開で培った地元食材の調理・仕入れ等のノウハウを活用し、新たに地元食材を使用した加工食品の製造・販売業へと業態転換を行う。インターネットを活用した販売を行い、全国各地へと商圏を拡大し、収益のV字回復を図る。
蔵王の大自然の中、グランピングで豪華で安心、安全な時間を提供する 蔵王においてポストコロナ・ウイズコロナ時代に対応したドーム型本格的グランピング施設を運営しバーベキュー(加熱料理)のみでない、生鮮、海鮮料理をライブキッチンなどで提供する。また、地域の事業者とコラボしエリア全体へ観光客を呼び込み地域経済へ貢献する。
ペットも主役になれるグランピング宿泊プランの開設 当社が保有する未活用の土地や、愛玩動物飼養管理士等の資格保持者の従業員を活用した、ペットも主役になれる場所をコンセプトとしたグランピング事業への新分野展開
コロナ禍に対応、外食店による中食への参画、コッペパンを製造販売 洋食居酒屋によるコッペパンの製造販売。コロナ禍で売上減少した飲食店舗の厨房及び客席部分を縮小し製造所とテイクアウト販売スペースを整備、豊富なバリエーションの彩りコッペパンを製造販売する事業。
街のスナックから大変身/「ゆとりカフェ」による新空間サービス 20年以上の飲食・接待サービスの経験を活かし、顧客ニーズの多様化に対応し、飲食業の枠を超えた多目的スペースサービス事業を興す。パンデミック環境下であっても持続可能な経済成長を実現する。
仙台から始まるさつまいもを使った専門スイーツ事業「おさつ物語」 さつまいもを使った専門スイーツ事業を立ち上げることで仙台市内の20-50代の女性に向けたビジネスを「事業転換」する計画です。
24時間無人非対面販売と、スキー板メンテナンス事業への新規参入 飲食店の売上減少を打破するため、人気商品を冷凍自販機で無人販売する。同時に、後継者の強みを活かしスキーメンテナンス事業に参入して売上V字回復を図る。コロナ禍の事業継続だけでなく円滑な事業承継を行う。
低糖質で健康に良い「オリジナル豚骨ラーメン」通販事業への挑戦 ラーメン店である当社はコロナで売上が激減。自家製麺に拘ってきた製麺技術などを活かし、新たに「低糖質」で健康に良いオリジナル豚骨ラーメンを開発。在宅機会が増えた人向けにECサイトを活用した通信販売を行う。
東京で秋田名物:稲庭うどんを味わえる新規事業展開計画書 長引くコロナ禍で窮境状態にある居酒屋業態から、ウィズコロナ・アフターコロナの対応する非接触かつ消費者のご当地料理ニーズに応える稲庭うどんを売りにしたイートイン&テイクアウト業態を展開する
クラフトビールに特化した酒販併設のデリカテッセンで新分野へ挑戦 秋田におけるクラフトビールのパイオニアである弊社が、コロナの影響で売り上げが低迷する既存店の営業を継続しつつ、デリカテッセンとクラフトビールに特化した酒販店という新分野に参入します。
ステーキレストランから食肉卸事業への業種転換と余剰食肉の課題解決 当社はステーキレストランとして経営を行ってきたが、新型コロナウィルスの影響で売上減少が継続。その中で取引先の精肉の余剰在庫の相談などを受け、コロナ禍でも業績が安定している焼肉店など飲食事業者向けの食肉卸事業による業種転換に取り組み売上回復を目指すこととした。
男鹿の飲食店から心機一転、仙台市内での惣菜店への事業転換 秋田県男鹿の観光客向け飲食店事業から、仙台市内にお惣菜店として開店し事業の再構築を図ります。男鹿の漁師・農家から直送の新鮮な食材を調理し300種類のレパートリーで幅広いお客様に販売し売上を拡大します。
遊休資産を活用した冷凍餃子&ラーメン自動販売機事業 当社が保有するガソリンスタンド跡地や既存事業の飲食店の空きスペースを活用して、冷凍餃子及びラーメンの自動販売機を設置します。
地元素材の付加価値を高める新ジャンルのお酒“ハードサイダー”醸造事業 企画販売を行なってきたハードサイダー(りんごの発泡酒)の醸造所を整備し、製造業へ新規参入する。この場所で育まれてきた文化(発酵)・産物(りんご)の付加価値を高め、土地の魅力を再編し底上げすることで、既存の宿泊事業・飲食事業との相乗効果を生み出し、事業再構築を図る。
ウィズコロナを見据えた挑戦 セントラルキッチンと冷凍自動販売機による業態転換 コロナ禍による飲食業界の需要の変遷に合わせ、セントラルキッチンと冷凍自動販売機の導入、ウィズコロナに対応した企業体制へと転換する。
霊峰蔵王への入り口、朱い大鳥居のドライブインパーク事業 山形の観光物産館と蔵王温泉をつなぐ県道21号線にある朱い大鳥居のすぐそばで、ドライブインパーク『キートスヴィレッジ』を新設し、観光を意識した休憩施設を運営します。
宿泊業の強みを活かした「朝食専門店」への新分野展開 新型コロナウイルス感染症拡大の影響による厳しい環境の下、宿泊業で培った料理技術の強みを活かし、従来から朝食のみ利用したいとの要望があった「朝食専門店」への新分野展開により、業績のⅤ字回復を目指す。
自社食品製造工場の新設とPB商品の食品卸販売事業への参入 店舗提供メニュー人気トップクラスの2品目を家庭でも楽しめるように、自社食品工場を新設して、セブンイレブンをはじめとした店舗に卸販売します。
有形文化財の蔵を利用した伝統産業発信による消費喚起・需要拡大事業 築100年の有形文化財の蔵をリノベーションし、米沢文化発信拠点を創設。日本や地域の伝統文化や産業に関心のある優良顧客と高付加価値製品との接点を作り、収益性の高い小売事業や飲食事業を行う。
目と舌で堪能できる銀山温泉の漬物土産「伊豆の華 香-KOU-」の製造販売による事業再構築 現在の飲食店のみでの経営継続は極めて困難。従来より利用者から要望が多い漬物を、地元の野菜と高齢者を活用して製造し販売します。銀山温泉の新たなお土産とすべくパッケージをオシャレにするとともにQRコードを印刷し銀山温泉の四季折々の風景を目で楽しめるようにします。
体験型高原リゾート施設の整備による新規顧客開拓事業 月山高原の五色沼湖畔という当館ロケーションを活用し、湯殿山が一望できる五色沼湖畔と、隣接するブナ林一帯を整備して「月山五色沼サウナ・グランピング」を始める。絶景サウナとツリーハウスを中核施設として、体験型の高原リゾートを提案し、新たな顧客層を開拓する。
新しい生活様式と地域に求められる小規模特化型葬儀場 社会状況や価値観の変化、高齢化社会の影響で葬儀は小規模化しており、新型コロナウイルス流行でその傾向は顕著になっています。既存ホテル業でのホスピタリティを活用し、新しい生活様式を取り入れ、家族葬など小規模に特化して葬儀場を経営します。
事業再編を通したテイクアウト事業と地域初の飲食業態への挑戦 現在、ラーメン店を営んでいるが新型コロナの影響により売上が減少している。事業再編を通し、からあげテイクアウト事業と地域初の業態であるナポリタン専門店を行い収益の確保を行う。
創業110年のおもてなしが活きる日帰りグランピングBBQとカフェ事業 ウィズコロナ時代を生き抜く策として、稼働の低い結婚式場の駐車場を緑で囲まれたBBQカフェへ転換する。BBQカフェでは、グランピングのようなおしゃれな雰囲気の中で、地元産の高品質な食材を用いた料理を提供する。
外食専門店から内・中・外食『食』の総合ビジネスへ~家でも・外でも・店でも楽しめるミートパーク~ 外食産業が衰退している中、培ってきた精肉加工技術を武器に、不足していた作業スペース増設と専用設備を導入する事で、需要が上昇している内食・中食・ランチ営業に新規参入し『肉』の総合ビジネス店舗~ミートパーク~をオープンさせV字回復を狙う
地産地消で生産者と共存共栄 個室で安心。非対面でおもてなしできる焼肉店へ事業転換 非対面非接触でのおもてなしをテーマにコロナ禍・アフターコロナに対応した完全個室、少人数対応、地元に根差す焼肉店

地元企業と協力し、地産地消・山形の魅力を発信できる店舗・ECサイトを開設

ワーケーション客室とコワーキングスペース新設による新分野展開 温泉と自然を武器にワーケーション市場へ参入すべく、ワーケーションに対応した客室とコワーキングスペースを新設することで新たな顧客層を取り込み、稼働率の向上と外的要因に影響を受けない経営の柱を作る。

また、蔵王温泉地区のワーケーション需要の取り込みにも貢献し、地域のイノベーションを生み出す。

「高付加価値な滞在とワーケーション」+「庄内食文化の体験」! これまでの団体客中心の宿泊業から脱却する為、「高付加価値型滞在客室」という新しいタイプの客室をつくる。「ワーケーション」「庄内食文化とのふれあい」という高付加価値な滞在を体験できる事業であり、更には地域交流人口の増加に寄与する事業である。
開湯258年の温泉旅館が手がける鉄道駅から徒歩5分の貸別荘事業 コロナ禍による宿泊客減少に対応するため、アウトドアやインバウンド、ワーケーション需要に対応する貸別荘をJR峠駅から徒歩5分の場所に建築し、冬期営業ができない旅館業から通年での営業可能な新事業へ展開する。
『旅館に加えて、使用していない旧棟を改装した「オーベルジュ型レストラン」の出店』 現在使用していない古い棟を改装して、新潟県から一ツ星シェフを招聘した「オーベルジュ型レストラン」を開業します。5年後、新事業の総売上高の30%を実現します。
地域の魅力を100倍にする、気球体験を中心としたアウトドア事業 気球のフライト体験を軸とする地域のフィールドを活かした体験運営により、地域活性の起爆剤となる企業に生まれ変わる。
鳥海山の伏流水を活用した日本蕎麦製造、販売のための製麺所新設と卸販売への新分野展開 新たに製麺施設を新設し、国内で生産した蕎麦と鳥海山の伏流水を使用した日本蕎麦の製造、販売を行い、新たな収益を上げ6次産業を支援し、後継者育成と新規雇用を生み出します。
無加温無調整・源泉掛流し温泉を活用したオートキャンプ場事業 温泉の土地・旧館(当初解体予定)・新館(コロナ禍以前に新築)をフル活用したキャンプ場事業。温泉施設に隣接し、山川ではなく比較的安全かつ街中からアクセスし易い場所で地域コミュニティを創造し成長する事業である。
「温泉街と旅館の魅力の融合! 〜散策しながら気軽に立ち寄れるカフェラウンジへの挑戦〜」 既存の旅館事業で宿泊客に提供していたサービス内容をベースに、宿泊客ではなく散策客を対象とした飲食店を、温泉街と旅館の魅力を融合させた形でオープンする。
水産加工ブランドの自社工場設立と新規販売店舗の新規事業 当社は飲食店、卸売、仕出しの事業を営んでいるが、新型コロナウイルスの影響から減収推移している。そこで、当社で所有する事務所を改装し、当社独自ブランドの加工品工場を作り、新規販売店舗をオープンさせ、新たな収入確保を図るため事業計画を作成する。
地域初の専門店のオープンとテイクアウト・デリバリー需要の獲得 当社は夜を中心とした飲食店を営んでいたが新型コロナウイルスの影響を受け売上が減少している。影響の少ない昼の業態に変更すると共に、テイクアウト、デリバリーも行うことで、売上の確保、雇用の維持を図る。
ゴルフシミュレーターを導入した新しいスタイルの居酒屋展開 このコロナ禍でもゴルフ人口が増えていることに着目し、居酒屋では導入事例のないゴルフシミュレーターを導入し、話題性を作ることでゴルフを楽しみたい新たな顧客獲得とゴルフ関連事業で新たな収益を生み出す。
和風居酒屋が取り組む本格洋菓子のテイクアウト 居酒屋営業におけるコロナ禍の休業協力や時短営業による売上低迷、テイクアウトの他社差別化といった経営課題を解決するために、代取夫人のパティシエ経験を生かした付加価値の高い洋菓子製造販売を事業化する。
子育て世代の女性が働きやすい・With コロナ特化・脱毛エステサロンの開設 コロナ禍で既存事業であるスナック経営が厳しい中、子育て世代にも柔軟な働き方が提案できる・接客力を生かした事業として脱毛エステサロン(セルフ・女性・子供・男性)の開設を計画。
老舗ラーメン店が作るテイクアウト専門からあげ店舗事業 有名ラーメン店の秘伝のタレを使ったテイクアウトからあげ専門店の開業計画。事前注文システム・決済システムを取り入れ、非接触型にすることで、アフターコロナに対応した事業にしていく。
老舗割烹仕出し屋の味を活かして和菓子・食品製造業の分野へ本格進出! コロナ前の主力は葬祭場向けの懐石・割烹弁当類の仕出しであり、壊滅的な影響を受けた。本事業は、その本格的和食の腕・味を活かし、冷凍食品・レトルト製造製造と和菓子製造領域に進出し、食品製造領域への新事業展開を図るものである。
食事、菓子需要に対応した中華まん専門店の開業 飲食需要の回復は不確実性が高く、飲食業の人手不足も続くと想定する。生産者との人脈を活かし食事、菓子需要向け中華まんを開発、地域の高齢女性を雇用し専属料理人を雇用せずとも運営できる専門店を開業する。
飲食業から事業再編を通したデイサービス事業への進出 現在、飲食店2店舗を経営しているが、新型コロナウイルスの影響を大きく受けている。本事業では事業譲渡により、介護事業を買収し、新たにデイサービス事業に進出し、店舗展開することで事業の再構築を行う。
冷凍円盤餃子の製造販売による「場の商売(飲食業)」からの脱却 コロナの影響により店内飲食の売上が減少。弊社商品の特徴を活かした「冷凍円盤餃子」を製造し、店外・ネットで販売することにより、環境変化における補完性を高め、「場の商売(飲食業)」からの脱却を図る。
もっと自由に誰もが旅行を楽しみ地域文化に触れる機会の提供 個人旅行の増加や超高齢社会において、ユニバーサルデザインな環境整備を行い、誰もが自由に旅行できる機会を提供し、地域文化に触れる体験を提供することを目指す。
団体宴会旅館からプチ湯治×ワーケーション滞在を提案する旅館への変革 旅行形態の変化による既存事業の低迷に対応するため、サウナや岩盤浴などの館内温浴施設の充実と稼働が低い客室をワーキング客室へ改修し、プチ湯治とワーケーションを組合せた個人客向け施設としてリブランドを行う。
店舗展開ノウハウを活かした福島餃子の24時間無人餃子販売出店計画 ラーメン店のチェーン店舗展開及びフランチャイズ展開のノウハウや、ラーメンと併せて店舗で提供する博多の一口餃子の製造ノウハウを活かし、福島の円盤餃子を専用設備により製造し、無人店舗により24時間販売を行います。
独自仕入の本格自家焙煎コーヒー製造参入と、飲食プロ技術の融合で実現する事業再構築 コーヒー製造業に参入。既存仕入れルートを活かし、現地直送の良質なコーヒー豆を使い最適自家焙煎で提供。弊社開発のスイーツとのセットで新たな価値を提案し、既存事業の販売力と、コーヒー事業との相乗効果でコロナ禍でも成長する。
「プロの味を自宅で食べられる喜多方ラーメンととりもつ」の自社製造および販売 「プロの味を自宅で食べられる喜多方ラーメン」とサイドメニューで人気のとりもつなどを自社製造し、観光地である喜多方のお土産店やEC販売など新たな流通チャネルで販売することで、コロナ禍からの早期脱却を目指し、事業再構築を行う。また、製麺などを内製化することで店舗で提供されるラーメンの質の向上とコスト削減の相乗効果が得られる。
飲食業リスクを減らすべく業種・業態・エリアを変えた新天地へ本格進出 主力である夜の割烹系飲食需要は、コロナ禍により激減。今般、既存事業のリスクに備えるべく、業種、顧客層、提供時間帯、商圏のまったく異なる新事業(菓子、食品小売業)への事業再構築を行う。
日本料理・エステ・サプリ販売で食と美と健康を提供 飲食店で培った接客力・空間づくりを活かし、コロナ禍で需要が高まっているエステ事業を展開し、利用者に美と健康のサポートのサプリメント販売を行う。飲食店では健康志向の食事提供でサービスを連動させ、自社で循環させる新たなビジネスモデルを構築する。
コーヒーの自家焙煎と直営店舗によるFCチェーンからの脱却 当社はFCに加盟し洋喫茶を運営していたが、コロナの影響で売上が減少している。コロナの影響が少ない小売りを中心とした自社オリジナル商品の製造を新たに行うと共に、直営店舗を設置し回復をする計画である。
日本初!健康滞在宣言『ゴルフ×宿泊×健康食』生活習慣病予防サービス事業 ゴルフ練習場を活用した、宿泊施設長期滞在者向け生活習慣病予防および健康増進サービス事業。グループ会社が運営する宿泊施設を利用する顧客に対して、継続した健康増進の取り組みとして、運動機会の提供、生活活動量の測定およびデータ蓄積、データに基づく健康食の提供をワンストップで行う。蓄積されたデータは専用アプリを活用し、利用者ごとに可視化する事で継続性が担保される。
食肉販売業の許可を取得し、老舗焼肉店の味を全国に届ける事業再構築 焼肉店(飲食店)では生肉の販売ができないという課題があるため、専用設備を新設し食肉販売業の許可を取得する。本事業ではコロナ禍でニーズが高まっているテイクアウトや通販に着目し、老舗が選ぶ肉のフルコースを鮮度を保ち全国配送する。
下館ラーメントータルプロデュースによるサプライチェーンの構築 セントラルキッチンの導入により、飲食店から、下館ラーメントータルプロデュースサービスを開発提供する小売業を始める。これにより、高齢化した既存の下館ラーメン店や創業者へのサプライチェーンの構築をも可能とする。
居酒屋と農業事業者が取り組むお弁当~イバラキ漁師メシ・農家メシ~ 茨城県の農業事業者と連携(直接仕入、商品開発)し、「イバラキ漁師・農家メシ」をテーマとした、地産地消に独創性を加味した特徴的なお弁当を、地元のランチ難民に対してテイクアウト&デリバリー方式で販売します。
コロナ禍に於ける新たなブランドを使った移動販売事業への進出 移動販売用ブランドを作り、キッチンカーを用いた独自の提供手段による移動販売を実施する。
「あんこう」が購入できる自動販売機を設置する新事業展開 新型コロナウイルスの影響により遅れていた、北茨城市商工会や北茨城市とともに新商品開発した「あんこうの瓶詰め4種」の販売促進を行う。この販売を皮切りに、小売業への新事業展開を実現する。併せて、集客の相乗効果を得られる主たる旅館業において、感染防止対策のための宴会場の改修・改善を実施する。
「〈蔵に泊まれる〉をコンセプトとした低接触型・体験型民泊事業」 本補助事業は、「新しい生活様式」の普及により低接触型・家主不在型の民泊施設の需要増加を見据えた、非日常の体験が出来る独創的な施設を整備するものである。具体的には、「蔵で泊まれる」をコンセプトとしたグランピング風体験施設を提供する。
アフターコロナ対応!ピザ店に加え、和惣菜販売事業を新分野展開 コロナウィルスによってレストラン事業の売上が減少した。外食需要がコロナ以前に戻るかは不透明であるため、消費者ニーズの高い和惣菜を販売して、需要の伸びている中食産業に進出し、売上の向上を図る。
店内飲食からアウトドアへ!遊休資産を活かした販路拡大大作戦 既存の飲食店事業は、この先も厳しい状況が続くとみられ、テイクアウトも多くの飲食店が参入しており、蕎麦の商品性からもテイクアウトしにくく今後も苦戦が予想される。

そこで遊休スペースを東屋やBBQスペース等として有効活用する。

新しい供養を提供する葬儀仕出し料理店が行う事業転換 食事処の「おお田や」は、創業59年の老舗の鰻屋として、また葬儀での仕出し料理を提供していた。コロナ禍により営業が困難になったことをきっかけに、長年培ってきた地域と葬儀関係者との連携により、全く新しい供養のスタイルである寺院内散骨を提供する。
ITを活用した遠隔仕込み代行で厨房業務の人材不足を解消する取り組み 人材不足に悩む飲食店をはじめとする厨房業務を行う事業者に向けた仕込み業務の効率化システム【はた楽くん】の提供、遠隔地での仕込み代行サービス提供
創業20年を超える本格的なラーメン店の味を屋外で楽しめるキッチンカー事業 茨城県下妻市で22年間営業しているドラゴンラーメンが、感染症対策を施し3密回避可能なキッチンカー事業を開始。感染症対策が必須な医療従事者や高齢者への提供及びテストマーケティングも可能であり、事業拡大も同時に図る。
ホテルの遊休地を活用、ハイエンドなグランピングコテージ運営事業 当社が運営するホテルレイクサイドつくばは敷地面積に余裕があるため、有効活用するべく、他施設と差別化されたハイエンドなグランピングコテージを3棟建設。従来の観光客向けではない新たなアウトドア目的客を取り込むことで、事業再構築を図る。
本格イタリアンレストランが手掛けるテイクアウト専門店への進出計画 茨城県内にてイタリアンレストラン3店舗経営してきたノウハウを活かし、テイクアウト専門店を運営する。レストランシェフにより惣菜専用のメニューを開発し、それぞれに合ったワイン等の案内、提供も行う。
高級旅館としまやブランドと地域連携によるグランピング新展開 コロナによる顧客減少を克服するために、近年人気の高まりを見せているグランピング事業に参入し、海辺の好立地と旅館業で培った資産を活用し、高級志向のグランピング施設を建設。新たな顧客獲得でV字回復を図る。
勝田駅徒歩0分、ホテルでワーケーションビジネスへの新分野展開 コロナ感染拡大による出張者の減少を克服するために、新規顧客獲得を目指し、テレワークもできる日帰り温泉ビジネスを展開する。既存ホテルの設備や人的リソースとのシナジー効果を活かし、全社での業績回復を図る。
フルーツサンドの文化を関東へ!居酒屋から中食への業態転換 当社の既存事業である居酒屋形態は、コロナウィルス蔓延による時短要請などによって壊滅的な打撃を受けた。試験的に行ったフルーツサンドのテイクアウト事業に光明が見えたため、新規事業として業態転換を行う。
自社の強みを活かす!業種転換「弁当製造・販売及び冷凍食品」事業への進出。 新型コロナウィルス感染症により甚大な被害を受けた既存事業の「飲食店」であるが、緊急事態宣言解除後も客足の回復は鈍く、経営的に厳しい状況である。

そんな中、顧客とのコミュニケーションから当店の人気メニューである「ハンバーグ」に特化した「専門弁当店」の構築と冷凍食品販売を行う業種転換を本事業で取り組む。

地元農産物を使用したオリジナル石窯パンの「テイクアウト専門店付自社製造工場」の新設事業 自社製造工場を新設し地元農産物を使用したオリジナル石窯パンを製造する。併設のテイクアウト専門店での販売、既存店舗8店での販売及び通信販売する事で、テイクアウト・郊外・少人数需要を掘り起こし新市場を開拓する。
地産地消型の高品質WAGYU焼き肉店への転換 茨城県石岡市で居酒屋利用や宴会需要を目的とした和割烹を営んでいたが、新型コロナウイルスの影響で売り上げが激減。地域密着型店舗の事業ノウハウを生かしつつ、和割烹と比べ、客層が広い焼き肉店への転換を図る。
高品質なサツマイモ加工品を製造し、低価格で販売する計画 本事業により最新の設備を導入し、生産体制を整えることで、他社と比較し衛生管理された高品質なサツマイモ加工品を製造する。また仕入れの優位性を活かし、低価格で販売する計画。
大洗町のお土産物販売と鮮魚卸売りへの新規参入を通じた地域創生計画 新型コロナ・緊急事態宣言の影響により和食店・回転寿司等は客足が激減し、大打撃を受けている。本事業において、市場ニーズが高い鮮魚卸売りとお土産物の販売を開始し、新分野展開を行うとともに、既存事業とのシナジー効果の発揮を計画する。
飲食店からの冷凍調理食品製造業への業種転換 強みである技術力を活かし若年層世代の食生活に対応した高級なうなぎ料理を簡便に食せる冷凍食品の開発を行う。飲食事業の宴会や団体需要受け入れを縮小して、冷凍食品製造と販売体制の再構築を行う。
ライフスタイルホテルへ業態転換。「小上がり」のあるテレワーク個室の提供。 ライフスタイルホテルにコンセプト転換し、稼働率が低い昼間の経営資源を活かしたテレワークスペースサービスの提供を行う。「小上がり」のある特徴的な個室に改装し、昼夜を通じてビジネスユースに快適な環境を提供する業態転換の取組み。
つくば発デジタルうどん革命!高品質冷凍うどん製造業への業態転換 強みである国産小麦粉によるうどんづくり力や京都伏見ブランド力を活かしつつ、冷凍うどん製造設備の導入により製造プロセスを大幅に改善し、手づくりの生うどん店から、高品質な冷凍うどん製造業へ業態転換を行う。
最新冷凍設備の導入による、冷凍寿司のEコマース事業への参入 鮮魚の品質を保全可能な、最新冷凍機の導入により、寿司の冷凍販売を可能にすることで、Eコマース事業を新たに展開する。これにより、対面型販売以外の販売チャネルを構築し、事業の再構築を図る。
駅前立地を活用したお好み焼き店から洋菓子等販売店へ新分野展開 弊社の主な収入源である飲食店全店の動きが止まってしまうと会社の運営が厳しくなる。雇用の存続ができなくなる。よって飲食店ともう一つの柱になる小売業を立ち上げる。業績が好調のシャトレーゼに加盟する。
オリジナルクラフトビール『日立麦酒』の自主製造体制の確立とネット販売による事業拡大 当社は、飲食業として地域に根ざし町興しに励んで参りました、コロナ禍の今、箱型の飲食店は来客を待たなければ売上高が確保できない事を思い知らされ、新たな事業の構築を図る必要性を強く感じました。現在委託製造である『日立麦酒』の製造、販売を促進すべく、自社ECサイトを構築する事、自社製造工場を建て、製造、開発、販売、OEMなど委託販売、醸造体験など行うことで事業再構築を図りたいと考えております。
世界基準、高級・本格志向、個室提案型SUSHIレストラン 従来の大衆向け寿司店の概念を超えて「松榮鮨」ブランドを確立し、個室本格鮨提供による日本食文化の継承と、子どもたちにあたたかな食事や居場所を提供する子ども食堂の運営、ふるさと納税への注力による地域経済への寄与、WEB構築によるビジネスモデル転換。
コロナ下でのラーメン店再生~地域に根差す癒しの伝道者として 収益源の多角化という経営課題に対し、「癒し」というキーワードを軸に、トレーラーハウスを利用したカフェ、最先端の酸素カプセル、癒しの心を伝授するラーメン道場などを組み合わせたビジネスモデルの構築を図る。
食事処バリアフリー・個室化による高齢者・障害者・外国人受入れ販路拡大 比較的大きな食事処をバリアフリーにし間仕切りをし小個室化する事により高齢者・障害者・外国人等のお客様不自由なく楽しくお食事をして頂く事により今後の販路拡大に繋げて売上アップの一端を確保していたきいと思います。
新調理法と最新冷凍技術を融合した地域特産商品の惣菜製造の事業化 最新の冷凍技術と真空調理を活用した調理法により地元名産品を「家庭で地域の名産品の味が実現できる即食可能な調理済み冷凍惣菜の開発」、計画生産体制を構築することで、拡大する調理済み冷凍食品需要に訴求し、国内市場のみならず、海外市場への展開を実現する。
猫カフェでテレワーク、宿泊もできるシェアオフィスへ BAR原宿屋はコロナ禍に伴う各企業の会社員のテレワークの需要が高まる流れを踏まえ、新たに「テレワークができる猫カフェ」と「同フロアで宿泊もできる宿泊サービス」を開業し、事業転換による事業再構築を行う。
ビジネスホテル業と融合するサウナ事業及び立ち食いそば・うどん事業への進出計画 出張、旅行、外食が制限されるコロナ禍でのホテル稼働率の減少及び空き店舗の増加に対応するため、空き店舗を活用してサウナを新設、立ち食いそば・うどん店を開業し、ホテル事業との相乗効果を狙う。
コロナを乗り越える鶏白湯ラーメンと揚げパン事業の挑戦! 酒類提供を前提とする居酒屋事業を辞め、新たに「鶏白湯ラーメン店事業」と「揚げパン販売トレーラーハウス事業」を開始する。和風創作居酒屋の経験を活かして新たな事業領域に挑戦を行い、コロナを乗り越える。
地域の外国人にも利用していただける薬局事業への新分野展開 コロナ禍により飲食店事業が大打撃を受けている一方、地域の外国人経営者として要望を受けている夜遅くまで営業し、外国人にも利用しやすい薬局という新分野へ展開し、事業収益の安定化・増加を図る。
女性をもっと輝かせたい!キャバクラ店が強みを生かして美容エステ店へ華麗に業種転換! 10年余のキャバクラ店経営の強みを生かし、美容エステ店へ業種転換する。エステ店はキャバクラ店の女性スタッフにとって新たな雇用の場になるとともに、キャバクラ店で働く全ての女性にとっての美と癒しの場となることを目標とする。雇用とサービスの両面で女性を輝かせたいという強い想いで、事業再構築に挑む。
ベトナム料理のランチ・移動販売による事業転換 コロナ禍により、居酒屋店舗の売上が激減、回復の目途が立っていない。そこで、飲食店のノウハウとベトナム出身の強みを活かし、ランチ営業を行うベトナム料理店と移動販売により、専門料理店に事業転換を図る。
老舗旅館が地場産品にこだわった日本食レストラン新設でV字回復に挑む! 本事業は、新型コロナの影響で大きな打撃を受け厳しい状況下の中、那須高原の老舗温泉宿が、質の高いサービスとノウハウを活かし、栃木・那須の食材を使用した日本食レストランを新設し、新規顧客獲得で売上回復を狙う事業である。
住みたい街 大田原へ!コインランドリー&冷凍食品販売で地域貢献 既存事業の駐車場を活用し、コインランドリー兼冷凍食品販売を行う。ホテル事業で提供している「住」だけでなく「衣」「食」も提供できるようにし、地域住民・近隣で働く方の生活環境の選択肢を増やす。
矢板市の観光資源を活用したサイクリングカフェによる新分野展開 コロナ禍によりビジネス客等が激減し、ホテル事業の収益が大きく悪化。そこで、活用できていない日中の時間を利用し、サイクリングの拠点として、自転車やバイクを見ながら楽しめるカフェを新たにオープンさせる。
「宴会スペースを寮に改装」飲食事業者の不動産賃貸業への展開 コロナの影響を受け、売上が大きく落ち込んだ飲食業従事者。不稼働化したパーティー・宴会スペースを外国人技能実習生の寮にリノベーション、収益物件化する。不動産賃貸業に新規参入し「足らず米」を確保する。
ペンションから低感染リスク型コテージへの事業転換 コテージ・貸別荘等は新型コロナ禍でも客数減少が少ない。さらに無人レジなど非対面型の低感染リスク型コテージにリフォームしてペンションから事業転換を図る。那須の最高の立地を活かしてラグジュアリーコテージとして再構築する。
弁当の製造・販売・配達事業をメイン事業とするハイブリット型店舗への事業転換 Withコロナ、Afterコロナを見据え、現在のメイン事業を夜の割烹事業(店舗運営)から弁当の製造・販売・配達事業へと事業転換する。具体的には店舗の裏側に施設を増築し弁当製造専用の施設とすることで製造能力を増強し、事業の再構築を図る。
自社製粉製麺工房の設置とテイクアウトを含めた和風カフェの新設による個人旅行客の取り込み 既存の物産品販売スペースを撤去し、手打ちそばの実演コーナーと昼食時間外の客を取り込むための和風カフェに改装し、テイクアウト商品の提供を合わせながら事業を再構築する
ビジネスホテルの資源を活用したレンタルスペースの運営事業 働き方改革によって加速したレンタルスペース需要を満たすべく、既存のビジネスホテルを改装しテレワークに対応した設備を充足する。新しい働き方のビジネス需要を取り込むことで事業再構築を図る。
非接触型テイクアウト専門店 ニッチな商品のドライブスルーテイクアウト専門店で新たな事業基盤を創出する。

典型的なレストラン・カフェを受託営業する企業が、外食産業の衰退と将来のシフトを見据えて、新たにデジタル化を徹底活用した食品の製造販売事業を立ち上げ経営基盤を強化する。

韓国薬膳レストラン、食品催事事業への進出による事業再構築 現在、高崎高島屋で運営しているファミリーレストランから、高麗人参など健康に良いとされる食材をふんだんに取り入れた韓国薬膳レストランに業態転換します。アンチエイジングやデトックスをテーマにした料理のほか、薬膳そば、薬膳こんにゃくなどのオリジナル商品を提供します。また、会津や福島の自然食品や無添加食材、マクロビオティックを取り入れた食材を取り扱う催事事業やECサイト事業を行います。
日本料理がプロデュース、離れ貸し切りの焼肉店の出店 コロナ禍で顧客同士の接触も不安視される中、攻めに転じ新たに離れ個室を増築する。貸し切りで有るため多くの収容人数は見込めないが(囲炉裏を囲んだ落ち着いた雰囲気の有る個室で専属スタッフが対応した)<日本料理店の季節の肉料理コース>等の提供で付加価値を付け高単価販売へと大胆に舵を切る新規事業である。
寿司職人が目利きする高品質の鮮魚店で健康社会と食品ロス削減に貢献 寿司職人の目利きと技術を生かした鮮魚店で健康意識の高い顧客に高品質の魚を提供、地域住民の健康維持に貢献する。居酒屋事業も継続することで食材を無駄なくリユースし食品ロスを低減、サステイナブルな事業を展開する。
持ち帰り専門の唐揚業態への進出による経営安定化を目指す 当社の既存事業はラーメン店であり、コロナ禍に入り三密回避の一貫から席数減少や新しい生活様式の定着で売上の回復が望みにくい。既存事業の収益を補完するため、新たに持ち帰り店舗の運営を行い経営の強化を図る。
熟成技術による食肉商品の開発と新販路への思い切った新分野展開 顧客や地域から要望のある熟成技術を活用した食肉商品を開発するために、機械装置の導入、店舗の改装、試作品開発を行う。地域の業者を巻き込んで、地域イノベーションを創出する事業である。
20~40代女性(単身&子育て世代)への冷凍イタリアン通販事業 安定した収益を得るために、当店自慢の味と食感をご家庭でほぼ100%再現できる冷凍イタリアン料理を開発し、顧客ターゲットが重なっている、全国に店舗を構える衣料/雑貨店の通販サイト内でネット販売し、「LOVE&SMILE」を全国にお届けする。
お店の味を食卓へ、自動販売機による販売を展開 新型コロナウイルスの新たな変異株による第6波襲来の恐れもある中で当社の一番の強みである他社に真似のできない味のパスタを時間帯や感染を気にすることなくお買い求めいただける自動販売機による販売という新分野に進出いたします。
キッチントレーラー導入によるオリジナル食品の移動販売及びBBQのケータリング事業 これまで肉料理やご当地パスタ等をメインとした飲食店を行ってきたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で店内飲食やイベント出店が大幅に落ち込んでいる。そこで、新たにキッチントレーラーを導入し、移動販売やイベント出店するとともに、BBQのケータリング事業も行い売上拡大を図る。
やります!新たに洋菓子店進出による㈱やる人、売上V字回復事業 新たに店舗を賃借し、店内等を改装し洋菓子店(ハワイアンドーナツ)及びブルーシール風アイスクリームの販売を中心としたテイクアウト商品の販売、併設カフェ店を開業。新たな市場を獲得し既存事業の回復、新分野での収益及び雇用を創出。
居酒屋から障がい者就労支援のうどん店と高齢者配食事業へ 弊社では新型コロナウイルスの新たな蔓延の不安がある中で、営業自粛対象となる深夜営業やお酒の提供が主となる事業ではなく、豊かな調理経験とメニュー立案力を活かし、障がい者の就労支援の場にもなる、うどん店と高齢者配食サービス業を展開します。
飲食店とユーザーを繋ぎ料理に関する悩みを解決するオンラインプラットフォームを構築する 私たちが提供する「飲食店参加型オンラインプラットフォーム」は厳選されたプロの料理人が段階的に本物の技術・知識・経験を一般の人にも分かりやすく実践しやい方法で日常の料理に関する疑問・悩みに寄り添い、頼れるプロの料理人との連帯感で共に支え合える為の仕組みとなります。気軽なチャット形式→オンラインサロン→料理教室という段階を踏むことでユーザーの疑問・悩みを抽出し家庭の料理を楽に楽しく解決します。
国道122号線の新名物「飲めるティラミス」の移動販売開始事業 みどり市と桐生市を通る国道122号線は東京都~栃木県日まで通ずる大自然溢れる道路でありコロナ禍での密を避ける観光地として注目されている。水沼駅周辺の道路沿いは飲食店が少ないため、移動販売車を出店することにより、観光や旅行の通り道で小腹を満たせるような飲めるティラミを提供する。
旅館の釣り堀跡地等を活用した枕木デッキのガーデンダイニング わたらせ渓谷鐵道に使用されていた枕木を用いたデッキの上で、長年に渡る経験により培われた調理ノウハウを駆使した多種多様な料理を提供する飲食サービスを新たに開始する。
好立地の遊休施設をラーメン店に改装し新分野展開で売上拡大 コロナ過で草津温泉の宿泊客が減少し旅館の売上げが大幅に低下している。そこで、好立地にある敷地内の遊休施設をラーメン店に改装し、宿泊客だけでなく当館の前を通る観光客や地元客を対象とすることで新たな売上をつくる。
IT活用でリモート参加可能なハイブリッドウエディングへの再構築 当社は既存ビジネスを抜本的にwithコロナへ適合させることが課題です。そこでITを活用した低廉高品質かつ効率的なウエディング事業への業態転換で課題を解決します。顧客経験価値を高め競争優位性を確立し他社との差別化を実現します。
温泉旅館から、家族で楽しめる非接触型温泉テーマパークへの転換 県外から来る高齢者顧客が既存会員に多いことからコロナの影響により一時売上0という甚大な被害を受けた当社が、3密を考慮した若年層も楽しめる家族団らん温泉テーマパークに転換することで売上のV字回復を図る。
イタリア料理店によるイタリアンジェラート専門店の新事業展開 イタリア料理店としての強み・経験を活かし、イタリア由来のスイーツであるジェラートを新たな付加価値として提供することで、コロナ禍において新規顧客の獲得と売上の増加を図る。
鶏唐揚げ専門店が、24時間揚げたての味を味わえるサービスを提供 鶏唐揚げ専門店とこだわりのラーメン店を経営する企業が無人店舗で24時間営業の鶏唐揚げを開設。揚げたての風味を堪能できる瞬間冷凍機やキャッシュレス無人レジの導入を予定。
コロナ対応型おっきりこみ専門店出店による地域活性化事業 当館独自の食材入手ルート、料理品質の高さを生かした飲食事業に参入する。商材は郷土料理である「おっきりこみ」一品で計画。食材と割り下の入った鍋ごとテイクアウトの形式で提供するコロナ対策スタイルとする。
遊休施設の改装と一棟貸しの宿でワーケーションの新市場獲得 旅館内で遊休施設となっている宴会場をネット通信環境等を整備したワークスペースに改装し、隣接敷地内に「一棟貸しワーケーションの宿」を3棟新築する。ワーケーション利用による長期滞在顧客等に快適なサービスを提供する。
赤城山麓の恵みとITシステムが連携したキャンプ活動体験型飲食施設 赤城山麓の恵みである当社ブランドの福豚や地域農家の野菜を用いた料理を提供し、スマホアプリによる自社ブランドの魅力を高め、気軽にアウトドア感覚を味わえるキャンプ活動体験型飲食施設を運営する。
独自の仕入れルートと加工内製化による地域コスパナンバーワンの焼肉店の開発 Withコロナ、Afterコロナを見据え、今後の売り上げのⅤ字回復が見込めない居酒屋を補う業態として、独自の仕入れルートと加工内製化によりA4以上の国産牛を安価で提供する地域コスパナンバーワンの焼肉店を開発する
和牛の廃棄部位を活用したカジュアルテイクアウトでの事業再構築 コロナ禍で店内飲食客が激減している。そこで和牛の廃棄部位を使用した新製品及び新提供手法を開発し、「テイクアウト市場の拡大」「カジュアルな軽食需要の増大」「SDGsへの関心の高まり」に応えることで事業再構築を図る。
自社遊休地を最大限に活用した、グランピング事業への挑戦 新型コロナによって当社も観光業の例に漏れず、宿泊客が激減した。当社は新型コロナ禍で改めて価値が見直されている「アウトドア(キャンプ)」需要を取り込むべく、当社がこれまで培った強みと、自社の遊休地を最大限活用したグランピング事業を開始する。競争力あるグランピング施設を運営することで、事業再構築を図る。
ラーメン専門店が製造する総菜事業への新分野展開 飲食業を営んできたが、コロナの影響によって売上数量、単価ともに減少している。そこで、ラーメン食堂としてご愛顧いただくメニューを冷凍食品として提供し、家庭でも専門店の味を楽しんでいただく事業を展開する。
観光スタイルの変化に伴い、新たな観光コンテンツ「大自然のサウナで整う」を提供 消費者は、新型コロナウイルス感染拡大を経験し、旅行そのものが目的だった時代から消費者の趣味や自己実現のための手段へ変化している。こうした中、当社ではこれからのトレンドに合わせた万座温泉地区では初となる大自然でのサウナを提供する。
「一日中満喫できる宿への転換」温泉ワーケーション、客室高付加価値化、プレイラウンジ新設による事業再構築計画 四万温泉にはない独自性・独創性の高い施設・サービスの提供は、滞在の在り方の幅を広げ、様々なニーズへの対応を可能とする。

当館は四万温泉随一の大型施設であり、自社の強みである温泉力、本事業の設備効果により、競合施設が取り込めていない客層を獲得できる。

結果、当館の事業再構築の実現だけでなく、四万温泉全体の地域活性化にもつながる事業と考える。

冷凍自動販売機を活用した非対面式ビジネスの構築 当社はイタリアンレストランである。既存店舗から450m程離れた貸店舗の内装工事を行いセントラルキッチンとし、冷凍食品の製造、包装及び配送を行う。商品は既存事業のメインメニューであるパスタであり、非対面で販売可能な冷凍自動販売機と直売所等で販売する。
地域活性化に寄与するキッチンカーレンタル事業の立ち上げ 単一市場に依存した既存の飲食事業に加え、需要の高まるキッチンカーのレンタル事業を立ち上げ、多角化を図る。イベント事業者を含めた地域の事業者を巻き込みながら実施することで、地域の活性化に貢献する。
街につながるコミュニティハブ型共同居住賃貸住宅(シェアハウス)事業 観光客の激減により既存の宿泊事業飲食事業の売上は減少。そのため、既存事業は街の入口として活かしつつ、シェアハウスという新しい定住拠点を築き、地域と連携して収益を増やす事業を展開します。
「キャンプ de お蕎麦」「そば屋のそば鍋」の開発とEC販売 感染症により急減した団体バス旅行需要に代わり、市場拡大が続くキャンプ・EC・ミールキ

ット市場への参入を図る。商材は当店の強みを活かし、キャンプ場でも自宅でも利用できる「蕎

麦御膳の料理キット」である。

「自宅までお届け・キャンピングカー楽々グランピング」及びキャンプ用品プロデュース (1)キャンピングカーレンタル事業。キャンプ機材、食材をレンタカーとセットにしてレンタル。キャンピングカーを自宅などに配送する。 (2)キャンプ用品プロデュース。アウトドア用品を制作する。
パスタ専門店からカフェ・ランドリー・レンタルキッチンの複合店舗への新分野展開 パスタ専門店としての現店舗を一部増改築し「カフェ・ランドリー・レンタルキッチン」の複合店舗への事業転換を図り、地域住民の生活により密接な店作りを目指す
通販・自販機用オリジナル牛すじ煮込みの商品化による事業再構築 昨今の外食産業低迷に加え、新型コロナウィルスにより大打撃を受けた経営に対して、当社オリジナル小売商品開発を行ない、ネット通販・冷凍自販機での商圏拡大により事業再構築を実現する計画である。
焼肉店から「黒毛和牛A5ランク」カフェレストランへの事業転換 コロナ禍において閉店を余儀なくされた焼肉店に代わり、新たにカフェレストランへの事業転換により事業再構築を実現する。「黒毛和牛A5ランク」というコンセプトのもと新メニュー開発を行ない、売上利益向上を図る。
飲食店経営を活かした日本酒専門の酒販店への業種転換 現在経営中の日本酒BARと関連する分野として、新たに酒類販売店を開業し、既存店舗を活用した量り売りや試飲などのユーザーニーズに沿った細やかなサービスを提供することで酒類販売店の優位性を確保して新たな売上の柱を立てつつ既存店舗の売上増を目論んでおります。
テイクアウト・デリバリーをメインとした新店舗による業態転換 既存のフレンチレストランと別の場所で新たに「金目鯛の煮付け重」をメインとした和食店を開店し、テイクアウト・デリバリーをメインとした事業を行います。
人気居酒屋の経験と技術を活かした総菜ベーカリー構築・運営事業 居酒屋経営の経験と技術を活かした総菜パンを販売。地産地消の食材を活用し、地域において経済の発展と雇用の創出に寄与する。
贈答・通販・OEMジェラート開発による新ビジネスモデルの構築 ジェラート製造施設を新たに設置するとともに、これまで対応できなかった贈答・通販用ジェラート(カップ等)の製造ラインの構築。旬のフルーツ等を調達し、秩父らしいオリジナルジェラートの品揃えを強化する。
創業明治18年の料亭のテイクアウト・デリバリー事業への進出 当社は明治18年より続く料亭を営んでいるが新型コロナ感染拡大による宴会等の大人数で集まる機会が減少し経営に打撃を受けている。この危機を乗り越えるため新事業としてテイクアウト、デリバリー事業を開始する。
真空包装機による真空技術を用いた料理及び惣菜の加工販売事業 新型コロナの影響を受けて、店内飲食型の食堂における売上が減少した。真空包装処理を施した料理及び惣菜の加工販売(テイクアウトおよびネット販売)を行い、新たな商品および提供方法を確立し新分野転換を図る。
スナックバーから自然に囲まれたエステサロンへ業種転換 新たに完全個室エステサロンの店舗を立ち上げます。エステ器具導入会社からエステサロンを運営していく際のコンサルティング等、専門家の支援を受けながら事業を進め本取組で、売上・収益のV字回復達成を目指します。
居酒屋が展開する特製弁当、人気総菜のテイクアウト事業 新型コロナの打撃を受け、経営を再構築するために既存事業との相乗効果が発揮でき、かつ人気食材を使用した弁当と店舗で人気の高い総菜をテイクアウトで販売する事業を展開します。本格的な業態転換のためテイクアウト用厨房を新設します。
ホテルの空きテナントを利用した「児童発達支援教室」事業への新事業展開 当社はビジネス型宿泊施設を展開してきたが、コロナ禍で業界全体が縮小傾向にあり、既存事業においてはサービス度外視の低価格競争が進んでいる。

一方で、当社の強みである立地の良さを活かし、現在需要が増えているにもかかわらず、まだ供給が十分であるとはいえない「児童発達支援教室」の新分野展開を行い、地域住民の方への支援と貢献に取り組む。

女性客にやさしく・よろこばれる「本格カフェ」の展開 コロナ禍の影響で主力事業の売上が低迷。今後もコロナ前の需要回復には至らないと判断。ランチタイムに、地域内の経済循環ができる、女性をターゲットとした、地域唯一のガレットを扱う『本格カフェ』を展開する
今までとは全く違った商品を取り入れ業態転換しコロナを乗り切る。 現在、韓国創作料理を提供していて売上低迷が続いている。

新商品導入とテイクアウトに注力することにより事業再構築を行う。

取り入れる商品やテイクアウトは既存商品とのシナジー性もあることからこの補助事業を実施しテコ入れを行う。

飲食店「精華」から、餃子卸・販売の「精華」への生まれ変わり 当店は、餃子を目玉とする飲食店です。新型コロナウイルスの影響を受け、飲食業界のみでの事業の継続は難しいです。そこで、急速冷凍機を導入し、当店こだわりの餃子を冷凍加工し、ECサイト・自動販売機によって販売する他卸売りに取り組みます。
非対面・非接触かつテイクアウトに特化した鶏肉餃子事業計画 これまでの居酒屋事業から餃子を中心とする中華料理店に事業転換をし、コロナによって変化した食の需要に対応するためテイクアウトやデリバリー、デジタル技術を取り入れ、アフターコロナを見据えた業績のV字回復を狙っていきます。
茶室を活用した『お茶の駅レストラン』の新規開設・運営事業 狭山茶の魅力を発信体験しながら幅広い世代の交流ができる『お茶の駅レストラン』を新規開設し、本格茶室を活用した個性ある事業で“お茶と人を結ぶ”ことを実現目標として取り組みます。
アフターコロナの経済復興に向けた昼営業主体でテイクアウトもできるカジュアルイタリアン業態の事業再構築計画 長引くコロナ禍で窮境状態にある“居酒屋業態”から、ウィズコロナ・アフターコロナに対応する家族で地元で気軽に行けるカジュアルイタリアン 業態のイートイン・テイクアウト・デリバリー業態を展開する
イタリア料理店の隣店舗活用による新分野展開(①ワイン小売②テナント業) コロナ禍でのイタリア料理店売上高激減のV字回復戦略として、隣接したシャッター店舗を活用し地域顧客をターゲットに①イタリアワイン小売りと②テナントの新事業を行い、コロナ禍でも生き残りができる仕組みを構築する。
地域住民の健康作りに貢献する中高年層向けフィットネス新規展開 コロナ禍でファストフード店(モスバーガー)の売上が低迷。外出自粛に伴う運動不足で中高年層の健康維持が地域的な課題であり、健康づくりを目指すフィットネス施設の運営を通じて地域貢献と新分野展開を図る取組。
急速冷凍で魚もお寿司も無駄なく、おいしく、24時間販売! 寿司店である当社は、夜の営業だけに頼らない24時間の食品製造小売事業を検討し、急速冷凍技術を活用した寿司や燻製サバを自動販売機で24時間売り地域の魚屋不足に対応する事業を行う。
カルチャースクール、貸会議室、テレワークオフィス事業への参入 コロナ禍で本業の飲食・宿泊業が打撃を受けており、その打開のために当社の本館2階と3階を改装して、2階はカルチャースクールと貸会議室の運営、3階ホテルはテレワークオフィスとして運営し、売上拡大を狙う。
食事を楽しみながらゴルフを本格的に始められるゴルフバー 最新ゴルフシミュレータと高付加価値ゴルフコーチング、熟練した焼き鳥技術を用いた日替わり焼き鳥弁当による、ノンアルコールを中心としたゴルフバー展開で既存焼き鳥店が苦手としていた昼間の売り上げ確保によりV字回復を図る
地元応援!ビジネスホテルからテレワークデイユースへの新展開 コロナ以降のテレワーク需要やフリーランス人口の増加を背景に、ホテルの客室をビジネス用にレンタルする。地域との強い関係性や好評価の接客力、独自の客室設備で地元ビジネスを応援し、地元活性化に貢献する。
「働く」と「癒し」の融合。大宮初!個室サウナ事業。 大宮で今回新たに取り組む個室サウナ事業は、巨大ターミナル駅であり好立地という強みを活かしていく。

まだ駅周辺には存在しない「働く」と「癒し」の融合施設を、昭和60年と古くから営業していた場所で提供する事業である。

ピザレストランがピザテイクアウト専門店を開店して利益向上 当社はピザレストランであるが、コロナ禍で来客数が減少し経営を圧迫している。本場ナポリのおいしいピザを武器に、ピザテイクアウト店として新たな顧客獲得を目指す。
地域初のオンラインゴルフレッスンを、無料で提供! withコロナに対応した非接触、24時間対応、駅近の室内ゴルフ練習場を新設。地域初のオンラインゴルフレッスンとフランチャイズの接客ノウハウで雇用の確保を図る。
名栗の自然をぎゅっと凝縮!~ファミリー層向けNAGURI森のグランピング~ 地域資源を生かしたコロナに負けない経営基盤づくりを行うために、新たにグランピング施設を開設し、ファミリー層をターゲットとしたアウトドア事業で温泉旅館経営の反転攻勢をかける。
アソカインテル㈱ 桶川インド料理製造工場新設事業計画 埼玉県桶川市に食料品製造工場を新設してインド・アジアン料理の製造を行い、セントラルキッチンとして他のインド・アジアン料理店に卸売りを行うとともに、オンラインストアを開設して全国を対象にネット通販を行う。
中華料理店のDX化!本場の味を再現した冷凍中華の無人販売専門店 中華料理店を運営する盛宏株式会社は店内飲食の事業を縮小し中華弁当の24時間宅配に加え中華の冷凍食品を無人で販売する店に業態転換を図る。〝おうち〟でちょっと贅沢な中華を食べたい地域の人々のニーズに応える。
所沢の音楽喫茶が手掛ける本格ライブ配信事業 音楽喫茶モジョは工藤昭太郎が個人経営する食事とお酒、生演奏の音楽が楽しめる喫茶店である。コロナ禍で飲食店事業およびライブ事業は大きな打撃を受けている。コロナ禍で需要が拡大している配信事業に着目し、地域性および規模で差別化を図り、エンタテインメント業界の復活の一助になるよう補助事業を計画する。
草加をコリアンタウンで観光地化!キムチづくりで街づくりと人づくり 内食や健康ブーム・草加の韓国文化発信ポテンシャルを受け、秘蔵のキムチを豊富なネットワークと健康に対する科学的な裏付けとともに流通し、日本人を健康に、草加を第三のコリアンタウンにする
ときがわ町の名産となるオリジナルクラフトビールの醸造 ライブハウスや飲食店の経営で、多種多様なビールを提供してきた経験を活かし、クラフトビールの醸造・販売を始める。ブランディング戦略を組み立て、埼玉県比企郡ときがわ町の新たな名産品として経済活性化を図る。
既存レストランから撤退し、惣菜製造販売業に転換する。(惣菜直売所及びキッチンカー販売への進出) 道の駅しょうなん拡張の好機にキッチンカーでの「焼き小籠包」の販売、農産物直売所での弁当、惣菜の持ち帰り販売によるコロナ禍でも堅調な分野更にECサイト販売に参画し、新規の売上を狙う。既存の店舗は撤退して事業コンパクト化を図るが、道の駅施設もリニューアルする好機とも重なるため業種転換を伴うが、自宅店舗厨房は、自ら改修し、黒字化を図る。
菓子工房によるデリバリー/オンライン販売専用商品の製造・販売を行い再構築する コロナ渦による外出自粛や感染対策の影響により、売上の半分以上を占めるカフェ事業の売上が減少。サービスの提供方法を変更すべく、菓子類を中心とした専用商品を開発、店舗での営業を縮小して菓子工房やデリバリーブースを設置。来店客へのテイクアウトやオンラインサービスによる販売へ事業を再構築する。
宿泊業から当館メインディッシュ「ビーフシチュー」の冷凍食品他小売事業への新分野展開 新分野展開として創業以来33年間お客様から愛され続けてきた当館のメインディッシュである「特製ビーフシチュー」を活かした新たな商品の開発・製造、販売を行います。既存事業である宿泊事業に加え、食料品小売事業へ進出することで新たな顧客層を開拓し、事業の再構築と早期の業績回復を目指します。
手打ち式そば製麺機等導入による、「非対面」での高品質「生そば」製造販売事業 手打ち式そば製麺機を導入し、更科粉を使用した付加価値高い「生そば」を製造販売していく。店頭販売、道の駅などの販売店や通販を含め、販路拡大を図りながら、コロナ禍の売上減少を回復させていく事業である。
都心最寄りのワーケーション フッツ・カリフォルニア 当社は千葉県富津市の海辺で宿泊施設を経営しておりますが、コロナの影響により収入が激減しております。「ワーケーション」に適した宿泊サービスを提供し、事態を打開したいと考えております。
ワーケーション需要に応えるレンタルスペース事業 現在は宿泊業・飲食業を行っているが、コロナの影響により売上が減少している。既存宿泊施設の敷地内にキャンピングトレーラーを設置導入し、レンタルスペース事業を開始し、地域のワーケーション需要に応える。
次世代モビリティーによるマイクロツーリズム事業 温室効果ガスの削減を目指し、自動車、バス移動の観光から次世代モビリティ(電動キックボード)よる旅の新しい提案。電源供給プララットホームを作り、観光エリアを拡大し、地域経済へ貢献する。
露天風呂付きワーケーション対応型施設への業態転換 今回取り組む事業は、主たる業種・事業は変更しないが、「露店風呂付きワーケーション対応型宿泊施設」という新たな業態に進出するとともに、自社にとって初めての事業として、他社との差別化を図った製品・サービスを提供する取り組み。
客席を有する飲食店から持ち帰り飲食サービス業への事業転換 架線拡大で店内飲食が苦戦するクレープの店舗を持ち帰り専門店へ切り替え、さらに新しい分野のフレッシュースムージーのとメキシカン風タコスの店舗を新規開設し、3店舗体制で地域の支えとなることを目指す
成田市初の『会員制経営者サロン』新規出店による新分野展開への取り組み 甚大なコロナ禍影響を受け成田市内2店舗のバー経営に苦しむなか、駅前好立地テナントを確保のうえ、これまで多くの近隣経営者から要請を受けてきた、市内初の『会員制経営者サロン』を開設し、業績V字回復を図る新分野展開
焼肉店自慢の黒毛和牛を贅沢に使用した食品のネット販売事業 創業半年で経営を軌道に乗せた矢先、コロナ禍に直面し、営業時間の短縮要請や不要不急の外出自粛により売上が激減した。自慢の黒毛和牛を家でも美味しく食べて欲しいという思いから、これまでの仕入れルートや商品力を活かして、肉の冷凍加工製品をインターネット販売することで新たな収益構造を構築する。
デジタル化による生産性向上を実現するセルフサービス店舗の展開 ウイズコロナでは居酒屋需要が減少すると考えています。本事業でデジタル化による生産性向上を実現した「セルフサービス形式の炭火焼肉丼」を展開して、売上回復と従業員の雇用維持を行い、多店舗展開を目指します。
チーズケーキ専門店の新規業態開発による持ち帰り需要の喚起 既存のラーメン事業では大規模イベント施設の近隣にあるためコロナ下における公演中止の影響が大きいことが課題。本事業で近隣住民に対する持ち帰り業態を開発することで、新分野展開による事業再構築が実現する。
特殊部位調理技術を用いた内臓肉及びジビエペットフードの製造・販売 全国的に深刻な農作物被害を生んでいる野生鳥獣を原材料としたジビエペットフードの製造・販売及び、「菊富士2号店」のかんばんメニューとも言えるモツの仕入れルート等を活用した、内臓肉ペットフードの製造・販売事業を展開する。
致命的な打撃を受けた居酒屋店舗を改装しスイーツ小売店へ業種転換 当社は居酒屋を中心に事業展開をおこなっているが、コロナの影響で致命的な打撃を受け、売上ゼロが続く状況となった。そこで、事業を再構築するために店舗を改装し、スイーツの小売事業を開始する。
ウィズコロナ!遊び/体験ができる新時代の飲食店への業態転換 ウィズコロナでは、店内飲食による需要は減少すると考えています。食事だけではなく、遊びや体験ができる新しい業態の飲食店を展開することで、コロナで減少した売上のV字回復と従業員の雇用維持に務める取組です。
ポストコロナの新たなBAR業態と会員制コワーキング・レンタルスペース ポストコロナにおいてBARの営業を継続していくために昼は会員制コワーキング・レンタルスペース事業とテイクアウト事業を行うことで時短要請による夜の営業が制限されても事業が継続できる仕組みを目指します!
昼営業主体の旬の食材を用いたサンドイッチ・テイクアウト販売店の新規事業展開計画 コロナ禍で既存事業である居酒屋業態は大きな影響を受けました。

コロナ禍・アフターコロナに対応したサンドイッチ小売販売店を新規展開し、新たな収益の柱を構築いたします。

地域密着セルフ型大衆居酒屋事業 当方は、千葉県柏駅前で飲食店をしている。新たに、デジタル技術を活用しコロナ感染リスクを防止しながら、セルフ型の大衆居酒屋を出店する。廃棄ロスを減らす工夫をすることで、地域貢献性の高い事業を展開する。
「世界一のコトづくりカンパニー」へ フィットネス事業への挑戦 コロナ禍による健康志向ニーズに応えるため、既存事業との親和性が高いフィットネス事業へ参入する。当社の強みを活かし、非対面サービスを拡充させた「次世代型フィットネスクラブ」を目指し、事業の多角化を図ると同時に、地域の健康促進に貢献していく。
コロナウィルス蔓延により、持帰り需要が急拡大。単なる店内メニューの持帰りから、持帰り専用商品を開発し、売上獲得を狙う 持帰り代行事業が、コロナウィルスの蔓延も手伝って大きく需要を拡大させる中、消費サイドは、店内のメニューをパッキングしただけの商品が大半を占める現状に不満を抱き始めている。

伸び続ける持帰り市場を放っておくわけには行かない。

持帰り先でも簡単にお店の味を再現できる持帰り専用商品の開発をし、コロナ禍での売上げ回復と、アフターコロナの市場獲得を目指すこととした。

デリバリー事業 デリバリー事業を開始する予定。普通のデリバリーと違い、弊社は中華料理とその半製品(シェフによる途中まで完成したもの)の配達を行う予定。

配達手段として、下記の3つがある:①事前に登録した個人配達者の都合がよければ配送する。②都合がよくなければ a、長距離の場合、配達業者に依頼する。b、短距離の場合、自社スタッフが配送する。

飲食店の食品製造業化と多様な提供方法による再構築! 飲食店の一部を改装し、製造許可取得による、こだわり野菜・果実の調達・調理ができる強みを活かしたフレッシュジュース、ドレッシング、サラダの商品化及び多様な提供方法を実施する、革新性の高い事業である。
ベビーダカレー工場千葉若葉店開店 コロナ禍の影響で会員制カラオケ居酒屋の経営継続が困難な状況に陥り、事業の転換を考えた結果、デリバリー・キッチンカー・テイクアウトに対応可能とした自身のキャリアを活かせるカレー専門店をオープンします。
民宿がサウナ付ワーケーション+グランピング+キャンピングに挑戦 海辺の民宿が、ワーケーション+グランピング+キャンピングの新分野に挑戦する。4事業をワンロケーション、ワンストップとし、本格的サウナとウェブカメラ、気象観測装置のIoT機器で差別化を図り売上を倍増させる。
館山老舗居酒屋の挑戦!釣船事業の相乗効果による房総活性化事業 新型コロナの影響で居酒屋事業の売上が激しく減少する中、成長するアウトドアレジャーの釣り船事業へ、この道30年の板前の技を活かして美味しくSNSでも楽しめる新たな釣り船サービス展開で売上をV時回復する。
和食レストランと焼肉店を融合させた新規業態の確立 和食レストランに併設されていた、カラオケスペースを換気設備の整った焼肉店として事業転換を行ない、コロナ禍以降の主流となると予測されている飲食店利用の需要を取り込んでいく。
千産千消!ジャージー牛の「スープラザーニャ」とヨーグルトアイスの通販展開 レストランの人気メニュー「契約農家のジャージー牛を用いたラザーニャ」に「生乳から作るヨーグルトアイス」を添えたプチ贅沢セットを、遠出や外食を自粛している方々向けに通販展開することで、緊急事態時も従業員の生活を守る仕組みを作ります。
寿司カフェによるテイクアウト・デリバリー主体の業態転換(新分野展開) テイクアウトとデリバリーを主にイートインも可能な店舗とし、ロボット導入により生産を半自動化し、セルフレジ導入によりサービスオペレーションも極力軽くして少人数運営が可能な『寿司カフェ業態』の構築と展開をする。
南房総の飲食業を中心に地域活性化を目指したグランピング施設運営事業 ポストコロナに向け三密を避けて宿泊・飲食する形態への転換を図り、また南房総地域の飲食事業者等と協力し地域活性化を目指したグランピング施設運営事業を実施する。
園芸療法と鴨料理で千葉県長寿日本一を目指す新しいデイケア 鴨料理と園芸療法を活用して、新しい健康寿命で人生を送れる新しいデイケアサービスを展開することで、高齢化社会や猟師不足、鴨の資源不足に取り組む地域課題をまるっと解決できる震災―ビスの展開
カフェ業態への進出による、既存事業の収益補完を目指す 長門川及び利根川近隣の場所を活かし、ブラックバスフィッシングをサイクリストをメインターゲットとした、カフェ部門の立ち上げを行い、既存事業との相乗効果と収益の補完を行う。
eスポーツとホテルの融合による新空間の提供 既存事業の強みである「落ち着ける空間」の提供と、注目度が急上昇している「eスポーツ」を掛け合わせることで、今までにない空間を提供し、eスポーツ経験の有無を問わず、様々なユーザーに向けたサービスの提供を開始する。
飲食業から不景気・コロナ禍でも安定したリユース業への転換 コロナにより既存事業の経営の不安定さが露呈し事業の再構築を決断。既存事業の強みを活かしシナジー効果の高いリユース事業で景気に左右されない安定化を図る。
身近なスーパーでも「本格中華料理」。正楽園をあなたのもとへ。 コロナ禍で増加した自宅での食事を充実させたい方に対し、当社自慢の「本格中華料理」を手軽なパッケーにして身近な食品スーパーへ納品することで、安心・納得して購入できる機会を提供し、お客様の食卓を彩ります。
蕎麦屋から懐石料理屋に!急速冷凍機の導入による販路拡大と新規顧客獲得 コロナ感染症の影響で来店客数が減少し、売上も減少しました。そこで新事業では、新商品「蕎麦を活かした懐石料理」を開発、通販への進出を通じて新規顧客獲得に挑戦します。また、製造環境の改善を通じて生産効率向上を図ります。
老舗日本料理店からコロナ禍に対応した持ち帰り専門スイーツ店への転換 老舗日本料理店から持ち帰り専門スイーツ店へ業種転換。成田市特産品のさつまいもを軸に地域性の高いスイーツを開発。老舗ブランドを融合させ成田参道の新しい消費者層をターゲットに新名物として事業化する。
老舗温泉旅館によるワーケーション市場への新規展開 明治創業の老舗旅館が、室内サウナや専用浴室に加えて通信環境やデスク等のテレワーク仕様も備えた別棟2棟の新改築を行い、休暇と仕事の両立を行うワーケーション需要取込みを図る
沖縄居酒屋から「沖縄ブランド牛を売りにした焼肉店への事業転換 産地から空輸した沖縄食材や三線ライブが楽しめる店として、お客様から15年以上愛されてきた沖縄居酒屋の売上がコロナで激減。起死回生をかけて都内では珍しい沖縄ブランド牛「もとぶ牛」を提供する焼肉店に事業転換し、V字回復を図る。
鋸山を背景にした、ちょっと贅沢なアウトドア事業への展開 房州石の採石の歴史のある当地区で地域資源である房州石を使った石釜のBBQとこだわりの地元食材を味わう「ちょっと贅沢なバーベキュー」施設とマイカー・キャンピングカーで気軽に宿泊できる海沿いのRVパーク事業
合宿特化の旅館から、ペット同伴型ワーケーション・ペット同宿ホテル事業へ新分野展開 首都圏から車で約90分。高速道路網の充実で、犬に負担をかけずに移動できる九十九里浜。ここで50年営む旅館から愛犬同宿型のホテルへとリノベーションします。全国的にも珍しい、愛犬を連れてのワーケーションも取り扱います。
セントラルキッチン&健康的菓子製造卸売業へ業態転換 現在のイートイン頼みの業態では今後も新型コロナ等の感染症が拡大する度に事業継続が困難となる。そのためネット販売など新しいことで新たな客層をつくる必要がある。現在の店舗では、対応できる厨房スペースの広さや機器はなく、梱包をする場所もない為、新店舗を設けて、従来の観光客のイートイン頼みの「飲食業」から「健康的菓子製造卸売業」へ思い切った新たなビジネスモデルへ業態転換をし、新しい収益の柱をつくる。
ECサイト構築による「お肉のブーケ」のネット販売事業 新型コロナウイルス感染症による経営リスクを極小化すべく、ECサイトを構築し、当社の強みである精肉のカット技術を活かしたバラの花を模した冷凍生肉の盛合わせを販売していく。
フランス郷土料理メニューの冷凍自動販売事業 ビストロを首都圏に9店舗展開していた当社は、冷凍自動販売機を購入し、新たにフレンチテイストのハンバーグや鳥煮込み、ソース類などの冷凍自動販売事業に参入する。
ウイズコロナ時代にマッチした「オタクカフェ」アイドルプレート販売 現業での希少性の高い技術を十分に活かし、サブカルチャーの愛好者が周りを気にせず、好きなアイドルやアニメ等の世界観を楽しめる空間と商品を提供いたします。
完全個室サテライトオフィス事業とダイニングBARによる新分野展開 インバウンド向けの宿泊業によるホテル経営を行なっていたところ、新型コロナウイルス感染症の長期化による影響により、顧客が減少して売上が激減したため、新たに「完全個室サテライトオフィス事業」と「ダイニングBAR」による新分野展開を行う。そして、他の宿泊業の模範となるような革新的なビジネスモデルを構築して、V字回復を達成する。
初の焼き菓子自社製造とギフトパック商品開発・販売の新事業展開 新たな製造設備を導入し、初めて自社製造する焼き菓子と焼きプリンを、自家焙煎ドリップパック式コーヒーと詰め合わせた初のギフト商品として、当社E Cサイトおよび店舗でギフト販売をする新事業に取り組む。
スマート手土産によるギフトECへの新規参入 2020年4月以降挑戦してきたテイクアウト商品をECサイトでの販売に切り替える。通常のECサイトとは異なり、自宅の住所がわからない取引先や従業員に贈り物をすることができるサービス(スマート手土産)である。
最新EC技術を構築し抹茶の良さを日本に広める為の業種転換事業 日本を元気にするという目標を合言葉に、EC技術等を構築する事により抹茶事業を拡大し、

且つ抹茶を使い世の中に健康と美をもたらし人々に笑顔を作り出す事業展開計画

「イタリアン×ラーメン店」オリジナルメニューの通販事業展開 当店は35年以上続くラーメン店である。コロナ禍の影響を受け、店内飲食営業がままならない状況が続いている。ポスト・ウィズコロナ時代においても安定した経営を目指し、当店人気商品のインターネットを活用した通信販売を展開する。
店舗依存型脱却に向けてのデリバリー事業 弊社は寿司職人が寿司を握るスタールにこだわっていたため、寿司ロボット導入が遅れていた。寿司の提供速度向上と、デリバリーに適合した事業展開を行うため、この度寿司ロボットを導入するものである。
地元密着の弁当店が作る、食と運動で子供の健康を守る体操教室への新分野展開 地域の子供向をターゲットにした少人数制の体操教室を開きます。「遊び」を通じて身体を動かす事の楽しさを感じてもらいつつ毎月の会費収入による安定した売上を獲得します。教室内で軽食を提供する事で既存の飲食店の強みも活かします。
地域の健康ニーズに応えるクオリティーと利便性を備えたインドアゴルフスクール 子供から高齢者まで地域の方々に楽しんで、コロナ禍の健康二次被害防止にも繋がる安全で手軽にスポーツができる施設として、最新鋭機器と予約システムを備えた、心の籠った接客と経験豊富なコーチ陣による世田谷区上野毛駅前でのインドアゴルフスクール事業
地域初!高齢者・地域の食卓を彩る中華まんミールキット製販事業 中華まんは手軽に美味しく食べられる栄養バランスに優れた食材で、保存にも適する特徴がある。そんな中華まんと、新たに「おかゆ」、「シチュー」、「ばくだん豆花」などシニア層に人気なラインナップを組合せた湯煎、電子レンジで簡単調理が可能な新しいジャンルのミールキットを開発・製造し、高齢者向けの配食サービスや冷凍自動販売機を活用した無人販売などマルチな販売手法でマーケット拡大を図る
食をツールとして新分野に参入しその先の持続可能な社会めざす 新型コロナウイルス感染症の影響で来客数減少で既存店舗での販売から外への販売へ。オーガニック分野の学びで食を通じて持続可能な食を目指し、当店が地域のコミュニティの場になり、地域のイノベーションに貢献する。またその取り組みが地球環境向上につながる。
健康志向の需要を捉えたヴィーガンフードの提供による事業転換 コロナ禍で集客力の落ちた居酒屋店を改装する。ヴィーガンフードで健康志向の需要を捉え、新しい生活様式にマッチした、テイクアウト、デリバリー、EC販売による提供を行う。
炭火焼きバーから高級おばんざい料理専門店へ、EC販売にも対応する事業再構築 インバウンド客をターゲットとしていた炭火焼きバーは、コロナの影響で売上が激減した。有名和食レストランで修行を積んだ料理人のスキル、全国の生産者からの食材仕入れルートを活かし、高級おばんざい料理専門店に転向する。EC販売にも対応し、コロナ禍でも売上V字回復を図る。
地域密着型、体験スペースサロンとサウナキットのレンタル&設営サービス 体験型スペースにて自らサウナ設備を紹介し、地域のためのサロンスペースとしても開放する。また顧客の利便性も鑑みて、独自の設置・設営事業サービスにより差別化し展開していく
感染症対策を意識したステーキハウスの開業 コロナ禍によって低迷したサンドイッチやパスタの製造販売業に代わり、ステーキハウス「青龍の穴」を開業する。「青龍の穴」は既存店舗に隣接し、既存事業とのシナジーを狙うと共に、虎ノ門という立地に合わせた高品質低価格なステーキを提供することで事業転換を図る。
映像制作による集客を活用したEC(電子商取引)での収益拡大 飲食事業はコロナ渦により、対面での営業形態に制限を受け続ける懸念がある。当社の強みを活かし、EC化による業態転換を図る。同様の事態が発生したとしても、対面営業のみに頼らない収益構造の変革が期待できる。
本物の演劇と飲食を楽しめる体験型飲食店へのリニューアル計画 弊社は、舞台制作を行う会社を親会社としており、「エンタメ文化と食文化をつなぐ場づくりがしたい」という想いのもと飲食事業を展開しています。普段お芝居を観ているお客さんには当店自慢の日本酒や料理の美味しさを、お芝居に触れたことのないお客様にはお芝居の楽しさを実感してもらえるよう、アフターコロナ期の外食や観劇の新たな楽しみ方を多くの方々に提供していきたいと考えています。
EC商品拡充と販売チャネル多様化による生産性向上 銀座老舗レストラン伝統の味を全国にお届けするためレトルトや瓶詰商品を自社開発し、オンラインショッピングモールへの新規出店などネット販売を強化するとともに販売チャネルの多様化を進め生産性の向上と共に事業の再構築を目指す
強みである高級中華料理を無添加で差別化し通信販売事業へ進出 ホテルと中華料理店を経営しておりコロナ禍で壊滅的な状態です。事業継続に危機感をもちました。感染症や景気動向の影響を受けにくい第三の柱となるべく強味である高級中華料理を無添加で差別化し通販事業に進出します。
システム化と衛生に配慮されたFC焼肉店の加入により早期に売上を回復させる新店舗展開 プレカットによる食材仕入れ、開店前の人材研修の充実、オーダー時や売上のデジタル管理による業務効率化というFC加入により早期に新業態で出店する。これにより、コロナで飲食時間が早まった新生活に対応させる取り組みである。
テラス拡大で「朝市」と「テレワークスペース」によるコロナ禍に強い店への再構築 テラス席を拡大し有効利用と効率化を図るためにアイドルタイムを使ったテレワークスペースと朝市で安全で新鮮な野菜の販売、及びテイクアウトの商品を開発して一緒に販売
居酒屋から昼業。百名店ラーメンの店舗・デリバリー提供によるV字回復 渋谷駅周辺に居酒屋・食堂3店舗を経営する当社が、百名店ラーメン「麺魚」のイートイン・デリバリー販売を行うとともに、デジタル活用の販売管理とマーケティングにより、リピート客を飽きさせない商品展開を行い、V字回復を図る。
妥協なき作業と最新設備で作るテイクアウト&取り寄せ「うどん」の提供 最新対流方式の「釜」とゆで立てのうどんを瞬時且つ均質に締める「シンク」を導入。本場のうどんを茹でたての味を落とさずに宅配可能なものに変える。また贈答用に日持ちする麵も開発し、ネット通販も開始する。
秘伝の水炊きスープを活用したラーメン専門店の新規出店計画 新橋の繁華街にてサラリーマンが集う居酒屋を経営。しかし、緊急事態宣言下での時短営業要請などにより営業できる日がなく休業を続けてきた。感染第5波の収束に伴い東京都の緊急事態宣言が解除され、営業再開できる状態になったが、引き続き大人数の利用自粛は継続すると想定される。そのような状況下、既存の大型店は経営効率が悪く新たに小規模で高回転率のラーメン専門店を出店する事で経営効率改善を目指し、事業再構築を計画
テイクアウト・宅配向けタコス専門事業によるコロナ禍の業績回復 飲食店を経営している当店は新型コロナ流行による時短勤務や酒類提供自粛により売上が大幅に減少。そこで、コロナ禍に市場が急成長しているテイクアウト市場・宅配市場へ事業展開を図ることで業績のV時回復を目指す。
飲食店事業から冷凍餃子の生産および食品通販への新分野展開 9年間の飲食店2店舗での美味しい食品の調理・販売ノウハウを強みに、コロナ禍で大きく影響を受けた事業の回復と今後の安定のために、新たな事業分野として冷凍餃子を製造しネット通販を行う。
獣医と共同開発したペット向け健康食の製造・販売事業 当社シェフの調理技術・既存のレストランバーで仕入れている無添加・高品質な食材を活用して、ペットのための健康食を製造・販売します。獣医とともに商品開発を行い、品質・効能を高めます。
ライブ・トークイベント等のための設備・スペースの提供、企画運営、映像配信事業 約20年にわたる既存のロックバー事業はコロナ禍で売上が激減しているが、来秋オープン予定の大型商業施設に「ZEPP新宿」が入ることで、今後は人の流れが大きく変化すると考えている。そこで、もともとテコ入れを検討していた2号店の飲食スペースをライブスペースへ業態転換し、音楽や楽器を楽しむ20~50代や外国人観光客により手軽に演奏を楽しめる空間を提供することで、「音楽の街」歌舞伎町の活性化を図る。
宮崎アンテナショップ兼宮崎郷土料理店の新規出店 現在台東区入谷の住宅地にて洋食店を営んでおりますが、コロナの影響を受け、主要顧客である近隣住民の来店控えによって売り上げが減少しています。

住宅地に比べ客足の戻っている上野の繁華街に新たに出店し、宮崎から取り寄せた物産品を販売し、宮崎郷土料理も提供する、宮崎アンテナショップを開業します。

きちんと美味しいものが、きちんとあたりまえに並ぶ惣菜・食料品店の開業 本当に美味しいものだけを提供したいと考えるフランス料理のシェフが、信頼のおける生産者から取り寄せた食材を使い、丁寧に作った惣菜や菓子、ソース等きちんと美味しいもののみを、自宅やギフト用にレストラン2階スペースで販売する事業を展開します。
海鮮料理のおいしさを店とECのオムニチャネル提供計画 海鮮料理専門店を出店する。確立された仕入れルートにより新鮮な魚介類提供を可能にし、更にお店の味を新規に構築するECシステムを使って広く味わってもらう「海鮮料理堪能システム」を提案する。
名物「のどぐろの原始焼き」をご家庭に。セントラルキッチン導入でEC販売に挑戦 コロナ感染症の影響で銀座店を閉店せざるを得なくなりました。閉店した店舗の職人を活用し、新たにセントラルキッチンを構築。全店舗の仕込みをしながらEC販売をすることで、全店舗の仕込み効率化と売上回復に挑戦します。
アスリートの所属チームと連携した生産性&収益性の高い出張脱毛事業 アスリートの脱毛ニーズは高いが定期的にサロンに通えない方が多い。所属チームと連携することで生産性&収益性の高い出張脱毛サービスを展開し、アスリートのパフォーマンス向上&スポーツ産業の活性化に貢献する。
既存事業の強みを生かした食事指導中心のパーソナルジム事業 既存事業である飲食事業の経験、ノウハウを生かした食事指導を中心としたダイエットをサポートするパーソナルジムの運営。
コロナ下で需要高まる個室提供型宿泊業へ新分野展開! 飲食業から宿泊業へ。コロナ下で需要高まるファミリー需要とテレワーク需要に向けてスタッフ有効活用と飲食業連携を行い、閑散期と繁忙期に対応することで、安定収益の見込める「個室提供型宿泊業」に新規参入する!!
新規性の高い北イタリア料理の冷凍食品を軸としたEC事業の展開 コロナ禍になりニーズが高まっている中食市場への参入を図るべく、EC事業を展開する。お届けする商品は日本ではあまりなじみのない北イタリア料理である。かつて著名な飲食店グループにて統括料理長を務め、現在は弊社にて勤務しているシェフの技術力を活用し、日本の食卓に合うようにカスタマイズ。この商品開発力は他社が容易に模倣できるものではないと考えている。
昼営業主体の選び抜いたラムを主商品とした「生ラムバーグ」の新規事業展開計画書 コロナ渦で既存事業である居酒屋業態は大きな影響を受けました。

既存事業で培った飲食店の経営ノウハウ・独自の仕入れ力・運営力を活かしたラム肉を主商品とした事業を行い、新たな収益の柱を構築いたします。

蕎麦粉の自家製粉所の開設と手打ち蕎麦の体験教室の運営 そばの実から石臼で蕎麦粉を挽く自家製粉所を開設し、高品質な挽きたての蕎麦粉を使った手打ち蕎麦体験教室を運営します。飲食店経営者兼現役の蕎麦打ち師の当社代表が実演を交え丁寧に蕎麦打ちをご指導致します。
人気『クラフトカレー』生産拡大による食料品製造販売事業の開始 店舗提供やテイクアウト販売で当社『クラフトカレー』は好評を頂き、生産量は限界に達している。加工場の整備拡大と設備増強により生産体制を強化し、店舗営業に依存しない体質と、食料品製造販売事業の推進を図る。
大衆居酒屋が高級志向和食料理店に新分野展開する事業計画書 大衆的な居酒屋から、本物志向のお客様が満足する和食料理店を開店する新分野展開をすることで、新たな挑戦をしたいと考えます。同エリアに住むお客様から、「高くても良いから、良い料理を楽しみたい」という声があり、その顧客ニーズに応え当社業績を V 字回復するための取り組みです。
伝説の味が自宅で楽しめる、冷凍食品販売事業 コロナウイルスの影響で売上が激減した飲食店が、伝説の味を冷凍食品で再現し、全国の消費者に販売、店舗とのシナジーを活かして、売上回復を図ります。
大政IT事業化計画 既存すし店のIT化を行った上で得たノウハウを活かし、更に専門家による技術や専門的知識を学んだ上で、新たな事業展開(ホームページ作成やSEO対策支援)をして、販路を広げてゆく。
中華料理店による、チャイナカフェ運営&レトルト点心販売計画 弊社の経営する中華料理店は、昨今の需要動向変化により低迷中である為、店舗機能の異なる【香港飲茶のチャイナカフェ】を開店し、点心類のテイクアウト事業、レトルト化した点心類の「BtoC」「BtoB」事業を始め、販売拡大、収益向上を図る。
デザインカードと麻雀を組み合わせた新しいゲームの開発と新展開 地域に根差して営業してきたクラフトビール店が、長引くコロナ禍による影響を受けるなか、これまで構築してきたネットワークをフル活用してデザインカードと麻雀を組み合わせた新しいゲームを開発し、新事業を展開します
ジビエ肉の取扱いノウハウで、高級ジンギスカン焼肉店の開店 ジビエ肉などの食材取扱いスキルがある強みを活かし、感染リスクが低く東京などで人気の高級ジンギスカン焼肉店を、競合がいない埼玉県熊谷市にて新たに始める。収益源の獲得、地域の経済活性化・雇用確保に繋げる。
鮨店の新規出店による新分野展開事業 現在営業しているイタリアン料理店が、新型コロナウイルス感染症の影響で、売上が大幅に下がってしまったため、思い切った新分野展開事業として、高級鮨店を新規に開店し、事業の継続及び発展に意欲的に取り組む。
東京浅草の洋食店によるオリジナル開発冷凍食品の全国展開 コロナ禍により店舗売上が減少。今後も新たな変異株のまん延、外出自粛等の事態が起こりうることから、オリジナル冷凍食品の製造・販売の開始(新分野展開)により店舗への売上に頼らない事業構造への転換を図る
日本初!オマール海老を使ったラーメンのインターネット通販事業の推進 新型コロナウイルス感染拡大により、飲食事業の来店客が激減したため、売上が減少した。そこで当社は巣ごもり需要やテレワークの拡大にともなうテイクアウトやインターネット通販の増加を機会ととらえ、日本で唯一のオマール海老を使った当社のラーメンをインターネット通販することで、事業再構築を進めていく。
既存店舗のブランド・ノウハウを活かしたオリジナル製品の開発・販売 既存店舗のブランド・ノウハウを活かしたオリジナル製品(スペアリブパック、ロゴ入りメスティン、キッチンカー事業者向け注文受付・決済システム)の開発及び販売
プロが作る究極の家庭料理を提供、コロナ禍対応のおひとり様向け日本料理店への新分野展開 コロナの影響で既存事業であるステーキレストラン事業の売上が減少したため、その解決策として、当社の強みである調理技術やメニュー開発力及び飲食店経営ノウハウ、一流の日本料理人という人的リソースを活かし、おひとり様向けに日本料理店を新たに展開します。
羽田空港の内のハンバーガー・ステーキ店から、東京自由が丘の大衆居酒屋事業への進出 自分たちが培ってきた飲食オペレーション事業を生かして、東京と自由が丘エリアに新たに低価格の大衆居酒屋を新規出店し、コロナ禍に対応した飲食事業にて事業再構築を実現する
素材と手作りにこだわったシナモンロール専門店の開業 潜在ニーズが高いが専門店が少ない「シナモンロール専門店」を代官山にて新規開業。素材と手作りにこわだり、近くに店舗がないなどの理由でシナモンロールを食べたくても食べられない層の需要を掘り起こす
ワーケーション施設の運営によるポストコロナのライフスタイル提案 海沿いにある茅ヶ崎市の老舗ゴルフ場の遊休建物を改装し、コワーキングスペースやサーファー向け施設を整備したワーケーション施設を運営する。BBQなどのアクティビティを備えることで人を呼び込み、ポストコロナ時代の郊外型需要を捉える。
手土産・贈答用も視野に入れた国産一口せせり餃子のテイクアウト専門店事業 国産一口せせり餃子のテイクアウト専門店は、鳥のせせりを使用し手土産・贈答用に高級感を持たせた製品として競合と差別化する事業計画であり、新型コロナの影響で拡大する中食需要を捉え起死回生を図るものである。
電動マウンテンバイクを利用したローカルガイドサイクルツーリズム事業 電動マウンテンバイクを利用した観光ガイドツア-を当社の宿泊施設とのパックケージツア-として新たな顧客を集客する事業であり、地域にも食事やお土産購入で還元する事業である。
最高級溶岩石を使ったヨガスタジオの新規事業計画 新型コロナウイルス感染拡大及び緊急事態宣言によって人々の外出自粛、休業・時短要請を受けたことで既存事業である居酒屋の売上高が大幅に減少しました。これを受けてコロナ禍で健康志向が高まっていることからヨガスタジオ事業を展開し、新たな売上の柱となる事業を計画します。
地域と連携してオリジナルのハード系パンに強みを持つベーカリーを出店 20年間の経営実績を持つカフェレストラン経営会社が、オリジナルメニューの開発力、既存事業とのシナジー、地域との連携体制を活かして、パン需要の拡大に対応したハード系パン向けベーカリーを出店
コロナ禍の市場ニーズに応える貸別荘業への新規参入と事業拡大 当社は都内を中心に飲食店6店舗(グループ全体)を経営しているが、新型コロナの影響によって飲食業界全体が業績不振で厳しい経営環境下であり、当社の従来のニーズとは異なる新分野への展開を迫られている。そこで、新たに山梨県南都留群道志村での貸別荘業へ参入し、当社の強みを生かしつつ新分野への展開を図る。
急速冷凍可能な冷凍庫の導入と事業再構築計画 コロナの影響を強く受けたケータリング事業及びカフェテリア事業の落込みを補うために、ケータリング事業で培った会席料理等調理技術を活かし、高級冷凍料理等製造に新分野展開するもの。
テイクアウト&デリバリーを専門としたエスニック料理店の開店 新型コロナウイルス感染症下でニーズの高まっている、テイクアウト・デリバリー事業に特化した形態で、健康志向の高まりに合わせて、新陳代謝を促進するエスニック料理店を開店する。
店舗の味をご家庭で!ネパール料理店が自店製造の冷凍カレー通信販売へ事業展開! OEM(受託製造)に依存することなく、最新鋭の急速冷凍技術を当店厨房内で活用することで、普段店内で作られる商品と同じクオリティの物を冷凍のまま流通に乗せお客様のもとへ届ける。(店内調理→真空包装→冷凍保管→受注→発送の全工程を店内で行う。)
セントラルキッチンの新設 規格外等の理由により市場に流通しないが品質は劣らない食材(エクセプトA)を活用して、テイクアウトにより製品を提供するためのセントラルキッチンを新設する。IOTを活用して物販部門とリアルタイムで情報を連携し、フードロスも最小限に抑えていく。
イートインから転換!グルテンフリー食品のテイクアウト専門店に イートイン専門の不採算店舗を事業転換し、テイクアウト専門店を出店します。全国でもめずらしいグルテンフリー取扱店として、コロナ禍で逆風となった顧客動向を向かい風に変え、売上向上を目指します。
実店舗をバーチャル空間へ ウェブアプリ事業計画 弊社の強みと社交の場として使われるゴルフとの整合性を活かし、顧客と顧客や顧客の知人と卒業したアルバイトスタッフなど弊社店舗に関わる全ての人を繋ぐ安心安全のマッチング趣味活サイトを制作します。
酒類中心の居酒屋からデリバリー対応可能な韓国料理専門店への事業転換事業 既存店舗だった居酒屋業態から撤退し、東京都文京区の再開発地区にて新たに韓国料理専門店に事業転換を行います。既存店舗では立地上の問題からデリバリーが出来なかった為デリバリー対応可能な店に生まれ変わります。
東京厨房の食堂からカレー専門店への業態変換の実施 FCに加入し運営している食堂形態の「東京厨房」2店舗のうち、神田小川町店をFC脱退しカレー専門店「ボンベイ」へ業態変更を行う。
地方土産菓子店の魅力をVR化により全国に発信する土産菓子DX事業 地方土産菓子メーカーに対してバーチャル店舗開設サービス及びバーチャル店舗モールの運営を通して、土産菓子業界のプラットフォームを構築し、地方土産菓子メーカーのEC販売を強化するとともにDX化を推進する。
看板メニューの猪・すっぽん鍋を通販用に改良しEC事業を立ち上げる。 飲食店舗の集客が厳しい状況になっていることから、今後は店舗メニューを通販用に改良しEC展開していく。お店の味を自宅でも楽しめる新たな価値を提供し販路開拓を図る。
冷凍食品・ホットスナックのテイクアウト商品の販売事業 捨てるを利益に!『モッタイナイ』をゼロに!プロの味がいつでも家庭で味わえる、主婦にも、子供にも、高齢者にも、そして地球にも優しい、アウトレット食材を使った冷蔵・冷凍惣菜、ホットスナックのテイクアウト販売事業
から揚げ販売経験を活かした「丸鶏唐揚げ」の開発、中食事業への業態転換 当社は現在飲食店を8店舗経営しており、緊急事態宣言による休業の影響でR2年4月の当社全体の売上が前年同月比40%減少している。新事業では通販用「丸鶏の唐揚げ」を開発する。テイクアウト・デリバリー事業へ業態転換し、来店客としては少なかった女性や子供に対しても新規顧客開拓を行う。
早い・安いが売りの中華料理店舗業から、ECサイトを構築し、調味料を飲食店への販売を行う 当社はFC中華食堂一番館を2店舗経営しているが、コロナ禍の影響により売上が激減している。当社は、テイクアウトと販売用ECサイトシステムを構築し、開発したタレ等の調味料を、ネットワークを活かしFC本部や中華料理店に販売する。
軽井沢の観光客等向けの「和」のアート体験施設でのスクール事業 現在は美術館内のカフェ一店舗経営でコロナの影響を強く受けているが、美術館に所縁のある著名建築物内でのスクール事業で多角化を図り、さらにはカフェや美術館への動員強化の相乗効果を狙う。
組み合わせで選ぶ、オーダーメイドラスクのオンライン販売 立方体のラスクをフレーバー(カラーとテイスト)で選び、パズルの絵合わせの要領で組み合わせて、世界で唯一のギフトを完成させるというエンターテインメント性ある小売サービスで、小規模事業者だからこそ取り組めるブルーオーシャン事業です。
同時代的「東京料理」とカカオ商品の提供・販売によるペット・フレンドリーな専門料理店への事業転換と販路拡大 これまで、メキシコの蒸留酒であるテキーラ及びメスカルの専門店「エル フジヤマ」をバーとして7年間以上営業して参りましたが、仕入及び視察のための数度に及ぶ渡墨や同業飲食事業者との交流を通じて得たノウハウと人脈の醸成により、これまでは常時提供することをして来なかった「料理」を主として提供する事業へと転換します。
シニア、ギフト向けアパレル・雑貨・小物のEC事業 2021年、働き方や生活スタイルは大きく変化しました。今後、少子高齢化の日本は物の売れ方が大きく変化していきます。

現在飲食店を主たる事業として営んでおりますが、既存事業ともリンクする年齢層のアパレル事業を構築し、これまでにない機能性とデザインの両立する製品を提供する事で、生活が明るくなり周りの家族の豊かになる。新たな社会貢献を目指し、今後の業績増加を考えております。

焼き肉店のニーズ拡大に応える飲食業から食品加工業への業態転換 当社は都内で焼肉店を営んでいたが、緊急事態宣言の影響で顧客が激減している。一方で、家族での外食や中食において焼肉を楽しみたいと言うニーズが高まっており、同時に郊外での需要も増えつつある。そのためセントラルキッチンを構築し、他企業の焼肉店や一般消費者向けに食品加工業を開始する。
玄米を原料としたスウィーツや玄米茶を提供するカフェとECサイトの展開 健康居酒屋を経営してきた強みとノウハウを活かして、健康事業に進出する。佐賀県産の玄米茶農家と契約を締結し、飲みやすく粉末状に加工したものをスティックタイプとティーバッグタイプの2種類の商品を開発し、店舗及びECサイトにて販売する。
自家製野菜味噌の開発と、当社鍋セットのテイクアウト事業 コロナにより飲食の新しい生活スタイルが確立されたことで飲食店のあり方が変化した、この変化に対応すべく新たに自家製野菜味噌の商品開発と、お家鍋セットのテイクアウト事業を実施し、再起を図る。
宅飲みを手軽にもつ鍋、ご当地鍋の無人販売 当社人気商品であるもつ鍋をメインに全国の御当地鍋などの冷凍鍋を中心とした無人販売所を新規出店します。
全国の国産ワインと契約農家の無農薬野菜を使った総菜テイクアウト事業 コロナの影響による来客数の大幅な減少により厳しい経営状況が続く中、地域のニーズから全国の契約ワイナリーから国産ワインと無農野菜を使った総菜テイクアウト事業を行う。コロナによる生活スタイルの変化によりお店のメニューを自宅で味わうスタイルの確立。
韓国カルチャーに特化した貸しスペース業 「韓国カルチャーに特化した小さな百貨店」をコンセプトに、物件を所有し、固定の貸店舗と催事・イベントスペースを用意して出店者を募り、SNSを戦略的に利用してプロモーションまで行う「複合施設」として機能するビジネスを展開
最新オーダーシステム導入及び多階層店舗を狙った新コンセプト店舗出店計画 最新システム導入し、従来諦めていた多階層店舗を出店。既存路面店舗とのドミナント出店戦略によるシナジー効果最大化は図りつつ、店舗少人数運営を実現させコロナの影響を受けにくい飲食事業へ再構築する。
出店シミュレーターで小規模物件専門の出退店サポート事業への進出 コロナ禍による新しい生活様式への変化、将来不安に対応すべく、本件補助事業によって、「小規模物件専門!出退店シミュレーションサイト」を構築し、飲食店の出退店サポート・コンサルティング事業への進出を果たし、大胆な経営改革を行います。
SNS集客を活用したリアル店舗とEC販売による雑貨販売事業の開始 既存の飲食事業の強みである店内内装、SNS集客力を活用し、オーダーメードの雑貨を販売します。新たにカフェと併設したギャラリーを作り、店に来てもらって実際に見てもらってECでも購入できる形を整えます。
満天の星空を臨む個室露天風呂付きグランピング事業 当社が運営する「黒部サンバレーホテル」敷地内にてグランピング施設(ウッドデッキ・コンテナハウス・個室露天風呂)を建設。バケーションレンタル(貸し別荘)スタイルでので貸し出しを実施。
プロもアマも学べるEラーニング、バーチャル蔵見学システムの構築 新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言により、当社が行ってきた飲食事業および日本酒イベントの開催を自粛せざるを得ない状況である。一方で、オンライン飲み会などの需要が高まっているが、当社はデジタル化において課題がある。そこで、非接触で安心して楽しめ学べるオンラインにイベントの開催に向けた業種転換を行う。
シェア型レストラン開発による起業支援・運営サポート事業への業態転換 飲食店開業希望者がテスト出店できる「店舗スペースシェア型レストラン」という革新的な業態を開発。運営サポート・経営分析も交えた起業支援により、コロナで疲弊した飲食事業者の活性化と地域の盛り上げに貢献する。
オーガニックレストランが手掛けるコーヒースタンドベーカリー 現在のオーガニックレストランのノウハウを活かした、テイクアウト主体の自家焙煎珈琲のコーヒースタンドベーカリー業態への展開し、新しい顧客の獲得と新しい雇用をつくります。
歌舞伎町で培った経営スピード感を男性美容市場でも!セルフ型メンズ脱毛サロンでV字回復! 度重なる緊急事態宣言での営業自粛で店舗縮小、収益が激減。成長市場分野への進出で事業リスクを分散し収益を回復させるべく、需要が拡大するメンズ脱毛サービスを手がけることで事業リスクを分散し、非対人接触のセルフ型とすることで営業自粛リスクを回避する。
高級焼肉弁当「頂極」の事業化による飲食サービスの再構築 自社ビルの1階を改装し、「頂極(ちょうごく)」としてブランド化した高級焼肉弁当の受注・製造・販売の拠点を設ける。店舗内に9席程度のカウンター席を設けるとともに、福岡市内外へ高級焼肉弁当の配達を行う。
惣菜テイクアウトの新規展開による事業再構築計画 既存の店舗形式のアルコール提供店による収益はコロナ禍では望めないため、テイクアウトに特化した形式の惣菜(フード)商品による収益を獲得することにより、会社の今後の経営のリスク分散を行い、経営を安定化させていきます。
自社調理技術を活かした急速冷凍機導入による冷凍鮮魚の販売事業 新型コロナウイルスの影響による外出自粛や新生活様式による、中食需要の高まりと需要増加を機会と捉え、鮮魚の加工食品を生産し、個人消費者への販売を行う食品持ち帰り事業を展開する
感染症リスク低減を重視した「から揚げテイクアウト専門店」及び「高級寿司店」の新規展開による事業再構築計画 東京都内で焼肉店を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、コロナ禍でも好調な「から揚げテイクアウト専門店」並びにプレミアム消費が見込める「高級寿司店」を新たに展開することで、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする。
シニア主婦を活用した握りたておにぎりプラットフォーム事業 コンビニやおにぎり専門店とは異なり、注文を受けてから握ったおにぎりを提供する。

現業の強みを活かした、ローコストオペレーション・品質、衛生管理に加えて、雇用市場では採用されずらいシニア主婦を活用することで、新たな地域の雇用と消費を作る。

セントラルキッチンを用いることで、1店舗だけではなく、ローコストで出店を行い多店舗展開を前提とした取り組み。

スナックから託児所サービス付きネイルサロンへの業種転換 現在営業するお酒の提供がメインの飲食店では経営環境が厳しいという課題をふまえて業種転換を図ります。

現店舗がある新宿区では幼児乳児と一緒に行けるネイルサロンがありますが、中野区にはなく需要が見込まれることから事業再構築を図ると同時に地域貢献や雇用創出を行います。

最高級食材生産者との持続可能な関係構築事業~ワインセラーのクラウド化を添えて~ 自社既存最高級和食店の端材や市場に出回らない廃棄食材を活用したアラカルト店を開業。準富裕層向けにテイクアウト・宅配販売を軸とする。サブ事業として、新店舗ワインセラーの空スペースを西麻布の飲食店に賃貸する。
うどん居酒屋を弁当製造工場化し、お店の味をそのままお届けする宅配弁当事業へ業態転換 新型コロナウイルス感染症がもたらした外食スタイルの変化を背景に、飲食店経営による外食事業中心の当社ビジネスを再構築するため、現状のうどん居酒屋を弁当製造工場へと転換、今後も成長が見込める宅配弁当事業へ経営資源を集中させます。
人気イタリア料理の惣菜と自家製バターを商品化して売上の拡大を図る 西洋料理の店として地元のお客様を中心に好評を得ていたが、新型コロナウィルス感染症の影響によりお客様の来店が難しくなった。テイクアウト販売も行っているが外出が厳しい状況では十分な売上確保にはつながらない。そこで自宅でお店の味を楽しんでもらえる商品を開発、製造し、百貨店とインターネットを通じて販売を進めていく計画を策定した。
薬膳火鍋専門店だからできる薬膳カレーレトルト販売事業 当店のウリの「薬膳」と「カレー」を融合させ、美容・健康に適したオリジナル薬膳カレーを開発し、店内で製造・注入・加熱・殺菌・冷却し、箱詰めの上、ECサイトを構築し販売していきます。
日本の伝統、「屋形船」を守る!カウンター寿司懐石への業態転換で地域を活性化 屋形船×カウンター×ITというコンセプトのもとで、弊社の強みを活かした事業として、少人数制の特別間のあるカウンターで職人が作る寿司懐石の新たな提供をし、提供価値を集団宴会から少人数へビジネスモデルを転換し、一人当たりの単価を上げる事業に転換します。
バーの強みを生かした、スイーツ等喫茶店メニューの提供 バーの営業にて培ってきた、調理のノウハウや、フレッシュフルーツを取り扱う強みを生かし、酒類と違い緊急事態宣言等の制限を受けないスイーツ等の喫茶店メニューを提供する。
キッチンカー専門店からデリバリー店舗を加えた販路の拡大事業計画 キッチンカーのみならず今主流となりつつあるゴーストキッチンを目指します。
炭火ホルモン焼き まるかん事業再構築補助金事業計画 顧客の行動変容、新しい変異株の発生など、先行きが不透明で、回復の遅れが存続にかかわる為、店外売上を伸ばし、従来事業との相乗効果で持続的な成長を目指すものである。
イタリアンレストランでのノウハウとデジタル技術を活用した新事業への転換 イタリアンレストランの営業を行っていたが、度重なる緊急事態宣言の影響により経営を維持することが困難となり、これを打開する新しい事業を行うことが必要であると判断した。ウィズコロナ時代に対応するセルフオーダーなどを活用した非対面化を実施し、安心して来店いただける焼肉店舗へと事業転換を行う。
地域を牽引するコーヒー業態の創出によるブランド強化戦略 現在蒲田で運営しているハンバーガー店の売上減少を受け、自社のマーケティング力を活かすべく、EC販売が伸びているコーヒー業界に参入する。既存店の近隣に開業して蒲田でのブランドを確立し、地域のコーヒー文化を牽引する
『大阪の予約困難焼肉店「塩焼さつま」の関東初出店を手掛け、苦境からの脱出』 大阪府北新地にて、創業50年を越える老舗焼肉店「塩焼さつま」の関東進出が決定。

代表の白石自身が本店で修業し、東京都中央区銀座にて“塩焼さつま”の関東初出店を弊社が手掛ける。

小顔効果が得られる最新HIFU機器を導入し同業差別化が図れるエステ事業への新展開 当社はこれまで居酒屋経営を主力事業としてきたが、コロナ収束の見通しが立たない中、新たにエステ市場にて「メスを使わず自然に顔のリフトアップや痩身が期待できる4Dハイフ施術」を実施し、新たな収益源確保のための新事業展開を行う。
地方創生をテーマにしたクラフトビール EC 販売の事業計画 既存事業の居酒屋業態の売上高が新型コロナウイルス感染拡大、緊急事態宣言の影響により大幅に減少しました。このことを受け、自社の強みを活かし地方創生をテーマにしたクラフトビール EC 販売を展開することで、コロナ禍でも需要増加が見込める EC市場に参入し、新たな売上を作り出す新規事業を計画します。
高級海老料理レトルト商品を開発し通信販売を実施する 新たに海老料理のテイクアウトメニューおよび高級レトルト商品の開発を行ってきており、2022年よりオンラインでの通信販売を実施予定である。

既存顧客である都内富裕層を中心に「 特別な”ハレの日”には高級海老料理レトルト食品を贈る」文化を根付かせ、誕生日などの各種記念日や、お中元やお歳暮などの贈答品ニーズを満たしていく。

イートインカフェから「トッピング式おむすび・海苔弁」のテイクアウト・デリバリーへの転換 イートインスタイルのカフェ営業から、トッピング式海苔弁とおむすびのテイクアウト・デリバリ―に業態転換をし、さらに、同時に展開していたオーガニックエステサロンから、オーガニックコスメのEC販売へ変更する。
伝統の日本食文化を中食にて味わえる事業転換計画 明治4年創業の京都老舗「泉仙」に本流を持ち、百貨店や都内寺院との取引を多数有し、強みはブランド力です。本補助事業では中食へシフトし、コロナ過で変化した飲食需要に対応し、多くの方に伝統の日本食文化を味わって頂きます。
コロナ禍の巣ごもり需要を満たす地元密着型の中国食品店の開業 当社は歌舞伎町で飲食店を経営していたが、新型コロナウイルスにより廃業を余儀なくされた。そこで飲食店時代のネットワークや当社の強みをいかして、地元密着型の中国食料品店に業種転換する。
オリジナル麺×テイクアウト・デリバリー×地域活性化 ウーバーイーツや出前館などのデリバリーやテイクアウトに適した店舗を立ち上げる。オリジナル麵「胚芽麵」の開発、地元農家との提携した商品開発、感染症対策やキャッシュレス機器の導入等の新しいスタイルの店舗とする。
オンライン配信に対応したダンス、ヨガ、フィットネス等健康をテーマにしたスタジオ事業 コロナ禍において健康意識が高まる中、日々の健康維持に活用できる場を提供するため既存カフェの一部営業時間とスタジオ専門店の2店舗でダンススタジオの運営を開始する。スタジオ専門店は43平米、設備を最小限にし固定費を抑えた小規模業態での多店舗展開を目指している。
飲食店の顧客ネットワークを活用した自社農園野菜の宅配事業への進出 当社メインである居酒屋事業とシナジー効果があり、且つ外食産業にとって致命的な打撃となったコロナウイルスのような脅威に対する事業リスクを回避することを目的として既存の顧客ネットワークを活用した自然栽培野菜の宅配事業を行う。
自動焙煎機導入による事業再構築計画 カフェに自動焙煎機を導入し、焙煎したての珈琲豆を販売します。来ていただいているお客様に自宅でも美味しい珈琲が飲める環境を提供したいです。ネットショップでは全国の方に向けて定期購入販売をします。
福井の特産品を小売販売する店舗内店舗「越前若狭ショップ」の出店 福井のお酒や食材を中心に提供する既存飲食店の運営を、店主が一人でも運営できるように店内を縮小して、福井(越前・若狭)のお酒や特産品を陳列して小売販売をお来ぬショップ(小売店)を店舗内店舗として新たに出店。
シミュレーションマシンの導入による無人ゴルフ練習場への業態転換、企業提携による新規顧客開拓 コロナ感染症の影響で収入の中核を担っていた法人客の飲み会が激減し、この先の回復も厳しいと判断した。そこで、シミュレーションマシン導入により既存事業であるバーベキュー事業から撤退しインドアゴルフ練習場へ業態転換をする。周辺企業と連携して新規顧客開拓を行う。
京都の地元飲食店を巻き込んだポップアップ型のシェアキッチン事業 ポップアップ型のシェアキッチン事業

Withコロナを見据えた顧客獲得戦略の構築と、競合の格安系ホテルとの差別化を図るため、

シェアキッチンエリアを設け、地元飲食事業者を誘致し、地元京都の食を楽しんでもらえる旅館として付加価値を提供し、地域の飲食関係者を巻き込むことで新たなPR効果も生まれ、旅館の集客にもつなげる新規事業

熟練バーテンダーによるハイアルコールジェラートの製造、店頭・通信販売計画 全国で見ても存在しないハイアルコールジェラート専門店。

現役バーテンダーがカクテルをジェラートとして再現。大人の大人による大人のためのリッチなジェラート。

ジェラートの製造販売だけでなく、店内ではカクテルやおつまみとジェラートのペアリング提案をする。他テイクアウト、SNS、通信販売による全国展開。また、オリジナルフレーバーの製造受付を5Lという少ロットから受け付ける。

最高に自信を持ってお勧めできるバインミー専門キッチンカー事業 コロナ禍により運営するバーへの影響が強いため、新たな事業構想に着手。

多摩地区産の食材を使用し、多くの試作品を開発、最高のサンドイッチ「バインミー」をキッチンカーで新たに販売する。

コロナ禍における健康意識の高まりに注視した痩身エステ事業 完全個室・非対面による痩身サービスの提供及び地元企業や独自仕入れルートとの連携を活かした美容・健康商品を開発・販売する思い切った事業再構築。
ウィズコロナでも楽しめる!昼営業主体のハンバーグ専門料理店の新規展開計画書 コロナ禍の影響で当社の居酒屋店舗の集客力は低下し、業績が悪化している。戦略ポートフォリオを見直し、老若男女問わず楽しめるハンバーグ専門料理業態を新たに展開する。
テイクアウトと移動販売が主軸のドミナント戦略型店舗への転換 入手困難な鶏の白レバーを使用したテイクアウト専門店への業態転換計画。北千住での集中多店舗経営による現行店舗とテイクアウト専門店+キッチンカー(移動販売)で相乗効果を狙う。新店舗ではセントラルキッチンを採用、EC販売も視野に入れる。
国産とうもろこし粉(マサ粉)の製造工場兼直販飲食店舗の新設と事業化 トルティーヤの元となる「国産とうもろこし粉(マサ粉)」を、新設の製造工場兼直販飲食店舗において製造し、食材の味と安全へこだわるレストランやスーパーマーケットなどへのBtoBの卸(配達や配送ベース)、またご家庭で出来立てのトルティーヤを楽しめるようBtoCの小売(店頭とオンライン販売)も積極的に展開していく。
「視る力を得る!子供のためのどこでもデザイン学校」をオンラインで展開 デザインに特化したホステル事業から、オンライン上の子供向けクリエイティブスクールへの業種転換で世界中を対象にした事業を展開。デザイン経営を武器に、コロナ禍だからこその新分野開拓へ。
法人及び会員向けのスパイスカレーのデリバリー、ケータリング及びオリジナルスパイスの開発販売事業 調理加工設備を新設して、契約法人対象のスパイスカレーのデリバリー事業、同じビル内でのレンタルスペース会員向けのケータリング事業、及び有機栽培専門農家とのオリジナルスパイスの共同開発・製造販売事業を行う。
本場タイのローストチキン『ガイヤーン』のテイクアアウト、デリバリー販売 コロナ禍で時短営業や企業のテレワーク浸透などを受け客足は大幅に減少。その中でテイクアウトやお取り寄せのグルメ需要が増加してる事、店舗の鶏料理は雑誌やテレビにも取り上げる程の商品力がある事から、新たにタイのローストチキンとして有名な『ガイヤーン』のテイクアウト、デリバリー専門店を出店する事を計画。SNSやテレビ等のパブリシティを活用しながら、幅広い顧客層にタイ料理を訴求し、タイの食文化を広めたい。
「栄養不足」の解消に向け、高齢者も服用できる納豆サプリメントの開発 フリーズドライや粉砕機、充填機などの設備を導入し、納豆そのものをサプリメント化、ECサイトやマツモトキヨシ系列のドラッグストアにて販売する体制を構築します。栄養価の高い納豆をサプリメント化することで、若い世代から高齢者まで安心して栄養を摂取できる機会創出に貢献します。
焼肉弁当とアジア料理お惣菜配食事業 本事業は、弊社の主たる業種「飲食サービス業」(大分類M)に該当する居酒屋等の飲食店事業を変更することなく、コロナの影響により店内飲食が難しい高齢者や近隣のファミリー層向けに焼肉お弁当とアジア料理お惣菜の配食事業を新たに開始する「業態転換」事業であり、「緊急事態宣言特別枠」として応募いたします。
銀座老舗日本料理店の新業態「高級立ち食い寿司店とテイクアウト&デリバリー事業」 既存店舗は厨房が狭く生産効率が悪い、コース料理がメインのため顧客回転率が低いという課題がある。そこで広い厨房を備えた本格江戸前立ち食い寿司店舗を新展開することで、テイクアウト&デリバリー需要とファーストフード需要を取り込み、売上拡大を実現する。
ネイティブ講師による小学生向けの高コミット型(週3以上)のオンラインゲーム英会話サービス ネイティブ講師による小学生向けの週3以上の高コミット型のオンラインゲーム英会話サービスです。マンツーマンのオンラインゲーム英会話の予約、グループオンラインゲーム英会話、e-ラーニングの視聴が可能。
コロナ対策を徹底した非接触型の洋食とスイーツ主体レストランとテイクアウト新業態の事業化 コロナ禍において、徹底した非接触型レストラン業態の店舗を展開する。また、有名パティシエ監修の元、新たにスイーツを自社で製造しテイクアウトでも提供する。注文から配膳・決済まで全てにおいて、お客様と店員が接触しない安心安全な、それでいて、ITとロボットを活用したテーマパークのような楽しいレストランにする。
土産菓子市場とスマイルケア食市場への新聞や展開~製パン・製菓~ 本事業は、製菓・製パン工房を新設し、「品川土産」となる焼菓子と、摂食嚥下障害の予防を目的としたパンの製造、加工ができるようにするものです。また、既存事業の余剰スタッフを製菓・製パン職人のトレーニングを実施、転換、育成も実施します
居酒屋メニューの在宅需要に応えるテイクアウト、宅配及びネット販売事業 「居酒屋メニューの在宅需要に応えるテイクアウト、宅配及びネット販売事業」を開始することにより、コロナ禍以降特に成長し、さらに今後より一層の成長が見込まれる「中食市場」に進出する計画。
酒販免許取得によるスイスワインの輸入販売 及び、チーズと農家野菜の卸し・小売・EC全国販売 酒類の小売・輸入卸免許を取得して、スイスワインの店舗仕入の30%カット・他店への売込み・国内のスイスワインの流通を目指します。
ストレス社会にCBDの癒しを ストレスや痛みの緩和やリラックス効果が期待され、WHOもその安全性を認めているCBD成分。海外では「グリーンラッシュ」と評されるほど今後市場規模の拡大が見込まれており、広く浸透していない日本においても製薬会社がCBD成分のサプリメントを発売するなど、徐々に注目が集まっている。当社の新事業では、この成分を含有したキャンディーやべイプなどをオンライン販売し日本国内におけるグリーンラッシュに先駆け参入
閑散期を利用したリズラボキッチンのカフェレンタル事業の取組 コロナの影響により客足の減少した店舗は、平日は現状テイクアウトや通販を作業の中心としている。市場の新規性と立地の強みを生かし空き時間を、レンタルスペースとして活用することで、売上のアップにつなげていく。
飲食店を救うエンターテイナーと飲食店のマッチングプラットフォーム 飲食店、と、飲食店のスペースを活用し、人前で歌ったりパフォーマンスをしたい人をマッチングさせるプラットフォームの構築。パフォーマーは飲食店にとって飲食をしてくれる消費者となり、当社は飲食店から月額費用をいただく形でマネタイズすることで、飲食店の売上貢献に繋がる事業となります。
既存居酒屋の「待つ」スタイルからキッチンカーを利用した「攻め」のスタイルへの新分野展開 度重なる緊急事態宣言により既存の居酒屋の売り上げは激減した。東北地方、特に店主の地元:青森の入手困難な食材を生かしたキッチンカーによる弁当の移動販売を行い、コロナ禍でも営業可能となるだけでなく拡大している中食需要の受け皿となりV字回復を図る。
非対面式注文システムを活用した老舗中国料理のデリバリー事業展開 ホテルの地下1Fで老舗中華料理店を経営しているが、コロナの影響により来客数が大幅に減少。現店舗の一部を縮小し配膳室に改修してデリバリー設備を整える。また、非対面式注文システムを構築し、老舗中華料理店の強みを活かした中華料理のデリバリー事業を本格展開し事業再構築を図る。
テイクアウトブースを設けた、天ぷらと細巻きをメインとした店舗を新規出店 現在はバル業態を運営しており、コロナ禍で売上げが減少し、又、テイクアウトのスペースを確保が難しいのが現状である。そこで今回新たにテイクアウトに力を入れた天ぷらと細巻きに特化した店舗を新規出店する。それにより、既存事業との相乗効果による売上げ増と新たな雇用で社会に貢献する。
定食提供や総菜販売をメインにした自社開発業態の運営 現在当社がメインでフランチャイズ運営している居酒屋業態から、食事性の高い定食や総菜販売をメインにした自社業態を新たに開発し、東京都新宿区高田馬場にて店舗運営を行っていく
レストランデリバリーの成長を実現する管理システムの開発 経営難の居酒屋を縮小し、成長が著しいレストランデリバリーで事業を再構築します。コロナ後にスタートしたデリバリー事業は、すでに1400店舗を展開。管理システムの開発によりマーケットリーダーの地位を確立します。
旅館にデリバリーを伴う健康志向のカフェを新設する事業再構築 箱根登山電車のスイッチバックを自然の中で観察できる展望デッキを設えたカフェを旅館に新設。地元の天然水や食材と、無農薬の酵素玄米を用い、免疫力アップに拘った健康志向の料理を提供・デリバリーする。
自家焙煎珈琲豆の販売とテイクアウトのできるコーヒーカクテルバー テレワーク時代を考慮して、昼にはシングルオリジン珈琲豆の自家焙煎販売を行いテイクアウトのできるカフェを営業、夜には16年間培ってきたバーのカクテル技術、接客技術を活かしコーヒーカクテルバーとして二毛作で営業を行うお店。
第2創業プロジェクト 卸売・小売進出「はちどり」プロジェクト アフターコロナを見据え、アルコール居酒屋からコト消費を提案する体験型飲食店への業態変更と、同時に少額投資で製造業や小売業にも進出できる総合飲食会社への業態転換計画。
万全の換気とテイクアウト・デリバリー販売機能を備えたハラール対応焼肉店の開業 店内飲食のみのパキスタン郷土料理レストラン」から、「ハラール対応、コロナ感染症対策換気設備完備・デリバリー・テイクアウト対応の複合型焼肉レストラン」へ転換する。日本国内にはハラール対応の飲食店は希少であり、ムスリムにとってはお店を気軽に使いづらい環境で

あるため、そのような状況を改善していくことが、当社の使命であると考えている。

銀座のダイニングバーが仕掛けるネイルサロンとのシナジー経営 当社は銀座でダイニングバーを営業してます。お客様はナイトクラブのホステスさんや関係者です。当社にはネイリスト資格者がおり、銀座で働くホステスさんの美容ニーズを機会と捉えネイルサロン事業に取組みます。
贅沢感が味わえ安心感もある女性が通いたくなるホルモン焼店事業 コロナ禍の影響で既存店舗の集客力は低下し業績が悪化している。安価で新鮮な牛内臓肉を仕入れられる当社の強みを最大限活かし、感染症対策を万全にした女性客の需要が見込めるホルモン焼店業態を新たに展開する。
予約が取れないイタリア料理店のコース焼肉店への新分野展開 コロナによる顧客減少を克服するため、既存店ブランドを活かしたイタリアテイストの焼肉店を出店。コロナ感染リスクを怖れるお客様に安心感を与え、既存事業とのシナジー効果を活かした新分野展開を図る。
文化都市池袋に即したレジャーホテルから、デザイナーズホテルへの転換 かつての雑然とした池袋から文化都市へと脱皮する池袋の都市計画と需要に合わせ、当社の事業をラブホテルからデザイナーズホテルに転換することで、20・30代の女性を中心とした女子会等の新しい需要にこたえる。
一人利用がメインで感染症対策を徹底した高級志向焼肉店の展開 新型コロナで大打撃を受けているイタリアンバル事業から、非対面・非接触など様々な感染対策を徹底した高級志向の一人利用向け国産和牛焼肉店へと進出し、コロナ禍での市場ニーズを捉え、自社の事業再構築を果たす。
セントラルキッチン建設により「食材の加工→店舗ごとの商品仕込み準備→店内調理」までの工程を合理化しビジネス基盤として構築 首都圏を中心に飲食事業および飲食コンサルタント業を経営する当社は、新型コロナウィルス拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、新たにセントラルキッチンを建設・稼働させることで、問い合わせが増加しているFC店舗などに向けた食材加工・卸売事業を開始し、飲食業・コンサルタント業以外の事業の軸を構築することとする。
商業施設内出店に特化したアジアンレストラン業態の開発及び新規出店計画 お食事を主とした商業施設内出店に特化したアジアンレストラン業態の開発を行い、イオンスタイル新浦安に新規出店をすることを計画しており、テイクアウトにも対応し、コロナ後の需要の変化に対応できる事業の柱を構築する。
小山発!サウナでリフレッシュできるテレワークへの新分野展開 コロナの影響による宿泊客の減少を克服するため、新規顧客獲得を目指し、サウナでリフレッシュしながら仕事ができるテレワーク事業を展開。既存事業とのシナジー効果を活かし、コロナによる苦境からのV時回復を図る。
宿泊運営事業から宿泊特化プラットフォーム事業への進出及び市場での新価値創造 現在市場には存在していない「時間販売」が可能なホテル施設システムを開発するとともに、当該システム運営を実務上可能とするための周辺システムとして、オンラインホテル予約システム及び客室清掃管理システムを開発し、自社利用と外部販売を行い、新たな市場を作る。
宅配と持ち帰りを基幹としたマルチブランド飲食事業 一つの厨房を利用して、厨房の稼働率を高めて人時生産性を向上して収益性を高めることと、アフターコロナ、ウィズコロナにおけるお客様の安心安全に対する意識の高まりに応えるため、店舗を非接触化することにある。
クライオセラピーを導入した最先端の体メンテナンスサロンの展開 港区赤坂三丁目エリアの立地に、欧米で人気の高まる凍結療法「クライオセラピー」を導入した体のメンテナンスサロンを展開する。コロナ禍で体に不調のある方や再開しつつある試合に向けてトレーニングをするアスリートに対し、効果的な血流改善やボディリカバリーを提供する。
焼き鳥居酒屋からチキンバーガー専門店への新分野展開 焼き鳥居酒屋業の長期低迷を克服する為に、新しい生活様式に対応した新業態が必要という課題に対し、解決策として既存事業の強みが活かせるチキンバーガー専門店でファーストフード業へ進出して収益の柱とする。
高級食パンによる台湾食文化変革のための挑戦 たこ焼き、そば等の飲食店の運営により「粉もの」食材の研究を重ねオンリーワンの商品開発力をもつ当社が、日本食人気及び高級食パンブームに沸く台湾で新しく高級食パンの製造販売を行う。
焼き肉店から店頭販売にウェイトをおいた 南九州郷土料理店のフランチャイズ事業 焼き肉店から、先端的なデジタル技術の活用でWithコロナ、ポストコロナにも負けない店舗形態に!食肉加工の技術を活かし店頭販売やテイクアウトにウェイトをおいた 南九州郷土料理店のフランチャイズ事業への転換
幅広い客層の来店を可能にするパンケーキカフェ出店 住宅地隣接の駅前商業施設にパンケーキカフェを出店する。特徴は、本格パンケーキを提供しカフェの差別化を図ると同時に、豊富な食事メニューの提供により、ランチ、ディナーの集客をも確保し回転率を上げる計画。
フレッシュチーズ工房出店による製造・食物販業への新規参入 新型コロナ感染症の影響を受けないモデル構築の為、既存事業での経験を生かしてフレッシュチーズを製造・販売する地域密着型のチーズ工房を新規事業として開業し、事業再構築を図る。
革新的居酒屋テイクアウト・デリバリーメニューで競争力と生産性の向上 自家製高級食パンやバンズを使用したオリジナルサンドイッチを居酒屋のランチ・テイクアウト・デリバリーメニューとして提供することで、新しい生活様式に対応したビジネスモデルを展開し、競争力と生産性の向上を図る。
多様な器具と食事指導で地域の健康に貢献するパーソナルジム創り 約10年飲食店を営んで来たが、コロナ緊急事態の中での営業時間短縮等の影響があり事業存続が難しいため、好条件の立地と食品関連の知識を活かし、さらにはコロナ禍でのニーズに適合したパーソナルトレーニングジムに業種転換を図る。
安心・安全な3Dデザインスイーツのテイクアウト&通販事業 今後起こる未知の脅威に対してフレキシブルに自社の経営資源をリソーシングできるように、新たに製菓を製造販売出来る店舗とECサイトを作り、そこで新しいデザインと製造方法を取り入れた洋菓子をトレンドに敏感な層や富裕層に開発・製造・販売いたします。常に新しい驚きや感動を求められる手土産需要やお祝い、SNS映え、自分へのご褒美などのニーズに応える事業である。
コロナによる店舗撤退とレストラン併設のベーカリー事業への進出 コロナ禍、アフターコロナを見据えて外食事業に偏った不安定な現状からの脱却のため、既存店を閉店し、競合の少ないエリアにおいてパン事業への参入。強みである外食のノウハウを生かし、レストランを併設したベーカリービストロの開業
高級とんかつ店の伝統の味を、テイクアウト・デリバリー・ECを活用して全国の食卓に届ける! ①テイクアウト・デリバリー専門店の展開、②最先端の瞬間冷凍技術を活かしたEC販売により、これまで40年間飲食店で提供してきた伝統のとんかつの味を全国の食卓に届け、来店客のみに依存しない業態への転換を図る。
昭和古民家オーベルジュ運営および高付加価値ケータリング事業 『働き方改革』によるワーケーションのニーズを取り込みつつ、昭和古民家を活用した宿泊施設運営(オーベルジュ)を実施。さらに、そこを起点に安心安全な食材を活用した高付加価値ケータリング事業を展開します。
宮城県の地元食材を利用したあおば餃子の冷凍食品開発 新たに宮城県名取市に工場を設け、県の伝統野菜「雪菜」を使った餃子の冷凍食品を開発、製造する。全国のスーパー向け卸売り販売、工場併設の直売店での販売、全国へのEC販売に取り組む。
池袋のホテルが挑戦する本格的テレワーク事業への新分野展開 コロナの影響を受けにくい新規顧客獲得を目指し、ニーズが高まっているテレワーク事業へ参入。既存のホテル資産を活かし、企業ニーズにも応えられる本格的テレワーク事業を立上げ、コロナに負けない事業基盤を構築する。
世界遺産近接エリアにおける古民家改築によるインバウンド向け宿泊事業 世界遺産に登録された島根県の温泉津温泉において古民家を賃借しリノベーションを行いゲストハウス事業を営む。地域全体の観光消費増に寄与するべく、朝食・テイクアウト対応カフェ・バー営業、観光商品開発も同所で行う。
福島県銘柄鶏<伊達鶏>串焼き居酒屋のEC・テイクアウト事業参入 感染対策を徹底し顧客が安心して食事できる店づくりをすると同時に、顧客の待ち時間を低減するモバイルオーダーによる窓口販売と冷凍自動販売機による販売を実施します。さらに、観光の思い出を一度で終わらせず、リピートでの売上につなげ、顧客の生涯価値(Life Time Value)を拡大するためのEC整備を実施します。
新潟カツ丼「タレカツ」の宅配事業、及び食材販売事業 コロナ禍で、飲食業界は大打撃を受けており、第6波に備えて業態転換が急務となっている。補助事業では、非対面・非接触型の飲食サービスとして「家庭やオフィス向けの宅配サービス」、及び近隣飲食店との協業による「飲食店向けの食材販売事業」に取り組む。
障害者の雇用促進を念頭に入れた熱帯魚を中心とした養殖販売事業 当社の新規事業として東京都足立区で新たに障がい者就労継続支援B型事業所を開設する。そこで障がい者を雇用し熱帯魚やメダカの養殖及び販売を行う。販売方法は現地での直接販売の他、自社ECサイトを開設してネット販売も行う。
ロードサイドカフェから“オシャレ志向の生食パン”製造販売店へ 集客力を失いつつあるカフェを閉店し、純生パン等を製造するベーカリー店を始める。来店者の少人数化傾向やテイクアウト需要に適応する業態への転換で顧客層は広がり、より多くの集客を見込める。
「ポストコロナに向けた、日本橋人形町の魅力体験型ホテル事業への転換」 地域の魅力である日本橋・人形町の観光スポットを訪れる観光(ソフト)と、紅梅小紋・奥州小紋デザインで江戸文化を感じるホテル宿泊(ハード)を組み合わせた、地域初となる体験型観光ツアーの販売事業をスタートさせる。
専門料理店を併設し、既存店舗の時間と空間の有効活用でコロナ禍を乗り切る ハイボールバーの店舗を3分割し、鰻屋と牡蠣料理の専門店を併設します。専門店の併設により、昼間の店舗活用とデリバリーやテイクアウトの需要にも対応します。新たな顧客を獲得し更なる売上の向上を目指します。
フィンランド式屋外サウナ施設事業(名称:日光サウナリゾート) 当社代表が保有する遊休不動産である、日光国立公園内の15,000m2の敷地を活用します。敷地中心の湖の周りにフィンランドから輸入したサウナ小屋等を建設し日本初となる屋外型フィンランド式サウナリゾートを開業します。
山本のハンバーグをおいしく食べて健康に!通信販売事業 当社はハンバーグ専門の飲食店であるが、コロナ禍により売上の維持が課題である。素材にこだわった美味しいハンバーグを、最新の急速冷凍機等で冷凍食品に加工し通信販売事業を展開することで売上の維持向上を図る。
創業60年、地域に愛される老舗焼鳥店の惣菜製造販売事業参入による事業再構築計画 創業60年の老舗焼鳥店が、長年愛されてきた焼鳥の味を基調としながら、近隣地域の子育て世代・共働き世代・高齢者の食のニーズに応える惣菜店運営に本格参入することによって、地域住民の食卓を彩るとともに収益のV字回復を目指す
中華火鍋居酒屋を、他店にはない希少部位、サブメニューを60種類以上そろえた焼肉店への転換 現状のバイキング形式の中華火鍋居酒屋店は、コロナ禍の影響で売上が激減した。品揃えの強みを活かして焼肉の希少部位、他店では食べることができないメニューを含む、60種類以上メニューがある焼肉店舗への転換を行う
魚の干物の通信事業販売 これまで取り組んだことのなかった魚の干物の通信販売事業を行う。店舗の改修工事、冷凍庫等設備導入を新たに行う。こうすることで、顧客のうち飯事業、贈答品需要に応え、事業再構築を実現する。
亀戸の「食の発信地」を目指すフードコート事業 グループ会社2社と「本格イタリアン」のフードコート事業を展開する。デリバリーやテイクアウト、DXを活用した注文体制の構築などを行い、収益力の向上を実現する。また、食育授業の実施や料理教室の実施も行い、亀戸の「食の発信地」となることを目指す。
世界自然遺産小笠原の森に佇む随一のハイグレードコンドミニアムへの事業転換 コロナ禍を経て新たな観光スタイルに対応するため、現状の一泊二食付の宿泊形態から敢えて客室数を減らし大幅な改装によりハイグレードコンドミニアムの運営に転換を図る。また地域飲食店やツアー会社とITを活用した連携による地域のイノベーションに貢献する。
定食・居酒屋を、バーベキュー施設付き焼肉店に転換し、地域ファミリー層を中心に集客する 現状の定食・居酒屋は、コロナ禍の影響で売上が大きく激減した。当店の立地するつくばみらい市のファミリー層や日本在住外国人増加している外部環境を活かし、バーベキュー施設付き焼肉店舗を構え、同地域を中心に集客力の向上を図る。
餃子製造を開始し無人販売店舗を中心とした新業態を展開する 既存事業である飲食店が、休業や時短要請に従い営業が難しい中、加速するテイクアウト需要に対応するため、昨今人気のある餃子に着目した新規業態の展開を行う。
個室サウナとサウナ飯(本格蕎麦)を一体で楽しめる「恵比寿サウナー」 東京で居酒屋「克ッ」を運営している当社が、恵比寿に新たに個室サウナ×食(蕎麦)を一体で楽しめる新規業態をオープンする。発汗後に蕎麦の栄養素を取入れることは健康への相乗効果が非常に高いことから、娯楽と健康をともに楽しめる施設となっている。
「物販専門店」の新規出店と「ECサイト・全店舗共通アプリ」導入による事業再構築 中食需要のニーズに対応するため、当社でしか出来ない作り立てケーキを中心とした物販専門店の大量出店します。さらにECサイトと全店舗で利用できるアプリを導入することでポイントの有効活用を可能とし、これまで培った接客ノウハウを活かし店舗づくりを行います。
冷凍自動販売機(RAMEN STOCK24) を用いた新たなラーメン市場の開拓 新型コロナウイルス感染症の影響により、主力事業であるラーメン店舗の売上高が大幅に減少している状況の中、本事業による新たなラーメン市場の開拓によって早期の売上回復を目指している。
コロナ禍に適した新業態の店舗開業による事業多角化 新規事業として住宅街での新業態のパーソナルジムの開業、ゴーストキッチン型飲食店を出店する。新業態に挑戦するとともに、既存事業であるフランチャイザーのノウハウを活かし、当事業もフランチャイズ化を目指す。
飲食店からリラクゼーションへ業種転換で地域の健康に新たな貢献 当社は沖縄料理専門店として食の面から地域の健康に貢献してきました。新型コロナの影響で飲食店は厳しくなり、リラクゼーション事業へ業種転換します。国家資格保有者によるマッサージ等で地域の健康に貢献します。
ハイエンド向け食とワインのデリバリー型EC コロナ禍でニーズの高まる中食/内食市場の中でも富裕層にターゲットを絞り、家庭で簡単な調理で食べられる高級レストラン品質の美食とそれにマリアージュするワインをオンラインストアで販売する。
飲食店と企画主催者のマッチングプラットフォーム構築事業 既存の飲食店経営・飲食コンサル事業で培ったノウハウを活用しながら、ポストコロナの業界展望を踏まえ、飲食店と企画主催者をマッチングさせるプラットフォームを構築し、自社の売上回復と地域経済の活性化を図る。
音感とリズム感が身につく子供向け教育番組の制作・配信 音感とリズム感が身につく子供向け教育番組『テンポル・バート』を制作し、自社サイトにて有料配信することを軸として、興行、関連グッズ販売、音楽教室の開校等の新たな音楽関連事業を展開し、業種転換に取り組む。
もったいない魚たちを全て使い切るSDGsに大きく貢献するラーメン屋「海富道」への業態転換 コロナで起こった酒類提供の制限から、食事中心の飲食店事業を起こすことが必要となった。当社の強みを最大限生かし、もったいない魚をフル活用したラーメン屋事業を立ち上げた。SDGsにも健康にも貢献できる新しいラーメン屋事業。
新タイプの非常食ローリングストック定期便事業による再構築 テレワーク推進や対面会議の大幅減少によりデリバリー事業の法人需要が大幅減少。コロナ禍でも安定的に収益が獲得できる新事業として災害用備蓄食をローリングストック方式の定期便で自動宅配する事業を展開。
飲食料品に特化!インフルエンサーマッチングプラットフォーム コロナ禍で苦しむ事業者を救うインフルエンサープラットフォーム事業を展開する。飲食料品取扱事業者に特化することにより、インフルエンサープラットフォームを運営する企業との差別化を図る。
『法人向けケータリング事業』から『個人向けパーティーフード通販』への業態転換 法人向けケータリング事業で培ったメニュー開発ノウハウを活かし、非対面である個人向けパーティーフード通販事業を開始する。
将棋の街「千駄ヶ谷」で食事のできる将棋サロンを展開 コロナ禍により夜間宴会が中心であった和牛バルの運営は壊滅的な状況となり、

従来の営業方法からの転換を迫られている。

そこで営業地である「千駄ヶ谷」の持つ地の利と代表の持つ「将棋人脈」とをかけ合わせた

食事のできる将棋サロンへの転換を図り、コロナ禍をはじめとした経済環境への変化に対応していく。

和牛専門店の技術を生かした、焼肉用食材及びタレ等の焼肉周辺の食料品加工業 主に新規、小型焼肉店舗を対象として、枝肉から解体・店舗用にカットされた和牛、タレ、並びに焼肉店向けの総菜の販売。同時に、解体時に出る出荷単位未満の和牛を都心の焼肉店として培った技術力で作成したお弁当のテイクアウト販売
若者の孤立を支える「コミュニティ促進型シェアハウス」の運営 現代の社会課題である若者の孤立の解消を目指し「コミュニティ促進型シェアハウス」を設立します。元々自社で倉庫利用していた建物を活用・リノベーションし、若者の自立を応援する総合支援施設として事業化します。
リターナブル瓶によるドリンク定期宅配とコワーキングカフェ運営 新たにコワーキングカフェを併設した清涼飲料水およびリキュール製造工場を建設して、清涼飲料水製造許可と酒類製造免許を取得し、リターナブル瓶による持続可能な清涼飲料水と酒類の製造販売に取り組む
本社を一部改修し自社チーズとジェラートの製造拠点となるラボラトリーの新設 新たな市場に展開を図る上で、当社は「本社を一部改修し自社チーズとジェラートの製造拠点となるラボラトリーの新設」に取り組む。当社の強みとするイタリア料理のノウハウを活かし、自社の季節菓子を使ったオリジナルジェラートや季節感のあるジェラート、まだ日本では製品事例をみないフレッシュチーズの製造をし、既存飲食店舗とネットショップで販売促進をすすめ、販路を拡大して生産量の拡大も狙っていく。
「旨い・安い・早い」をご家庭に!肉まん・点心等中華料理のテイクアウト・ECサイト販売事業 コロナ禍における店内飲食の需要低下に伴い、肉まん・点心を軸に新商品を店頭テイクアウト販売を行います。社内のDX化を進め、モバイルオーダーシステムでいつでも出来立てを提供できる環境を整えるとともに自社ECサイトを構築し、新商品の販売も行い新たな顧客獲得へ向けチャレンジします。
居酒屋から成長が見込まれる注目の「中食」への業態転換 コロナ禍により大打撃を受けた居酒屋事業からの転換。40年を超える刺身居酒屋運営で培った、市場での鮮魚購買力・目利き力と加工技術を活かして、スーパー等の小売事業者へ加工販売する卸売り事業への転換により再成長を目指すもの。
アフターコロナの憩いの場づくりを目的とするカフェレストラン事業 コロナ禍の影響で客足が戻らない都心オフィス街での「弁当配食事業」から、アフターコロナの憩いの場としての需要や自社経営農園とのシナジー効果が期待できる、茨城県石岡市での「カフェレストラン事業」に進出する。
ビジネスマンのために「家庭のぬくもり」を提供する家庭料理飲食店への転身。 エグゼクティブ向け高級ラウンジを経営していましたが、コロナウイルス感染拡大に伴う営業自粛の影響で売上が激減しました。代表が持つ強みを生かし、ビジネスマンにぬくもりを提供する飲食店を展開し、日中の飲食需要を取り込みます。
インバウンドから国内観光・マイクロツーリズムへ新分野展開 ファミリー向けアミューズメント型宿泊施設の新設 ファミリーに特化した本格的遊戯施設×中庭グランピング×屋内キャンプ泊×屋上テラスで「アミューズメント×貸切利用の宿泊施設」を掛け合わせた新規施設オープンで競合他社の存在しないサービスで新分野展開し、事業再構築を図り売上増を目指す。
専用の壺でじっくりと低温で焼き上げた 壺焼き芋店への業態転換 コロナ禍で学んだテイクアウトの重要性から、テイクアウト専門の事業を構築することとした。焼き芋は古くからあるテイクアウトの原点であり、現在はブームになるほど需要も高い。究極の焼き芋を追求した結果、壺焼きに至り、一年中食べることの出来る焼き芋を販売、全国展開、世界も視野に入れた事業である。
「ヘルシーなガレット料理」の個人向け通信販売と全国レストランへのガレット食材卸売り事業 国産そば粉を使用したガレットを日本全国の消費者にお届けする通信販売事業と各飲食事業者(ホテル・レストラン・カフェ等)への食材卸業を行い、ガレットを全国的に広める。またそば産地の地方創生と新たな雇用創出による地域活性化に貢献する。
商店街からSDGsに取り組み!環境配慮型の新しいテイクアウト販売事業の立ち上げ 再構築事業では、居酒屋で使用しているおしゃれで機能的なお皿をテイクアウトに使い、お刺身や総菜をおいしそうに盛り付けを施した状態で販売する新たなテイクアウト事業を立ち上げる。お皿は再度お持ちいただくことで再利用可能となることから、商店街から環境に配慮した取り組みを発信し、顧客の共感を通じて顧客囲い込みへとつなげる。
EC・通信販売による新たな事業の構築 首都圏を中心にラーメン店を経営する当社は、新型コロナウィルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことから、販売チャネルを大幅に見直し、自社店舗向けに加工食材を供給していたセントラルキッチンの機能・設備を移設増強し、EC・通信販売向け製品の製造に乗り出すことで、今後の収益の柱にしていく計画である。
急速冷凍技術の導入による「揚げピザ」の開発、非対面型ビジネスモデルへの業態転換 コロナ禍で来店客が減少し、店内飲食の売上が大減しました。新事業では、以前テレビでも紹介された「揚げピザ」を再開発し、急速冷凍機の導入によりテイクアウト・デリバリーなどの非対面型ビジネスへの業態転換に挑戦します。
地域の業者と連携し、地域食材を使ったバーベキューレストラン 既存事業とシナジー効果のある付加価値の高いバーベキューレストランの新事業に参入します。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて減少した売上を回復させ、事業の安定化と地元経済への貢献をはかります。
軽飲食から重飲食「薬膳割烹料理専門店」への事業転換 コロナ禍創業で順調に売上拡大していたが、自粛要請の長期化により売上激減。自社建築中の路面テナントを活かし「軽飲食」から「重飲食」へ事業転換。当社の強みが活かせ季節性を選ばない「割烹料理専門店」へ挑戦する。
「毎日食べても飽きないそうめん」を全国に届ける大作戦 地元徳島県に半田そうめんの調理・冷凍加工工場を新設し、毎日食べても飽きないそうめんの調理済冷凍製品を製造・販売します。冷凍そうめんをECサイトで販売(BtoC)全国の飲食店に冷凍そうめんを販売(BtoB)します。
個人事業者でも使えるセントラルキッチン事業の新分野展開 セントラルキッチンを設営し、個人店など規模の小さい飲食店向けに、業務用厨房機器を使用した仕込み済の食材を提案販売します。
脱居酒屋!漁港直結の今朝獲れ鮮魚の魚屋&すし屋へ業態転換 海鮮居酒屋が酒の売上を捨てて、漁港直結の仕入れノウハウを活かした今朝獲れの新鮮な魚がウリのすし屋と魚屋に業態転換します。漁港仕入れならではの未利用魚の活用によりフードロス削減にも貢献します。
BVカクテルジェラートの製造販売事業への新規展開 銀座、札幌、福岡でカクテルバーを運営する当社は、コロナウイルス感染症の影響及び緊急事態宣言の影響で売上高が大幅に減少したことを受け、「オリジナルカクテルジェラートの製造販売」に取り組み、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする。
商店会が一丸となって取り組む各店自慢料理の商品化事業 商店会メンバーと一緒に各店自慢料理のレトルト・冷凍食品を開発・販売する。商品開発のストーリーをライブ配信で伝え、Eコマースを用いて共同販売することで、地域の活性化につなげる取り組みである。
カフェの輪(地域の豊かさ)を広げる物販事業、バリスタスクール事業の新分野展開 飲食店としてだけのカフェの枠に捕らわれず、「物販事業」、「バリスタスクール事業」、「アプリを活用したデジタルフォーメーションの実現」に新分野展開する。
店舗・配達型サラダ専門店から冷凍惣菜EC販売事業への転換による新規市場開拓計画 コロナ禍による大打撃を受けた既存事業から、市況を見極めた上で今後の生活者のニーズに則した健康的な冷凍宅配食事業への業種転換を図ることで売上の回復を見込み、経営状況の改善を目指す計画である。
口に入れた瞬間「感動」する 一口サイズの薄皮和牛肉まんの製造・販売 薄皮和牛肉まんの製造及び販売を行う。製造及び販売は、テイクアウト専門店舗を新たに作り、店舗内で手作りで製造、イートインはなくテイクアウトのみの販売とする。コロナ禍においてテイクアウト業態の開発は必須で、和牛や高級食材を使用してつくる肉まんは現在のニーズに最適な商品である。
厳選小麦やグルテンフリー素材を使用したパンの移動販売と余剰エリアの活用 複数の有名パン屋で教育係を務めたスタッフによる、厳選小麦を使ったパンやグルテンフリーのパンなどをキッチンカーにて販売する。管理栄養士資格も所持しており、栄養価を全面に出したパンや、糖質をカットしたパンなど、独自性のあるパンを作り上げる。舗をパンの作成で利用しない時間に関しては、飲食店として活用し、デッドタイムのない運営を行う。
唯一無二のフルーツサンドを! セントラルキッチンの運営事業 新規事業では新橋にセントラルキッチンを作り、フルーツサンドの量産製造及び卸業を行っていく。
元フレンチシェフによる冷凍パック食品の新開発とオンライン販売 アフターコロナに向け、既存の弁当販売店を閉店し、元フレンチシェフの代表が考案する冷凍パック商品開発に取り組む。新拠点にセントラルキッチンを設置し、オンライン・移動販売を行うことで、商圏拡大と売上回復を目指す。
リゾートホテル施設管理業よりホテル運営への新分野展開事業計画 リゾートホテル運営を成功させるために、コロナ禍で需要が高くなった、プライベート重視・安全安心な温泉旅行をリーズナブナ料金で体験してもらうため、既存客室を露天風呂付き客室に改装する新分野展開事業計画
飲食FC店から自社店舗出店とゴーストキッチンへの二正面作戦 二極化する顧客ニーズに伴い2つの戦略を実行します。【店舗戦略】都心部に女性客をターゲットとした自社ブランド焼き肉店を新規出店【ゴーストキッチン戦略】既存店舗エリア中心にテイクアウト・デリバリー拠点開設
野菜ソムリエと仕入を活かした飲食店から食料品製造業への転換 野菜ソムリエの知識を活かし、女性目線の寛ぎ感も意識した自家野菜が魅力の飲食店を行っていたが、新型コロナウイルスの影響で売上が激減した。そこで、この特徴を活かした食料品製造へ転換し、収益の安定化を図る。
石垣島の特産品を直接消費者へECを通して提供する通信販売業 当社の石垣島の飲食店の人脈と余剰スペースを利用して石垣島の特産品を直接消費者へECを通して提供する通信販売業
国産ブランド食材に特化した、レストラン事業 コロナ禍の影響による深刻な全国のブランド食材農家の支援を兼ねた事業転換計画
女性パティシエならではの美味しさを最先端設備で長期保存したギフト商品の製造体制の構築 弊社の通販事業のノウハウ「素材×デザイン×ビジネス×パテシィエ」の専門性を融合した新業態「スイーツ店」をオープンしたが、コロナ禍により営業時間短縮等の影響を受けている。

既存事業のノウハウを融合した、女性パティシエによる人気「パステルスイーツ」の量産化のセントラルキッチンを整備し、最先端技術よる高品質ギフト商品に特化したオンラインBtoB向けの販路開拓を実現する。

天然素材を活かした加工工場新設及びオンライン通信販売事業及び卸売り業ベストヒットリカーリカの立ち上げ 自社の工場を創設し、オリジナルブランド「ベストヒットリカーリカ」を立ち上げ、人のつながりをテーマにした、当社ターゲット顧客にニーズがありそうな商品を開発し、オンライン販売を中心にテイクアウト、卸売り業向け商品の開発販売を行います。●ピチアリオーネ●缶詰型の商品・トマトソース・ラグーソース等●バター等の加工食品
「アグリペッシェツーリズモ」をコンセプトに食を楽しむ旅を提案 日本におけるアグリペッシェツーリズム(農園(アグリ)、魚(ペッシェ)、観光)の先駆けとなり、伊豆高原地域の観光資源を活用しつつ、食を楽しむ旅をご提案し、地域活性化に貢献していきます。。
コロナ渦でも安全安心の次世代スマート温泉旅館運営の確立 新型コロナウィルス感染症拡大・まん延を経て人々が危険・不安に感じる人対人の物理的

なコンタクトを減らし、深刻的な人員不足によるサービスの低下を抑止するため、非接触

・非対面による運営設備を積極的に導入し、これまでの温泉旅館とは異なる次元でお客様

に『安心安全』を提供する。

テイクアウト・デリバリー事業への業態転換により「食を通じて新たな発信と発見」を実現するための事業 移転前までは飲食業として店舗内でのサービス(イートイン)を行っておりましたが、新型コロナウィルスに伴う緊急事態宣言等の長期化により、売上が低下。

今後の飲食店舗の在り方や消費者行動の変化に対し、自社の強みをより活かす営業手法として、事業立て直しのため店舗の「移転」と「業態転換」が必要であり本計画を実施しました。

うなぎダイニングこじま「日本酒と鰻」 コロナ禍の影響で宴会・団体客の需要が大幅に減少。既存店舗を閉店し、背水の陣で少人数の法事・高所得層・おひとり様需要に応えるべく「鰻料理を主とした飲食店」へと業態転換を図り、売上確保を図る。
食育を基盤とした多世代共創型の体験宿泊施設の企画・設計・運営 SDGsやDXの流れに準拠した「食育」を基盤とする体験宿泊施設の企画・運営サービスを提供する。そのパイロット版として、社会活動の基盤である「食育」を通して、障がいを抱える子どもとその家族の安全・安心な社会参加及び自立を支援するインクルーシブなサービスを提供する空間プラットフォームを構築する。
ECプラットフォーム構築による和の化、及び自社の持つ「和の伝統文化」を世界へ発信するための事業計画 コロナ渦で飲食事業の売上高が大きく減少してしまう中、苦渋の思いで創業店舗を閉店。従業員の「雇用維持」と「和の伝統文化」を発信すべく「ECプラットフォームを構築」し、日本のみならず世界へ向けて「和食・和食器・和菓子・日本茶・和デザイン」を販売・展開し事業の再構築を図る。
独自の中食配送マッチングシステム『ココデリ』の構築による業態転換 本補助事業において中食産業に参入し、弊社独自のデリバリー販売システムを構築する。

競合サービスの現状においての問題点の解決と、独自のサービスシステムを活用し地域の雇用創出を実現する計画である。

和彩欅の鰻テイクアウト販売による新分野展開による生き残り戦略 コロナ禍による影響により経営危機に陥っている状況を打開すべく、2019年5月にオープンした2号店の和彩「欅」の鰻テイクアウト販売事業を基軸とした新分野展開により、事業再構築を図り債務超過の解消と経営の黒字化を推し進める。
独自の熟成加工バナナを使用したバナナジュース専門店のテイクアウト販売 コロナの影響により外食市場が縮小する中、当社においても売上が大幅に減少した。

そのため、大胆で思いきった事業再構築を行い、バナナジュースのテイクアウト販売を行うという新分野に挑戦し、売上・利益のV字回復を図る。

業界初!飲食店向け多店舗経営管理分析ツール「TEAL BI」の開発による新分野展開 コロナの影響で既存事業である飲食店の売上が減少したため、その解決策として、当社の強みである飲食店多店舗経営に係る独自の経営管理手法を活かし、飲食店向け多店舗経営管理分析ツール「TEAL BI」の運営事業を新たに展開します。
貴金属・時計・ブランド品を中心としたリユース品の越境EC事業を展開す 新型コロナの影響による飲食店事業の売上減少を補うため、中古ブランド品の買取と販売事業を展開する。具体的には、リアル店舗の設立及び買取及&販売専用のオンラインサイト(国内向け)の構築,さらに海外向けに販売サイトを構築して、ライブコマースなどの方法で販売を行う。
民泊事業から「モバイルサウナ設備レンタル事業」への業種転換 モバイルサウナ設備のレンタル事業による「業種転換」を行い、自然の中でのサウナ体験を提供することで、郊外のキャンプ場や宿泊施設の魅力を高め、売上向上とともに人の流れを郊外地域にもたらし、地域のビジネスイノベーションに貢献しうる事業とします。
BAR からの大転換、宮古島でDXを活用した燻製屋さんになる! 宮古島の伊良部に燻製工房・直営ショップ・体験・備えたDX化の複合施設を作り、BAR事業から物販事業へ転換。工房では地元食材の燻製を製造しEC事業にも進出、あらゆる販路で物販事業の拡大を図る。
地方の別荘地再活性化も兼ねた、サブスクリプション型非対面宿泊事業 コロナ禍における日本人の生活スタイルの変化を踏まえて、「日本人向け&地方」というターゲットで、デジタル武装した地方の宿泊施設の提供により、週末は家族やグループが利用する一方、平日はサブスクリプションモデルにより廉価な利用を可能にして、ワーケーションの普及及び地方の活性化へ貢献する。
焼肉レストランからステーキレストランへの事業転換による事業再構築補助金 当店は新型コロナウイルスの影響で焼き肉店として客足が急減した。そのためコロナ後も顧客が確保出来、当店の独自仕入れルートなどの強みを活用できるステーキレストランに事業転換し店舗を改装、事業再構築を行う。
希少性の高いブランド地鶏を使った地域唯一の焼き鳥専門店 当社はもつ鍋料理店を2店舗営むが、新型コロナの流行によって消費者の食に対する意識は大きく変わり、鍋料理は敬遠されてしまう。そこで1店舗を焼き鳥料理屋に改装することで消費者意識の変化に対応する。
イートインカフェ事業→テイクアウト/レンタルカフェスタジオへの事業転換 収束が見えないコロナ禍の影響による不安定な事業環境を鑑み、売上の伸長・人件費の抑制とそれによる安定した経営状態を確保する為、イートイン主体であったカフェを移転・新装し、テイクアウト・レンタルスペースに事業転換する。
町の中華屋さんが併設開業する起業応援型シェアオフィス コロナ禍で売上が低迷している。そこで、コロナ禍でも2桁成長の続くシェアオフィスを開業し、既存事業とのシナジー効果により収益の回復を図るとともに、地域初の起業を応援する取組を行うことで利用者の起業を促し、地域の活性化を図る。
コロナ禍に強い「オリジナルうどん」の製造・提供で事業を再構築 コロナ禍でも堅調な”うどん”需要という市場ニーズを、当社の強みである場所・市場・顧客に合わせたマーケティング力を使って獲得するために、「地元海産物を練り込んだオリジナルうどん」を製造して「うどん専門店」と「ECサイト」で提供する新規事業を立ち上げ、経営をV字回復。
四角いピザの老舗IGの冷凍ピザEC販売事業 横浜本牧の四角いピザの老舗IGが、瞬間冷凍により店頭の味をそのままに再現した、冷凍ピザのEC販売に進出することで、長引くコロナ禍の影響を乗り越えていきます。
地産地消・地域交流マーケット&ランチ付きスクール&子ども食堂 週末の昼間に地元農家の農作物や地元クリエーターの商品委託販売を行い、市内クリエイターの活動や地元野菜の美味しさを知ってもらう場を作る。その際に当店の人気おつまみメニューや樽生クラフトビール、自家製天然酵母を使った天然酵母パン、地元小麦粉を使った焼き菓子等の販売で新客層へのPR活動及び新事業展開を実施。販売活動だけでなく、地産地消がSDGsに繋がるPR活動も行う。料理教室や子ども食堂の開催。
イートイン型飲食店から移動販売フードトラックへの事業転換 コロナ後に激化する「食の数(人口×3食)」の奪い合いから離脱しイートイン型飲食店から固定費の少ない移動販売「フードトラック」への事業転換で経営の健全化を図る。
レストランシェフが作るバウムクーヘンの製造販売事業 現在はイタリアンレストランを営業していますが、コロナウイルスにより、危機的状況です。レストランオーナーシェフの強みを活かし、こだわりのオリジナルバウムクーヘンを製造し、物販を行い、事業を継続します。
「日本そば」から人気の「台湾まぜそば」への新たな事業転換 東京を拠点に『台湾まぜそば』を展開する「麵屋こころ」のFC加盟店として、横浜市青葉区で新たな食分野の事業転換を図り、事業の再構築を実現する。
割烹料理屋がスキルを活かして、ペットサロン事業へ進出 当社は従来から割烹料理屋の事業を営んできましたが、本補助事業により、代表長女の勤務経験とスキルを活かして、ペットサロン(トリミングとペットホテル)の事業に進出するものであります。
ご自宅でお手軽に本格豪華海鮮丼を味わえる!冷凍海鮮丼の事業計画書 神奈川県を中心に海鮮料理を提供する飲食店を経営する当社は、新型コロナ感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、鮮度抜群の“本格豪華海鮮丼”をご自宅で簡単に味わえる冷凍海鮮丼を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築する。
休業中店舗を「本格中華を受け継ぐ中華バー」に転換する事業 当社が経営する中華料理専門店2店のうち、現在休業中の1店舗を新規事業店舗として改変し、デジタルオーダーシステムの導入を行い、今まで培ってきた既存事業の強みを活用しながら、新たなサービスを提供することで他社との差別化を行い経営リスク分散的「中華ダイニングバー」への事業転換を実施します。
外食から中食へ 冷凍自動販売機の導入による新たな販路への挑戦 新型コロナウイルス感染症の再拡大による事業環境の悪化を防ぐため、24時間非接触・非対面で販売可能な冷凍自動販売機を導入し、既存メニューの冷凍商品を開発し販売することで新たなビジネスモデルを構築し売上高の創出を図る。
ゴルフ空間の提供により低感染リスクレジャーを実現 炭火焼鳥の居酒屋を経営しているが、コロナの甚大な影響で顧客が減少し、経営がひっ迫していることから、本事業によりゴルフシミュレーターによるインドア練習場の経営を開始。相乗効果による売上向上を期待する。
セントラルキッチンへ改装、国の登録有形文化財「清閑亭」の運営 小田原市と提携して、国の登録有形文化財「清閑亭」の運営と地元食材を使用した飲食店開店に取組む。小田原市にある工場にフリーザー(冷凍庫)を導入し、セントラルキッチン化及びEC事業における冷凍食品の販売
お寿司のテイクアウト事業参入 昨今の新型コロナウイルス等の感染症に対して、既存のイートイン事業だけでは事業継続に伴うリスク分散が出来ないため。

実際に、アルバイト等でテイクアウト専門店を経験しテイクアウトは感染症に強い事業だと感じました。

食材業者様に対しても一定の仕入れができるため、お互いの利益に繋がる。

既存の店舗にテイクアウトブースを設けることで、イートイン&テイクアウト両方のメリットを見込める。

鴨肉に特化した新メニュー開発と非接触オーダーシステムの導入 主力商品であるお蕎麦はテイクアウトが困難であることから、通常市場には出回らない希少価値の高い鴨肉を使用して、新たに丼物のテイクアウト・デリバリー事業に取り組み、新たな収益の柱と雇用創出を図る。
イートイン業態での売上低下を補うコロナ禍におけるテイクアウト業態での集客 ラーメン店の店内飲食の売上減少を補填するため、から揚げ専門店を新たに展開する。これによりテイクアウト需要を取り込み、売り上げ回復のきっかけを掴んでいく。

今後、ラーメンのみにこだわらず他の食文化を取り入れ売り上げを上げていく。

居酒屋から横浜家系ラーメンのフランチャイズ店の新分野展開 新型コロナの影響で夜間の売り上げ減少が大きい居酒屋のフランチャイズ店から、フランチャイズ店の運営ノウハウ、接客サービス力を生かして、ランチ・夕食を狙った横浜家系ラーメンのフランチャイズ店への新分野展開。
自動販売機による冷凍生餃子販売 当社の餃子を業態を変えて冷凍生餃子の自動販売機による無人で非接触で24時間販売販売する。新事業によって売り上げ向上につなげる。
ハラルフードで日本とイスラム諸国の架け橋に 当社は神奈川県横浜市で「飲食店(アジア料理専門店)」を経営しております。今回、店舗の客席一部を改装し「ハラルフードの店頭およびECサイトでの販売」事業、「キッチンカー」事業に新たに挑戦を致します。
京都の「おばんざい」と呼ばれる家庭料理をお惣菜としてスタジアム売店で販売 横浜で一番「出汁」に手間暇かけている店として京風の味付けの小料理店を経営していますが、このコロナ禍の経営危機を、日産スタジアム売店に出店できることになったことを契機に、この本格味付けのお惣菜をスタジアム売店で販売します。Withコロナ対応として、スマホ等を活用したモバイルオーダーシステムを取り入れ、混雑なく、出来たてをお渡しいたします・
「食育スペシャリストのおうちごはん」持帰り販売専門店への転換 既存飲食店を撤去し、食品製造の新たな拠点で持ち帰り専用の弁当・惣菜の製造販売を開始する。「食育スペシャリストのおうちごはん」をテーマに、食材、調理方法、栄養バランス、彩に配慮した、商品を販売する。
蒔田飯店ウィズコロナ対応への新分野展開プロジェクト計画の活動 長引くコロナ禍における廃業の危機を乗り越えるために、デリバリーサービス、テイクアウトサービスの事業を開始し、新規に設備を導入して、新しい商品を準備することで、新分野事業を早急に展開します。
カモンベイビー!ヨコスカ!格安宿泊サービス事業開始計画 新型コロナウイルスの影響で人流が抑制され、当社事業であるインターネットカフェが大打撃を受けました。地域の産業との連携や観光需要を取り込むため、宿泊サービスを展開し、事業のV字回復を目指します。
様々なグルメが集まるフードトラックパークの創設 2019年より営業を続けて構築したキッチンカー経営者同士の繋がりを生かし、フードトラックが一堂に会する「フードトラックパーク」を始めようと計画しております。週替わり、月替わりで提供するフードが変わり、「秦野の食のテーマパーク」としてお客様に楽しんでいただくとともに、フードトラック経営者にとっても安定した営業場所の確保ができる存在として、フードトラック業界の発展に繋げていきたいと考えております。
人気焼き鳥屋のゴーストキッチン計画 幣社は飲食店(焼き鳥屋)を経営しております。コロナの影響で顧客が激減し、売上げが低迷していることを受け、サービスの提供方法を変更することに致しました。具体的にはデリバリー専門キッチン(ゴーストキッチン)を始めます。デリバリー販売の売上高が、5年間の事業計画期間終了後、総売上高の10%以上を占める計画を策定しております。
外食から中食へおうち時間で楽しむこだわりの「食」をテイクアウト 外食から中食へ、おうち時間を充実させる新規事業を構築。新たに開発した「煮込み料理」のテイクアウトサービスを提供することで競合他社との差別化をはかりアフターコロナに強い事業体制を整える
多用途なシェア店舗の貸し出しを通じたチャレンジショップの運営 働き方が多様化し、副業や兼業ニーズが高まる中、飲食、物販など多用途に利用可能なシェア店舗の貸し出しを通じて、経験による創業アドバイスや、地元コミュニティと人脈を活用した販促支援を行うチャレンジショップの運営
から揚げ専門店からオリジナル・ハンバーガー店への事業転換 居酒屋・から揚げ専門店のフランチャイズビジネス20年の経験とノウハウ、居酒屋で培った接客・サービス力を活かしてファーストフードでも接客サービスするオリジナル・ハンバーガー店への事業転換を図る。
地産地消型クラフトビール専門店の新規事業計画書 既存事業の売上高がコロナ禍の外出自粛増加、時短・休業要請を受けたことで売上高が大幅に減少したことを受け、地場のホップを使ったクラフトビール専門店を出店し、コロナ禍でも需要増が見込めるクラフトビール市場に進出し、売上向上を狙った新規事業を計画します。
非接触化をキーワードとする新しい店舗出店 関東地方で居酒屋(焼き鳥)等を営む当社は、新型コロナウイルス感染拡大による飲食店の経営悪化を受けて売り上げが大幅に減少した事から、コロナ過、アフターコロナの顧客のニーズに応える非接触にて商品を提供できる新たな飲食店を展開し、コロナ過でも成長し続けるられる事業の柱を構築する事とする。
飲食サービス業から食肉製品製造業への業種転換計画 店内飲食を中心とした飲食業・食肉販売業を営んでいるが、食品衛生管理者を設置し食肉製品製造業の営業許可を取得し、新たに家庭・業務向けの食肉加工品を製造・販売をすることで新たなる市場を開拓する。
日本で一番おいしい本格的ポルトガル料理店 酒場からテイクアウト中心のレストランへの転換 既存店の位置する都内から神奈川県横浜市内に移転をして、「酒場からテイクアウト・デリバリーの提供を中心にとしたポルトガル料理の食堂」を新設することで、近隣地域に勤務しているサラリーマン、OLといった新たな顧客層を取り込みます。
密を避ける地域密着型の個室インドアゴルフレッスン場開設 既存のビジネスは主にお酒を提供する飲食店(席数20席)でしたが、新型コロナウイルスの影響もあり、新しいサービスは密を避ける主に観光客向けの個室インドアゴルフレッスン場(バーチャルゴルフスポット:VGS)を開設します。
富⼠の麓の⾃然に囲まれたファミリーキャンプ場と本格ラーメンのコラボレーション 富⼠の麓という⼤⾃然で⽊々、川、滝を全て兼ね備え、今までになかった「本格的なラーメンをキャンプ場で⾷べる」という新しいスタイルが体験できるキャンプ場を開設します。
宮崎独自の焼き方を使った宮崎料理店への新分野展開 本事業では新事業形態である宮崎料理店への新分野展開を行う。従来とは違う大衆向け回転重視、テイクアウトにも力を入れた店舗を新規出店。地元でした知られていない鳥の焼き方を取り入れ、郷土料理の魅力の発信も行う。
こだわりの味を家庭で!炭火やきとりのテイクアウト事業 これまで店内飲食でのみしか提供してなかった当社の炭火やきとりのテイクアウトを開始する。目利きによる品質の高い肉とこだわりの炭火焼き技術を生かし、コロナ禍に併せた業態への転換を図るとともに地域に新しいライフスタイルを提案する。
彩りの豊かな美味しい介護給食(個包装・冷凍)の開発と製造販売 既存事業(葬祭・法要の会席料理仕出し業)の強みを活かし、他社が取り扱っていない「盛り付け、個包装した冷凍介護給食」を開発、製造し、業務効率化のニーズの高い介護施設に販売する新しいビジネスモデルへの挑戦
既存店舗のセントラルキッチン化によるテイクアウト・EC事業強化 新型コロナの影響により、夜間の店内飲食需要が低下していることから、既存店舗の客席を削減し、キッチンスペースを拡充することでセントラルキッチン化を図る。これにより、テイクアウト事業の強化を図る他、食品EC事業に参入し、コロナ禍においても当社の持続的な成長に繋げていく計画である。
一碧湖開発プロジェクト(リゾートアクティビティ複合施設事業) 伊東市有数の観光名所である一碧湖湖畔に当社が所有する土地において、既存事業で培った強みを活かし、駐車場・レストラン・展望デッキ・桟橋等を要するリゾートアクティビティ複合施設を作る事業である。
テイクアウト専門サンドウィッチてん「SAND WORKS」の展開 ラーメン事業を展開していたが、ウィズコロナ時代に即したテイクアウト販売出来る、新たな商材を開発。24時間稼働の自動販売機を併用し、注文から受け取りまでを非接触で行える、テイクアウトを実現する。
武蔵小杉ギフトスイーツ&地元プロスポーツチームとタイアップ商品の開発事業計画書 新たに武蔵小杉エリア初のバウムクーヘン専門店をオープンする。川崎市民に愛される商品として、地域の誇りとなる名産品となることを目指している。
ブルワリー設備の新設による、酒類製造業への新規参入 新型コロナウイルス感染症の再拡大による事業環境の悪化を防ぐため、ブルワリー醸造設備を新設し、酒類製造業と小売業への新規参入を行うことで新たなビジネスモデルを構築し、新しい売上の再構築とリスク分散を図る。製造したクラフトビールは主に在宅者に向けた販売方法を確立し外出自粛時にも影響を受けない体制を整える。
店舗統合で複数ジャンルに対応したデリバリー専門店のオープン 集客の見込めないイートイン事業をデリバリーに特化した事業に変更し、コロナ時代の儲かるビジネスに変革する。現在あるイートインの3店舗は撤去し、新たなセントラルキッチンに集約する。
日本の発酵文化を世界に伝える、ごろごろ野菜のこだわり味噌汁のフリーズドライ化 売上がコロナ影響で大幅に減少する中、特徴あるこだわり味噌汁のフリーズドライ製品を開発し、Webサイトや大手取引先を通じた物販に新たに取り組み経営改善する。SNSやYouTubeを積極活用したデジタルマーケティングをセットで行い、ネットとリアル(店舗)の相乗効果を狙う。海外市場を当初から見据え、日本の発酵文化を世界へ発信しながらコロナに負けない事業成長を図る。
飲食店開業希望者への補助事業及び、既存ビール事業の市場開拓 新規飲食店開業希望者に対し、全般的なサポートをするだけでなく、

場所の提供をもすることで、開業のハードルを下げていく。

また、そこに既存事業のビール製造を絡めていく事でシナジー効果が期待される。

バーテンダーの強みを活かした小規模ビール製造業への挑戦 飲食事業者としての経験を活かし、小規模飲食店でも導入がしやすい、小ロット且つ常温保存が可能なクラフトビール醸造所兼パブを設置する事業。低アルコールビールや地元の農産品を活用したオリジナルビールを製造する。
デジタル技術を活用した非接触の生パスタ専門店への新事業展開 居酒屋業態を中心に6店舗の飲食店を展開しており、新型コロナウイルス感染症の拡大により顧客が激減している。ウィズコロナの時代にも顧客が戻ってくるか不透明であり、お酒に頼らない業態への転換が課題となる。デジタル技術の活用と商品開発力を活かし、ファミリー層をターゲットにした生パスタ専門店の展開に挑戦する。
横須賀色を活かし観光客ニーズに応えるBBQ店への業態転換 中華料理店を撤退し、BBQ店に業態転換します。テイクアウト需要の伸長や横須賀観光の招致を機会と捉え、横須賀の特徴を前面に出し、米国人を含む地元住民や横須賀への観光客のニーズに応えて地域活性化に貢献します。
未利用時間帯を活用した新たな大浴場付きデイユースプランの提供 日中は有効活用できていないホテルの土地と空き時間を有効活用し、従来と異なる近隣住人やテレワークのサラリーマンをターゲットにした心身のリフレッシュができる大浴場付きデイユースプランの販売
コロナ禍を境に湘南地区をイメージしたカフェ事業への展開 コロナ禍の影響もあり、既存事業では経営の悪化への歯止めはできず、消費者ニーズに沿ったカフェ事業へ転換することで経営の安定化及び地域への活性化に取り組む事業です。
飲食業からクラフトビール製造販売業へ シームレスに事業転換 酒造・販売免許を取得し、山梨県南アルプス市にビール醸造所を開設。小売、卸売と、既存事業での直接販売、現地でも直接販売を行う。事業開始から2年後に既存事業を譲渡し、本事業に100%の事業転換をする。
ニュースタイルの日本旅館による完全個室サウナ事業への新分野展開 メイン事業である宿泊施設経営は、コロナ感染症の影響を受け売上が激減した。各宿泊施設において客室を完全個室のサウナルームに改修し、観光客だけではなく地域を含めた集客施設にすることで新規売上を創出する。
コロナの逆風を追い風に!湘南に近江牛の魅力を浸透させる事業転換 ブランド牛である近江牛を湘南で唯一提供してきたが、新型コロナウイルスの打撃で致命的な損壊を受けた。回復を既存事業では図ることが難しいと判断し近江牛の魅力をより多くのお客様に届けるべくテイクアウト事業へと転換する。
HOTEL PLUMM レジャー施設計画 HOTEL PLUMMの施設内(地下1階)にレジャー施設(大浴場、カラオケボックス)を新設する。現行のビジネス顧客を対象にしたビジネスモデルから日帰り観光客を対象としたビジネスをもう一つの柱として育て、経営基盤の強化を図る。
宴会中心の中華料理屋から地域の恵みを活かした「大山ブランド点心」の製造販売へ オール地元の食材を用いた「大山ブランド点心」を開発した上で、既存中華料理店舗に代わって、中華料理店併設型「大山ブランド点心」売店を建設する。業績の拡大を図り雇用を拡充する。また、地産地消を推し進める事により地域を活性化させる。
一つのブースから始まる新たな架け橋と食材ロスを無くす商店街リアカー移動販売 当店の一角に収納可能なキッチンを設けた多目的ブースに改築し、生産者の会や試飲会など開催できる場として、またレンタルキッチンとして貸し出す。そして、ランチ営業を追加し、当店や他店のランチからの廃棄食材をお惣菜として近郊へリアカーで移動販売する。
八ヶ岳の住宅メーカー協力のもと一棟貸しリゾートホテルの開発 八ヶ岳にてモデルハウスの機能を併せ持つ新たなリゾート宿泊施設を地元住宅メーカー協力のもと開発し新分野展開を行う。新たな収益の柱を開拓しコロナ禍で減少した当社事業の売上の底上げをし事業再構築を実現する。
小規模旅館が取り組む緑と水が眺められるワーケーション事業 自社の顧客層、現在の事業市場を細かく分類した上で、新分野展開として新たな生活様式におけるビジネス市場に挑戦すべく「ワーケーション市場に対応しうる改装」を実施することで事業再構築を実現する。
地域に根ざしたコミュニティーカフェへの新分野展開 既存事業の強みである神奈川県和牛ブランドの「横濱ビーフ」に特化した当社オリジナルメニューを提供し、テイクアウト等の事業も展開しながら地域の交流の場を創出する。
「市場直送の朝どれ鮮魚」を使った湘南海鮮丼と「くまもとあか牛」を使ったこだわり焼き肉による日帰り観光客の囲い込み コロナ禍において変化した観光ニーズを捉え、当社の遊休不動産を活用し、新たに『市場直送の朝どれ鮮魚を使った湘南海鮮丼』『くまもとあか牛を使ったこだわり焼き肉』『海鮮丼&あか牛丼のテイクアウト』を行う。
マルチブランド戦略を採用した中華バーチャルレストラン事業 既存事業は中華料理店であるが、補助事業では中華料理のデリバリーを行う。

セントラルキッチンを新設し、中華料理に特化した5ブランドによるバーチャルレストランを運営する。

高級レトルトカレーの開発、自販機販売で新分野展開 高級レトルトカレー開発販売に際して、非対面型販売の自動販売機による販売を行う。新分野販売事業により新規顧客の獲得とともに店舗、商品の広告宣伝を同時に行うことでネット販売によるECサイトでの新規顧客獲得につなげる。
江戸時代より続く料亭会席の味を活かした冷凍そうざいへの進出 料亭の厨房周辺の一部を改修し、厨房設備を導入する。約200年続く新潟県上越市の老舗料亭「宇喜世」の味とブランドを活かした冷凍そうざいの開発を行い、自社ECサイトを構築し通販で販売する。
和×蕎麦×café~アイドルタイムの有効活用~ 11~14時の営業活動が中心になり、アイドルタイムを有効活用するための喫茶事業を実施します。既存の蕎麦を活かしたメニュー構成で和×蕎麦×cafeのロードサイド型店舗として周辺には存在しない独自性のある事業になります。
宅配弁当を通じて地域高齢者の生活と健康を地域ぐるみで見守る事業 高齢化が進み、調理が困難な世帯が増加し、宅配弁当の需要が拡大している。一方、介護サービスの人材不足も社会問題となっている。弁当の宅配を通じて、介護事業所と利用者の懸け橋となるビジネスモデルを構築する。
割烹料理店の強みを生かしたラーメン店出店による新ビジネス構築 コロナ禍でアルコール提供を含む飲食需要が落ち込む中、売上維持向上を目指し、アルコールに頼らない、予約をしなくても気軽に来ることのできる業態であるラーメン店を新たに出店し、現在の割烹料理店にならぶサブブランドのラーメン店として並行して展開する。
低迷する業績を居酒屋業態からFC加盟によるラーメン業態への業態転換により回復させる 居酒屋という業態はアルコールにストップがかかってしまうと営業努力では業績の回復は難しく、未だコロナ禍の出口が不透明なため現状維持だけでは事業の継続が難しく、事業環境を踏まえ業態転換による事業再構築の必要があると判断した。
野草商品とシェアキッチンで島から全国発信し、誘客する宿泊施設 観光客を待つ営業から、佐渡島の自然や全国発信し呼び込む事業へ。希少な佐渡島のや雄を使ったクラフトコーラや塩の販売、また野草講座を全国展開。野草工場はシェアキッチンとしても活用。
料亭が作る、超芳醇・和風・高級食パンとフレーヴァーバターのハーモニー 高級料亭のブランドを活用した贈答品としても使用できる高級食パンを提供する。他社の食パンとの差別化のため、高級料亭のイメージから来る和風テイストを前面に押し出す他、個性的なフレーヴァーバターの提供で新規売上の確保を図る。
食品添加物”無添加”を付加価値とした、加工食品製造業への進出及び製造拠点建設計画 当社は居酒屋を経営する法人であり、昨今の新型コロナウイルスによる影響を大きく受けている。そこで、食品添加物”無添加”を前面に出した、法人向け加工食品の製造・販売事業を新たに立ち上げる。以前より、食品添加物は、健康面を害する懸念がなされていることから、当社は”無添加”を付加価値とすることで、利用者の「健康・安全志向」に応えていく。さらに、県内産の食材を使用し、地元生産者への貢献も目指す。
ミシュラン星獲得の名店による喫茶店(カフェ)事業 ミシュラン星獲得の日本料理店が、回復の見込めない冠婚葬祭用事業を廃止し、こだわり料理を軸にした喫茶店(カフェ)事業に進出する。店舗縮小に係る建物改修に合わせて懐石料理事業の再構築も実施する。
フィットネスジムとワーケーション利用による施設の再構築 新型コロナウイルスの影響で、観光、婚礼の落ち込みのダメージを乗り越え、健康市場に活路を見出すため、食、温泉等の地域資源の強みを活かし、新分野の総合的な健康サービスが提供できるフィットネスジムへの転換を図る。
ミールキット&レトルト製品製造販売とECを活用した新事業の確立 レストラン店の客席スペースを縮小、食品製造スペースを増設する改修工事を行い、新たに製造するミールキット&レトルト商品を店内にて販売を行いかつ新設する自社ECサイトを利用しての近隣地域へのデリバリーおよび全国へ通販販売する事業計画
寿司店から串焼き店へ次世代のアップデート!地場産を使用し地域生産の底上げ、新店舗で地域活性化を目指す 高級イメージのある寿司店から地場産食材を使った串焼き店へ客足の向きやすい店へ大幅な事業転換を行い、2代目事業承継を機に新規販路開拓を狙う。真空包装で新型テイクアウト・デリバリーを考案すると共に、飲食店のDX化を取り入れカスタマーアピールを促進する
ジビエ肉の加工・流通・教育・消費拡大を多面的に取組む“ニイガタジビエブランド”の確立 ①加工技術・流通が確立していないジビエ肉の課題解決への新たな取組み

②ジビエ肉の県内料理店・一般小売店・インターネットツールを使った新しい販売ルートの確立。

③地元農業高校および調理師専門学校の教育ブログラムとして、ジビエ肉の処理加工を組み込み地元畜産業に係る人材、ジビエ肉を提供できる料理人の育成

④ジビエのトレサビリティを強化することで消費者に安心安全を提供

地域の食材を使った高級チーズケーキ専門店によるイノベーション 地元新潟の素晴らしい食材を使い、「自家用」、「手土産」、「軽飲食」の3用途で製造販売する高級チーズケーキ専門店を開店いたします。
「美容×健康」による完全個室制ヘッドスパ専門店の新事業展開 県内に競合な少ないヘッドスパ専門店を新規に開業する。完全個室やヘアマネジメント等の独自性をもとに「美容×健康」による顧客価値を高め差別化を図り、第二の事業として安定した収入基盤の構築を図る。
富山県産食材を使用した焼き菓子専門店での事業再構築 2018年から食堂を運営しているが、コロナウイルスの影響を受け売上を下げている。過去の洋菓子店での勤務経験を活かし新たに富山県産食材を使用した焼き菓子専門店を開業し、事業の再構築を図る。
ミシュラン選出のブランド力を生かしたテイクアウト事業の構築 テイクアウト事業に着手するため、狭小である既存店舗を撤退し、新店舗へ移転することに加え、ミシュラン選出の高品質テイクアウト商品を開発するため専用の機械を導入することにより、コロナ禍で需要が高まる中食ニーズを捉え、売上高のV字回復を達成する。
和食の五法を取り入れた和風ラーメン店への事業転換と働き方の改革 和食の技である五法を取り入れた和風ラーメンを提供して酒類を伴う夜間の営業から昼間の営業に事業を転換するとともに、顧客回転率を高めた短時間営業の店舗を展開してベテラン調理人の雇用の場を創出する。
冷凍コース料理調理済み製品の開発、生産体制構築および販路開拓の実行 コロナ禍における店内飲食事業不振への対策として店内飲食メニューを冷凍調理済み製品として再開発しセットメニューとして展開し、当店の調理技術だけでなく料理構成力についても食卓へと届け、新たな収益の柱としていくとともに既存店内飲食事業への波及効果につなげていくことで当店再成長を実現する。
富山県の食材で地産地消を実現し、今までなかった「富山ブラック餃子」を冷凍自動販売機で販売し富山県ひいては日本を元気にする 富山県から新しい地域ヒットメニュー考案の尽力依頼をきっかけに、ありそうでなかった「富山ブラック餃子」を地産地消を実現しながら開発。店頭販売だけでなく、富山県内ではほとんど設置されていない「冷凍自動販売機」で販売を実施し、代表の元K-1「ミスタープライド」の肩書を利用した知名度をフル活用し、ECサイトでの販路開拓を実施する計画である。
大型民宿からの脱却に向けたハイクオリティニーズ取込みのためのブランドイメージの強化 ポストコロナ期での新たな温泉旅館モデルとして、これまでにない「非対面型露天風呂付高付加価値客室」による最上級のプライベート空間を演出に加えて、コロナ禍での高付加価値ニーズ、プライベートニーズを捉える設備、宿泊サービス提供の改善にて当社「くつろぎの宿うみあかり」ブランドを再構築することで、計画5年次高付加価値客室売上高構成比31.5%を達成し、氷見温泉郷を再牽引していく。
カジュアル志向プライベートニーズの取込みのための高付加価値化サービス提供体制の構築 「企業」「団体」「大規模」をターゲットとしたブランディングから、「少人数」「高付加価値」「女性」「カジュアル・ファッショナブル」をターゲットとしたブランディングに集中していくことで、新たなビジネスモデルを構築し、計画3年次「離れ」売上構成比19.7%を達成する。
白エビラーメンと白エビ餃子の物販事業 過去提供がしたことがない白エビラーメンと白エビ餃子の物販を行う。富山県の白エビは全国的にブランドがあり、県外からの発注も獲得できる。外食が制限されている中で、卸売・小売・通販で売上回復を目指す。
託児サービス付きの焼肉店開業で安心して食事ができる場の創出 現在富山駅前で居酒屋を経営しているが、コロナウイルスの影響で売上を下げている。新たに託児サービス付きの焼肉店を開業し子育て世代の方にもゆっくりくつろいでいただける場を提供する。
氷見牛を主とした地産地消食材を提供するエンターテイメント型オーベルジュ(宿泊施設)の開業。 ハレの日利用が多かった焼肉店の売上がコロナで低迷したため、地元のひみ杉を使用した非日常を体感できるオーベルジュ施設を開業する。

お料理は、希少性が高い氷見牛と氷見の新鮮な海鮮を使った鉄板懐石料理となり、当レストラン施設は舞台演劇を楽しむようなスタイルで、究極の美食を堪能していただく。空間演出として、映像マッピングを導入し、氷見市の歴史と地域PRも同時に行う。

ガトーショコラ専門“ケンズカフェ東京”の石川県でのFC展開 既存事業がコロナにより売上を大きく下げてしまったことから、飲食・フランチャイジーとしての経験を活かし、「ケンズカフェ東京」のフランチャイズ(FC)店舗を石川県金沢市に出店し、売上の回復を目指す。ご褒美、お土産(贈答品)需要を取り入れることで、新市場を開拓し、新しい収益の柱としていく。
地域の魅力を満載したワンコインランチ提供による新分野展開事業 ラウンジ経営で培ってきた接客サービス力と地域資源を融合し、大学生や観光客を対象顧客としたワンコインランチを販売します。これにより、コロナ禍で減少した売上高のV字回復及び地域活性化への貢献を実現します。
除菌・抗菌ノウハウを活かしたハウスクリーニング新分野展開 コロナにより、飲食事業は大打撃を受けた。一方で、除菌・抗菌のニーズの高まりにより、除菌・抗菌事業は大きく売上を伸ばしている。そこで、飲食事業に割いていた人材と資金を除菌・抗菌事業に回し、リソースの選択と集中により、新分野であるハウスクリーニングに挑戦する。
飲食店からパン製造卸への新分野展開による「ベーカリー部門」立ち上げ並びに地産地消促進事業 地方空港内(小松空港、富山空港)において飲食店を営業しているが、コロナ禍の影響を受けベーカリー部門を立ち上げ、パン製造卸事業を実施する。
ポストコロナ禍における生活に密着した自家焙煎珈琲店の新分野展開 自家焙煎珈琲店にデリとレンタルキッチンを併設。従来の喫茶と自家焙煎コーヒー豆の販売に加えて焙煎機を一般に開放。さらに、朝、昼、夜、どの時間帯にも惣菜や食事のイートイン、テイクアウトが可能な次世代複合型型飲食店の構築。
地元飲食店とのタイアップを伴う持ち帰りからあげ・弁当事業 新型コロナウイルス感染拡大による影響から事業の大胆な改革を行うため、通年提供でき人気のある持ち帰り専門の唐揚げ・弁当業態の店舗を開店し、地元飲食店とのコラボによりオリジナリティあふれる商品を提供する
ワーケーション等「新しい生活様式」に適合する一棟貸宿泊・滞在施設の開業 ワーケーション、親族や友人に限定した少人数での会合等、ウィズコロナ時代の「新しい生活様式」に適合するWeb会議機能を有する一棟貸宿泊・滞在施設を開業する。加えて、立地を活かした異業種コラボレーションによる新規な顧客層を開拓する。
自店で採蜜したハチミツを使ったクリ-ミーハチミツの製造販売 自店で行っている養蜂で採れたハチミツを使って、欧米では好まれよく使われているが、日本ではまだ知られていない「クリーミーハチミツ」を加工製造し販売する
能登の希少な食材にこだわった「能登牛のひつまぶし」専門店の開店 お酒を楽しむ料理を提供する居酒屋業態から食をメインで楽しむ能登牛ひつまぶしの専門店をOPEN。石川県の新名物になることを目指し社員全員の想いをこの商品にかける!!
急速冷凍機3Dフリーザーを活用し高品質料理を広範囲に販売 解凍後の品質が高い3Dフリーザーによって弊社の自慢料理を冷凍食品化。

これによって従来では取引出来なかった高品質の料理を遠方業者との

相対取引やネット販売を行うことで事業再生を図る

高架下という立地を活かしたテイクアウト一体の非接触型唐揚げ・焼き鳥店を出店 弊社の強みであるコミュニケーション能力を新しい形で活かしテイクアウト一体の非接触型店舗を新規事業を行うことで市場の需要ともマッチした店舗を運営する。金沢駅の高架下を栄えさせる JRの新たな取り組みにおいて飲食店の1号店となるため注目を集めやすい利点がある。
セントラルキッチンの複合的活用による収益源の多角化事業 飲食店向け居抜物件を改装し、①レストラン、②食品工場、③セントラルキッチン、の3つの機能を有する拠点を新設し、収益源の多角化を図り、キッチンカー運営会社として、ポストコロナ時代に適した事業スタイルに転換する。
ゲストハウス施設の一部を改修してのコッペパンテイクアウト専門店事業への新分野チャレンジ コロナ禍で苦境に立たされた宿泊事業とのシナジー効果を生み出すコッペパンテイクアウト専門店を既存ゲストハウスの一部改修して新分野展開を実施する。立地の特性を活かしターゲットに合わせた商材を提供することで事業全体の生産性向上させ成長マインドを確保する。
カニ料理の無店舗販売によるブランド「かに百味百美」の確立 観光客と会社利用による売り上げが大半を占める加賀料理店の老舗が、店の名物を活かし、ネット通販を中心としたカニ料理の無店舗販売を展開し、非対面型ビジネスでの収益化を目指す。
宿泊観光に依存しない地域観光資源としてのグランドデザインの高度化 地域と一体となった「聖域の岬」のグランドデザイン、北陸地域を中心とした隣接県住民を新たなターゲットとしたブランディングを実行することで、日帰りマイクロツーリズム客を珠洲市内へ誘致し、計画5年次「珠洲市をテーマとした芸術作品」をキーワードにした総合美術館を中心とした日帰り観光客売上構成比49.2%を達成する。
旅館の既存施設設備を活用したランニングステーション事業 ランニングステーション事業参入による新分野展開計画。優位性を生かし、既存施設設備の活用によるシナジー効果と、導入コストの削減が図られる上に、本業だけでは難しい雇用の維持継続が可能となる。
能登メギスの加工販売による地域飲食店の活性化 石川県内において水産加工場が不足している問題から、自社を含む石川県内の飲食店は海産物需要に応えるために自社内で人材を確保し海産物の下処理をする必要があった。これを解決するため、本事業では水産加工場を立ち上げ、下処理に特に手間が掛かるが多くの県民に愛されている能登メギスを加工販売することで地域飲食店の活性化を推進する。
宿泊業から天然酵母の高級食パンと地元果物を使ったコンフィチュールを売りにしたカフェ事業への展開 にし茶屋街という金沢の観光地において長期間放置されている空きビルを自己資金にて改修し、新たに1階:高級食パンの販売、2階:カフェ、3階:ホテル(客室3室)へとリノベーションし、地域活性化の拠点とする。
新商品!?新スタイル!?新サービス!?革新的な焼肉店 人口当たりの焼肉店舗数が全国一の石川県において、新商品・新スタイル・新サービスで差別化して優位性を確保。既存事業で対応出来ないターゲットを獲得することでシナジーを創り出す革新的な焼肉店。
完全オンライン化フィンランドサウナ併設のレジヤー型宿泊施設で再構築 石川初屋外フィンランドサウナ・ドッグラン・BBQ〜大自然で楽しむレジャー一体型宿泊施設〜泊まる・遊ぶ・食べる・ととのうを一度に楽しめる
金沢の味を、そのまま自宅へ!冷凍食品の製造及びECモール『Chill Deli(チルデリ)』における販売事業 「お取り寄せ」の好機を捉え、自社の強みであるメニュー開発力、金沢の有名店とのパイプを活かし、冷凍食品の製造及びECモール『Chill Deli(チルデリ)』における販売事業に新たに進出し、金沢の味をそのまま自宅に届ける。
金沢おでん名店の味の常温長期保存商品化による販路と売上の拡大 コロナ禍により金沢おでんの名店として名高い当店も大きなダメージを受けた。自慢の味と全国的なブランド力を活かし新たに常温長期保存おでんを製造販売することで、顧客ニーズに応え販路を拡大し売上利益を回復させ事業再構築を図る。
本格パスタの専門店(パスティフィーチョ)の運営事業 外出の機会が減り、自宅での食事が増える中、強みである本場で培ったパスタの味を家庭で楽しんでもらうために、パスタ専門店を開業する。通信販売、各店舗での販売、おひとりさま対応のイートインスペースを設ける。
北陸地域内高付加価値・プライベートニーズを捉えるサービス提供体制の高度化 当館が誇る最大の優位性である「当館ならではの繊細で華やかな加賀料理」を核とした提供料理の強みを活かしながら、よりプライベート空間を提供することで、これまでの「大都市圏」から「北陸地域」へ、「団体旅行の取込み」から「高付加価値プライベート志向層の取込み」へのシフトを加速化させ、計画3年次プライベートニーズ対応高付加価値客室売上構成比10%を達成する。
BtoBビジネス加速化に向けての新たな当社オリジナルフレンチトースト製造体制の構築 コロナ禍で開始したテイクアウト専門のオリジナルフレンチトースト製造販売の成功を機に、従来のBtoCビジネスへの依存から脱却しBtoBビジネスを加速化させるセントラルキッチンを構築し業種転換を図る。
持続可能な地域づくりのための、オリジナル調味料の製造販売と鉄板焼事業への進出 能登地域の生産者から「規格外野菜」を直接仕入れることによって、フードロスの削減を図りながら、自社の強みを活かしたオリジナル調味料の製造販売と鉄板焼を提供します。
北陸初、中国レストランによる中国現代絵画美術館事業計画 美術館の中にレストランやカフェがあるのは珍しくないが、レストランの中に美術館があるのは聞いたことがない。本補助事業は、中国レストランが中国現代絵画美術館を営むことで新たな市場を開拓し、既存事業との相乗効果を生み出すものである。
石川県初の室内ゴルフアスレチックの建設とパーソナルゴルフスクール運営 石川県初の室内ゴルフアスレチック場を建設し、パーソナルゴルフスクールの運営を行います。コンセプトは「ゴルフ初心者からベテランまで、皆で楽しむ室内ゴルフ場」です。石川県にはまだ室内ゴルフ場はありません。雨が一番多い件なので、室内で遊べる場所はとても需要があります。
老舗寿司割烹の歴史・文化とモダンを融合させたバー開設 団体客減少により稼働率が低下している2階宴会場を和モダンバーへ改装する。これにより、食後に他店へ流出することを防ぎ客単価を向上し、またバー利用を入り口に寿司割烹の利用を促すことで新規客の増加を図る。
北陸地域・金沢から始まる飲食事業者・消費者マッチングシステム 金沢に来なければ食べられない飲食店の料理を食べ歩きするように自宅で楽しめる、飲食事業者と消費者を結びつけるマッチングシステムを構築し、当社を含む疲弊した飲食店を支援するサービスを展開する。
泊まる温泉旅館から過ごす温泉旅館へ 健康促進新湯治旅の提案 宿泊客のみを対象とした泊まるだけの温泉旅館から脱却し、恵まれた温泉をいかした温浴施設を強化することで日帰り顧客の新規獲得を図ります。サウナ、エステなどを増設し顧客の健康促進に寄与する事業を展開致します。
『セントラルでクラウドなキッチンが地域をつなぐ!』 セントラルキッチンにて、本業のフードロスを減らし、品質も高めながら、そこで「高級弁当・冷凍食品」を作り、新しい売上を獲得する。地域の他社商品の販売も行い、仕込みを受けたり卸したり、いつも地域の方々が集まる「地域のプラットフォーム」の様な場所を創り上げる。
福井県を代表する食材を使用したテイクアウト販売事業 主に敦賀ふぐ、越前かに、若狭牛など福井を代表する食材をリーズナブルに提供してたが、2021年1月に現店舗を閉店し、長引くコロナ禍に対応するため、テイクアウトを中心とした事業形態へ再構築することに致しました。
野菜いっぱいの中華ランチボックスによるコロナ禍の新しい中食需要の開拓 季節を彩る野菜をふんだんに使い十穀米などで健康に配慮した中華ランチボックスや、食品添加物を極力省いた体に優しい多彩な点心類をテイクアウトで提供することにより、コロナ禍の中食分野での販路を拡大する。
伸びにくい健康らーめんによるデリバリー販売事業 デリバリーしても伸びにくい麺を自社で製造・デリバリー販売することで新たな市場を創造する。並行して、自動販売機及び通信販売によって、売上拡大と共に外部環境に影響されにくい強い企業体質を構築する。
ホテル立地を活かしたコインランドリー事業の開業 コロナ禍にて落ち込んだ売上を補うため、ビジネスホテルの好立地とホテル運営ノウハウを活かし、ホテル敷地内にコインランドリー店を新規開業し、収益性の高く、且つホテルとの相乗効果の高い事業を目指す。
福井県在来種を軸に、福井の豊かな食文化を発信する事業への転換 全国的にも極めて希少な、国産在来種蕎麦の十割蕎麦を冷凍にて長期保存でき、かつ高効率な製法を開発。これを軸に、福井の豊かな食文化を福井県内外、更には海外に発信、広めていく事業に取り組みます。
地下店舗から地上店舗へ。福井県直仕入の食材を活かした韓国料理への新分野展開 当社は宴会需要を取り込んだ【日本料理店】を営むも、コロナ禍により相当なダメージを受けました。

当該事業達成における具体的取組は以下の2点になります。

●感染症対策に問題がある地下店舗から地上店舗への移転出店。

●市場ニーズを読み取り【日本料理店】から【韓国料理店】への事業転換。

マルチシステム端末を導入した非接触型コインランドリー店の開設 新型コロナ感染症対策としてマスク着用やソーシャルディスタンスが求められるなか、感染対策として非接触型システムが社会に求められている。そこで駐車場デッドスペースを活用しマルチシステム端末を導入した町内初の非接触型のコインランドリー店を開設し、新型コロナウイルスの影響により厳しい状況にある既存事業を補う新たな収益事業の確立を図る。
観光客をターゲットとした北陸新幹線「芦原温泉駅」への地域アンテナショップ新業態の出店 主力の飲食店舗及びお弁当販売事業においてコロナ禍による売上減少の影響を受けている中、延伸予定の北陸新幹線の地元・芦原温泉駅への観光客をターゲットとする地域アンテナショップ新業態を出店し、コロナ禍以降の増加するインバウンドも含めた観光客ニーズの獲得を図る。
飲食店の人手不足と顧客満足向上に貢献、業務用カスタム餃子事業 生産工程の機械化を図り、既存の3倍の生産能力へ拡充。新たに餃子のテイクアウト専門店および冷凍餃子の自動販売機による販売を実施。効率化により削減したコストを投じ、コロナ禍で人手不足に悩む飲食店向け「業務用カスタム餃子」の開発と製造に着手する。
旅館業におけるワーケーション型滞在サービスへの新分野展開 旅館業における従来型宿泊サービスの提供に加え、客室1室のユニットバス・トイレ等を撤去して仕事専用へ改修し、職場を離れて「休暇」と「仕事」を両立させて過ごすワーケション型滞在宿泊プランを提供する
観葉植物(塊根植物・アガベ)の生産・販売事業による事業再構築 塊根植物・アガベの需要の大幅増加の機会と、当社の保有する塊根植物・アガベに関する人材やネットワークなどの強みを活かし、塊根植物・アガベの生産・育成事業に新たに取り組み、事業再構築を図る。
「おうちでレストラン」をコンセプトとした地産地消商品販売と出張調理サービス コロナ禍で減少する売上の回復を図るため、老舗レストランの味わいを家庭に届ける地産地消レストランメニューの商品化及びケータリングカーを利用した出張調理により安心と安全を兼ね備えた新たなるケータリング事業を行う。
地域資源を活用し集落の元商店を復活!里山の地域密着型カフェ 八ヶ岳南麓に位置する山梨県北杜市「津金」の元商店を、地域住民が気軽に利用できる「地域密着型カフェ」へと蘇らせる。地域の特産品を活かしたメニュー提供や体験型イベントの開催で集客・収益の増加および地域経済の活性化を狙う。
好立地を活かしテイクアウト・ドライブスルー事業に取り組む 「小瀬スポーツ公園」から徒歩3分の立地であり、公園へは車で行く人が多い。この好立地と当店の強みである昭和63年創業の信頼実績と仕入れ力を活かしテイクアウト・ドライブスルー事業に取り組む。
管理栄養士監修オーガニック加工食品による通信販売 今まで外国人観光客向けに和食中心の飲食を提供してきたが、外国人観光客が激減し戻る目処が立たないことから、今まで仕入れて利用してきたオーガニック食材を用いた商品を開発し、通信販売を行う事業を展開していく。
アイシングクッキーの製造、キットの販売、お菓子教室のサロン事業展開 アイシングクッキー販売、アイシングクッキーキットの販売、ワークショップなどのサロン事業を行います。インスタグラムやブログを中心に情報を発信。予約を受け制作、配送。お祝い事などで治作鮨を利用してくださる家族層にもねらいをさだめ、治作鮨のパーティープランなどと共に宣伝していく。
使われなくなった空き家を再生し一棟貸しの宿泊施設が付属された「アートベーカリー」を開業 社会問題となっている空き家。その古民家を「アートベーカリー」が併設された一棟貸し宿泊施設に再生する事業を行なう。アートベーカリーは日本ではまだ馴染みがないがパンを食べる為の物でだけでなく、見て楽しむ芸術的要素を取り入れたパンの事をいい他にはない独創的なベーカリーを展開していく事業である。
ファミリー層や小規模団体等の新規需要の拡大と宿泊事業の安定化 コロナ渦でも安心して泊まれる小人数での団体宿泊を可能にし、自然の中で健康的に家族や仲間との親睦を図れる宿泊を実現することにより、新たな顧客層の獲得で、宿泊事業の安定化を図る。
ファミリーもペットも歓迎。地域と連携した、おもてなし溢れる古民家貸別荘への展開 コロナで売上が15百万円から50万円に激減する環境下、既存事業であるスポーツ合宿型民宿とのシナジーを生み出すべく遊休資産を有効活用して新事業「付加価値型の貸別荘業」の新分野展開の挑戦を致します。
シニア世代が集えるサービス付き旅館事業 シニア世代がケアサービス付きで利用できる宿泊施設。介護認定の有無にかかわらず誰でも気軽に利用できるケアを提供する。また、新たにケアステーションを新設し医療フットケアサービス及び、お弁当・配食サービスを展開する。
河口湖発!老舗旅館から最新ワーケーション対応デジタル旅館への業態転換 「最新客室管理システムを備えたワーケーション型宿泊サービスおよび、エグゼクティブ向けの非接触型豪華ヴィラの展開」により、非接触型サービスへ業態転換することで、対面型サービスかつ顧客層・利用目的が偏っていた当社の課題を解決し、事業の安定化を図ります。
地域発信の旅行代理店および体験・宿泊施設 地域の魅力を発信し自社施設や地元観光業者に送客を行う旅行代理店および地域の特性を活かした自然体験を実施し一棟貸コテージに宿泊していただくサービスを提供
富士山の景観を屋上テラスで楽しむカフェ&テナント複合施設の開発 新規に2階建ての店舗を建設し、当社はテイクアウトとイートインのカフェを1階と屋上テラスに、テナントは2階に2区画を用意し観光協会と地域活性に取り組む事業者を誘致し、全体として相乗効果を発揮する小型複合施設を開発する。
ワーク×遊びの複合型キャンプ場運営への展開 ワーケーションやサテライトオフィス等の「ワーク」、福利厚生などの「ヘルス」・「遊び」の場として幅広く利用できる複合型キャンプ場を整備し、キャンプ場運営事業を新たに展開する。
SAUNA FOREST FUJIを活用した賑い創出事業 当ホテルの強みである『屋外プール』を活用し、弱みである『個人客へのアプローチ』や『閑散期(冬季)の集客』を改善し、地域課題である『体験型観光』や『滞在時間』を創出し、アウトドアサウナ施設を建設します。
アウトドア体験宿泊施設「In the mood(インザムード)」への新分野展開 コロナ禍にて既存事業が大幅に縮小したため、テニスコートの一部と施設を利用してアウトドア体験宿泊施設「In the mood(インザムード)」を始める。全面に富士山を見渡せるという圧倒的なロケーションを利用し、ストレッチテントや豪快なBBQ、広大な敷地によるプライベートキャンプ、心休まる焚き火スペース、自然と一つになるテントサウナなど、様々なアクティビティ体験をしながら極上の宿泊を楽しんでいただく。
ウイズコロナ時代のニーズに対応するグランピング施設業の展開 当社は旅館業を営み110年の歴史を有している。新型コロナにより売上は大きく減少し新しい事業展開が急務の課題である。当社の経営資源と魅力ある地域資源を融合した唯一無二のグランピング事業へ新事業展開する。
当店こだわり食材を活用した「サ飯」と「プライベートサウナ」の展開で地域活性化に貢献する。 コロナの影響で収益状況が大きく左右される中、強みである「豊富な品揃えの料理」「徹底したホスピタリティ」を活かし、「プライベートサウナの運営」により、コロナに影響されない収益構造の構築を図るとともに、地域住民へ癒しの場を提供することで地域貢献を図る。
空き倉庫活用!繋げる複合シェア施設、起業家応援プラットフォーム事業 空き倉庫を活用し、これから起業を考えている方がまずは初期投資を抑えて始められるという複合シェア施設を開業し、新分野展開による事業再構築を行う。このビジネスモデルを構築し、今後創業支援・空き家活用の面から地域の活性化に貢献していきたい。
鶏ガラ出汁うどんと豊富な惣菜を提供する「飽きない」新店舗開発 地鶏専門居酒屋を営む当社が、新たに鶏ガラ出汁うどんを開発して、食事メインの食堂(鶏ガラ出汁うどんと惣菜店)をオープンする。夜営業中心の居酒屋から昼中心の食堂に転換を図り、コロナ影響からの脱却を図る。
食と美術を楽しむ信州伊奈高遠の古民家民泊「桜水亭」 飲食店の既存顧客の宿泊ニーズにこたえ、新規顧客を開拓するため築300年の古民家を改装し、民泊をオープンする。料理提供だけではなく料理教室や絵画教室も開催し、食と美術を楽しめる場を提供する。
高齢者・障がい者が安心して利用できる宿への転換事業 少子高齢化社会に対応する為、露天風呂付客室のバリアフリー化とイステーブル個室食事会場への転換、増室により、高齢者と障がい者をはじめ、全てのお客様が安心して過ごせる宿を目指す。
既存ロッジに企業研修コンテンツを付帯させ、新分野展開する事業 コロナ禍で窮地にある宿泊業を立て直すべく、強みである「自然とひとつになれる環境・設備・食事」を最大化し、 弱みである「夏季・平日利用」を克服することが期待できる 「野外型企業研修コンテンツ」で新分野へ参入する 。
飲食業から清掃業への業種転換による事業再構築 新型コロナの影響により飲食店は売上が大きく減少したため、経営を安定させるため新たな事業「清掃業」へ業種転換を図り売上回復及び更なる成長に繋げる。
コインランドリーとの相乗効果を狙うテイクアウトカフェ事業 コロナにより打撃を受けたイタリアンレストランが、コインランドリーと同じ敷地内という有利な立地と元エステティシャンが考案する美容系ハーブドリンクを武器に、新たに挑戦するテイクアウトカフェ計画。
一人焼肉特化型の酒場「さすらいのカンテキ 松本酒場」の運営 既存事業であるアニメソングカラオケカフェ&バー「りんくるカフェ」、シューティングバー「G-CODE」に加え、より広い顧客層に支持される一人焼肉事業を同一ビル内にて運営し、新規顧客層を開拓、売上回復、増加を図る。
焼鳥・揚げ物・弁当販売に特化!販売方法拡大により「夢屋」の味をより多くの皆様へ 住宅街に焼き物・揚げ物・弁当販売を販売する店舗を作ります。生産効率化のためセントラルキッチンを導入し、生産した商品はテイクアウトをはじめ、食事をメインにした店内提供(イートイン)移動販売。デリバリーで提供します。
登録有形文化財を利用したオーダーメイド結婚式場 一棟貸宿白藤は日本国内、海外のゲストを対象に国の登録有形文化財である白藤を結婚式場、パーティー会場としたオーダーメイドの結婚式を提供する。明治初期に建てられた唯一無二の空間、そしてプロフェッショナルが所属するチームで、ミニマルでゲスト中心の現代の志向にマッチした結婚式体験の創出を試みる。また簡単にオーダメイド結婚式が作れるWEBシステムを準備することで気軽に日本の挙式を体験できるサービスを提供する
サウナ、キャビン新設事業 当社は2017年創業、オートキャンプ場経営の宿泊業である。コロナ禍において影響を受け、2020年には初めて売上が減少に転じており、新たな収入の柱を構築するため「サウナ」と「キャビン」の事業を新設し収入の安定を図る新分野展開の事業計画である。
「筋トレ・痩身・健康促進」電子機器による屋内トレーニング事業 外出自粛に伴う体重増加・健康悪化が増える現状を、電子筋力増強機器で改善させる事業に取り組む。県内アスリートチームを束ねる事業者の強みを生かし、事業を通じた地域の健康促進に取り組む。
貸し切りトレーラーハウスで田舎満喫・長期宿泊事業 新型コロナウイルスの影響により宿泊業である当宿は売上が激減した。そこでトレーラーハウス一棟貸切りで宿泊できる施設を設け、コロナ禍であっても安心して宿泊できる環境とし、売上の地域事業者間で連携しながら売上のV字回復を図る。
自宅に1093(Tokusan)!“体を思いやるお母さんのやさしい手作り弁当”の持ち帰り・配達飲食サービス事業進出 店舗厨房の一部を工事し、テイクアウト用お弁当作りの作業スペースを設ける。店内ランチメニューのお弁当と当店人気商品のテイクアウト・デリバリー事業参入により、減少した店内飲食の売上を補填し、お客様にも安心していただけるサービスを提供することで、新たな需要を喚起し、ポストコロナにおいても成長が期待できる再構築を図っていくものとする。
信州の魅力は野外にあり!コロナに負けない野外レジャープロジュース計画 強み、機会を最大限活かし、地域における野外レジャーの魅力促進に寄与する。ノウハウやリソースを活用するため、提供するサービスは「自転車サイクリングニーズ」および「釣りニーズ」の2点に集中する。
トレーラーハウスによる新規の貸別荘事業 長野県カンバーランド・ジャパン社製トレーラーハウスを導入して、ウイズコロナ・アフターコロナの今後の宿泊需要の変化に対応するため貸別荘として運用する。
プライベートドッグヨガ×酵素玄米で健康な旅の寄り道創り計画 コロナによって変容した旅行ニーズ、ワーケーションに合ったプライベートな飲食店及びヨガスタジオを作ります。さらに、ペットも一緒楽しめる環境を提供することで差別化を図り付加価値の高いサービスを提供します。
スポーツワーケーション滞在者向けの新規事業展開 本事業は宿泊業に該当し、これまでの事業を変更することなく新たにスポーツワーケーション滞在者向けのサービスを開始することにより、現在需要が高まっているワーケーション、健康経営という新事業に進出する。
諏訪大社を絡めた店舗ブランディングで町を元気に!焼肉店への事業転換 下諏訪にて「高級感、贅沢感を味わえる焼肉店」をコンセプトに焼肉店を開業し、ラーメン店からの事業転換をします。また町おこしにも繋がるよう、諏訪大社古来の風土である「鹿食免」を生かしたジビエ肉も合わせて提供します。
和風居酒屋から「とんかつ専門店」「肉料理専門店」への事業転換 テナントビル2フロアで営んできた宴会中心の和風居酒屋から「とんかつ専門店」フロアと「肉料理専門店」フロアに事業を転換します。
革新的なグランピング&ウィズコロナ型サウナ運営事業による思い切った新分野展開 既存事業として宿泊施設を経営していたところ、新型コロナウィルス感染症の影響で顧客が大幅に減少し、深刻な被害が生じたため、革新的なグランピング&ウィズコロナ型サウナ運営事業による思い切った新分野展開を行う。そして、他のグランピング事業の模範となるような新しいビジネスモデルを開拓し、地域の雇用創出と地域経済活性化に貢献する。
自然回帰型ドームテント施設の新設によるグランピング事業への展開 既存事業であるペンション事業と言うビジネスモデルをベースとし、コロナ禍でも顕著に伸長しているアウトドア志向の顧客をターゲットに、今後伸長が期待されるグランピング事業への進出を図り収益の柱としていく。
SDGsを積極的に取り入れた『ワーケーション対応!ペットと安心して過ごせる一棟貸切型リゾートコテージ』 高まる『ペット同伴型宿泊需要』と『ワーケーション需要』双方に対応した貸切タイプのリゾートコテージ(SDGs多用)を建築し運営する
店舗の一部を改装、コインランドリーを併設し、既存の事業との相乗効果と地域発展を目指す 利用頻度が減少した宴会場スペースを改装し、周辺地域にないコインランドリーとコインシャワーを設置する。両事業で、相互の割引チケットの配布を行い、相乗効果を狙う。また、炊き出しや電気供給が出来る備え、広敷地の駐車場など、災害時に利用できるよう、地域貢献もできる地域密着型の店を目指す。
国産馬肉・ジビエを使った食肉・加工製品、冷凍信州そばの製造・販売 国産馬肉・ジビエ・信州そばを強みとする居酒屋が、コロナ禍に打ち勝つため、国産馬肉・ジビエ製品と冷凍生そばの製造業に挑戦し、国産馬肉・ジビエ・信州そばの魅力を全国に届ける。
ご縁を大切に。記憶に残る時間を提供する飲食店への事業転換計画 コロナ禍で飲食業界は大打撃を受けているが、アフターコロナを見据え、当店にしか出来ないオンリーワンの料理とサービスで関わる全ての方へ、大切な方と過ごす時間の豊かさや幸せを感じることができる場を提供する。
トップアスリート向け!完全隔離型高地トレーニング施設の運営事業 アスリートの高地トレーニング、強化合宿に最適な環境「菅平高原」において、オリンピック、世界大会、国体を目指す陸上(長距離)とアルペンスキーのトップアスリート向けに、一般客や他団体と接触することの無い環境で、付加価値の高い合宿環境を提供します。
ユニバーサルデザインによる「リトリート型ワーケーション」事業展開で地域貢献 乗鞍高原で進めている長期滞在者向けのリトリート型ワーケーション事業に対応する施設を、ユニバーサルデザインで提供する新規サービスに挑戦し、新しい需要を取り込むと同時に、閑散期の安定した運営を目指します。
国立公園に「暮らすように泊まる」リトリート型ワーケーション施設の運営。 ミルキーグリーンの温泉ひとり占め。負荷の少ない自由滞在型施設と、国立公園「志賀高原」の本物の大自然に囲まれて、日常を忘れて心と体のリフレッシュを支援。
フレンチレストランによるカフェ・テイクアウト事業展開 現在のフレンチレストランの隣接スペースを新たに賃借し、カフェ事業とテイクアウト事業を開始する。新たな客層に対し、新たな価格帯で、新たなメニューを提供することで、コロナで落ち込んだ業績の回復を図る。
少⼈数で楽しめる全天候型の屋内バーベキュー店舗事業 コロナ禍からのV字回復を図るため、コロナ禍や悪天候においても、家族や仲間と共に少人数でバーベキューを楽しめる街なか店舗を展開する。テイクアウトやドライブスルーも充実させ、事業者間で連携しながら収益の向上を図る。
菅平初!農業体験を取り入れた宿泊ビジネス 新型コロナウイルスの影響により、夏季、冬季の合宿での収入が大幅に減少しているため、4月~6月 9月~11月の閑散期間に業態転換として、新たに農業体験を取り入れた宿泊ビジネスにより売上高、収入の増加を図る。
セルフエステ×薬膳茶で働く女性のために美容と健康を届ける事業 業種転換を図り、安心・安全に配慮したセルフエステと、強みである漢方の知識を最大限活かした薬膳茶の提供を組み合わせることにより、コロナ禍でも美しさと健康を両立したい女性の願いを実現する事業です。
DXに対応した郊外型セルフ給仕式蕎麦店 タッチパネル式オーダーシステムなどDXを浸透させたセルフ給仕式蕎麦店を郊外に展開する。打ち立て茹でたて揚げたての高品質二八蕎麦を提供。高機能自動製麺機導入により低価格化も実現。これにより高効率、高品質、低価格の飲食ビジネスモデルを構築する。
日本料理店が感染症流行下において生き残るための事業再構築 新型コロナ流行による休業要請・時短要請のため、売上が大幅に落ち込んだ。この事態を打開すべく、接客を必要としない加工食品製造・販売の新事業を展開する。それにより、感染症でも生き残れる体制づくりを図る。
美味しいをお届け!上高地の観光客の胃袋をつかむ事業 飲食店が少ない上高地の「食」に関わる課題解決のため、地元食材を調理してテイクアウト及びデリバリーにて提供する。調理に薪火グリルを活用することで「作り立ての美味しさ」を観光客に届け、新たな食の魅力を訴求し自社の収益向上につなげる。
安曇野そばとデジタル技術を活用した次世代型エステ事業の展開 飲食店を3店舗経営しているが、いずれの店舗も新型コロナウイルス感染症に伴う外出自粛の影響を強く受け、売上が低迷している。そこで、マスクによる肌荒れに起因した美容意識の高まりを受けて、エステティックサロンの経営を新たに開始する。
地場産の木材を利用したスキー・スノーボード製造・販売業への多角化展開 スキー・スノーボード製造・販売事業へ参入し、コロナ禍を乗り切る新たな事業の柱を構築する。また、工房では地場木材の利用した体験教室を開催し、新たな観光コンテンツと児童教育の機会提供によって地域活性化を図る。
ワイナリー建設により自社ワインを製造販売する新事業 地元産の原材料に拘り、自社製造したワインを、運営する旅館等で提供・販売し、旅館事業・ワイン事業双方の売上拡大を目指す
3Dhフリーザーを用いた高品質冷凍食品の製造及びコロナ時代に即した非対面チャネルの確立 3Dフリーザーをはじめとした新規設備を導入し、既存店舗で提供している料理を高品質冷凍食品として商品化し、新規マーケットへの進出とコロナ時代を意識した非対面・非接触での販売チャネルの確立を目指す。
ウィズ・コロナの時代に対応したテレワーク、ワーケーション利用可能な宿泊施設事業 既存事業の飲食店の売上の回復が困難なため、飲食店駐車場を有効活用しテレワーク・ワーケーションにも対応した個室主体の宿泊施設を建設することで新分野展開を図る。
店舗移転による事業再生!自家製麺コラボの新商品おやきの販売 奥まった住宅街のラーメン店でコロナ禍による影響と今後の事業継続を鑑みて、大通り沿いの移転で既存事業を継続しながら自家製麺への切替と新商品「長野郷土料理おやき」の販売(テイクアウト・訪問販売等)を行います。
そば店の強みを活かした食品製造販売事業に業種転換 そば店としての店内飲食だけの事業を見直し、製麺を軸とした食品製造販売業への業種転換を行う。当社の製麺技術を活かし、本格的手打ちそば、手打ちパスタ、中華麺の冷凍食品を開発し、店舗販売、通信販売、業務用卸しにて販売する。
既存旅館から、温泉街を形成する滞在型施設への展開 コロナ禍に伴う密を避けた滞在需要の増大を踏まえ、既存宿泊施設に付随した、露天風呂・ラウンジ・セラピー・ジムスペースを共用エリアに有する部屋貸しタイプの和風施設を増築し、新分野展開による事業再構築を行う。
滞在型リトリートのための宿泊施設建設および夫婦事業の連携 既存事業の「農カフェわのん」(飲食業)に加えて補助事業で宿泊施設を建設し、ネイチャーガイドの夫とともに農業体験やアウトドアアクティビティを加えた宿泊滞在型リトリートを提供し心の癒しや移住促進も促す。
居酒屋から「女性向けイタリアン専門店」と「地産地消しゃぶしゃぶ専門店」へ事業転換 当社の居酒屋事業はコロナ禍の影響を受け、「女性向けイタリアン専門店」と「地産地消しゃぶしゃぶ専門店」へ事業転換する。新事業は他店と差別化を図った高付加価値型のビジネスモデルであり、収益と雇用の安定化を実現する。
自社保有施設の遊休地を活用した絶景グランピング施設の運営事業 長野県佐久市で自社保有・運営する複合型レジャー施設の遊休地を活用し、グランピング施設の運営を行います。浅間山を一望できる県内有数の眺望の下、自社保有施設の温泉も共同利用し、差別化を図ります。
そば屋からテイクアウト専門の生食パン製造・小売業への参入 現在そば店を経営しているが、コロナの影響により売上が減少している。当社は調理師や生食パン製造の経験者が集まっており、パン作りのノウハウが豊富な為、成長の見込める生食パンのFCに加盟し、食に携わる多角化経営を行い事業再構築を目指す。
宿泊業で培ったホスピタリティを活かした門前町ならではの新たな飲食サービスの構築 創業以来、事業の中心であった旅館業を廃止し、善光寺仲見世通りにこれまでなかったような新しい飲食店、昼間はうどん店・夜間はウイスキーバーを開始し、観光客の多様なニーズに応える店舗を構築する。
農事公園「ハートナッツの郷」整備計画 長野県の特産であり、西洋では文化的に馴染みの深いクルミ。本事業では日本固有種由来の「ハートナッツ」をモチーフとした農事公園を整備し、農林事業を通した自然体験や敷地を活用したイベント催行により、当社の業況回復並びに地域活性化を図る。
現民宿と新民宿古民家素泊り&一棟貸切の融合による宿泊業の継続 中山道の最大難所和田峠の麓、和田宿には現在宿がない。空家となっている旅籠を利用し中山道ウォークを楽しむ客、及び一棟貸しを求める客を呼込み収益を発生させるとともに、宿場内への利益誘導、雇用発生の一翼を担いたい。
滞在型メンタルヘルス事業で国内外に向けて地域ブランディング 社会問題となっている「メンタルケア」に応える「滞在型メンタルヘルス事業」。ITを活用したコンテンツを自然豊かな地域のアクティビティと共に提供し「長寿県ながの」「長寿県NIPPON」のブランディングに貢献する。
「天空ジェラート」 壮観な峰の原で楽しむ極上スイーツ 峰の原でジェラートの店頭販売を行い、夏に訪れる陸上合宿やグランピング客を取り込み売り上げを増強する。課題の冬の販売は限定メニューを増やし客を取り込むほか、宿泊施設への卸売りを行い補填する。
働き方改革社会に対応するための新たな挑戦-信州リゾートテレワーク特化型ホテルへ- コロナ禍における急速な外部環境の変化と国が推奨する働き方改革に対応した新たなテレワーク需要に対応するため、客室の改装とコワーキングスペースを作成し、ワーケーション対応型ホテルへの変革に挑戦する。
地元ブランド牛「蓼科牛」を活かした加工食品の製造・販売 コロナ禍で浮き彫りになった観光客依存体質を変えるため、自社製加工商品の開発・製造・販売に取り組む。他社小売店での販売やネットでの販売等を開始し、地元客や全国の個人客を取り込み体質転換する。
中食・内食需要の高まりに伴うイタリア食材に特化した複合型店舗の開店 コロナの影響による中食・内食需要の高まりに伴い、イタリア食材に特化した飲食料品小売業に参入する。小売だけでない複合型店舗(アパレル物販・併設カフェ)として、イートインスペース、テイクアウトコーナーも設け多角的な集客を行う店舗をオープンする。
信州産作物と糀による化学調味料無添加のレトルト食品製造業への業種転換 スキーリゾートのハンバーガー店としてインバウンドを取り込んできた。コロナ禍で外国人観光客がいなくなり休業を余儀なくされている。今後、信州産の農作物と糀を使った食品製造へのノウハウを活かし国内向けレトルト食品の製造工場を建設する。
長野県白馬村で元空家を通年生活ができる住居に改築し、村の経済発展に寄与 現在の主軸事業は宿泊業である。顧客の9割以上が海外旅行者であり、コロナの影響は甚大である。景気変動の影響や温暖化によるスキー観光客減少を鑑み、長期的に安定性の高い新分野への展開が必要。人口減少・高齢化が進む白馬村の課題を解消するためにも、村内の元空家を改築し、若手層が快適に通年で生活可能な賃貸住居を提供する。
サウナ・露天風呂付の完全プライベート空間提供による新分野展開 当社の課題は冬の集客率の低迷・新規顧客の減少・WEB使った広告宣伝力の弱さである。本事業で、サウナとプライベートテラスを導入し、WEBを活用した広告宣伝に取組むことで、冬の集客率向上と新規顧客獲得を実現する。
北信濃の自然と文化を満喫できる新たなデイキャンプ場 高まるアウトドア需要とマイクロツーリズムに対応した自然体験・入浴・バーベキューができる1日遊べる日帰りデイキャンプ場を運営する
世界規模の蒸留酒ブームをリードし、四季に囚われない強いビジネスを推進する蒸留所事業 少雪などの影響で変動しやすい宿泊飲食業から脱却し、世界的にも注目を集め国としても輸出強化を進める蒸留に注目し、地元の食材を活かした世界レベルの蒸留酒を国内外に製造販売、さらに工場見学を打ち出し新たな観光名所を創造。四季を通じて安定した新規事業を行い、地元に安定した雇用を創出する。
コロナ禍でのゴルフ人口増加に伴う地域初!室内ゴルフ練習場開業 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、当社飲食店の売上げが著しく減少した。従業員の雇用の継続と売上げのV字回復を図るため、新たにシミュレーションゴルフを活用した屋内ゴルフ練習場を開設する。
高遠城下町の玄関口で地域ネットワークを活用した「地域旅行会社」と「ゲストハウス」の開設 創業120年を超える老舗旅館。顧客の高齢化等課題も多く,事ためにはためには新規顧客層の獲得が必須。そこで「地域の人脈を活用した旅行会社」と「旅行者と住民が交流できる民泊」を開業し、高遠観光を牽引していく。
廃棄物を有効活用した新商品の製造販売による新分野への取組 現在精米時に発生しているもみ殻は費用をかけ処分しているが、これを有効活用するためにモミガライト製造機を購入し、防災備蓄用燃料として販売を行う。また炭化装置も同時に導入することで土壌改良剤として販売を行う。
睡眠をテーマにした宿泊・飲食・体験等の複合施設への業種転換 低価格競争が激しい上田駅周辺の宿泊業。少ない部屋数での事業となり価格競争から価値競争へ。コロナ禍で高まる健康志向、特に関心の高い「睡眠」をテーマにした宿泊・飲食・体験の複合施設「テーマパーク」への業種転換を目指す。
バリアフリー化・ペットと泊まれる宿として新展開 館内のバリアフリー化への改装とペット同伴可能な客室への改装をすることで、車椅子ユーザーや体の不自由な方も安心して泊まれる宿、ペットと一緒に泊まれる宿として新展開を図る。顧客層をインバウンドや団体客から個人客へシフトし長期滞在も可能な宿として新たな顧客開拓を行う。
超老舗旅館の再出発~ユニバーサル湯治ツーリズムへの事業展開~ シニア層及びその家族を主要ターゲットとする「現代版湯治」サービスを提供。当社最大の武器である、多種の自家源泉を最大限活用。加えて、老舗旅館の歴史の中で培われたおもてなし力を本事業に還元する。湯治の定義である長期滞在の受入れを可能とした、病気・怪我の効果的な療養や、高齢者と同伴者双方にとって、快適で安心して過ごせる時間を提供。日本で浸透途上であるユニバーサルツーリズムを当社ならではの形で実現する。
おうちでお店の味を!冷凍パスタの製造と多チャンネルによる販売展開 度重なる緊急事態宣言等の発出による休業や時短要請により飲食業界を取り巻く環境は悪化し、まだまだ厳しい状況が続く考えます。宴会離れ、酒離れがコロナを機に拍車が掛かり、テイクアウト等の中食が浸透し今後も外食の比重が低下するものと予想されます。そのようなニーズを捉え、当社の手作り生パスタを冷凍食品化し、自販機等の多チャンネル販促展開することで、飲食店業に代わる新たなビジネスの柱として取り組むものです。
経営基盤の強化と地域活性化パのためのパン製造販売事業の展開 パン製造設備の導入により食材と工程にこだわり特色のあるパンを製造し、販売の他、既存の他事業に供給し事業全体の売り上げを向上させる。また、地域特有の食材を使用し地域経済への波及効果をもたらす。
飲食店によるアフターコロナの簡易宿泊施設への新分野展開事業 自宅敷地内にある離れを改装し、1部屋8名まで宿泊可能である簡易宿泊施設を開業し、既存の飲食店経営との連携を目指す。
地域特産品を活かした餃子を開発し冷凍自販機での販売による地域貢献 アフターコロナに対応した企業となるために現在の飲食業を活かし、地域特産品を活かした餃子を開発し地元に貢献すると共に、共働き世帯・高齢者世帯の増加による家事労働の軽減にも役に立つ自動販売機による冷凍餃子販売で事業再構築を図る。
おばんざい居酒屋から強みを活かしたイタリアレストランへの挑戦 居酒屋として作り上げてきた顧客との距離感は、アルコール提供に頼っていた営業であったことを認識させられました。業績の偏りに繋がった点を見直し、食事を中心としたイタリアンレストランとして事業転換を進めます。
地元有名中華料理店のテイクアウト専門店への業態転換 地元ファミリー向け飲食店として本格中華を提供するビジネスモデルを、人流の多い岐阜市役所新庁舎周辺にてテイクアウト専門店として生まれ変わることで、売上の維持拡大を目指す。また、新規獲得により新型感染症等の環境変化への対応を強化する。
コロナ禍でも対応できる岐阜初「福岡長浜ラーメン」新規開業 新規開業の「福岡長浜ナンバーワン」店は福岡で評判のラーメン店、中部地方初の出店であり、コロナ禍でも対応できる店舗とし、ラーメン店の競合が少ない岐阜駅前の立地であり、高利益が見込める。
ローカルセントラルキッチン事業の立ち上げによる複合的フードビジネスの展開 外的リスクに強い経営基盤を構築するため、既存の飲食店事業で培った強みを軸に食品製造分野へ展開する。製造に必要な設備を導入するとともに、大手業務用食品メーカーにない独自性の高い業務用食品を開発することで、ニッチな市場を開拓する。
宿泊・セミナー業から製造業(スモールハウスキット販売)への転換 木工セミナー業の経験を生かし「アフターコロナ時代におけるライフスタイル」に必要な技を学べるスモールハウスワークショップの開催及びスモールハウスキット、完成品の製造・販売を行います。
健康需要に特化した自家焙煎珈琲とジビエでのキッチンカー事業 ファミリー層とフィットネスやヨガ等を行う層をターゲットに、当社管理栄養士が監修する子供達の成長と親の健康に貢献できるヘルシーメニューの出張販売事業に取り組みます。
スパイスカレーに特化したランチ営業 コロナ禍により酒類を提供する飲食業は今後も厳しい状況が続くと予想され、業態の転換は差し迫った課題である。ランチ営業に取り組む事で新たなニーズと収益の確保が見込まれる。スパイスカレーに特化することで他店との差別化が図られ、夜の営業とのシナジー効果も得られるものと考える。
セルフエステ店への転換と洋菓子の製造販売を企業化する取り組み 既存のエステ事業所を改修し、感染症対策を徹底したセルフエステ店へ転換すると共に、同じ建物内に新規事業として単一商品に特化した新しい形の洋菓子店をオープンさせ、経営の多角化を進める事業再構築の取り組み。
高品質な商品を提供したい!栗ペーストの卸売事業への新規展開 喫茶店経営を行っていたが、コロナ禍による来店数

の激減により売上が減少。代表の経験とスキルを活かし、栗の加工事業に乗り出す。受注単価・利益率の上昇が見込まれるため、売上の増加が期待できる。

ビジネスホテル運営のノウハウを活かした古い空き家活用のドミトリー民泊業 主力事業の飲食業がコロナで大打撃を受ける中、サブ事業の単身者向け小規模ホテル運営の人材・ノウハウと、自社所有の空き家を活用した複数人対応の民泊事業を行うことで、経営の立て直しと安定化を図る。
飲食店から製麺製造・販売による新分野開発 コロナ禍で主要顧客である「企業や官公庁等の従業員」の働き方が「在宅勤務/テレワーク」が多くなり、昼夜とも来店頻度が減少し、観光客は皆無である。また、緊急事態宣言や蔓延防止措置により営業時間短縮や酒類提供自粛で売上減少に追い打ちを掛け当店は死活問題である。さらにコロナ禍影響は長期化(変異株による感染拡大)する傾向であり、今後は居酒屋と麺店に拘らず新分野(生麵の製造・販売)での事業展開を目指す。
地産地消の食材を使った本格中華料理店への業態転換 地産地消を特色とする本格中華料理店へと業態を大幅に転換する。コロナウイルスの影響に配慮し、新規店舗は顧客の感染危険性を最低限に抑える設計とする。現在のトレーラーハウスの安価なランチ・夕食中心の顧客から、中価格帯のゆったりした食事環境を求める人々を広くターゲットとして設定する。「地産地消」「食の安全」をテーマに地域経済との結びつきを強め、経営上の売上アップのみならず近隣地域の食文化への貢献を目指す。
アフターコロナ期を見据えた新事業計画「ワーケーション対応可能な下呂温泉エリア唯一無二の温泉スパ施設」 ①一般市場におけるブームやトレンド→“サウナ”、②コロナ禍で生まれた新たな宿泊需要→“ワーケーション”に着目。「ワーケーション対応可能な下呂温泉エリア唯一無二の温泉スパ施設」を企画しました。
地域経済の活性化に貢献する地域唯一のビジネスホテルへの業態転換事業 当社は給食、宴会、旅館等を営んでいる。山県市はビジネス関係の来訪が多いがビジネスホテルは0である。コロナの影響も踏まえ、旅館からビジネスホテルに業態転換を図り、地域経済活性化に貢献する事業である。
「選べるメイン弁当」のテイクアウト専門店の開業 ウィズコロナの対応のため、既存飲食店の倉庫を改築しテイクアウト専門店を開業、地域住民及び新たに観光客・ビジネス客の取り込みを目指す。人気のメニューをテイクアウトと向けに改良し、他店やコンビニと差別化された商品を提供する。
名物料理「とんちゃん(味付け豚肉)」冷凍パウチ商品化による市場開拓 行列ができる名物料理である「とんちゃん(味付け豚肉)」の冷凍パウチ商品を製造・販売します。これにより、取りこぼしていたニーズの充足や、お取り寄せ需要に対応し、コロナ禍で減少する売上を回復させます。
冷凍煮込みうどんの製造と、自販機・ネットショップによる販売事業 「イートインと同等のクオリティを実現する冷凍煮込みうどん等」を開発、量産し、ウィズコロナ時代に適した販売方法「冷凍自販機」「ECサイト」において、非対面による販売を開始する。
駐車場の無い城下町のそば店から駐車場完備の国道沿いのラーメン店へ 町歩きの観光客をターゲットに郡上八幡の城下町で駐車場の無い本格手打ちそば店から。バス移動から自家用車移動のに変化してきた観光客や地元客をターゲットに駐車場を完備したラーメン店を開業する
「接客力の高さ」を活用!フランチャイズでも差別化する取り組み 喫茶店3店舗の経営を行っていたが、コロナ禍による来店数の激減により売上が減少。当社の強みである接客力を活かし、需要のある小売り分野への転換を図るべく洋菓子・和菓子の小売事業へ参入。フランチャイザーの知名度の高さから安定した集客を見込めるため、売上増加が期待できる。
コロナ禍の地元生産者を救う!缶詰・レトルト・瓶詰食品の製造販売 緊急事態宣言の影響で当社飲食店の売上が激減しているため、当社の調理ノウハウと仕入ルートを活かし、今後伸長が期待できるレトルト・缶詰市場へ参入する。そのための工場建設、設備導入、ECサイト構築を含む補助事業である。
「ラーメン部門と焼肉部門」の2業態による、コロナに負けないマルチ店舗を自社運営! これまでの店舗管理経験を活かし、コロナ禍でも比較的影響の少なかった「焼肉店」に着目し、管理経験のある「ラーメン店」と掛け合わせた2業態を同一店舗で運営することで、販売管理費を抑えつつリスクヘッジするとともに、自社の経営安定化・雇用安定を目指します。
モバイルシステム導入による定食型焼肉食堂開店及び展開計画 新型コロナウイルスの感染症リスクを徹底的に排除するためにモバイルシステムを導入し、短時間、低単価で焼肉を楽しめる定食型焼肉店を開店し展開する計画
ジビエ事業家が行う森とジビエのキャンプヴィレッジ 新型コロナウィルスの影響により、飲食事業中心の既存事業が大きな打撃を受け、今後もV字回復の見込みはなく地域も疲弊している。そこで、ジビエノウハウを活かした“カジュアルキャンプ(宿泊)”事業により販売チャネルの拡大を図る。
食品ロスを削減する!知名度を活用した卸売業への参入 焼肉店の経営を行っていたが、コロナ禍による休業や時短営業の影響により売上が減少。肉の扱いに慣れている当社の強みを活かすべく、高品質な肉の端材を使用したハンバーグ種の卸売事業を新店舗にて行う。卸売事業における販路拡大により、売上の増加が期待できる。
職人が作る本場のピザを家庭に提供するための冷凍技術の導入 本場のナポリピッツァを冷凍加工し店舗販売や移動販売、ネット販売等により提供する。併せて地域産食材にこだわったイタリアン総菜とイタリアンジェラートの製造にも新たに着手し、コロナによって変化した市場のニーズに応える。
郡上イチゴをふんだんに使ったテイクアウト・EC專門タルト店 既存事業のカフェが緊急事態宣言で大きな業績ダメージを受けた。新規感染者数が減少しているこの機を逃さず、新分野展開で「郡上イチゴをふんだんに使ったテイクアウト・EC專門タルト店」を出店し事業再構築する。
初心者も上級者も楽しめる駅近「まちなかゴルフ場」 ゴルフシミュレータを導入し、初心者から上級者まで駅近ゴルフが楽しめる「まちなかゴルフ場」事業を実施する。飲食ノウハウを活用することで、他との差別化を図り、グループで楽しめる空間を創造する。
コロナの影響を受けないラーメン製造販売体制の構築と、地域の活性化を目指す事業計画 時短要請等により売上収益が悪化したため、自動販売機を活用してコロナに影響を受けない販売体制を構築する。自動販売機用ラーメンの梱包工場を新設し、その中にキッチンも設置し、従業員教育や試作開発、あるいは離退職を余儀なくされた飲食店経験者にラーメン教室を実施し、地域の活性化を目指す事業計画
くつろいで ひとつ上の料理上手になるPlan 従来の宿泊から宿泊型料理教室やオンライン料理教室を開き、「宿泊と料理教室の組み合わせ」という、新たなサービスを構築する。ゆとりあるキッチン付客室では、マンツーマンで接触機会の低減を図った教室を開く。
”食べる””漬ける(作る)””学ぶ”江戸前鮨 江戸前鮨を”食べる”だけでなく、”漬ける(作る)””学ぶ”といった江戸前鮨の伝統的な技法や食文化に触れられる体験型サービスへの新分野展開
テイクアウト用の発酵食品の開発と専用の店舗設備の導入事業 料理のテイクアウト・デリバリー専用の発酵スタンドとしての店舗を新設する。自店のスタッフが届ける安全&低価格なデリバリー業態と、注目を集める発酵食品の製造販売で、既存の外食業態が基盤の収益体制からの脱却を図る。
お昼限定!キッチンボックスで地域に根差す和食屋のお弁当・惣菜販売 駐車場に持ち帰り専用の販売所としてキッチンボックスを設置し、店内では提供していない食材で構成した4種類のお弁当と惣菜をお昼時限定で販売する。
テイクアウトスタンドを開設し、「映える」スイーツの小売販売事業を開始。 当社は現在2店舗の飲食店を経営しているが、両店とも新型コロナウィルス感染症の影響により、苦境に立たされている。そのため、当社の経営資源である、「フレンチシェフによるスイーツ調理」を活かした、テイクアウトスタンドによる小売販売を開始する。スイーツが「映える」盛り付けに工夫を凝らし、SNSの情報拡散による集客促進も図っていく。
郊外型イタリアンレストランから郊外型デイサービスへの転換 これまで牧之原市郊外でイタリアンレストランを営業していたが、コロナ禍で客数が大幅に減少したため、立地を活かして郊外型のデイサービスに新分野進出する。
新たに冷凍惣菜を製造して24時間無人販売による新分野展開の実現 本事業は、コロナ禍で影響を受けて売上が減少した既存の常温惣菜の製造・販売事業から、新たに既存の惣菜を冷凍食品に再度加工し、24時間無人の店舗で販売する新事業への取組である。
フルーツサンド店と唐揚げ専門店の持ち帰り飲食サービス業のハイブリッド展開 ウィズコロナに対応すべく、当社にて長年ノウハウを蓄積したイートインの飲食サービス業から、持ち帰り飲食サービス業へ事業転換を行う。フルーツサンドと唐揚げ専門店のハイブリッド経営により、業績V字回復を図る。
県内観光客をターゲットとしたテイクアウト事業の展開 これまでの喫茶店営業から、テイクアウト事業を展開し県内観光客向けにテイクアウトメニューの開発と新たな販売拠点の整備をし、新規顧客に向けた販売を開始することで事業再構築を図る。
自然豊かな環境で食するVEGAN料理の提供及び販売への新分野展開 本事業は山間の藤枝市岡部地区で民宿を営んでいたが、コロナにより宿泊客が激減したため、新分野への展開として自然環境を活かしたVEGAN料理を提供・販売するために専用厨房と飲食フロアへの改装を行う取組である。
富士山の恵みを受けた地元食材を使った冷凍食品製造・販売への新事業展開 低迷する外食需要を受けて既存の焼き肉店の売上が減少しているため、新たに地元にある富士山の恵みを受けた食材を使った冷凍食品を製造し、地元の観光施設を中心に販売することで新たな収益事業の確保を図る。
飲食店経営ノウハウを活かしたサンドウィッチのテイクアウト専門店への挑戦 自社所有の経営資源を活かし、低価格・高クオリティのサンドウィッチのテイクアウト専門店への挑戦により事業再構築を目指し、同時に元従業員を中心に女性の雇用も創出できる事業
浜松ブランド「うなぎいも」を活用した食品加工事業への新分野展開 本事業は当社の調理技術と地域ネットワークを活用し、新たにうなぎいもの加工製造事業を行い、食料品加工分野へ進出する。事業の目的は当社の安定した経営基盤を構築するとともに、地域名産のうなぎいもブランドの向上を目指して浜松地域の活性化に貢献する。
Bar店主が当地の名産品をECサイトで販売する新分野展開事業 コロナによりお酒を提供する業態では以前のような水準に戻ることは難しいと考え、ECサイトを経由し地元名産品等をBar店主のセレクトで販売する新事業
亀庵ブランド活用のためのWEB注文システム構築とセントラルキッチン新設 当社は飲食店を複数経営しているが、コロナ禍によって集客が低迷。今回、WEB注文システムとセントラルキッチンを新設し、日本食の調理技術を生かしたテイクアウト・デリバリーメニューを拡販することで新たな収益源を確保する。
グラッチェお野菜宅配サービス「ベジトゥク」事業を開始し、地域のご家庭に健康とおいしさをお届けする 全国から厳選して仕入れた「こだわりの野菜」をトゥクトゥクによる宅配で販売する「ベジトゥク」事業を開始する。注文はLINEオーダーシステムによるデジタルツールを活用し、円滑な注文受付を行えるようにする。さらに、YouTubeなどSNSを活用した広告戦略を展開する。本事業は野菜の宅配を通じ、健康と豊かな生活を応援する事業である。
老舗すし店のテイクアウト・デリバリー事業により1ランク上の料理を手軽に利用できるサービスの提供 コロナ渦による緊急事態宣言発令での時短要請、アルコール提供の禁止等の厳しい制限等により既存の飲食店ビジネスモデルでは収益を生み出すことが難しい状況となっている。

コロナ収束後も消費者の外食産業利用に対する意識、利用方法の変化も予想されることから現在の既存店舗での待ちの営業だけでなく、新たにテイクアウトにより新たな販路が必要であると考え業態転換による事業展開を行っていく。

匠の技術とAIの奇跡の融合!冷凍餃子の無人販売 静岡県の老舗飲食チェーンがAI化した無人店舗と新型自動販売機の導入で大人気商品の餃子を24時間食卓にお届け。時短営業の影響を一切受けない営業スタイルの確立で外食産業に新たな旋風を巻き起こします。
ビジネスホテルを障害者・高齢者向けにバリアフリー化する事業 これまでビジネスホテル運営の強みであった、日本料理出身の代表者が手掛ける料理と、ベテランスタッフの行き届いたサービスを活かし、ビジネスホテルを障害者・高齢者向けにバリアフリー化し、介護ホテルとしてサービス提供を行う。
熱海温泉ハウスのインタネット映像ライブ配信事業 2021年7月発生 熱海土石流の原因となった連日の大雨で水没した地下室を、ビジネスイベント、音楽・舞台・各種エンタメコンテンツのインターネットライブ映像配信するスタジオを構築し運営する新事業
無農薬の食用バラをするスイーツを開発と製造販売 新たに近隣で育成設備を整えて生産する無農薬の食用バラを材料として活用するスイーツを開発商品化し、経営する喫茶店で製造販売する。同時に食用バラのエキスの製造を開始し事業再構築を実現させる。
食と健康・体験を通じた賑わい創出事業 当社は法人ニーズの会議会食の事業をしておりましたが今後は個人客強化を行います。本事業では健康体験・運動体験・農業体験・料理体験・読書体験と食を連携した賑わいの創出とスマートミールを取得した食の販売を行います。
冷凍自動販売機導入による新テイクアウト商品販売事業 コロナ禍の中、既存の飲食店営業のみでの集客が見込めないため、新たな取組として冷凍自動販売機を活用した24時間・無人販売により、ウィズコロナ事業として売上増加を図る。
外販向け冷凍 「無添加シュウマイ」製造のための業態転換 店舗で人気のシュウマイを大量仕込み、加熱調理し、急速冷凍機「ブラストチラー」を使用して冷凍、真空包装。 手軽に美味しく食べられ、「巣篭もり需要」に寄り添うグルメ商材として外販に挑戦。
接客業の経験を生かした飼い主の気持ちに寄り添ったペット火葬業への業種転換 既存の飲食業とハウスクリーニング事業の接客の経験をいかして、ペットを亡くした飼い主の気持ちに寄り添ったペット火葬業を開設します。環境に配慮した移動式火葬を用いて、高齢や多忙な飼い主のニーズに応えます。
RASによるカウンセリング業への業種転換と既存飲食業とのシナジー コロナ過で飲食業の売上が減少、それを補い相乗効果の期待できる新事業として当店の強みを活かしたRASという筋肉反射テストを利用したカウンセリング業を始める。資格取得の為研修に参加し、店舗改修工事を経て2022年6月開業を目指す。
既存の経営資源を最大限活用する販路拡大事業 当社は外食事業として飲食店の経営を行なってきたが、ウィズコロナ・ポストコロナの時代の経済社会の変化に対応するために、中食事業に参入し既存事業でもあるテイクアウト販売の拡大およびインターネットを介した通信販売事業、グループ店舗への商品卸売業を実施することにした。この事業は事業再構築を図るためのものであり、新分野展開に該当するものである。
最先端技術の集結 「超速鮮魚寿司×デジタル化」 人と人との接触を減らした非接触型かつDX(デジタルトランスフォーメーション)に全面的に対応した寿司業態を出店する取り組みである。DX活用を店舗運営全般に取り入れることで既存の事業では得られない収益規模の獲得及び従業員の労働環境整備につながる取り組みである。
エコ・ワーケーション事業の展開による、新しい付加価値の提供 エコロジー(環境貢献)とエコシステム(価値の持続的創出)をテーマに「自家源泉個室温泉ヴィラ」を建設。企業経営者等の富裕層をターゲットに、独自のワーケーションアクティビティを提供する。
フルコース飲食店が提供する新たな生活様式に対応した独自の高付加価値型の菓子・スイーツを提供する新業態への参入 本事業は、カフェ・ワイン&ダイニングを運営する当社が、新たにテイクアウトに対応した菓子・スイーツ店を展開するとともに、積極的な障害者の就労支援を行い、地域活性化への寄与を図る事業である。
昔ながらの塩造りを体験できる施設の開設と「天然塩」を用いる商品の開発 宿泊客からも要望がある塩の製造の体験施設を開設し、宿泊客や観光客に塩の製造を体験していただく。同時に「天然塩」を使用した「加工食品」として新たな商品開発を実施し販売していく。
ジビエを通じた料理の発信や厳選食材調達を可能とするプラットフォーム 長年ジビエ料理を取り扱ってきた経験を元に、猟師と料理人を結ぶオンラインプラットフォームを構築することによって、ジビエの利用を促進し、地方の活性化を図る。
静岡県初のジャイアントプロ・サイクルショップによるサイクリング文化の構築 保有する遊休土地を有効活用しジャイアントプロショップを計画。新型コロナなどによるアウトドア健康志向から将来的な自転車の需要が大きく見込まれるため、御殿場市にある東京オリンピック自転車競技ロードコースを地域活性化事業として活用していく。
ねこと白鳥のシミュレーションゴルフ場事業 静岡県の「沼津仲見世商店街」の喫茶&バー「ねこと白鳥」が、同じビルの上層階でシミュレーションゴルフ練習場をオープンします。
山間の町で行う非接触型のグランピング事業への新分野展開 本事業は、減少した既存事業での売上を回復させるため、山間の町である岡部町玉取で自社所有地に1棟貸しのグランピング施設を建設して、対人接触を避けつつも大自然を満喫できる新分野への展開を図る。
伊豆の「海」と「山」を満喫する新たなワーケーション施設の展開 強みである経営資源「モノ(自然源泉等)」と機会であるワーケーション需要の高まりをかけあわせ、新規にワーケーション事業を実施。宿泊事業に偏ったビジネスモデルから、With/Afterコロナに対応したビジネスモデルへの転換を果たす。
桜えび等の食材を活用したコッペパン専門のテイクアウト事業 コロナ禍で外食需要が減少しており、当店の売上も大幅に減少している。そのため、新たな事業として地元の特産品の「桜えび」をはじめ、様々な食材を活用したコッペパン専門店を実施、自社の売上拡大を図る。
居酒屋から専門性の高いうどん・定食屋へ新しい生活様式への対応 市場ニーズに合わせ【店内食→中食・夜→昼・酒→食】へ変革。週末に半分も使わない大型居酒屋を大幅に縮小。そのスペースを利用し新たに地元八丁味噌を使用した味噌煮込みうどんがメインの店舗と製麺所を作る(食育がテーマの手打ちうどん教室を併設)今後の危機に備えデリバリーテイクアウト、製麺販売を全体売り上げの70%以上とし店内飲食に頼らない店舗運営へ移行する事業再構築計画
地元高校生のUターンと関係人口拡大を目指すカフェ併設のDXコワーキングスペース事業 コワーキングスペースに独自の付加価値を加え従来のコワーキングスペースでは得ることのできないサービスを提供。withコロナ・afterコロナに対応し、携わる全ての企業、利用者が相乗効果を産み出す場所を創造する。
菓子(みやげ品)とパック惣菜、加工食材の製造・販売事業 座席数で売り上げ上限がある飲食業から自社オリジナル食品商品を製造販売することで来店顧客以外の顧客の取り込み、既存顧客の利用頻度の増加を促す計画です。また、浜松特産物である三ケ日みかんを取り上げた商品を生産することで新しい浜松名物を創造し地域の魅力発信を牽引する事業です。
ウェルネスワーケーションを提供する法人向け宿泊施設へ事業転換 ウェルネスとワーケーションを掛け合わせ、テレワークしながら心身を整えて仕事の生産性を高める独自のサービスを法人顧客に提供し、個人向け宿泊業から「その他の宿泊業(会社・団体の宿泊所)」へ事業転換する
沼津復活再始動プロジェクト -地域再生シンボルとしての “ととのうSAUNA”- 地元を活気づけたいという創業の想いから新たに沼津の中心沼津駅北口に健康、癒し、憩いを追求するサウナと開業します。観光客、ビジネスマン、地域住民、さらに地域のホテルやお店にそれぞれの利をもたらす地域発展の中心としてのサウナ事業です。
クラフトビール事業展開でのブランド力強化による収益V字回復 コロナ影響で売上が減少しており、飲食店のみの運営では今後も十分な収益回復の見通しが立たない。そこで自社の余剰資産を活用し、クラフトビールの製造販売事業を立ち上げる。製造したビールは消費者向けの販売のほか、卸売でも展開していく。
昭和レトロな登録有形文化財を活用したカフェ&バーによる新事業展開 登録有形文化財である旧加藤酒店店舗兼主屋を活用し、カフェ&バーに改築することで、新型コロナウイルス感染症により賑わいを失った商店街の活性化や、富士市観光のV字回復を目指す。
冷凍食品製造・販売による飲食サービス業から食料品製造業への業種転換 テイクアウト専門の飲食サービス業から、冷凍食品製造工場を併設した新店舗に移転し、当店の人気メニューである「ビリヤニ」の冷凍食品を主力商品として製造、全国に向けたEC販売を行う。
カツオの魅力再発見!持ち帰り用食品、弁当の製造販売への挑戦 既存のレストラン事業から、新たに「持ち帰り用食品、テイクアウト弁当」の製造販売に挑戦し、親会社が釣った冷凍カツオや地元静岡食材の販売を行い、カツオの消費拡大と持続的な収益確保を達成する。
愛犬と連泊するワーケーション客向け宿泊サービスの展開 団体宿泊客を主要顧客としてきたが、新たな顧客層となる愛犬同伴ワーケーション客をターゲットに、これまで提供したことのない愛犬向けに専門性の高いサービスを提供し、首都圏在住の富裕層を囲い込むための設備投資を行い、収益を改善する。
独自の醸造技術を転用した低価格消毒用アルコールと地物フルーツ消毒液の製造販売 当社独自技術高濃度発酵ビールを用いて、新たに作る蒸留所でビールを蒸留し、低価格の消毒用アルコールを作成する。また地物フルーツから同蒸留機でエッセンシャルオイルを抽出し、アロマを付けた消毒用アルコールで、手指消毒のイメージを改善する商品の製造販売。既存の卸先を活かし飲食店を中心に販売。既存事業もV字回復させる。
50年前のドイツ式ベーコン復刻によるお土産産業参入と物販+ランチによる新規観光スポット化 食肉製品製造工場と物販スペースを新設、食肉製品製造許可を取得しベーコンを製造及び販売することを現営業にプラスすることにより、夜だけの居酒屋から、ランチ、物販、居酒屋の全日営業への営業形態をめざす。
飲食事業者が食卓の雰囲気を変える居酒屋料理を惣菜販売事業で家庭に届ける挑戦 創業48年。割烹料理店をルーツに「御食事処・居酒屋三三九」を営む当社は、コロナ禍を乗り切り、従業員の賃上げを図るため、事業領域を家庭の食卓に広げ、「惣菜販売事業」を開始、居酒屋料理で食卓の雰囲気を変える。
自社の強みを生かしたドルチェパンケーキによる二毛作運営の確立 新型コロナウイルスの影響により弊社の飲食店の売上が激減している。自社の強みであるドルチェを活かした、テイクアウト・デリバリー可能なドルチェパンケーキを新たに開発することにより、店内飲食以外の売上創出が可能となる。また店内飲食の営業時間以外を活用できることにより、二毛作運営が確立でき、withコロナ、アフターコロナにも対応した事業再構築を行う事業内容である。
ポストコロナ時代の「食」における、テイクアウト・デリバリーによるV字回復計画 テイクアウト・デリバリー専門のハンバーガーショップの新規出店」における内装改修及び機械装置の導入、広告宣伝用HP及びチラシの製作を致します。
ホテル運営ノウハウを活かした家事代行サービスの新事業展開 当社はホテル経営企業から運営管理を受託している。コロナ禍でホテルの利用者が減る中、このままでは事業の継続が困難である。当社の人材とノウハウが活かせる家事代行サービス事業を新規に展開し、利益の確保を図る計画である。
人気韓国料理を食卓へ!自動販売機導入による完全非対面型の小売事業の新展開 現状は小売店で韓国食材を、飲食店で韓国料理を提供している。本事業では、遊休状態となっている飲食店の人や設備、料理などの経営資源を小売店に集中し、冷凍加工販売を始めることで食品小売店から製造小売店へ変革させる取り組みである。
農業王国・東三河をまるごと家庭の食卓へ!創作和食店が「ごちそう料理キット」で新分野展開 コロナ禍で「おうち時間」が増加し、家庭内での食事の機会が増えたことで、主婦層を中心に「つくるのに手間をかけたくないけど、手抜きとは思われたくない」というニーズが生まれている。そこで、コア・コンピタンスである和食の創作力を活かし、地元東三河の食材のみを用いた「ごちそう料理キット」を製造し、非三密の状況で販売し、コロナ禍で生まれた需要を掴む。
顧客1stのファイナンシャルプランニング相談を実現するポイントサイト運営 FP相談のマネタイズ部分をポイントサイトに変換し、顧客にとってベストの提案ができるオンラインサービス
餃子とおばんざいの業務店向け製造と販売 現在、餃子、おばんざい等を提供する飲食店を3店舗運営しているが、新型コロナ感染症による影響により利益が減少しています。今後もコロナ前に戻る見込みが立たないので、当社の強みである餃子、おばんざい製造のノウハウを生かしつつ、大量生産、瞬間冷凍可能な設備を導入し、業者販売することで事態を打破したいと考えました。販路拡大できれば売り上げの安定した上で、大量生産によるコストダウンも図れ、事業の継続につながる
ダイエットメニューを含んだ内面からの美にこだわったエステの提供 コロナ太りなどの影響から健康的な美を求める顧客に、魅力的なダイエットメニューと組み合わせて内面からの美にこだわったエステを、店舗での提供のみでなくフードデリバリ/テイクアウトおよびリモートエステも活用して非対面でも提供し収益確保を図る。
地域の賑わいを創出する再開発事業へのハイブリット型カフェ新規開業 新型コロナウイルスで大きな影響を受けた酒類提供メインの経営脱却を目指し、安城市の一大プロジェクトである再開発事業地にハイブリット型カフェを新規出店し、多面的営業を実施することで、本事業を成功させる。
ビギナー向け「完全個室」「非接触」フィットネスに事業再構築 既存飲食を撤退して成長著しいフィットネスに展開。ビギナー向けにセットアップした機器や完全個室を非接触で利用できようにする。医療従事者等のフィットネスニーズに応えてビギナーが安心して利用できる環境を提供する
家庭で専門料理店の味を楽しめるもち米料理のテイクアウト コロナ禍における外食需要の冷え込みと拡大する中食需要に対応するために新分野展開を実施。当事業者の持つ高い和食調理技術を駆使し家庭でも専門料理店の味が楽しめるようなもち米料理のテイクアウトを提供。
飲食店業(居酒屋)による惣菜の製造・冷凍加工販売への業態転換(提供方法の変更) 店舗の営業スペースを縮小、改装し製造提供方法の転換(総菜製造・急速冷凍加工販売)・デザート(ソフトクリーム)の提供により、お酒を飲めない世代の取り込みを目指す
飲食と完全個室のゴルフシミュレーション空間を提供 当社のオーナーがゴルフ好きでプロを目指していた背景や既存事業における顧客がゴルフに関心が高いこと、ゴルフの打ちっぱなしの施設が近隣に存在しないことなどの理由から、完全個室のゴルフシミュレーション空間を飲食の提供とともにサービス展開していこうと考えている。
急速冷凍技術を活用した通販用デザートの開発・事業化 当社は店舗売上をメインとしており、コロナ禍で売上が約14%減少(今年1~3月と前年同月比)。外食需要の減退から新たな収益軸の構築が必要。新事業では急速冷凍機を導入し、新たな製造ラインを構築するとともに新商品スイーツで通販市場へ参入。大幅な事業再構築に着手し全国展開に挑戦。
リゾートホテルの強みを活かしたデジタルイベント企画事業立ち上げ 「おもてなしの企画力」「地域との絆」の強みを活かし、新規事業として「デジタル×リアルを融合したイベント企画事業」を立ち上げ、リゾートホテル事業を持つ当社だからこそ可能な新たな顧客体験価値を提供する。
和食店によるコロナ禍を乗り越える新しいスタイルの和カフェ展開 宴会需要の売上高に大きく依存していた既存店舗では今後数年続く事になるコロナ対応に耐える事が出来ないため、ポストコロナを見据えたテラス店舗を開店し、コロナだからこそのニーズに対応し新たな顧客層の開拓を図っていく。
既存のフレンチレストラン利用客をターゲットとしたワインショップ開業 レストラン、バー、会員制バーの3店舗を経営しているが、新規客が多いバーの売上がコロナの影響で激減。酒販免許を取得し、新規客メインのバーから常連客をターゲットとしたワインショップへ転換し、巣ごもり需要を獲得する。
自社商品開発力を活かした移動販売事業への新分野展開 今まではお祭りなどのイベントに出店し露店運営事業を行っておりました。新型コロナウイルス感染症の影響によりイベントが中止が相次ぎました。今回キッチンカー1台を導入し周辺地域を周り移動販売事業へと新分野展開を計画します。
衛生管理を徹底した養殖アメリカザリガニを全国の中華料理店に提供 中国で大ブームのアメリカザリガニ料理を日本でも流行らせるため、衛生管理の行き届いた温室内水槽で養殖したアメリカザリガニを、年間を通して自らの店舗だけでなく鮮度を保つため急速冷凍して全国の中華料理店に提供する。
コアな客層ニーズに沿った鳥専門のペットホテルの運営 既存事業の強みを活かしてペットホテルへの新分野展開のため内装改修及びリーフレットでの広告を行います。
1組でも1名でも1食でも。飲食店による飲食店の為の飲食店予約 コロナ禍でに少ない席数で営業している為、空席を作りたくない。ギリギリまで予約を受け付けたいという飲食店による飲食店の為の当日予約専門サイト。飲食店におけるフードロス対策にも。
有機野菜・無農薬野菜および無添加食材をより多くの人へ届ける移動販売事業 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、3密を避けたテイクアウトのニーズが拡大しており、固定店舗に入店せず商品を購入できる移動販売車が感染リスクを軽減しつつ手軽に商品を購入できる方法として注目を集めている。そこで、忙しく働く共働き世帯の女性に対し、こだわりの有機野菜や無添加食材を調理し手軽に購入できる仕組みを構築する。
DIY専門レンタルスペース事業への業種転換による売上回復計画 当社は、「地域の方々がDIYを楽しめる地域交流空間の提供」を実現すべく

新規事業の為に主要な設備を変更し、新規市場に対して新サービスを提供することで

売上高構成比要件を満たす新規事業を計画します。その為に設備導入、内装改修、HP改修を行います。

一度の来店で二度楽しむお店、楽しさはオンラインにも広がる 居酒屋を営業している店舗の2階を改装し、日本酒の小売事業を行う。従業員の知識、酒蔵等とのつながりを活かし、他の酒販店では扱いのない銘柄や飲食業との相乗効果でお客様の味の好みや量のニーズに応える販売を行う。
下町のイタリアンレストランが、無添加・無農薬にこだわって、食材の小売りに本格的に進出する業種転換型事業再構築計画 古民家をギャラリーに改装し、野菜から肉製品まで、手作り食材をクラフトと名付けて、店売り(リアル店舗)とEC通販(バーチャル店舗)の両立に挑戦します。レストランで培ってきた食材のノウハウを最大限に活用して、自社独自のブランドを構築します。レストランの集客にも繋げます。
KOTO-CAFE内アウトドア専門店(ATOMIC MARKET)新築工事 店舗周辺に同業他社の進出や新型コロナの影響もあり売り上げが激減する中、後継者夫婦の得意分野でもある近年、需要が高まっているアウトドア専門店を開業させる。創業より47年守ってきたコーヒ-の味をたくさんの人に味わって頂きつつ、コロナ禍でブームとなっているアウトドア人口の増加に対応することにより既存事業との相乗効果で売り上げを向上させる。
牽引キッチントレーラ導入に伴う商品開発と新しい提供方法の構築 牽引キッチントレーラを導入し、新しく開発したメニューを新たな提供方法で販売する事で、コロナ禍において対人接触機会を減少させながら、安心安全に飲食事業の再構築を図る計画である。
炭火焼を気軽に楽しめる!キッチンカーによる鰻料理の提供事業 住宅地や商業地、お祭りや学園際などのイベントにおいて、気軽にリーズナブルな価格で伊勢の大きい鰻を本格炭火焼で楽しめるように設備を整えたキッチンカーにより、お客様に焼きたてのうな重・うな丼を提供する
親子Cafeを生かしつつ、ママと子供の笑顔を企業へ繋ぐレンタルスペース 子育て中の母親は安心安全な場所であれば人との繋がりを強く求めているのと同時に母親と繋がりたいと考えている企業や講師がいる事が分かっています。親子Cafeとリリーママ会を生かしながら親子向け教室を毎月10~20開催する事で人との関わりの場やママ友作りの空間を提供する事により、子育てをより楽しいと思える空間作りを目指します。
飲食業で培った接客・調理術を活用したブランド菓子製造販売への展開 本事業で、コロナ禍においても人気を博している生菓子の取り扱いライセンスを得て、製造販売の分野へ展開します。コロナ禍の環境に対応しつつ、飲食事業で培ってきた接客技術、調理技術を最大限発揮します。
「鉄板馳走みや」によるフリーキャンプ・バーベキュー施設 CampValley美濃 コロナ禍による飲食店の売上・利益減少という課題に対し、飲食店経営で培った「顧客属性」「営業力」「代表の経験値」「開業地までの好立地」等の資産を活かし、大自然の中での体験価値を提供する。遊休土地・空き家を活用したキャンプ・バーベキュー場を開設し地域貢献します。
会員制ラウンジ業を廃業して多目的飲食店への事業転換 会員制ラウンジで培った人脈を基盤に、店内飲食、弁当の宅配による飲食事業と、経営者の交流や就職活動イベントを開催する「縁・会場」の貸スペース事業を実施する、多目的飲食店に事業転換する。
新冷凍技術により店の人気料理をご家庭で味わえる業態転換事業 コロナ禍で、店内飲食が売り上げ大幅減となり、別の業態で販路開拓する必要に迫られました。そんな中、当社名物醤油カツ丼とカレーうどんを店内で調理したものを特殊冷凍し、自動販売機とネットで販売する事業を計画しました。
飲食業から解体工事業への業種転換によるV字回復の達成 飲食店の顧客からの打診に対応し、当社代表取締役が経験とノウハウをもつ解体工事業に参入する。経験豊富な従業員の新規雇用と重機導入で顧客から直に受注を獲得する受け皿を作り、元請けを通さないビジネスモデルを構築する。
EC販売によるイタリアン料理の全国展開による業態転換を図る 店内の改装を行い、テイクアウト及びEC販売専用のスペースを作り、既存事業の強みであるイタリア料理をEC販売により全国展開する。代表社員兼料理長の佐藤は本場イタリアにて、3年程技術を磨いてきた為、本格的なイタリア料理が自宅でも味わうことができる。
地元安城産「いちじく」を名古屋名物へ「フルーツわらび餅ドリンク事業」への進出 コロナウィルス感染症の流行により落ち込んだ居酒屋の酒類売上主体から脱却のため、テイクアウトメインの「フルーツわらび餅ドリンク事業」へ挑戦する。地元の安城市名産の「いちじく」を使用し、地元産業の活性化にも貢献できるように展開していく。
健康志向の飲食店が美容関連事業を新たに行い、 内面も外見もトータル的に美しくする事業を展開! 飲食業を営み3年目になるがコロナの影響で売上が激減。まだ知名度も低く、飲食業の売上を伸ばすことは当面難しいと判断。健康を切り口に食材を選び料理を提供していることから、今度は”美”を切り口に美容関連事業を展開。美容関連市場拡大傾向から再構築を決断。
焼肉店の新規出店およびテイクアウト事業への参入 事業名:焼肉店の新規出店およびテイクアウト事業への参入

概要:コロナ禍においてドリンクを主力商品としたバー形態での営業を持続することが困難となった。コロナ禍でも比較的集客を見込める「焼肉屋」へ事業転換をし、ランチタイムには焼肉弁当のテイクアウトを行うことで売上を確保し、事業の継続を図る。

キッチンカーによる管理栄養士監修の地産地消・健康弁当販売事業 新型コロナの感染拡大でレストラン、居酒屋、カラオケ、麻雀すべてのサービスの売上が減少し、このままでは売上の回復は見込めない。業績のV字回復に向け、店内飲食を避ける顧客の需要を取り込むためキッチンカーによる持ち帰り飲食サービスを開始し、ポストコロナに適応できる事業を開始する。
テイクアウト事業を軸とした障がい者の労働環境創造プロジェクト テイクアウト事業に新たに参入し、コロナの影響を受けづらい売上軸を確保できるようにする。そのために既存の事業所を増改築し、作業スペースを設け、各飲食店舗に発送するセントラルキッチン型の新たな運営スタイルを確立させる。製造工程をルーチンワーク化させることで、障がいの有無に関わらず雇用ができるようになるため、3年以内に事業所を就労継続支援事業所へと発展させたいと考えている。
地域高齢者に「活き残るための自衛隊式ストレッチ」を提供し売上拡大! 元自衛隊の経験を活かし、地域の高齢者をメインターゲットとして「自衛隊式ストレッチ、完全非対面式個室岩盤浴」の提供を開始します。これにより移動販売事業、フィットネスジム事業で減少した売上のV字回復を図ります。
韓国家庭料理店への参入とデリバリー等非接触提供体制の構築 既存焼肉店は団体客の減少で売上が大幅に減少した。新たに韓国家庭料理専門の人気デリバリー店にフランチャイズ加盟・出店し、デリバリー・テイクアウトの他、同店舗でオリジナルメニューの店内提供・通販も同時に行い収益改善を図る。
飲食店経営のノウハウを活かした店舗改修、ECサイトを立ち上げることによるテイクアウトデリバリー事業、業態転換事業計画 既存店舗の調理スペース及び設備を縮小し、テイクアウト・デリバリーサービスを実施する上で生産性の高い設備等の確保、HPなどのITを利用した集客ツールの導入し、非接触用メニューを開発・販売できる体制を構築することで、業態転換を実施いたします。
真空、冷凍技術によるテイクアウト等強化とフードロス排除による事業再構築 当社の主力商品「錦爽鶏のみやき」の提供方法を変更する。①直近に閉店した1店舗を復活開店して2店舗体制に戻す、②セントラルキッチン化により、2店舗の合理化とテイクアウト等を強化して事業再構築を行う。
地域密着型!ラグジュアリー&リーズナブルな焼肉店への事業転換 駅前と比べ地代家賃の安い物件(中村区牛田通 1-17 の物件を契約予定)に移転し、若年層利用向けの高級感のあるラグジュアリーな内外装、またテイクアウト・デリバリーサービスを実施する上でも生産性の高い設備等の確保、HP などの IT を利用した集客ツールの導入し、非接触用メニューを開発・販売することで、地域密着型の焼肉店へ事業転換を実施いたします。
江戸中後記の文化遺産体験が可能な簡易宿泊施設の運営 1日最大4人の完全予約制、火鉢や五右衛門風呂、釜戸体験など江戸時代の文化を体験できる簡易宿泊施設『尾花』をつくり、関宿の古い町並みとともに、尾花を通して日本の古き良き文化の継承を行っていく。
韓国料理店から焼肉店及び中食通販事業への業態転換 新型コロナ感染症による緊急事態宣言によって売上が8割減少するなど新型コロナ感染症によって深刻な被害を受けた。そこで、現在2階と3階で運営している店舗事業を3Fに集客しかつ焼肉店に業種転換し、かつ、2Fで韓国料理の物販通販を行う。
ランチタイムに低感染で学生や一人客を取り込むラーメン戦略 コロナ禍でも高いニーズがある「ラーメン」を既存の店舗で新たに展開することで、ランチタイムを強化しウィズコロナである直近の業績対策を行い、ポストコロナでもお客様に選ばれる店舗となることを目指します。
個室で食す天ぷら専門店への新分野展開とテイクアウト事業への参入 製薬会社様の商品説明会で使用して頂く予約制の弁当に特化した営業と、夜間のみ居酒屋を営業していました。コロナ禍において、製薬会社様の商品説明会もほとんど中止になり、酒類提供の規制などから居酒屋の営業も休業しなければならない状況が続きました。そこで、自社の強みである、調理の高い技術と仕入れルート顧客の認知度、店舗の立地、専門性の料理の需要度の高さなどか、個室で食す天ぷら専門店への新分野展開を決めました
すし屋のセントラルキッチン化及び冷凍技術を活用した EC販売・テイクアウト販売の開始 既存の店舗売上が新型コロナウイルスにより減少したため、店舗をセントラルキッチン化および瞬間冷凍機器を導入し、すし屋から魚介食品のEC販売及びテイクアウト販売を開始する。

従来の店舗型の営業からポストコロナに対応する業態転換を行う。

地域に愛される「生パスタ」を中心とした当店主力商品のEC販売 地域性と顧客層を鑑み、生パスタとソースを中心とした当店主力商品のEC販売を行うことで、自宅でもプロの味を手軽に楽しめる機会を提供していく。
本物の魚の旨みを届ける、地域密着居酒屋のテイクアウト事業 駅近の立地や魚の仕入れ独自ルートを活かし、本格魚料理のテイクアウト事業を始めます。現在の居酒屋店舗の一部をテイクアウト用に改装、鮮度を保持する専用冷凍庫等を完備し地域のニーズを取り込みます。
自家焙煎を始め新しい喫茶店の価値観への再構築 自家焙煎機を購入し自店オリジナルブランド豆を焙煎自店提供のコーヒードリンクの材料とします、また自家焙煎豆を店舗販売、通販し売り上げの柱とし新しい喫茶店の価値観への再構築を実現します。
「食育」を取り入れた児童の発達支援事業への挑戦! これまで10年以上貫いてきた食へのこだわりを「食育」という新しいカタチにし、発達障害のある子供たちを対象とした「発達支援事業」を行います。正しい「食の知識」を提供することで、これからの日本を担っていく子供たちを「食」の観点からサポートします。
ネットシステムを使用したテイクアウト事業の立上げと換気・空調設備の強化 弊社は愛知県に飲食店を2店舗運営しております。長期にわたる新型コロナウイルスの影響で激減した売上を取戻すために、ネットオーダーシステムを活用したテイクアウトサービスを新分野展開致します。
≪水中ドローン≫の活用により漁業・水中業務等の課題を解決・改善し、水産業の明るい未来を作る ⽔中ドローンを使⽤して⽔中の調査やインフラ点検、養殖の指⽰⿂の回収、定置網の設置等を⾏うサービスを提供し、これまで潜⽔⼠が⾏っていた業務を代替することにより、⼤幅に効率化を進めるとともに「海の豊かさを守ろう」というSDGsへ貢献します。
飲食業からレトルト食品開発販売事業への新分野展開 当店の人気NO.1商品「麻婆豆腐」をレトルト食品として製造、生産し、ECサイト・地元スーパーなどで販売することにより新たにレトルト食品製造業としての新分野展開をする。
タコライスとキッチンカーをコンセプトにした新しい販売事業 タコライスなどの沖縄料理を、キッチンカーで販売する新しい事業。
居酒屋でのノウハウを活かして、キッチンカーで名古屋ブラックカレーを提供、コロナ回復に挑む 和食・洋食料理店で修業経験のある社長のもと培われた確かな料理の技術、味、経営のノウハウ、イベント業者との強固な人的繋がりを武器に、キッチンカーによる「名古屋ブラックカレー」の移動販売及び、イベントでの「スペース貸し出し出店」を行います。
飲食店が強みを生かして行うテイクアウト・通販用スイーツ事業 店内飲食の売上大幅減少に伴いスイーツ食物販店への思い切った新規事業開発
地元の農家と連携して、付加価値の高い地域食材の販売事業に挑戦する コロナウイルスの影響を受け業績が大幅に減少する中、当社の敷地内に、地元の農家と連携して、こだわりの空間づくりをした店舗をつくり、地域食材やその加工品、廃棄食材で作る堆肥などを、地域住民に対し販売する事業に挑戦する。
新規業態(餃子販売店)の併用で、販路開拓による新たな顧客獲得の為の事業化計画 創業以来、外食事業を柱として経営した当社はコロナ禍後の感染動向や外的要因などに左右されにくいビジネスを展開する必要があると、市場拡大の見込みのある「中食」市場に新規参入し、安定した経営を目指す。
地元名古屋の味でブランド化!ドライブスルー唐揚げ専門店! 新型コロナの感染拡大で名古屋市繁華街の居酒屋売上が減少、赤字転落した。早急な対策が急務であるため、郊外の春日井市に唐揚げ専門店を開店する。非対面接客化のためドライブスルー、自動注文受付機を導入し、ポストコロナにおける中食需要を取り込む。
イタリア料理店の食事付きコワーキングスペース開業による地域貢献。 イタリアンレストランの倉庫を改築した上で、レストランの重厚な雰囲気を活かした食事付コワーキングスペースを開設し、地域のコミュティ活性化、ビジネス推進に貢献するとともに、売上減を挽回し、V字回復を図る。
落込む宿泊・飲食業を回避。日帰り温泉事業で創業47年一世一代の大勝負!新たな展開へ。 コロナ禍による消費者の行動様式の変化は現在も根深く定着しており、以前の活況に戻るには時間がかかるとの見方が多い。また、コロナ禍において観光トレンドも変化し、マイクロツーリズムやワーケーション等への関心も高い。これらのトレンドに対応する為、従前の観光客相手から観光客と地元住民を顧客ターゲットに「日帰り温泉サービス」を提供することで業務の繁閑の差を平準化し、持続可能な収益力を確保するものである。
脱、居酒屋。日本料理店の新規展開とテイクアウト・宅配弁当の新展開 新型コロナウイルスの影響で、宴会や外食機会が縮小し、既存のビジネスモデルでは厳しい。密を避けて少人数で食事をする傾向が常態化しているため、既存の強みを活かしながら和食を楽しめる店へと事業を転換する。
セントラルキッチンの構築による通販用商品の開発、EC販売への業態転換 コロナ感染症の影響でお酒を提供する居酒屋店舗での売上が大きく減少しており今後の回復も見込めていない状況です。そこで新事業では、セントラルキッチン及び ECサイトを構築し、家庭でもおしゃれなお店で食べるような美味しい通販用の商品を開発、EC販売への業態転換に挑戦します。
地域の小規模事業者と共に成長出来るコインランドリーの新規開業 コロナの影響により当店(飲食店)は大きく売上高を下げており、今後の見通しも不透明さを増している。当店と同じように苦しむ飲食店を中心とした小規模事業者のPRに貢献出来る新感覚コインランドリーを新規開業する。
SNS映えするイノベーティブフレンチで鉄板焼き店を事業承継 感染リスクのある鉄板焼きを縮小し、地元屈指の高級飲食店としての認知度を活かし、高級フレンチに転身!料理人が世界に発信できるどのジャンルにも属さないイノベーティブ料理、SNS映えする創作料理で新しい市場に挑戦する。
24時間いつでも家庭で楽しめる!本格中華の無人販売 有限会社おか田めんから製麺事業を事業譲渡で譲り受け、おか田めんとのシナジーを活かした本格的な味の冷凍ミールキット(餃子・五目焼きそば)の製造、及び販売事業に参入する。店舗前に設置する自動販売機で感染リスクを抑えて販売する。
ダイナミックプライシングを活用した惣菜の「無人販売」計画 こども食堂を開催する当社だからこそできる新規事業として、惣菜の無人販売に着手する。安城市などの三河地方を中心に展開し、地域の飲食店事業者などの協力を得て、ダイナミックプライシングにより価格を変動させ、これまでにない惣菜無人販売を目指す。
家族・親族限定!南知多の自然を感じるグランピング事業 南知多の自然を直に満喫しながら食も楽しんでもらえるファミリー向け体験型グランピング宿泊施設を開業する。そのために現在軽食を出す休憩所としてある「海の家ライオン食堂」を全面改装し、新たにグランピング施設を建設する。
湯浴み着用で大切な人と一緒に入浴できる「今までにない日帰り温泉施設」事業への挑戦 湯浴み着(入浴時に着用する衣類)の着用による日帰り温泉施設を建設し、新たに日帰り温泉事業に参入する。湯浴み着のメリットを生かす開放的な空間にすることで三密回避ができるコロナ禍においても収益確保が可能な事業である。
オーガニック食材を使用したチョコレート菓子の製造と販売の展開 当社は、新たに「チョコレート菓子の製造・販売事業」を立ち上げます。

オーガニックにこだわったチョコレート菓子を製造します。近年の健康志向に合わせて、需要の拡大が見込める市場です。また、当事業は女性がより働きやすい職場環境を整える事にも繋がります。

天然酵母・地場食材を多用したベーグル工房事業 国産小麦と小麦の天然酵母で作った、テイクアウト専門の自然派ベーグル店。愛知県の地場食材を多様化したベーグルサンドを焼き上げ、販売致します。24時間購入可能な冷凍ベーグルの自動販売機設置。
国宝犬山城を有する歴史ある町並みに泊まる一棟貸し宿泊施設の開発 ビジネスホテルを運営する当社では、ポストコロナ時代の観光需要に、安心・安全・体験など魅力ある宿泊施設の新提案で応えることで、歴史ある観光資源豊富な地元に貢献しながら力強い経営体質への転換を図ります。
食から健康へ自社変革!自己分析スマートゴルフによる『幸せ100歳 健康からだづくり』推進事業 当社は、これまで食を通じて顧客や従業員の「幸せ」に寄与してきが、コロナ禍での外出自粛等の影響を受け、厳しい状況が続いている。そこで、食の本質的価値である「からだづくり」へと自社の事業領域を再定義し、新たに健康年齢向上事業(インドアでの自己分析スマートゴルフ)に取組み、『幸せ100歳 健康からだづくり』を推進し、V字回復を図る。
動物ふれあい施設の立上げによる地域連携と民泊の付加価値向上 現在の民泊から異なる業種の動物ふれあい施設を立ち上げます。当社の強みを活かし、既に引き合いのある近隣施設から児童や高齢者等の集客を図り、新たな収益の柱を得ます。更に民泊とのシナジーを図り付加価値向上を実現します。
地元学生の健康をお助け。出来立ておにぎりのテイクアウト専門店 フルサービス型の喫茶店でコロナの影響が大きい当社が“多店舗展開によるマルチな料理ノウハウを持つ強み”と“学生が多い好条件の立地の出店機会”を活かし、新たにテイクアウトおにぎりの専門店を開始します。既存事業の事業形態、顧客ターゲットの弱みを克服し強い経営基盤を築きます。
地元一次生産者の農産物等を使用した食品ロス削減のための開発と加工と販売 廃棄してしまっている地元の農産物等を使用したOEMによる新商品の開発及び密封包装食品製造事業へ新規参入することで、自社の売上増加を図るだけでなく、近年注視されている食品ロスへ対応しつつ、地産地消による地域活性化を目指す。
完全外食事業からデリバリーサービスを活用しての業態転換。 完全外食事業から脱却をし、デリバリーサービスへ加入することにより、売上拡大と新規顧客の獲得を狙う。
アフターコロナに対応!ドライブスルー併設型新店舗の立ち上げ コロナ禍による売上減少対策として、アフターコロナを見据えたドライブスルー・テラス席・店内席を備え、モバイルオーダーシステムを導入した新業態カフェの展開・ドライブスルー用の商品開発を行い、新規顧客獲得と経営多角化を実現する取組である。
居酒屋から焼肉店に事業転換し、さらにテイクアウト強化により差別化を図る。 新型コロナの発生以降、客足が戻らず今後の見通しも厳しい居酒屋事業から、飲食店の中では需要回復が見られる焼肉店に事業転換を行う。さらには味付け冷凍肉のテイクアウトも行い、差別化を図る。
ポストコロナに向けた飲食店による地域活性化事業の挑戦 酒類の提供規制や営業時間の短縮が解除されても客足が思ったように戻らず、「居酒屋で飲むより家飲みで」という傾向が続いている。そこで、地域の事業者と連携し、他店にない商品・サービスを提供する焼肉事業(新業態)による事業再構を行う。
飲食店から「仕込み済み食材」販売事業へ、コロナ禍での飲食店応援への新分野展開 コロナ禍で需要のなくなった団体席をリフォームし、地元飲食店向けのセントラルキッチンを開設。ウィズコロナ・ポストコロナに向け、「仕込み済み食材」を販売し、地元飲食店の過剰労働を削減、人時生産性を高め、売上・利益回復を応援します。
コロナ後の食需要に応える新業態「デリカフェ型セントラルキッチン」 新たに建設するセントラルキッチンで調理・製造した、出来たての惣菜類を同じ建物内に併設する「デリ&カフェ」コーナーにてイートイン、テイクアウト、一般家庭への宅配、既存の介護給食配達といったポストコロナに向け複数の食需要に対応する新業態を展開します。
既存事業と地域福祉への波及効果を狙った美容医療・福祉美容への参入 既存のカフェ事業のノウハウと人的リソースを活用して美容医療の分野への業種転換を進めるとともに、高齢者施設や介護施設と連携した福祉美容事業に取り組むことにより、地域福祉の充実と地域社会への貢献を図る。
「ブッタカフェへの挑戦!仏像に囲まれる斬新な癒し空間の提供」 大企業の接待中心のいろり料理店を営んできましたがコロナで売上が激減しました。元の売上高まで回復の見込みがないため、社長所有の大量の仏像と自社の強みを活かした癒しの空間であるブッダカフェに挑戦して売上を伸ばします。
飲食店運営事業に加え、物販(パン・弁当の持ち帰り)およびレトルト食品製造業への挑戦 ウィズコロナ・ポストコロナの時代の経済社会の変化に対応するために、1店舗あたりの売上が下がっているため、雇用を維持するには、多店舗展開を行い、1店舗あたりの従業員数を少なくする必要が出てきた。また、持ち帰り用のパン・弁当にも対応する。さらには、レトルト食品製造業への挑戦を行い。店頭やネット販売等により、対面での接触機会を削減しながら売上を確保することができる新しい体制を構築する。
焼き立てパンの早朝デリバリーを基軸とした飲食EC物流の構築 本格ピザで培った発酵ノウハウを活かし、「焼き立てパンの早朝デリバリー」と「多店舗料理まとめてデリバリー」に挑戦。地元密着の飲食EC物流システムの構築を図り、地元飲食店と共に発展する地域経済活性化を目指す。
飲食店から着地型旅行としての農業体験型BBQ事業への転換 宴会主体の和食処から、農地の中にあり収穫など農業体験ができるBBQ事業へと転換を図る。農業が盛んな地域の観光資源を活かした着地型旅行として集客性を高め、地域経済活性化に貢献する取組みを目指す。
“SAUNAGOYA”で新たなサウナ文化を創造し、地方の創生を実現する事業 当社オリジナル製品である“SAUNAGOYA”(サウナ小屋)を製造・販売します。本事業では、里山地域と都心部の多くのユーザーを結び付けることにより、新たな商流と人間関係を構築します。サウナを介した『新たなサウナ文化を創造』と『地域経済の活性化を実現』します。
移動セントラルキッチンとミールキッド製造の無店舗販売への転換 トレーラーハウスの移動セントラルキッチンを拠点とし、カフェ弁当の事業所デリバリーやミールキットの製造販売を実施。食事支度の負担軽減となり、女性が働きやすい環境整備につながるビジネスモデル構築を目指す。
肉も魚も!とんかつ&海鮮丼でテイクアウト・デリバリー強化計画 既存のイートイン中心のとんかつに加えて、「テイクアウト海鮮丼」事業を開始する。店内を改装し、テイクアウト重視のレイアウトにしながら厨房を拡大し、とんかつと海鮮丼を双方提供できるようにする。デリバリーにも対応し、V字回復を図る。
障がい者に寄り添うカフェ事業で福祉の街のニッチトップを目指す 当方が営む居酒屋はコロナ禍で売上は大きく減少した。重度障害を持つ子供の育児経験と地域支援活動経験を通じて、障がい者、要介護者、小さなお子様のご家族も安心して食事が出来る「おむすびカフェ」を、福祉介護に力を入れる町で開業する。いく。
水のいらない冷凍ラーメン製造での販路拡大による居酒屋からの転換 居酒屋から脱酒の取組みとなる冷凍ラーメン製造販売事業へと転換。キッチンカーによる移動販売、冷凍自動販売機販売、EC販売により販路拡大を図る。EC卸売にてFC展開を見据えたビジネスモデルの構築を果たす。
高級食事系パン・チーズ・ワインの小売事業への業種転換 国産小麦、自家製天然酵母を素材とした高級食事系パンやチーズ、或は家庭向けの「チーズとワインの食べ合わせセット」といった商品の小売業に新規参入・業種転換する。
「町中華を買い物難民へ」冷凍餃子製造事業 緊急事態宣言による外出自粛においても当店の料理を提供するため、新たに「冷凍餃子」を商品開発します。これにより緊急事態宣言下でも冷凍食品の販売が可能となり、また、イートインでの調理にも活用し料理の提供時間の短縮を図ります。さらに、町中華の味をご家庭で楽しみたいと考える全国の町中華ファンへ提供し、「天津楼」ブランドを全国に拡大します。
外食事業者による精肉加工食品販売事業への新分野展開 外食事業の人気メニューをEC販売、デリバリー販売等により全国の消費者へ届けるため、設備投資により精肉加工場兼店舗を取得し、農家より直接購入した牛一頭を当社自身で加工し、精肉及び加工食品を製造します。
飲酒中心の居酒屋業態から食事を中心とした店舗への業態転換 自社事業である居酒屋店舗が新型コロナウイルス感染症の影響により業績が悪化。存続の危機に瀕している。現在の酒場・ビアホール業態から、喫茶店・その他専門料理店への業態転換を行い、業績をV字回復させる。
テイクアウト餃子専門店の販売開拓事業 新事業としてコロナ禍に打ち勝つ為、先端機材を取り入れテイクアウトの餃子専門店を立ち上げ、地元地域の活性化を目指し、新たな事業連携により更なる発展を遂げる。
本格レッスンから運動不足解消、食を通じたトータル健康支援を行うインドアゴルフスクール事業 生涯スポーツとして老若男女が楽しめるゴルフと、飲食店を営む当社の既存事業を掛け合わせて、ゴルフ×食というテーマでインドアゴルフスクール事業を立ち上げる。ゴルフに限らず、気軽に健康トレーニングが可能なTRXという手法を取り入れ、広く需要を喚起できる事業へと成長させていく。
非店舗内事業の再構築による少人数・家庭内喫食等の多様化への適応 少人数の非店舗内喫食ニーズ(“個食”、個人・家庭内喫食、業務委託施設の来賓・パーティ向け喫食等)に適応するため、非店舗内事業である既存仕出し業務及び、新たな食品宅配・テイクアウト業務に特化した食品提供拠点を新設する。
顧客ニーズを捉えた焼肉および精肉店の運営とグランピング事業による新分野への挑戦 飲食店を営む当社が、コロナにより変化した顧客ニーズに対応するため、地元「知多牛」による焼肉および精肉店の運営とグランピング事業の複合的な展開により業績回復を図る事業再構築計画
健康志向ニーズに応えるミクストラン業態促進事業 健康志向の女性をターゲットとした個室サウナ施設を開設します。

2F〜4Fを完全個室によるサウナ施設とし、1F部分では、グルテンフリーの麺と豊富な野菜を扱ったヘルシーなちゃんぽんを提供します。このちゃんぽんを新たなサウナ飯とし、感染リスクに配慮された個室サウナとの相乗効果による新たなミクストラン業態を展開する計画です。

中華料理店の本格派「冷凍餃子」と「秘伝のタレ」の製造卸による業種転換 新型コロナウイルス感染症の影響により来店客数の減少や緊急事態宣言が解除された現在においても客数はコロナ以前までに戻ってはいない。そのため、コロナ第6波や今後のあらゆる感染症リスクに対応していくため、中華料理店が作る本格派の「冷凍餃子」及び「秘伝のタレ」を製造・加工・販売することで付加価値を高めつつ、売上高の増加を目指し、当社のさらなる成長と規模の拡大を目指す。
既存事業で培った強みを活かした1拠点集約型の「乳製品製造小売業」「アイスクリーム製造小売業」への新分野展開。 本事業では、ウィズコロナ・アフターコロナに強いテイクアウト専門店の新分野展開を行います。1つのファクトリー(製造所)で付加価値を付けた2ブランド「ヨーグルト」「アイスクリーム」の二毛作モデルを確立していくことで、1ブランド当たりの投資コスト・製造コスト・販売コストを抑えます。

また、クロスセルを活用した販売戦略を用いることで、各ブランド毎の相乗効果を図ります。

地元果実のクラフトビールを店内醸造できる新業態への挑戦! 他社メーカーのビールを提供するビアバーから、クラフトビール醸造設備を持つ店舗へと業態転換する事業です。酒類製造免許(発泡酒)取得し自社醸造することでビアバーへの集客力が向上するだけでなく、ボトルのテイクアウト・通販、さらに他社への卸売販売も可能となり、コロナ禍においても売り上げ回復に期待出来る事業です。さらに、副原料で愛知県産の農作物を使用する予定であり、地域の農業の活性化にも貢献できる計画です。
居酒屋から新分野であるファミリー向けレストラン業態への展開計画 路面店でのバル・居酒屋事業からファミリー向けレストラン事業という、非アルコール分野であり提供商品とターゲット顧客が大きく異なる新分野での展開を、自社の強みである企画力、商品力を活かし、大胆に実行する。
老舗喫茶店の思い切った挑戦!魅せるオーブンで作る焼き立てスイーツ専門店 1961年から喫茶事業を営んでいる本店の一部を改装し、新たに菓子製造のための設備を導入して菓子小売業へと進出。後継者夫婦と力を合わせての思い切った業種転換で事業を立て直す。
飲食事業での調理ノウハウ×有機野菜を生かした真空保存ドレッシングの製造販売による新分野展開 既存飲食事業で独自仕入出来る有機野菜という強みを活かして、コロナ禍で健康志向が高まっている個人・法人向けに有機野菜+無添加ドレッシングの製造販売を行うことで再構築を行う。
テイクアウト型大判焼業態の開発出店 弊社はこれまでフルサービス型の喫茶店チェーンを運営して参りましたが、本事業では、新たな取組みとして、テイクアウト型大判焼業態チェーンの開発出店を推進致します。補助事業期間中に事業基盤を確立させる為に10店舗出店を実施、それに伴う設備投資として店舗物件及び特注大判焼機等の取得を進めます。
自社栽培の農作物を活かしたフルーツパイ店での六次産業化の新たな展開 自社ブランドのワイン醸造や国家戦略特区認定の農業レストラン等の六次産業化の取り組みを行う当社が新たに有名店の技術指導を受けて、コロナ禍で需要が伸びているテイクアウト中心のフルーツパイ店を展開する。
焼肉店への転換&冷凍松阪牛ハツによるEC市場への展開でV字回復を図る 現在は複数の飲食事業を展開しているが、売上が店内飲食に集中している。補助事業では焼肉店への業態転換と冷凍食品製造販売を行う。感染対策を徹底した店舗づくりと、EC市場への進出により、巣ごもり需要獲得を実現する。
テイクアウト、EC販売、屋外飲食化によるコロナに強い運営体制の構築 長引くコロナの影響に対応するため、14店舗のレストランでのテイクアウト対応、各店舗シェフのコラボによるお取り寄せグルメのEC販売および屋外飲食対応のための設備導入によるコロナに強い運営体制の構築。
地元食材を使用した食品等の企画・加工のインターネット販売事業 緊急事態宣言の影響により、宿泊業を営む当社の売上高は激減した。そこで、地元食材のバーべキュー用加工食品等をネット販売することで、外部環境の変化の強い企業と成長し、さらに地域経済の活性化を図る。
モータースポーツの聖地“鈴鹿”初のレーシングシミュレーターカフェ出店 「モータースポーツによる観光誘客」を謳う鈴鹿市で本格レーシングシミュレーターを体験できるカフェを出店し、地域振興と三重県食材の地産地消に貢献した取り組みで事業再構築を果たす。
女性従業員の継続的な就業を支えるための脱毛サロン事業の展開 飲食店はコロナ禍の影響を受けやすく収益確保が経営課題である。そこで、代表者が持つ強みを生かすとともに、女性従業員が結婚や出産後も働き続けられる環境づくりの必要性から、脱毛サロンを展開する。
幼児の食育と母親のリフレッシュを兼ね備えたキッズルームの運営 店舗裏にあったスタッフルーム及び倉庫を撤去し、新たに幼児と親子が一緒に利用できるキッズルームを建築し、withコロナ、afterコロナでも安心して体に優しい食事をしながら親子が楽しい時間を過ごせる場を提供する。
もつ鍋店を「SOLOメシ」が食べられるスぺインバルに改装 コロナ以後でも強いニーズがある「ヒトリ食べ・スグ食べ」に対応すべく、もつ鍋店の店舗の半分をスペインバルに改装し「SOLOメシセット」を提供する。また野菜を使ったメニューでコロナ以後の野菜ニーズを取り込む。
肉の職人による!キッチントレーラーで地元食材を使ったヘルシーハンバーガーの販売 コロナ禍において需要が増加するハンバーガー業態への新分野展開

~食品ロス、脱炭素社会などの地球環境へも配慮し、地産地消・健康にこだわったヘルシーハンバーガーを販売する~

伊勢神宮前の餃子店を地元飲食店と一緒に盛り上げる 伊勢神宮前の餃子店のテイクアウト窓口を利用し、地元飲食店のつくる惣菜を製造店舗の名前をつけて販売 観光客に伊勢の小規模飲食店をアピールできるアンテナショップとして地域に貢献する
唯一無二の絶景日帰り入浴施設の建設~新規獲得地の有効利用と新たな利益の確保~ 新たに獲得した当ホテル目の前の海辺の土地を活用し、唯一無二の絶景日帰り入浴施設を建設いたします。「漁村リゾート」をモチーフとした施設とすることで相差町の新たな名所として地域のさらなる発展に寄与いたします。
地域唯一のドッグラン併設喫茶店・コミュニティスペース開設事業 亀山市では唯一となるドッグラン・コミュニティースペース併設の喫茶店を新規に開設し、単体では収益化が困難になっている動物愛護・保護施設事業と飲食店事業とを、直接ミックスさせることで事業収益化を図る
地産地消、“桑名もち小麦”で三重県&桑名を元気にする! 国内では希少価値である“もち小麦”を活用して、地域住民にはランチとディナーで“もち小麦“を中心にした地産地消の食材を使った飲食を楽しんで頂く。また、桑名を訪れた観光客やレジャー客にはランチとディナーに加え、桑名の観光名所をご案内し、お土産を購入でき、民泊を楽しめる観光スポットとして提供する。
宿泊業の新しいビジネスモデル・「コンドミニアム型宿泊施設」への業態転換 新型コロナをきっかけに大きく変化する宿泊業マーケットのニーズに対応する新たな業態として、従来旅館スタイルから、ワーケーションやキャンピングカー泊も可能な「コンドミニアム型」の宿泊施設への転換を行う。
遊休スペースを使った国際シェアハウス、シェアオフィスの運営 コロナ禍で市場が拡大しているシェア市場への進出~日本にいながら留学生活、多文化共生をめざす~ 若者達の居場所の発見、やりたい事の実現に向けて新たなコミュニティーの機会を創出し、地域発展に貢献する。
最先端冷凍技術による冷凍魚介類の製造・販売業への新規参入 コロナの影響による大幅な売上低迷の中、既存の宿泊業に頼った経営を見直し、事業の柱を増やす為、最先端急速冷凍機の導入、新たに冷凍魚介類製造・外販することで事業の再構築・新たな収益の柱として成長させたい。
やきとり屋の挑戦~B級グルメから割烹へ~ 今まで経営してきた大衆居酒屋の枠を超え、京都市内に高級割烹店を出店する。感染対策を徹底した小規模店舗で完全予約制。希少な銘柄鶏(京都高坂鶏)のコース料理、上質な接客、京都らしい高級な雰囲気を提供する。
居酒屋から、完全個室ディナーレストランとセントラルキッチン化へ 団体客受入れ可能店舗の居酒屋から、席数を半分以上減らし、完全個室ディナーレストランへ事業転換、日中はセントラルキッチン化した調理場で売上回復を目指します。
地域資源を活用した自然体験型アウトドア事業への挑戦 屋外スペースを有効活用し、地元の食材「近江牛」を使用する「バーベキュー事業」・近隣の観光地を楽しむための「レンタサイクル事業」・食事会場に隣接する川で、大人も子供も楽しめる「釣り体験事業」を展開していきます。
コーヒー焙煎事業で既存の飲食・ネイル事業とのシナジーを生む 自家焙煎コーヒー豆とその豆で淹れたコーヒーのテイクアウト専門店を行います。既存事業が女性中心の顧客層のため、新事業との間での相互に顧客が行き来する環境を作ります。
韓国料理の技術を活かし、居酒屋からテイクアウト唐揚げ店へ転換 韓流ブームの追い風と当社の韓国料理の技術を活かし、テイクアウト専門の唐揚げ店へと業態を変更することにより、近隣の昼食・夕食需要を取り込みます。
割烹料理店の「ひろうす」のオンライン販売開始による事業再構築 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、対面にて料理を直接提供する既存サービスの売り上げが大きく減少している。この状況を踏まえ、感染状況に左右されない新事業としてひろうすのオンライン販売を開始する。
企業の「食」を解決するケータリング型社食サービス事業 コロナ禍でラーメン店の売上が激減。企業が抱える課題の一つである従業員の健康管理の福利厚生サービスとして、コロナ禍に配慮した個食型ケータリング社食サービスを実施し、売上のV字回復を果たす。
多店舗経営とFCビジネスモデルを活用した不足率89.3%である児童発達支援事業への参入 当社はパン屋を多店舗経営しフランチャイザーとして事業展開しているが、従業員に経営を任せる教育とマネージメントノウハウを活かして、市場の89.3%が供給不足といわれる児童発達支援事業に参入する。
祇園女将が提供する健康総菜〜キッチンカーで季節のおばんざい〜 新型コロナウイルス感染症による影響で顧客が激減し売上が低迷したことを受け、祇園女将が作るおばんざいを日常使いのお惣菜としてキッチンカーで提供することにより、新たな収益の柱を構築し、既存店舗との相乗効果を図る。
新時代の石山名物 揚げみたらし・湖魚総菜販売新規事業 滋賀県大津市において、日本料亭と和風カジュアルダイニングを経営する会社が、新たに石山名物として、揚げみたらし団子と湖魚を使った総菜を販売するテイクアウト専門店を創業する。
琵琶湖畔で愛犬と泊まれるグランピング施設の開設 近年のグランピングブームや愛犬家の旅行需要に着目、琵琶湖の畔の雄大な自然を望むロケーションを活かし、 愛犬と泊まれる豪華なグランピング施設などワンランク上のドッグリゾートを目指す設備投資を行い、事業再構築を実現します。
飲食業から総菜の製造販売に業種転換する事業 現在の食事やお酒を提供する飲食業から、当店で人気のある総菜やソースを製造し店舗や通販で販売する事業へ業種転換する事業である。
彦根市等の課題を解決する強みを活かしたグランピング施設事業 滋賀県彦根市(ビワイチのルート上かつ彦根城から車で5分程の場所)にグランピング施設を作り、宿泊サービスを提供します。

提供する料理に関しては、当社の強みである新鮮食材、高い技術力などを活かし、質の高い食事を提供します。今回の補助事業の取り組みは、彦根市では初の取り組みです。観光客が泊まりたくなるような質の高い料理やサービスを提供します。

不採算スペースの活用 ホテルで24時間いつでもシュミレーションゴルフを提供する。 主たる事業のホテル業はそのまま継続し、利用していない宴会場をシュミレーションゴルフ場に改修して新たなサービスを提供する事業です。ホテルならではの優位性を生かして24時間いつでも利用できるシュミレーションゴルフという分野の市場に進出いたします。
飲食店から完全個室型漁師旅館への事業転換 飲食店からコロナ禍に対応した完全個室型旅館へと事業転換する。事業再構築を行うことで、当社の経営資源である漁師(ヒト)・旅館(モノ)・調理師(技術)・接客(ノウハウ)が強化され、この地でしか味わうことのできない料理と湖畔の旅館として、旅館及び料理店双方の価値が向上する事業である。
当社オリジナル商品「炙り⾁そば」を活⽤したイートイン・テイクアウト・デリバリー事業及びFC本部構築に関する事業再構築計画 当社オリジナル商品「炙り⾁そば」を活⽤したイートイン・テイクアウト・デリバリー事業およびフランチャイズ本部構築を⼤⽅針とし、①ブランドデザイン、②パイロット店の出店とプロモーション、③製造設備の導⼊、④フランチャイズ本部構築の4つアクションプランにより新規事業を推進する。
利用者ニーズに応えるプラスアルファのサービス付き最新IoTランドリー事業 ビジネスホテルのサービスと立地を活かし、最新IoTシステム対応コインランドリー事業を新たに開始し、既存事業とのシナジーを発揮しながら人口増加が著しい地域で共働き世帯やアレルギー症状に悩む人々に貢献する。
既存事業(飲食)の強みを活かしたテイクアウト専門店への新分野展開 コロナの影響で既存の飲食業売上は大幅減少した。コロナ前の売上水準に戻るには相当な時間を有する為、既存事業での強みを活用してウィズコロナに対応したテイクアウト専門店として事業展開し、事業の再構築を図る。
美味しさと健康管理を満たす「減塩冷凍弁当」の自動販売機販売 塩味に頼らない味付けと動物性脂肪を使わない「美味しく健康的な」冷凍弁当を病院(通院者向け)や介護福祉施設に自動販売機を設置し無人販売します。国民病といわれる「糖尿病」患者の食事あるいは予防食として大きなニーズがあります。
冷凍食品化による新たな市場進出と効率的ビジネス展開事業計画 高機能の急速冷凍装置等を活用して当店商品を冷凍商品化させ、最新デジタル技術を活用しながら、新たにネット販売市場へ進出すると共に、サービスレベルの標準化を図って効率的ビジネスにシフトする計画である。
飛沫感染症流行下においても持続可能な飲食店スタイルの構築 流通冷凍ピッツァの製造許可取得によって、アイドリングタイムの有効活用による生産性の向上と販売機会ロスの低減を図り、店内食の売上に過度に依存しない体制作り
自然の味を活かした日持ちする京のチルドおばんざいの開発・販売 コロナの影響を受け売上が減少し、新規顧客開拓は喫緊の課題。本事業で日持ちする京のおばんざいの新ブランドを立ち上げ、新しい販売方法(自販機・ECショップ)で新規顧客を開拓し、京のおばんざい文化を広げていく。
「鶏肉」×「フィットネス」によるコロナに負けない体づくりのトータルサポート事業 コロナ禍で高まる健康志向に対して新たにフィットネスジムを開店し、フィットネスジムでの運動と既存事業の強みである鶏肉を用いた体づくりや健康に最適な新メニューの販売を通じて、お客様の健康促進へ繋げる事業である。
運営するカフェの強みを活かした、無人カフェ併設型のコインランドリー事業 主力事業(鉄板焼店)の売上激減を受け、運営するカフェの強みを生かして、無人カフェ併設型のコインランドリー事業を手掛ける。カフェは、当店の人気メニューを購入できる自販機を設置することで、洗濯中に「カフェタイム」を楽しめるサービスを提供する。
地域の食卓からイノベーション、ちょこっとおかず配達事業計画 店舗で提供している商品をちょこっと化し、主婦や高齢者をおたすけ。

家庭の食卓へプラスアルファを提供します。

情報に疎い消費者へデジタルサイネージを通じて〈ちょこっと商品〉と配達サービス情報をお届けします。

嵯峨嵐山から世界へ!京の伝統を伝えるお土産クッキーの創出展開 嵐山のカフェ「嵯峨野湯」でコロナ禍のカフェサービスとしてお客様に無料提供してきた手作りクッキーを、土産用販売製品に転換するための設備投資を行います。クッキー缶はそのまま使用できるデザインで差別化を図ります。
旅館ホテルの新たなシフト管理ソフトで働き方改革を推進する 旅館ホテルにおける人材の効率配置、「ムダ・ムリ・ムラ」の解消による働き方改革を実践するため工数管理を活用したオリジナルシステム開発し、全国の旅館ホテルへ販売する。(宿しごと)
既存事業で培った豆腐製造の技・ノウハウを活かした豆乳、おからを使用した洋食系料理の専門店「ソイ・カフェ」事業による新分野 既存事業(湯豆腐料理店)の運営が大幅に落ち込んでいる状況下、当該事業で培った豆腐製造の技・ノウハウを活かし、豆腐製造過程で作られる豆乳、おからを使用した洋食系料理を専門に提供する「ソイ・カフェ」事業で再構築を図る。パーソナルスペースを確保したオープンスタイルのカフェとする。
日本工芸品に特化した、ライブコマースを柱とする越境EC事業の拡張 コロナ枠で既存宿泊事業は大打撃を受け、将来の見通しが立たない状況となり、日本工芸品に特化した越境EC事業へ業種転換する。自社物件をギャラリー・スタジオに改装し、中国向けライブコマーズを主とする越境EC事業を拡張し、収益事業の柱とする。
手作り・日替わりの高品質弁当を提供するテイクアウト専門店 既存の中華料理店「ムゲン食堂」のブランドを活かし、昼は手作り・日替わりで毎日売切りのハイクオリティ弁当を提供するテイクアウト専門店、夜はスタンドスタイルの小皿中華の新業態の店舗を新規開店する。
ギフト商品を法人向けにECサイトにて展開 当社は、滋賀県にて創業から20年以上(累計)経っている不二家のフランチャイズとしての洋菓子販売者飲食店向け設計及びプロデュース、美容院などを行ってきた。しかし、新型コロナウイルスの影響により客足が伸び悩み、顧客が他社のECサイトにて購入するなどの事態が発生している。そこで、当社も創業から行ってきた不二家のフランチャイズとしての洋菓子販売をECサイトにて法人向けに行おうと考えている。
コロナ禍のニーズを狙え!3事業展開による高収益セントラルキッチン コロナ禍で客足が大幅に減少した宿泊施設を改修し、大規模な調理・生産能力を持つセントラルキッチンにすることで大手百貨店のオンラインショップ販売と地域高齢者への宅食サービスを展開。また、地域の交流を活性化させるコワーキングスペースも併設する。
焼肉店が営業する女性向けヘアカラー専門店の開業 計画している新事業は、ヘアカラー専門の美容室の開業です。

主に白髪染めのニーズに対応した業態で、短時間( 30 分程度)の施術と、リーズナブルな価格帯が支持されている業態で、コロナ禍でも底堅い市場動向が確認されています。

”近江八幡初”地元材料にこだわった完全個室サウナ経営による新分野展開 ブライダル事業と宿泊業を営む当社が、新たに旅館の宿泊者や地域住民を対象に滋賀の魅力を体感してもらう新事業の一環として完全個室制のサウナ風呂業を行う取組。これにあたり新規物件の取得及び改装を行う。
最新の氷感技術を用いた高品質熟成肉,魚介料理の提供 積み上げてきた食品の扱い方と最新技術を生かした新製品「熟成料理」を導入し、焼肉以外の形でも高品質の料理を提供して集客を見込む。これにより、コロナ禍で客足が遠のいた現状を打開する。
コーヒー豆をその場でオーダー焙煎して販売することによる新分野展開 コロナ禍により来店数が激減している喫茶店経営に大きな被害が出ているが、自家焙煎豆の販売という新分野展開をすることにより、コロナ禍でも増加しているおうちカフェを楽しむ顧客をターゲットに売上の増加をはかる。
自動販売機活用型、ポストコロナ社会に適応したシェフ直送自動レストラン事業の開始。 自社の経営危機を乗り越える為だけでなく、ポストコロナ社会の生活様式にしっかりと対応できる安心安全を担保した自動販売機を活用した惣菜の販売サービスにより、地域の方々の豊かで健康な食生活への貢献の実現を目指す、新分野展開計画。
冷凍つけ麵自動販売機設置計画 冷凍つけ麵自動販売機を現店舗敷地内玄関横と旧店舗敷地内玄関前2カ所に設置し、本事業用に新たに製造した冷凍つけ麺(加熱が必要な半製品)を24時間365日体制で無人販売を行うものである
老舗牡蠣専門店が行う、テイクアウト・デリバリー事業 当社では店舗の設計により、テイクアウトやデリバリーに参入できませんでした。しかし、ウィズコロナの生活様式に対応するため、店舗の改築を行いテイクアウト・デリバリー・ECサイトでの販売を行うとともに、イートイン事業の業務の効率化を図ります。
飲食店の味を家庭で楽しめる中食分野進出のための真空パック包装機導入&専用工場設立 新型コロナウイルス感染拡大に伴う居酒屋店舗の時短、休業要請に協力した結果、売上が大きく減少した。そのため、休業中の店舗を撤退した上で、真空パック包装機や中食部門専用工場を導入し、需要が期待できる中食向けにA4ランク焼肉セットや仕出し弁当などをデリバリーにて販売できる体制を構築する。
宴会業務の縮⼩にともなう、貸切⾳楽スタジオとデザイン業務の開始 団体宴会の需要縮⼩にともない、店内を改装し、少⼈数で貸切利⽤可能な⾳楽スタジオと、これ

までに培った技術を⽣かした印刷物やウェブサイトのデザイン業務を開始する。

バー営業経験を活用したキッチンカーによるテイクアウト事業への新分野展開 新型コロナウイルス感染症により顧客の大半を占めていた外国人観光客の激減を受け、全国各地のクラフトビールと、当店人気メニューのポテトをキッチンカーにて提供することにより、新たな売り上げの柱を構築する。
京都吉田を元気にする!!地域交流の場となるイベントスペース付きカフェ事業 既存事業では古い京町屋をリノベーションしゲストハウスとして宿の経営を行っており、京都吉田の町で地域に密着した経営で旅行予約サイトでも高い評価を得ている。新事業においては、地域に根差した経営体制を活かしイベントスペース付きカフェ事業を開始し、コロナ渦で元気がなくなりつつある吉田の町に再び活気を与える事業を開始する。
伊根町の伝統的建造物群等の空き家を守り・直し・繋ぐ 家守事業への新分野展開 京都北部にある舟屋群で有名な伊根町。現在は、人口が2000人を下回り、空き家は約200軒ですが、20年後には人口はおよそ半分になると予測されており、空き家も倍増する可能性があります。本計画では、舟屋群のある地区に、町内で初となる不動産事業を開始し、伝統的建造物群を維持、保存すると共に、町内や近隣市町の増加する空き家を適切に、改修、流通させ、関係人口や移住者を増やす取り組みです。
ナイトクラブからアートと食の融合スペース、カフェ事業への挑戦 「プルドポークサンド」をメインにファーストフード系のハンズフーズ商品を多く取り揃え、定期的なアーティストとのコラボレーションを行うことでアートとの融合を果たす。また、独自のカルチャーを発信することで新たな顧客体験を創出する。
地元商店と協調した冷凍自販機で小倉駅から地域活性化を図る 駅前再開発が望まれる、近鉄小倉駅構内で、新たに小規模店舗を開業。同時に、冷凍食品自販機を2台設置。一台は自社商品を販売、もう一台は地元飲食店と協調し、地元飲食店の商品を販売する。
京丹後間人・料理人のいるプライベートヴィラ(貸別荘)創業計画 京都府京丹後間人にて、1日1組限定のプライベートヴィラ(貸別荘)を創業。料理人を管理人とし、宿泊者に京丹後の豊富な旬の食材を使った料理を提供したり、宿泊者と一緒に料理作っておもてなしをする。
世界で戦ってきたプロのダンサーによるレッスンとリモートに対応したブレイクダンススタジオ コロナの流行で来店客が激減した既存事業である飲食業(寿司屋)の売上減少を補う為に、新規事業としてリモートに対応したブレイクダンススタジオを開設して事業基盤の強化と収益の確保を図る。
複数の販路を持つヌン活カフェ 自社の強みを活かしアシェットデセール(皿盛りのスイーツ)を提供するヌン活カフェに挑戦する。テイクアウト、催事、通販と複数販路を同時展開することで店舗に行けなくても幅広いお客様に満足していただくことが可能となる。
鶏の唐揚げをメインとして総菜などのテイクアウト事業と完全予約制個室居酒屋の事業化 大型居酒屋から空き家をリノベーションした小規模店舗への変更。先端的なデジタル技術を導入し全ての動作をアプリから一括にできるようにする。一階では鶏のから揚げをメインとして総菜や弁当のテイクアウト、二階は完全予約制の個室居酒屋への業態転換。
よかっと醤(食べるラー油)を用いたテイクアウト専門店とネット販売による飲食店経営の持続化戦略 中国料理店にて提供している担々麺、麻婆豆腐の香辛料を基に開発した食品「よかっと醤」(食べるラー油に類する食品)を用いた料理のテイクアウト専門店および当該食品のネット販売を新たに手掛けようとするものである。
「街中」から「地元」へ「待ち」から「攻め」へ高齢者向け宅配・テイクアウトの新分野進出事業 当店はミシュランのビブグルマンに選出された「釜めし割烹」ですが、コロナ禍で観光客が激減し、売上も激減。今後も不安定なので、ターゲットを観光客から地元客にシフトし、将来的に需要が望まれる高齢者配食事業に挑戦していきます。
ラーメン店から生産性の高い酵素風呂・よもぎ蒸し事業への転換 既存のラーメン店事業を廃業し、新たに生産性の高い酵素風呂とよもぎ蒸しを中心とした健康促進事業に参入する。
「から揚げ」弁当を中心としたテイクアウト専門店への変更 2014年あげあげサミットという揚げ物日本一を決めるイベントで、全国1位に輝いた「から揚げ」を中心にテイクアウト専門店へ変更。新メニュー商品も開発し、最大の強みである味のよさを生かして、テイクアウト専門店への業態転換を行う。
新型コロナウイルスの様な有事にも対応できる強い飲食店舗の構築 今までは大型店舗の特性を活かし、大きな宴会や結婚式の二次会といった収益性の高い部門を収支の中心で経営していましたが、新型コロナウイルスの影響により、宴会が激減し低迷しております。このままでは雇用も継続できず、事業の危機ですので事業を再構築すべく、弊社の屋台骨の1店舗のSUNNY(中京区三条木屋町東入中島町105タカセビル9F)を閉店し、弊社の考える「強い飲食店舗」を構築する。
日本酒専門店が創るオリジナルギフト商品の製造販売業への新展開 京都で日本酒専門の飲食店を展開しているが、コロナ渦により来店客が激減。

状況を打開すべく、日本酒に関する豊富な知識と飲食店でのメニュー開発のノウハウを生かし、真空フライヤーを利用したオリジナルギフトの製造を行う。

有名パンコンサルと大手食品業者との協動による次世代のパン(料理人×パン職人)の提供にてパン屋の課題解決を目指す 1事業体制を脱却すべく、既存従業員のスキルも活かせる“パン事業”において、美味しいパンの中に絶品料理を掛け合わせた“次世代パン”を提供。

パン屋の課題である①収益力改善(集客力を高める幻想的空間の中での独自性商品の提供)、②労働環境改善(深夜早朝勤務の削減)を目指した今後必要とされるパン屋の展開。

地域の問題解決に貢献するカフェ・イベントスペースを併設したコインランドリー事業 コロナ禍の減収を回復させ継続的な安定収益を確保するため、月極駐車場の空きスペースを利用してカフェ・イベントスペース併設コインランドリーを開業し、地域が抱える住宅・高齢化・近隣農家の販路減少等諸問題の解決に貢献する。
ミシュラン星獲得京料亭の、総菜など物販加工品製造・販売へ 当社は今まで、80年以上の歴史を持つミシュラン一つ星の京料理店として成長を遂げてきたが、コロナの影響により大きな打撃を受けた。そこで、これまで培った調理技術と知名度を活かして、新たに物販加工食品市場へ進出する
関西屈指の人気イタリアンレストランの、食品通販、テイクアウト商品開発へのチャレンジ 今まで、関西屈指の人気イタリアンレストランとして成長を遂げており、全国の顧客に選ばれている。これまで培ったブランド力、商品力を活かして、新たに食品通販市場、テイクアウト市場への進出を図る。
国際競争力の高いクラフトビールの開発・DtoCを含む販売事業 レストラン事業からクラフトビールの開発・販売事業を新規に開始する。国際的な評価・ネットワークを活用した海外展開や、国内のDtoC販売も行い、地理的な制約を超えた顧客層・経営体制を確立する。
大衆店から京会席専門店へ 自社の強みを活かし変革 飲食店は今後、少人数利用が中心になると想定される。現在4部屋あるが大部屋が多く、個室・分割利用が可能なように改装する。強みの調理技術を生かし、高品質な空間で京会席料理を提供することで顧客満足を高め、売上のv字回復を図る。
嚥下障害を抱える高齢者のための嚥下食弁当の製造・宅配事業の展開 コロナ禍で仕出し弁当の製造・宅配事業が低迷する中、高齢化の進展により嚥下障害を抱える人が増加している機会を捉え、嚥下食弁当の製造・宅配事業に乗り出すことにより、ニッチ分野でのトップシェアを目指す取り組みである。
老舗飲食店の強みを活かした食品製造・体験プラン提供による再構築 新たな3密を回避した店舗仕様でも調理ライブ感のある飲食店舗、郷土料理調理体験+観光情報スペース、食材の鮮度を保てる冷凍設備を導入し、新たな顧客を店舗誘導するとともに、自社の調理技術を用い冷凍商品を開発し、全国へ販売する。
新工場開設による製麺業の開始及び『京だしレトルトカレー』等の製造販売 現状、うどん・そばの飲食店の業績が新型コロナウイルスの影響で大きく悪化していることから、新工場を開設し、製麺業の開始及び『京だしレトルトカレー』等の市販用食品の製造販売を行って収益性の改善を図る。
歓楽街でのダイニングバーから、住宅エリアでのパン工房への転換 計画している新事業は、京都府宇治市を商圏とする創作パンの製造・販売店の開業です。培ってきた調理技術を活かし、ご自宅にてお酒とのマリアージュを楽しんで頂けるパン商品を開発し、コロナ禍以降の内食・中食需要を捉えた新業態に転換・挑戦して参ります。
宿泊型ワーケーション施設とEC の融合 ~京都の伝統を世界に~ 訪日外国人客に依存した事業の見直しを図る。ゲストハウスとしてオープン予定だった施設を「宿泊型ワーケーション施設」、そして伝統工芸品を展示する「アートギャラリー」にし、伝統工芸品をEC販売することで新たな顧客の獲得と単価アップを図る。
「高級和牛(赤身肉)+秘伝のタレ」のECサイト販売 本事業では、高級和牛(ヒレ・シャトーブリアン等の赤身肉)を中心に、秘伝のタレ(60年歴史ある)とセットで焼くだけで食べていただけるようカッティング(切れ込みを入れた状態に)し、専用機器を用いて真空包装・冷凍保存し、新鮮な状態でお届け(クール便で配送)する。
直前予約に絞ったホテル宿泊予約サイトの新設による事業再生 コロナ禍により当ホテルも売上が80%以上減少しました。そこで京都・大阪のホテル業の再起の手助けにもなる直前予約に狙いを絞った新たな宿泊予約サイトを立ち上げてV字回復を図ります。
温泉宿からファスティング・オンラインヨガを加えた体験型宿泊施設へ コロナ禍の影響を受けやすい宿泊業から、オンラインのサポートを含む、オンラインヨガ・ファスティングを加えた、体験型宿泊施設への展開で、事業再構築を行い、安定した売上確保を目指します。
京都府内の提携農家と連携した生鮮野菜、おばんざいの製造販売による地域需要に即した買い物弱者支援事業 京都府の清水エリアは観光業として有名であるが、昔からこの地で住む住民も多く高齢化も進んでいます。高地なため、買い物は坂下のスーパーまで往復しなければならないため、この住民をターゲットとした農作物の販売、中食に対応する加工食品の製造を行う。
食へのこだわりに地元食材で応える惣菜等の製造小売・卸売事業 地元の畜産・米・耕種農家と提携し調達した高品質な食材を使用した惣菜等製造小売卸売事業を計画しております。提携先の拡大と安定供給が主な課題でありますが、解決策として既存の提携畜産・米農家及びJAからのご紹介、供給支援をお約束頂いております。
コワーキング機能付宿泊施設「オフィス長屋」 コロナ禍に伴うワーケーション市場拡大の流れを踏まえ、既存宿泊等施設(はる家 ならまち)に近接(徒歩1分)する別館施設としてワーケーション滞在の新規獲得に特化したコワーキング機能付宿泊施設「オフィス長屋」を開業し、新分野展開を行う。
飲酒に替わる新市場を開拓する、有機高級ボトリングティー製造販売 完全無農薬の有機日本茶から、煎茶を非加熱低温で抽出しボトリングティーとして製品化します。食事とともに高付加価値ボトリングティーを楽しむティーペアリングを高級飲食店に提案し、飲酒回避の流れが加速する飲食市場に参入します。
インド料理店の空き時間を活用したヒンディー語・インド料理教室 コロナ禍で減少したインド料理店を回復する為、インド出身の私が直接指導する本格的なヒンディー語・インド料理教室を開講。飲食業と相乗効果を高めて、店舗稼働率向上、売上規模拡大、経営基盤の強化・安定を実現する。
190年の老舗旅館の可能性を広げる貸会議室事業への挑戦!! 当事業は、当旅館の隣地で駐車場として利用している土地(約40坪)に床面積約95㎡の会議室を新たに建設する。宿泊施設としての機能だけではなく、貸会議室機能を持つことで、当旅館の宿泊利用者だけに限らず、貸会議室のみの利用者にも広く活用して頂くことで、新たな需要を掘り起こす計画です。
ナイトクラブからカフェ・ダイニングバーへの事業転換 食物アレルギーをもつ方や健康志向の方に「安全・安心・美味しく」をコンセプトにグルテンフリーの飲食物を提供できるカフェ・ダイニングバーへと事業転換する取組みです。
祇園発、スイーツ路面店の新規出店とEC販売、教室併営による地域活性化 開業をしたスイーツバーがコロナ禍の影響を受けている。新たに京都・祇園地区でスイーツ専門路面店を開業してEC販売も行うと共に、お菓子教室とそのリモートレッスン、レンタルキッチンの複合経営を行うことで地域の活性化に貢献する。
老舗旅館の板場で作る京料理EC販売と京都初「クロッフル」テイクアウト店を展開 「京都の老舗旅館の板場で自ら作ったサスティナブル商品(本物のプロの味と技)を必要な人に必要なだけ届けたい」というコンセプトで京料理のレトルト食品と伝統工芸品(陶器・漆器等)のEC販売を行う。併せてその情報発信基地としてアンテナショップを新設する。さらに、京都初進出となる「クロッフル」専門のテイクアウト店を展開し、宿泊以外の売り上げを確保する。
ポストコロナ社会の新たな日本食文化への貢献!惣菜製造業と蕎麦業態への新たなる挑戦事業。 新たに蕎麦屋業態及び多角的なセントラルキッチンを構築することで、ポストコロナ社会に対応できる「高品質且つ安全性の高い食提供」を実現し、新たな事業領域へ進出を行い、弊社経営危機を打破する計画。
有形文化遺産登録の老舗旅館によるワーケーション利用客の取込みと法人取引先の新規獲得 京都市で創業200年の旅館業を営む当社が、国の有形文化財に選ばれるほど日本文化を体現する建屋を改修し、新たにワークスペースとイベントスペースの運営を行う。これにより、新たにワーケーション利用のビジネスマンや自社商品を風情溢れる雰囲気の中で販促活動したい法人を取り込む。
協力企業と連携したベーカリー事業の迅速なFC展開 コロナ禍によって居酒屋事業の売上が激減するなかで、持ち帰りの出来るベーカリー事業を新規に立ち上げる。FCという形で協力企業のノウハウを得たうえで、当社独自の工夫を加え、多店舗展開を迅速に実施する。
旧皇族別邸旅館の京懐石料理と伝統的食文化を国内外の富裕層に向けて「指導・交流・試食」する事業 東伏見宮別邸として建てられた当館が誇る京懐石のワークショップを通して、「日本の食文化」を体験(指導・交流・試食)できる場を提供する。また本物の京料理を国内外の自宅で再現できるようレトルト食品化し、ECサイトを通じて国内外に向けオンライン販売し、京都が誇る「仕出し文化」を世界に拡げる事業を行う。
無添加・無化調のフローズンフード、焼肉店が手掛ける精肉店 精肉店として精肉と地元素材にこだわった無添加・無化調のフローズンフードを製造販売する。店頭とECサイトで販売し、SNSを活用したリアルタイムの宣伝活動で近隣住民と全国のネットユーザーに販路を広げる。
京丹後の豊かな自然、海産物を活用した集客施策と水産加工事業の開始 三密を回避できコロナ禍で人気の釣り船業を開始する。また釣り船利用客専用の宿泊プランを提供し、新たな宿泊需要を掘り起こす。さらに水産加工事業を開始し、京丹後のおいしい海産物を全国に届け、売上向上を狙う。
京都屈指の名店の味を全国に届ける通販向け食品製造ラインの開発 コロナ禍で外食市場が落ち込む一方で、自宅でも外食気分を楽しめる食品EC市場が拡大化している。弊社が京都を代表する懐石料理の名店として高級食材の巣ごもり需要に応え、特別感のあるお取り寄せグルメの製造を新たに行う。
自社立地上の優位性を活かした、新規顧客層ファミリー層獲得を狙うグランピング事業 当社運営ホテル3施設(ホテル亀岡、ホテル洛西、ホテル大津)の内、ホテル亀岡の売上回復施策として当ホテルの立地と京都府の観光ブランディング「森の京都」との相乗効果を狙い、グランピング施設の新規建設及び既存施設の改修を実施し、新たな顧客層であるファミリー層をターゲットとしたグランピング事業を行う。
若者が気軽に立ち寄れる割烹料理店「Casual kappo it」の開店 コロナの影響で、店頭購入のお客様が減り、ニーズを収集する機会が減少した。商品の開発や改良ができず、ニーズに応えることが困難になったため、顧客ニーズを収集する場として、割烹料理店を開設する。
~記憶に残る辛さと旨味~ハバネロソース&カフェ事業 オリジナルハバネロソースの開発・製造・販売。京都で著名な蒸留酒技術者であるアレックス・デイヴィス氏との協業のもと、その発酵技術と知見を取り入れた試行錯誤の末、3か月間の熟成を経て「記憶に残る辛さと旨味」を持つソースが誕生。関西地域・全国規模での拡販を目指す。
(特殊冷凍)惣菜製造工場創設と初めてするテイクアウト販売(弁当と惣菜)の開店 創立以来、食べ放題飲み放題の飲食店営業を行っていた弊社は、新型コロナウィルスの影響を受け売上が減少し、継続が難しい状態です。2019年から始めたMR向け高級宅配弁当は好調なので、新工場を創設して冷凍弁当・冷凍総菜を製造、テイクアウト販売も新しく始めます。
テイクアウト商品の販売と、若者ニーズを捉えた少人数向け店舗の展開 コロナウイルス感染症のような不測の事態や、宴会ニーズの減少をカバーすべく新店舗を展開する。また同時に、コロナの影響により縮小が避けられない飲食業界で次世代を担う若手を育成し、地域経済に貢献する。
既存店舗の改装による高単価型の飲食店への事業転換 これまで仕出し店として持ち帰り・配達専門の料理屋を営んでいた当店が、既存店舗を改修し店舗内飲点へと事業転換を図る。拡大・市場ニーズが見込める事業態に主たる業務を移すことで既存事業の強みを活かしながら収益率の高いサービスを提供し、事業の再構築を目指す。
兵庫県産最高級山田錦を使った日本酒ペアリングコースを提供する、農家直営ガストロノミーオーベルジュ開発 既存事業の宿泊業(75宿泊業)に加え、コロナ渦における自然豊かな場所での飲食需要に着目した付加価値型の農家オーベルジュ(76飲食店)を新たに展開し、地域文化と新しい食体験を届ける。
インドの炊き込みご飯ビリヤニ料理店によるスパイス小売店の新展開 インドの炊き込みご飯ビリヤニ料理専門店が新規展開するスパイス専門小売店。あらゆるエスニック料理が作れるよう調合されたスパイスセットの小売業に進出して事業の柱を増やし、付加価値の増大と持続化を実現する
宇治観光の中心となるカフェ・日本料理店新規事業 宇治市において、物販を強化した特色のある日本料理店と、宇治川を渡る遊覧船とスイーツの両方を楽しめるカフェを開業する。近隣事業者と協力し販路拡大、イベントの企画により地域経済をけん引する。
スクリーンゴルフ(シミュレーションゴルフ) シミュレーションゴルフシステムを導入し、日本に居ながら、全世界190 以上の有名ホールをラウンドできるシミュレーションゴルフサービスを提供する。また、同店舗内最大12 名でのオンラインコンペおよび国内他店舗・海外ユーザーとのオンラインコンペが行える環境を提供する。
セントラルキッチン構築によるECサイトを活用した製造事業展開 セントラルキッチンを設営し、自社直営店舗へ加工食材、商品を配送する事はもちろん、本セントラルキッチンを活用し、宅食事業、OEM事業、EC物販事業を立ち上げ、食品類の製造・販売をデジタル技術の活用と共に行う。
納豆の地域名産物化へ!食品製造事業~おしどり夫婦の谷町納豆~ 創作和食料理店である味酒かむなびが、人気メニューである天然の納豆菌で発酵させた本格納豆を、大阪市にて30年ぶりの納豆製造事業者として地域に普及させることで、名産物化を狙う事業再構築事業。
就労支援農園との連携で地域貢献を意識した専門料理店への展開 既存事業は40~60代女性向けに居酒屋を運営している。コロナで夜営業が落ち込む中、新規事業はテイクアウトを取り入れ、就労支援農園が作る地産食材を使用した10~30代向けの鉄板焼と鍋専門店を展開する。
ニューノーマル時代に対応した飲食店への転換によるフードデリバリー事業への進出 デリバリー需要の取り込みで想定される調理増やフードデリバリー業者への受け渡しがスムーズに行えるよう店舗動線の見直し、改装を行うことで、調理者、従業員に負担をかけることなく、お客様のニーズにお応えできる環境が整います。
自社の居酒屋形態店舗を大幅改造して、総菜製造販売を始める新事業。 一膳料理の居酒屋形態店舗「店名:まつり小僧」を、持ち帰り専門の「総菜仕出し店舗」に事業転換して、昨年の3月末頃からの来店客の減少に歯止めを掛け、サプライチェーン毀損対応とする業容拡大事業。
異分野だが同顧客!飲食弁当店が始める顧客を活かした中古車販売 ラーメン店や焼肉屋、弁当店を運営する当社が、ミニバン需要の高まりに異分野であるが同じ「職人中心の顧客」を活かした中古車販売事業を始める新分野展開で、弁当事業の相乗効果も図る。
遊休スペースを活用した低リスクスモールスタート型飲食店の展開 日本屈指の観光スポットである伏見稲荷大社。参道エリアに建築予定の商業施設のエントランススペースに、4店舗のテイクアウト型飲食店を出店する。国内旅行の回復によって多くの集客が期待できるエリアではあるが、先の見通せないコロナ禍においても事業を継続していくため数坪の小スペースを活かした低リスクの出店計画を立案した。
『ALLURE MUSIC LABO』事業計画 ①レンタル音楽スタジオ、②音楽スタジオにて動画の録音録画配信サポート事業、③音楽スタジオ内にて現役ミュージシャンによる音楽教室(オンラインによる指導含む)
顧客の嗜好を捉えた提案型テイクアウト事業の構築 当店が計画している事業再構築は「顧客の嗜好を捉えた提案型テイクアウト事業」です。定番のメニューを提供するテイクアウトではなく、お客様の過去の注文履歴やご希望に合わせて個別の定食お弁当を製造、販売していきます。
「おうち時間を応援するスパイス専門店」展開事業 アフターコロナで増加する自宅でのスパイス需要、増加する在日外国人の食卓を応援するために、既存事業のレストランに新たにスパイス専門店を併設する事業
地域の居酒屋を法事会館と坊主居酒屋へ業態転換 ポストコロナで拡大する生活圏での飲食消費を取り込む為、地域の方々と当店を結びつけるストーリーとして、和食居酒屋を僧侶が営む法事会館および坊主居酒屋へ転換し売上拡大を目指す。
民泊から多機能施設へ 改修によるイベント開催やデリバリー等新分野展開 新型コロナ感染症により、外国人観光客が入国できず宿泊業が壊滅状態。3密を避け、感染防止対策をしたうえで、「心の癒し」と言う需要はこれから増えると思われます。コロナが落ち着いてからは婚活パーティーなどのイベント需要も増える見込みであり、またコロナ禍に於いては飲食デリバリー需要が拡大しております。現有民泊施設のスペースを一部改修によって、イベント開催や飲食デリバリー等新分野展開することができます。
既存事業で築いた飲食店間のネットワークを活かし、IoT機器を活用した大阪北区梅田エリアでの観光客向けの広告事業を展開する 大阪北区梅田で飲食店を経営しているが、コロナの影響で業績が悪化。ウィズコロナの経済社会に柔軟に対応するためにも、これまでの経営で築き上げてきた地盤を活かし、飲食店をはじめとした地元事業者と観光客をむすぶ広告配信事業に転換する。
酒類の提供制限下でも持続可能なレストラン店への転換 コロナ渦で苦境の居酒屋店が、①ランチタイムも営業可能な業態への転換、②テイクアウト・デリバリーに対応、③自社の強みを生かした差別化等を考慮した結果、新たにレストラン事業に進出し、売上拡大を図る。
日本初のジャンル!「タンドリーチキンステーキ専門店」を開業 コロナ禍において、既存事業が厳しい状況にある中、テイクアウト販売をメインとした、タンドリーチキンステーキ専門店を新事業として開業する。

インド料理のタンドリーチキンを、骨のない食べやすいステーキにし、日本人に好む味へとアレンジした。

日本では、いや、世界でも初であろう「タンドリーチキンステーキ」専門店である。

既存店舗を縮小し、WITHコロナに対応した店舗に改装する計画 宴会に使用されていた2階部分を4人用のボックス席が並ぶように改装し、ハイボールをセルフで飲めるよう各テーブルにサーバーを設ける。また、タッチパネルオーダーシステムを導入し感染予防対策を講じる。
しらたま・クレープ専門店〈しらクレ〉の開業について 現在の飲食店(居酒屋)では、時短営業・休業要請・酒類提供禁止等、本来の営業に影響を及ぼす可能性が今後も高い。そこで顧客ターゲットを学生まで拡大し、学生を好むスイーツ店を開業することにより新たな売上を確保する。
物販・ギフト販売を軸とした店舗スタイルへの移行 イートイン中心のコーヒーショップから、”歴史・ブランディング・実績・デザイン”を活かし、コーヒー・焼菓子などの物販・ギフトが売れる店舗スタイルへの移行に向けた商品開発および店舗内装の大幅改装。
都心でデイキャンプができる飲食事業への進出計画 コロナ禍でアルコール提供が制限されることによりバーの経営が困難となりました。屋上でデイキャンプやピラティス等のイベントができる飲食店に進出することで、コロナ禍でも安定した収益確保を目指します。
スペイン料理専門店による新しいそば屋の展開 ミュシュランガイドにも掲載されるスペイン料理専門店による、スペインと日本を融合した新しいそば屋をビジネス街に展開する新分野展開
アフターコロナ対応型中華業態の開発による居酒屋依存経営からの脱却! 弊社運営の居酒屋2店舗のうち休業中の1店舗をデリバリー、テイクアウトを備えた中華業態に変更。居酒屋、ラーメン、中華の3業態で飲食事業を再構築し、特定技能外国人の支援業務も合わせて、事業の安定運営を行う。
半生菓子テイクアウト専門店を展開し家庭に幸せ時間を届ける事業 既存店舗をリニューアルし、テイクアウト専門店「TSUTSUMI」として、人気の半生菓子新製品「バスクチーズ」と「ガトーショコラ」を店頭及びネットにて販売することで、新型コロナで暗くなった家庭に幸せな時間を作る事業。
ボディメイクを目指す人のセルフ鶏焼肉の新業態店舗の出店 コロナ禍に於いて一般的な飲食業は大きな打撃を受けているが、ジムなどに通いボディメイクを行う人は多く、彼らの要望としてボディメイクを実現する食品へのニーズは高い。当社はボディメイクに効果の高い食材を提供するセルフ焼肉業態を開発し展開することによりV字回復を目指す。
西日本初、テイクアウトスイーツ事業への業種転換 当店は現在飲食店を営んでいますが、コロナ禍による営業自粛・時短要請により売上減となっています。そこで本補助事業を活用し、新事業(コロナ禍でも成長が期待できるテイクアウトスイーツ事業)に取り組みます。
喫茶店を改修し、新たにテイクアウトサービスを行う事業再構築計画 コロナにより当店の売り上げが激減している。テイクアウト専用の窓口を設け、コロナ禍で激減したテイクアウト需要を獲得するとともに、近隣の住民、学生、会社員、及び、病院帰りの人々などに顧客層を広げ、新たな収益が得られる様、事業を再構築する。
飲食業のノウハウを活かした小売りによる方法でのカヌレ販売事業への展開 コロナ禍による売上激減の打開策として、収益の見込める小売りによる方法でのカヌレ販売を実施する。カヌレ製造の技術向上と、量産化を実現させ、商品のブランド化を目指す。また飲食業との相乗効果を図る。
コロナで疲れたママを応援!癒しのエステサロン事業 既存事業が新型コロナウイルスによる厳しい状況からのV字回復のため、15年の経験の当社にしかない効果を実感できる「コロナで疲れたママを応援!癒しのエステサロン事業」に新たに取り組む。
テイクアウトとデリバリーをメインとした”鶏の手羽先専門店”の新規出店でV字回復計画 「鶏手羽先の唐揚げor蒸しをメイン商品とし、テイクアウト・デリバリーをメインとした販売による収益向上計画」を行う。新店舗を構え、スーパーやお弁当屋の唐揚げと差別化を図り売上のV字回復を図る計画
オープンテラスのあるライブハウス 看板メニューのエスプレッソコーヒーは当店創業時から評判がよく定番の人気のメニューである。コロナ収束後に同業他社との差別化としてオープンテラスのあるライブハウスに転換するものである。
複数同時施術!ワンストップ型全身メンテナンスサロン事業の展開 激減した既存売上をV字回復すべく、新型コロナ対策に配慮した癒しの個室空間で、脱毛、エステ、美容、リラクゼーションサービスを同時かつ複合的に行うワンストップ型の全身メンテナンスサービスを実施します。
参鶏湯専門店が魅せるセントラルキッチン・通信販売へ新分野展開 夜営業中心の参鶏湯専門店を続けてきたが、新型コロナウイルス感染症の影響で会食や酒類の提供時間が制限される等、売上減少が著しい。セントラルキッチンを新設し作業効率アップ、通信販売へ進出し、業績回復を図る。
宿泊業から美術品販売、輸出を手掛ける、美術品輸出業への事業再構築 コロナ禍でインバウンドからの宿泊業での売上が激減したため、経験を生かして美術品輸出業を新たに立ち上げ、日本等の骨董品、美術品の輸出及び販売を行うための倉庫の改修を行い、本格的な事業として体制を確立させる。
ケーキ及び洋菓子テイクアウト店舗(ブース)新設による新分野展開 心斎橋にて大型イタリアンレストランを経営していたところ、コロナの影響で会社関係及びパーティー・ブライダル等の需要が激減している現況の下、レストラン一部を改装し、新たにケーキ及び洋菓子のテイクアウトブースを新設することにより、3年間の事業計画終了時点で当該売上高が総売上の10%以上(目標30%)となる新分野事業を計画する
築80年以上の建物をリノベーションした小規模ラグジュアリーホテルの多店舗展開 弊社は飲食店 Bar キリを運営しています。新型コロナの影響で休業が続き大きな影響を受けています。一方で弊社は社長が宅地建物取引士や旅行業務取扱管理者の資格を取得しており、事業を再構築する第一弾として、小規模ホテルを運営し最終目標は不動産事業に展開します。
グルメブランドに関するグローバル展開を支援する「グルメトレード事業」 海外進出計画で経験した「グローバル展開に関する課題」に対し、当社が持つ、食に関する知見とブランディングノウハウ、海外事業に関するネットワークを集結させることで新たなビジネスが成り立つと確信している。当該ビジネスモデルをシステム化し、新たな事業基盤として確立する。
通販・テイクアウト主体の韓国料理店による大胆な事業転換 既存事業で培った、仕入ネットワークと飲食店経営という当社の強みを生かし、通販・テイクアウト・デリバリーに対応した韓国料理店を開業する。そして、飲食サービスの新たなロールモデルを示す。
デジタルと空き家の活用で切り開く、障がい者グループホーム事業 焼肉事業に次ぐ事業として、弊社代取妻の介護経験、資格を活かし、いま大きな社会問題となっている「戸建ての空き家」と「デジタル技術」を活用した、利用者にも従業者にもやさしい、ご家族にも安心していただける障がい者グループホーム事業をはじめます。
シェフが作る本気の冷凍食品! 当店及び同業他社のプロ料理人が考案した料理を真空包装機で真空状態にし、瞬間冷凍機にかけ、お店で提供する料理と同様のクオリティのまま冷凍食品化し、ネットショップと店頭販売を実施する。
自宅で本格韓国軽食を。Withコロナに適したテイクアウト事業参入と非接触型店舗展開 韓国軽食メニューを新たに開発、テイクアウト専門窓口を併設した新店舗を開店して今後も拡大が見込まれる中食産業に参入する。新店舗はイートインにも対応するがwithコロナ時代に適した非接触型の新しい店舗運営に挑戦する
子供の成長の多様なニーズに応える保育と障害児支援のワンストップサービス 既存事業から独立し、保育園事業の基盤を生かせる新分野展開として、児童発達支援と放課後等デイサービスを行う多機能型事業所を開設する。保育と障害児支援をワンストップで提供して子供の成長に関する多様なニーズに応える。
廃棄になっていた肉で商品開発を行い、ネット販売で全国にお届け! 現在廃棄(ロス)となっている牛タンの一部と黒毛和牛等の牛肉を使用利用し、 “ソーセージ・ハンバーグ”として商品化し、自社でネット通販サイトを作成しB to C、B to B問わず全国への販売を行う。
ウィズコロナ時代のキッチンカーによる配達弁当会社の新分野展開 コロナ禍で売上急減の旅行・イベント事業を縮小し、主たる事業の配達弁当事業を残しつつ、仕入ネットワーク等の強みを活かしながら、SNS世代をターゲットとしたキッチンカービジネスへ新たに取組む新分野展開です。
居酒屋事業から、地産地消の付加価値の高い寿司割烹への業態転換 コロナ禍で居酒屋事業の売上が半減しているため、晴れの日にご利用いただける寿司割烹に業態転換し、事業の安定化を図ります。また、魚・野菜を地元の市場で仕入れる地産地消と雇用の拡大により地域への貢献を果たします。
ポストコロナでも成長が見込めるフードデリバリーサービス事業への参入 来客を待っているイートインスタイルのたこ焼き店経営を改善すべく、ポストコロナにおいて拡大が見込まれるフードデリバリーサービス市場に参入します。デリバリー専門店の新設と自社便活用で5年後の売上170%を達成します。
居酒屋から最新脱毛機を導入した脱毛&フェイシャル専門店 最新機器を導入した脱毛とフェイシャルサロン専門店を始めます。「お客様の未来に寄り添う」をコンセプトとしており、カウンセリングをしっかり行うことでその人のコンプレックスに真剣に向き合い、最適な施術を行います。明るくてワクワクするような未来を創造し、そのことをお客様だけでなくスタッフも感動できるようなサービスにしていきます。
熟成魚・明石昼網の美味しい鮮魚寿司が家でも店でも楽しめる! コロナ禍においてビジネスモデル転換の必要性があり、居酒屋事業で培った魚介類の仕入れルートや調理ノウハウを活かして、大衆江戸前寿司のデリバリー・テイクアウト・店内飲食事業に新規参入する。
自家製石窯によるデリバリー・テイクアウトピザによる事業再構築 当社は大阪で飲食店を5店舗営んでいますが、コロナ禍における休業要請や時短要請の影響を受け売上が減少しました。コロナ禍でデリバリーやテイクアウトの利用者が増加しているため、自家製石窯で作ったピザのデリバリーを開始することを計画しています。
コロナ対策を意識した「お一人様向けラーメン店」への挑戦 居酒屋事業からアフターコロナで求められるラーメン店への新規進出。「お一人様向けラーメン店」の事業構築を行い、その結果、地域の経済に貢献し、雇用を創出する。
コロナ禍において市場拡大が続くクラフトビール外販事業への進出 本事業は、コロナ禍において当社事業継続力を強化する為、実店舗でのクラフトビールを中心とする飲食サービスを提供するビジネススタイルに加え、新たに自社でクラフトビールを製造することで付加価値を付け、仕入コストを削減すると共に、家飲み需要等に対応するためのビール外販事業への新分野展開を目指す事業。
コロナ禍で拡大する中食市場向け焼売・餃子の製造販売店舗の運営 新型コロナによる大きな被害を受けている既存事業から脱却し、需要が拡大する中食分野向けに焼売・餃子の製造兼テイクアウト店舗の運営へと事業を再構築することで、売上・利益の増加と付加価値額の向上を実現する。
南イタリア料理店が手掛けるイタリアワイン通信販売の新分野展開 イタリア輸入ワイン専用の自社ECサイト構築とSNSを活用した広告宣伝により、Eコマースでの販売拡大を図る。日本国内の広範囲の地域の消費者等を対象としたアフターコロナに対応した新たな事業展開をする。
お茶漬けにおける新ジャンル展開 現在は店舗内のキッチンのみで製造し、店舗内での飲食のみを行えるようにしています。

そのビルの5Fにキッチンを設置することによって、既存店舗でもお持ち帰りの需要をあげます。かつ、近隣の顧客様にも楽しんでいただくためにモールなども活用し、レトルト食品の配達飲食事業を行います。

おうちに本物の味を届ける生パスタ専門ゴーストレストラン事業 コロナ禍後における地方回帰の流れに沿うように、大阪府守口市をはじめとした郊外商店街において「多品種を扱うゴーストキッチン事業」を開始し、商品ごとの人の流れを生み出すことで、商店街の活性化を図る。
アフターコロナ対応型「少人数で楽しめる大人の鮨店」新規出店 居酒屋業態一本足経営から脱却のため、アフターコロナで需要が見込める4つのポイント(①少人数&短時間、②テイクアウト&デリバリー対応可能、③昼営業が可能、④小規模ローコスト経営)を踏まえた新業態として鮨店を出店。
キッチンカーで移動型カフェ事業へ展開 ~地域の親子に笑顔を~ 店内飲食でのカフェ経営からキッチントレーラーによる移動販売事業への転換を行うことで、店舗の来店を待つだけでなく、販路場所に捉われず移動して人が集まる野外に出向くことで新規顧客開拓を目指す。
コロナに打ち勝つ古民家を活用した小規模寿司店の新規出店 居酒屋業態一本足経営から脱却のため、アフターコロナで需要が見込める4つのポイント(①少人数、②デリバリーの対応、③ワインなどの物販併設、④小規模ローコスト経営)を踏まえた新業態として、古民家を改装し、自慢のワインセラーを備えたカウンターのみの寿司店を出店。
軽運動とランチを組み合わせた居酒屋のヘルシーサービス事業 居酒屋でのランチタイムを活用。近隣主婦層対象のお手軽エクササイズと健康に配慮したランチを組み合わせたサービスを提供しヘルシー人生をサポート。新規顧客を開拓しコロナ禍で減少した売上高のV字回復を実現する。
こだわりの上質な牛肉を使用した高級肉弁当の販売による販路拡大 当社の店舗で提供しているこだわりの上質な国産和牛を使用した高級肉弁当を製造販売し、弁当専門のインターネットサイト・SNS・チラシ等で情報発信を行うことで収益性を高め、販路を拡大する事業計画を立ち上げた。
会員制旬の料理とワインのペアリングスクール 「産地直送の食材」「世界各国のプレミアムワイン(酒類)」「大人気店のレシピ」を使用した他の飲食店や料理教室では提供することのできないサービスです。又、集客は完全会員制とし新たな市場客層の開拓を実現します。
居酒屋と新業態併設の相乗効果による経営復興計画 固定客の多い16年営業の居酒屋が営業時間短縮や酒類提供禁止等への協力で大打撃を受けたため、既存店舗を縮小しテイクアウト・デリバリー用厨房を新設して新業態に転換することで、相乗効果を追求して経営を復興します。
沖縄とマヌカハニーのコラボしたカフェで新分野展開を図る! 補助事業では、沖縄のフルーツと健康食品である蜂蜜(マヌカハニー)という独自性の高い商品を取り扱って物販とテイクアウトをできるカフェの営業を開始し、V字回復を図る。
ロス食材で新たな販売商品を生み出して、全国に向けてECサイトで販売。 ベテランイタリアンシェフが創り出す、ファストフード感覚でありながらも献立の一品として味わえる冷凍食品をEC販売と冷凍自動販売機で販売する。お子さんのおやつや宅飲みでのおつまみなど、様々な用途で食べられる商品を展開する。
キッチン付き撮影スタジオを新設し飲食業に特化した撮影事業開始 コロナによる酒類提供の自粛によりバーの売上が低下したため、飲食業のメニュー写真に特化したスタジオ撮影市場に参入し、売上低迷が続く飲食業界の集客力強化に貢献する。また、昼間帯への事業展開により経営のリスク分散を図る。
行列のできる町中華店が本格仕出弁当配送で、待ちから攻めに転換 店頭引渡しのみで売り上げロスを生んでいた高価格帯弁当を本格事業化し、冷蔵車両での配送対応、ネット受注するなど、体制を構築することで、待ち(外食)から攻め(中食)へ業態転換し、販路を拡大・売上増を図る。
お酒の飲めない人も大歓迎!次世代のカフェバー 昼はカフェ、夜はバーの業態で、ノンアルコールのカクテルを取り揃えた「次世代のカフェバー」を開業する。コンペティションで入賞経験のあるカクテル技術を活かし、お酒の飲める人から飲めない人にまで幅広い層に喜んでもらえる事業を立ち上げる。
デリバリー×キッチンカーのトランスフォーメーション 既存の2店舗に加えテイクアウトやデリバリーに特化した業態へ転換を行うため、専門店として3店舗目を出店する。さらにキッチンカーを導入し、自社による食品販売とキッチンカーのレンタル事業を開始する。
本格イタリアンレストランの人気メニューをテークアウトで提供する体制の整備 当店は食材の良さや優しい味が評価され、外資系ホテルの宿泊客や大阪市内のみならず土日祝祭日は京都・滋賀からも来店頂けるイタリアンレストランである。ポストコロナにおいても本格的なイタリアンをテークアウトで提供する事によりレストラン来店客の回復と増加も図り2つの販路の構築を図る
セントラルキッチン、キッチンカー導入によるデリバリー/テイクアウト事業の展開 セントラルキッチンを新たに設け、ヴィーガンスイーツ製作とチャレンジショップに対応する。デリバリー/テイクアウト販売および、キッチンカーによるに移動販売を新たに展開し、新規売上を創出する。
タイ&バリ料理をもっと身近なものに!~アジア料理カフェへの転身~ コロナ禍で業績の厳しい既存のディナー営業メインのタイ&バリ料理レストランから、アジア料理が手軽に味わえるスイーツ&ランチメニュー中心のカフェへの業態転換を図ります。
韓国惣菜テイクアウト併設型ラーメンコンビニ事業への業態転換 コロナ禍で苦境にある焼肉店を業態転換し、非接触型・省人化をキーワードとする日本初のラーメンコンビニ事業、並びにDX化・非接触をキーワードとする韓国惣菜のテイクアウト及び通販事業を構築します。
日本料理店が始めるポストコロナ時代の沖縄県読谷村宿泊事業 沖縄県読谷村にて、非対面認証システム導入という先端的なデジタル技術を活用した、ポストコロナ時代に即した革新的な「ベーカリーカフェ併設非対面型宿泊サービスの提供」により事業の再構築を目指す。
既存店のブランド力を活用した仕出し・デリバリー・通信販売の事業開発 セントラルキッチンの増設を行い、デリバリー・通信販売用冷凍商材の生産体制を整える。更に、宣伝広告をSNS・ホームページなどを利用することで、インターネット上でAIを使用したクラウドマーケティングを行い、顧客管理を明確化して販売促進活動を行う。
既存リソースの有効活用で新業態を開始し若年層の健康増進に貢献 昨今、健康志向が高まり、また若者を中心にSNSでの写真映えする画像投稿が増加している。こういった状況に対し、見栄えが良く健康的なベトナム料理を提供可能な店舗を出店し、若年層に食の楽しみを提供する。
空き倉庫を改装してスポーツ&洋風ダイニング事業展開 商店街の中にある元家具店の倉庫にビンテージ家具を配置して特色のある空間に改装し、ゴルフシミュレーション、フィットネス、洋風ダイニングの3事業を展開し、売上拡大と地域活性化を目指す。
既存の地鶏専門店にスパイスカレー店とバーを併設する新業態開発 大人数での会食や宴会需要の回復が見込めない状況で夜営業のみの大型の地鶏専門店を運営する事は困難なため、店舗を改装・縮小し、昼はスパイスカレー夜はバーの店を新たに併設することで売上の拡大を図ります。
ポストコロナにおけるタルト専門店を併設したカフェ運営事業 コロナの影響を多大に受けたカフェのランチや夜営業を縮小し、店内に店内にタルトケーキ専門店を併設することでテイクアウト需要を増やし、デザートタイムの需要を取り込む。
老舗焼肉店が挑む最高級ブランド和牛のオンライン販売事業 コロナ禍の影響で拡大する食品通販市場で有利を取るための経営基盤が整備できたことから、満を持してEC販売事業への経営戦略転換に取組み、被害が大きい焼肉店からの新分野展開を図ることで経営のV字回復に挑む。
カフェを併設し、エコ志向のアパレル商品を販売するコンセプトショップ ライフスタイルにエコを取り込むことを志向するブランドのアパレル商品を取りそろえたコンセプトショップを運営し、店舗イメージに合わせたコーヒーやスムージーを提供するカフェを併設する。
ニューノーマルにおける「発酵需要」を新たな収益源に コロナ禍による飲食店の売上減に対応するため、特徴的なコンセプトの店舗を立ち上げ、店舗の食材をECでも販売する仕組みを構築することで、リアル店舗での集客→ECでの売上というビジネスモデルを構築します。
飲食店経営から鴨肉のテイクアウト商品を提供するキッチンカー事業への業態転換 コロナ禍により弊社の飲食店の売上が激減した。そこでテイクアウト需要の高まりを受け、キッチンカー設備を導入して鴨肉・鴨卵を用いたメニューの提供サービスを開始し、新たな顧客と収益源を獲得する。
飲食店13店舗運営ならではの飲食店特化型清掃サービス事業への新規参入による事業再構築 今まで「鳥貴族」のフランチャイジーとして経営を行ってきており、13店舗の運営を行ってきたが、このコロナ禍において居酒屋事業の急速な顧客離れを受け、強みや市場分析をしたうえでまったく新しいチャレンジを検討し、今後日本でも海外でも伸びていく飲食店の店舗清掃業への展開をし高利益かつ外食産業の発展につながるような再構築プラン。
居酒屋のセントラルキッチンによる調理の効率化とデリバリー事業への進出 コロナ禍で既存の居酒屋事業の売上が激減している。2店舗の調理を統合するセントラルキッチンを導入しデリバリー対応できる居酒屋に転換することで、コロナ禍でも選ばれる店として新たな収益を生み出す事業に再構築する。
カレーに使用するスパイスをメインとした食品卸売業への参入 既存のネパール・インド料理専門店事業から、カレーに使用するスパイスをメインとした食品卸売業へ事業を再構築し新事業を展開することで新型コロナウイルス感染症の影響により打撃を受けた大幅な売上減少を回復するだけでなく、既存事業とのシナジー効果を実現させる計画。
フランス人に教わったフレンチカレーを無人店舗で冷凍販売する 自社で開発した専門店の味のフレンチカレーを、委託工場で生産し無人店舗で冷凍販売する。

直営店における運営ノウハウを蓄積して、さらにライセンス契約の業態として展開をしていく。

こだわりのくつろぎ空間を演出した癒されるガレージカフェ コロナ禍でも周りを気にせずゆったりとくつろげる上質な空間の演出と、健康的な食事の提供により「身も心も元気になっていただける」ような、広々としたカフェの展開を行います。
モバイルオーダーシステムを活用するたい焼き屋の事業再構築計画書 新型コロナウイルス感染拡大によって外出自粛増加、時短要請を受けたことで既存事業のたこ焼き居酒屋の売上高が急激に減少したことを受け、コロナ禍でも市場が伸びているスイーツ市場に進出し、たい焼き屋を展開します。非接触の購入体験を実現するモバイルオーダーシステムを導入し、コロナ禍に対応した事業を計画します。
若者のチカラで地元を活性化!もつ鍋屋の深夜アイスクリーム事業 若年層のアルバイトの発案で、今年ブームの深夜アイスクリーム持ち帰り販売事業をスタート。店舗の壁を撤去して「商品の受け渡し窓」を新設することで、宣伝効果を高めて売上増加を目指す。
美容向上およびオンライン映えに貢献するセルフ脱毛サービスの店舗 若い男性を中心に美容感度の向上が高まっている。本事業により男性向け美容市場に参入する。オンラインでの面談などが常態化し、見栄えは重要なポイントとなる。こうした美容向上要求を満たすため、最新設備とリーズナブルな価格設定により利便性の高いセルフ脱毛サービスに取組む。
カフェ事業から業態転換による グッズの印刷・販売事業の構築 現在主軸のボードゲームカフェ営業の売上減少対策として、クリエイト事業をもう一つの主軸として力を入れていきます。その方法として自社開発企画製品等を自社で製作販売できるようになるために、特殊印刷機器とレーザー加工機の購入を行います。それによりボードゲーム版の印刷や駒の製作、その他アップサイクルの取り組みについての製品や名入れなど幅広い製作が可能になり、新規の売上部門が立ち上がります。
魚市場をフードロスで活性化。フードロスをなくしテイクアウトの事業再構築 既存事業にて培った技術・知識を生かし、コロナ禍で大幅に需要が伸びたネットショッピング、持ち帰り、配達に特化した事業を新たに開始する。

完全非対面・非接触式のwebでの鮮魚の卸売・小売を新たに始める。またその鮮魚などを使用したテイクアウト販売専門のおにぎりサンド店の合計2事業の計画をしている。

オンライン化で世界に拡げる!異文化理解への「門戸」 コロナ禍により収益状況が悪化し、かつ家賃等の固定費が嵩む現行の宿泊業・飲食業から撤退し、パソコンと自身の身一つで稼働が可能な、オンラインでのバーチャルツアーと語学レッスン、コロナ収束後はそれらに通訳ガイド業を加えた3本柱の業務内容へと業態変更を行う。
ビジネス街の中華料理専門店から地域密着の大衆酒場への事業転換と新業態のブランド確立 企業の宴会需要に支えられてきたビジネス街の創作中華料理店から、本格的な中華料理をリーズナブルに楽しめる、ローコストオペレーションが可能な地域密着型の新業態へと事業転換し、大阪市周辺への多店舗展開を実現する。
県内では類をみない大人のデートに使えるお洒落な焼肉店を出店 焼肉コンサルの指導を受けながら、お洒落な高級焼肉店を出店します。カップルを主なターゲットとし、他店との差別化を行い、ラウンジとは異なった客層を取り込むことでコロナの影響を低減し売上の向上を目指します。
瓢箪山駅前で人気繁盛店ノウハウを踏襲した焼肉店の多店舗展開を目指す! コロナ禍、バーの店舗運営が厳しくなり、奈良県で3店舗を展開する、人気繁盛焼肉店のノウハウをそのまま駅前賑わう瓢箪山に移殖、自ら保有する人的ネットワークを生かし、地域コミュ二ティの場として、焼肉店の多店舗展開を目指す。
カカオと乳酸菌のパウダーで、健康で美味しい食体験を提供! お客様から多大な支持を集める『当店こだわりの特性チョコレート』の強みを活かし、チョコレートの店頭販売から『特性カカオパウダー』の食品製造業へ業種転換!コロナに負けない経営基盤をつくる!
飲食店経営ノウハウと広告宣伝力を活かした薬膳中華料理店への進出 コロナ禍での酒類提供制限や営業時間短縮等による、居酒屋(既存事業)での売上激減の危機を打開するため、飲食店経営ノウハウと広告宣伝力を活かして、健康志向の高まりで需要のある薬膳中華料理店に挑戦する。
沖縄の味を⼤阪にも届ける「ブルーシールアイス」専⾨店 「本場沖縄の味ブルーシールアイスの美味しさを関⻄でも伝え、癒しのひと時を過ごして

いただけるような」SNS映えもする、関西で希少なブルーシールアイス専門店の展開を行います。

国定公園内の原生生前の中で快適な時間を提供する宿泊事業 既存の飲食事業が入店規制や時短営業を強いられ、業績に大きな支障が出ている。そのため、主に夜間の稼働率を向上させ、売上の回復を実現するために新たに宿泊業を開始し、飲食事業との相乗効果による業績の向上を図る。
飲食・エステ業者がECサイトで日本産の美容商品通販事業を開始 コロナで売上減少する飲食・エステ業者が、代表者自身が追求してきた心と体の美容と健康に関する知識と経験を活かし、WITHコロナに対応すべく日本ブランドを発信するECサイトで美容商品通販事業を開始
焼き鳥屋から蕎麦屋への転身!低投資モデル×専門店需要のV字回復 今まで経営を続けてきた焼き鳥屋から、オーナーの強みを生かした「焼き鳥」×「そば」のランチ需要に向けた再構築計画。一気に店舗展開を実施することで完全に事業転換を図り経済成長に検していきます。
和食料理人が考案した美味しいご飯が炊ける『くらわんか竈』の製造・販売 料理人として34年間培ってきた知識・経験を生かし、今までにない新しい竈を考案。誰でも・どこでも簡単に直火で炊く「本格的な美味しい釜炊きご飯」が作れ、令和現代の暮らしに溶け込むモダンな意匠をあしらった移動式小型竈『くらわんか竈』の製造および販売を行う。
高知県に自社農園を~産直野菜の卸売・小売による新分野展開 高知県須崎市の遊休農地を借り上げ自社農園を開設し新たに農業を開始するほか、高知県内の規格外野菜を買い取って、大阪府下の飲食店向けに卸売販売を、一般家庭向けに小売販売を新たに開始する。
飲食店経営から飲食業を救う飲食コンサルティング業務への新事業参入 地元大阪枚方の地で飲食を新たに始めたいと思っている事業者などの飲食開業までのサポート業務や飲食経営に悩む事業者の経営改善などの支援業務を行う。内容としては事業計画、メニュー構成、原価計算、仕入業者紹介、店舗のデザイン、数値管理、経営改善、集客施策など飲食運営にまつわる全ての業務サポートである。
ウイグルの食文化をベースとしたハラール対応の冷凍餃子の販売 これまで培ったウイグルレストランの調理技術を活用し、ウイグルの食文化をベースとしたハラール対応の冷凍餃子の販売する。新型コロナウイルスの影響を受けた既存事業の減収分を補填し、全国に商品を提供できるチャンスを得る。
自家焙煎機を有効活用したコーヒー専門店としての業種転換事業 コロナ禍で更に高まった自宅でのコーヒー需要に対応するべく、喫茶営業からコーヒー専門店としてECサイトの構築とテイクアウトに特化する。感染リスクの高い喫茶営業をやめ、リソースを活用して業種転換する。
沖縄(石垣島)での長期滞在型ホテル事業の展開 石垣島での低価格ホテルの開設と運営
居酒屋のみの店舗展開から、新たなピザ業態へのチャレンジ! 居酒屋のみの店舗出店で、コロナウイルスで大打撃を受け、専門家の力を借りた市場調査が業態開発の末ピッツェリアへの転身を図る再構築計画
新規ブランド開発と出店、EC、デリバリー、ゴーストレストランの複合 既存事業である飲食店5ブランド資源を活用し、新規にプリンと唐揚げのブランドを開発し出店。

新旧ブランドミックスによるシナジー効果を狙い、EC、デリバリー、ゴーストレストラン、キッチンカー事業を展開する。

百貨店催事業から大阪土産を全国に発信するための冷凍食品工場新設と食品製造卸業への事業転換 百貨店での催事販売を中心に事業を行っているが、コロナの影響をうけ外出自粛要請等により現事業の売上が減少している。そこで、大阪名物の「たこ焼き」などを手作りで美味しく冷凍食品として業者に販売する卸売業を新たに展開し、飲食サービス業から卸売業への業種転換を図る。
コロナ後の新しい生活様式に適合した宅配・通信販売事業への展開 本事業では、これまで飲食店で提供してきた高級食材を利用した創作料理のノウハウをもとに、新たに加工施設を整備して家庭で家族や友人が集まる記念日やパーティーなどに利用できるオードブルなどを商品化し、コロナ後の新しい生活様式に適合した宅配・通信販売に取り組み、事業再構築を図る。
納豆を用いた新製品の製造・販売事業 発酵そのものに着目した新しい納豆製品の開発及び納豆を用いた化粧品の開発を行い、我が国を代表する食品である「納豆」で新たな価値を生み出すとともに雇用を創出する。
SNSをフル活用!映えるアンテナショップ戦略 アンテナショップ兼撮影スタジオにて、レディース雑貨販売と高級ブランドの中古品販売を行う。SNS好きターゲットのためのInstagram撮影スタジオ及びおしゃれカフェを併設する。
健康需要に向けた『ココロにもカラダにも心地いい洋菓子』を提供する地域密着店 当社は、主に企業様への給食事業を営んでいます。強みである技術ノウハウや商品開発力を活かして、新たに近年人口増加の著しい尼崎市にて『ココロにもカラダにも心地いい洋菓子』を提供する街のケーキ屋さんを開始します。
デリバリー・テイクアウトの開始! 新メニューの導入による、鶏専門店生まれ変わり事業 国産地鶏を扱う、大阪泉州地域の鶏料理専門店が、コロナ禍による売上減少をきっかけに生き残りを懸けて生まれ変わります。新たにデリバリー・テイクアウトを開始し、新メニュー(本格豚足・ホルモン料理)を追加します。
材料と大人の辛さにこだわった「てっぺん貫きカレー」を冷凍商品で全国へ! 創業30年のこだわりの材料で作ったオリジナル「てっぺん貫きカレー」を冷凍およびレトルト商品化してのECサイトや店頭・近隣の企業に置きカレーでの販売を目的とした新販路拡大するための新分野展開を行います
児童の未来を創る!ITに特化した療育を提供するサービス 対面での触れ合いを大事にできる障害福祉事業:放課後等デイサービスを展開します。パソコン教室のレベルではなく、プロで活躍できるスキルを学び、 経済的な自立、精神的な自立を目指し、IT技術習得の支援をします。
健康な体作り・在宅でも受講可能なパーソナルジム新事業展開 コロナの影響により宿泊業は苦境に立たされている。新たにフィットネス事業に取り組むことにした。日本ではフィットネス人口が年々増加しているが先進国に比べての参加率は低い、近年の健康意識の向上により需要はさらに高まると予想する。知識、ノウハウのある人材を生かして、パーソナルトレーニングジムを開業しコロナ渦の苦境を打破する事業を推進する。
非接触型テイクアウト専門ハンバーガーとバンズの製造販売事業 パンを仕入れから内製化へ変更。店頭販売とカスタムバンズに特化した卸販売で販路拡大。ハンバーガーはモバイルオーダーのシステムを導入しテイクアウト専門非接触販売する事業
神戸ビーフを使用した高級そうざいの類の製造及び販売 調理設備を導入してそうざい製造業許可を取得、焼肉店からでる神戸ビーフの端材を有効活用し高級そうざい商品を製造、販売する。
既存のしゃぶしゃぶ事業を縮小し、新分野として焼肉事業に進出する 新型コロナの影響を受け、今後も回復が見通しにくい「しゃぶしゃぶ事業」を縮小し、新型コロナウイルス感染症対策に効果的な換気設備を導入することに加え、セルフオーダーシステム導入による非接触サービスを提供することができる焼肉事業に進出する。
アクアリウムの癒しIoT技術で実現!高齢者福祉と障がい者雇用 高齢者福祉施設に対する「アクアリウム」の癒し提供を行います。アクアリウムの専門家と高齢者福祉の専門家からのアドバイスで得た知識やノウハウを蓄積し、IOT技術を使った新しいサービスを提供します。
鹿児島などの国産フルーツを使ったソフトクリーム・クレープの専門店 『スイーツで日常の少しのご褒美を自分に』というコンセプトでファミリー・学生等若年層をターゲットとした鹿児島を中心とした国産フルーツを利用した深夜まで開いているソフトクリーム・クレープ専門店
ラジオブース付きのカフェを新規開設 当社が賃貸する店舗用物件を改装し、ラジオ(配信)ブースを備えたカフェを新設します。
ビール専門店の知見を活かした自社ビール製造による船場地域の振興 35年以上の歴史を持つビール専門店の知見を活かしたビールを製造する。「船場ビール」という名称を使い、船場地域の認知向上、振興を担う。
飲食店×SDGs型シードル製造・販売業で共感マーケティング コロナ禍で苦しむ飲食店をカバーするため、酒類製造業を始め収益の複線化を図る。福島県に工場を建設し、周辺農家で生じる廃棄果実を原材料としてシードル(りんご酒)を製造し、自社店舗での販売・卸売等を行う。
足湯カフェ・物販(お土産)・宿泊・レンタル浴衣サービスを行う複合施設の運営による事業再構築 当社はコロナによるオフィス街の飲食店の来店客の減少に伴い多大な影響を受けた。新たに城崎温泉街で足湯カフェ・物販(お土産)・宿泊・レンタル浴衣サービスを行う複合施設を運営することで、一事業依存からの脱却と売上・収益の拡大を図る。
新事業として「総合スーパー(小売業)」及び「食品卸売業」の開業 自社ビル内に「総合スーパー」及び「食品の卸売業」を新たに立上げ、新たな顧客開拓を図り、事業再構築を図る
オリジナル燻製を強みに、飲食業から中食市場向け加工食品製造販売業へ挑戦 ウイズコロナ時代において市場拡大が見込まれる中食市場をターゲットに、独自の燻製作りノウハウを生かした燻製関連商品をワンストップで提供するための製造・販売事業に取り組み、売上拡大と収益につなげていく。
天空の城「竹田城」が眺望できるグランピング施設の開業事業 新型コロナの影響により、既存事業が大幅な減収となっている。そこで新たな事業として、最近人気のグランピング施設を立てる事業計画を立てる。関西ではまだ施設が少なく多くの需要が見込まれる。
食育と持続可能目標を付加価値とした、冷凍食品製造と食の総合プロデュース事業 大阪北新地の飲食店多店舗展開会社が、食品ロスと食育を付加価値にホテル・施設・病院・学校・企業などの法人及び高齢者・中高年向けに健康志向の冷凍弁当の販売をしていく事業に転換。食品工場を建設し、HACCP対応の食品設備を導入し早期に売上の拡大を目指す。
ITを駆使した低コストで生産性の高い無人対応型ホテル事業の展開 予約からチェックイン、スマートキーの発行、決済などITを駆使した無人対応型ヴィラリゾートホテルにより個人に依存していた人的サービス提供レベルのばらつきをなくす低コストで生産性の高いホテル事業の展開。
創業66年の歴史を有する伝統の味を日本全国の食卓に届ける! 創業66年の和食料理屋の伝統の味を個人の自宅で楽しめるように機械設備を導入し、スーパーマーケット等の小売店で販売可能な体制を構築し、コロナウィルスにより大きく悪化した既存事業の再構築を図る。
飲食店ノウハウを詰め込んだ冷凍食品開発販売による業態転換事業 西麻布、心斎橋での飲食店実績を活かし、高機能冷凍食品を開発、ECサイトで老舗の味を全国に届ける。さらに地域商店と連携し地域ブランド商品を開発。外食、中食両ニーズに応える商品で事業再構築を図る。

※事業計画書に沿って、現状の課題とその解決策、効果等を簡潔に記載してください。

ただし、公表される場合がありますので、公開されることで支障のあるノウハウや知的財産等を含む内容は、記載しないでください。

非対面型1棟貸しホテル運営事業で新分野展開 世界自然遺産登録で注目される奄美大島で、今後成長が見込まれる「非対面型」1棟貸しホテル運営事業で新市場に参入し、V字回復を目指します。
セルフモバイルオーダーアプリとデータ分析ツールの開発提供 飲食店向けのセルフモバイルオーダーアプリを提供します。非対面で注文、決済ができる他、データ分析機能を用いて効率的な広告配分や在庫管理等をすることにより、売上高の向上や廃棄の低下を促し、コロナで打撃を受けた飲食店の助けとなるサービスとなります。
精肉店のイメージを革新する高級ブティック型新店舗の出店で高級肉の販売開始 弊社は焼肉店を営んでいます。地域ではNO.1の人気を誇っておりましたが、新型コロナの影響で、売上が減少しています。新たに、おそらく日本初となる高級ブティック型の精肉店をオープンし、売上UPと雇用創出ができる事業再構築を行います。
立地と経験を活かして複数事業を新たに立ち上げ多角化経営に挑戦 弊社は、大阪北新地でイタリアン事業を営んでいる。コロナにより激減した売上回復のため、新たに焼肉・鉄板焼・ウェディング・グランピング事業を始め、新分野展開による多角化経営に挑戦する。
昼営業主体のオリーブオイルで揚げるフライドチキンのテイクアウト&カフェの事業計画書 長引くコロナ禍で困窮状態にある居酒屋業態から、ウィズコロナ・アフターコロナに対応する昼営業主体の非接触かつ消費者の健康志向・簡便化志向に応えるフライドチキンのテイクアウト&カフェ事業を展開する
世界初360°音に包み込まれる3D音響空間カフェの新規展開 世界初となる『音』で空間をプロデュースした360°音に包み込まれ、まるで自然の中にいるかのように錯覚しリラックスできる3D音響空間カフェの出店を事業の新たな柱として業績のV字回復を達成する。
特区民泊から一時利用の高機能レンタルオフィス施設へ業態転換 コロナ禍で大阪のインバウンド需要が消滅した為、当社が運営する特区民泊を、強みであるハイセンスな空間を活かして、一時利用や宿泊も可能な高機能レンタルオフィス施設に業態転換し地域活性化に寄与する。
健康と体験を組み合わせたジェラートの製造販売事業への転換 地元の食材や健康的な素材を使用したジェラートの製造販売を、店頭、ネット通販、老人ホーム卸の3つの販路で販売します。また、日本では珍しいジェラート製造機を導入し、出来立てのおいしさと楽しい体験を提供します。
既存事業所、店舗を活用した訪問介護とデイサービス事業 既存事業の経験を活かした、デイサービス事業を行う。現在の事務所スペースをデイサービスの場所として改装し、飲食店事業で賃貸している場所(バー)で社交ダンス、ヨガ及びカラオケ等をサービス提供する。
地元希少ブランド牛を使用した焼肉を日本料理店で新規提供する事業 弊社の日本料理店で新たに地元希少ブラント牛を使った焼肉を提供することで若者層を取り込む。また、テーブルオーダーシステムや換気システムを導入することで徹底したコロナ感染対策を実現し、コロナの影響を凌駕したV字回復を達成する。
深夜帯を強みとしていた居酒屋によるテイクアウト専用店舗の新設 24時間営業の空港に近く、深夜帯を強みとしていた居酒屋がコロナによる休業や時短営業で売上が減少している。対策として始めたテイクアウトが好評なため、新たにテイクアウト専用の店舗を開設する事業計画。
食を通じて、地域の輪を広げる事業 地域企業の「食」に関するニーズに、冷凍食品で対応し、外部の経営資源として役立つ提案ができる新たな卸業
障がい者向けグループホームを開設し障害福祉事業へ新分野展開 外国人観光客が来日できなくなったことにより、民泊事業の継続が困難となりました。家具・家電付きの民泊物件を転用し、障がい者向けグループホーム事業を新たに行います。
居酒屋からランチメイン台湾料理店への業態転換 これまで、当社としては扱った実績のない商品で、課題やリスクは存在するものの、当社の強みとする局地出店の強みを活かし、「奥川」のレシピを掛け合わせることで、ランチ・持ち帰り店通販需要ニーズの高まりもあり、当該事業再構築の実現性は高いと判断しています。
食をテーマにした屋上テーマパークの立上げプロジェクト 新規事業においては、近隣エリアの会社員や京阪沿線・谷町線沿線在住のファミリー層による家族をターゲットにオープンエアの空間で大人から子供までが楽しめる『食をテーマにした屋上テーマパーク』の運営事業に取組む。
豚肉を余すことなく使用した専門店への業態転換 餃子の王将フランチャイズ店として6店舗展開していますが、新型コロナウイルス感染症の影響により売上減少、利益率の低下しています。利益率向上を図るため、ニッチな豚料理市場での店舗展開を検討した業態転換事業です。
飲食店の経営・運営受託会社が新たに手掛けるペット別荘事業 兵庫県淡路市でペット別荘施設を開発する。1棟貸切の別荘には専用ドッグラン、プール、BBQ施設を完備。新型コロナウイルス感染拡大の影響からペット関連市場は拡大、ペット同伴可能な宿泊施設利用需要は近年高まっており、「淡路島のロケーション」+「密回避」+「ペットブーム」を活かした施設開発を実施。
既存ビジネスの強みを生かした事業拡張 人気商品のECサイトを活用したオンライン販売の開始、及びそれに向けての新体制の構築と、非接触設備を活かしたオフライン店舗の展開、食品製造業を始めます。
自慢の川魚料理と自家製アイスクリームでEC販売の強化 当社が長年培ってきたノウハウとブランド力を最大限生かし、創業理念である開拓者精神をもって、オリジナル商品を開発し、コロナ禍による未曾有の苦境からV字回復を果たすべく、EC販売の強化を行います。
飲食店からエイジングケアサロンへの業種転換 現在の飲食業から撤退し、エイジングケアに特化した美容業を新たに行う。当店は使用する薬剤にも拘りながら高付加価値のエイジングケアを提供し、顧客単価を下げることなく集客する。
ウィズコロナにおける健康食提供体制の再構築 コロナ禍に対応するため、飲食メニューのEC販売を開始しました。本計画では、EC展開をより強く進めていくため、内部生産体制の強化と、より多くの、属性の異なる顧客へのPRを図る取組を実施していきます。
大阪市生野区御幸森小学校跡地活用事業 「いくのコーライブズパーク」プロジェクト! 2021年3月合併に伴い閉校した大阪市生野区の「御幸森小学校」の跡地を活用し、地域課題を解決しながら生野区の独自性・魅力である「60か国以上の人々が住む多国籍なまち」を最大限に活かし、SDGsの取り組みのひとつ「住み続けられるまちづくり」の達成にも貢献する事業を得意分野の「食」を通じて取り組む。
味の大阪「炉端焼わっしょい」だから今までの冷凍食品とは違うんです 「本当に美味しいものをいつでもどこでも味わえる」をコンセプトに味の大阪でこだわりつづけた「炉端焼わっしょい」だからこそ作れる「自宅で外食気分が味わえる冷凍食品」の製造を行います。
ペットフードと企業向け新商品のEC展開と廃棄食材ゼロへの挑戦 コロナ渦ゆえに活況となった『ペットフード事業』に参入し国産・無添加のペット向け商品の開発を行い、当社や農家の食品ロス問題と掛け合わせて
廃棄食材ゼロへの挑戦を実施する。
更には、EC事業の拡充と、加工技術を用いた『企業向け商品』による販路開拓も行い、現状の事業とは異なる新分野展開により不測の逆境にも強いリスク分散型経営を実現する計画。
老舗料亭が営む年齢層30代から50代の男女を新たにターゲットとした居酒屋店舗の展開 コロナの緊急事態宣言を契機に来店客数、売上ともに壊滅状態にある老舗料亭が、板前技術や味へのこだわりを受け継いでいき、気軽に日本料理を楽しんでいただくために挑戦する居酒屋です。
喫茶店事業の新規開業による新分野展開 既存事業であるラウンジのすぐ横に喫茶店を新規開業する。モーニング、昼定食、パンケーキ、ケーキセットなどの様々なサービスを提供し、老若男女入りやすいシアトル風カフェでボリューミーな定食などを特徴とする。周辺に競合店舗はなく高級住宅街の中心にあり、優位性を有する。
【アフターコロナに向け〜大雪上川エリア・ランドマーク造成プロジェクト】 本拠地の大阪からおもいきって北海道へ新分野展開し大雪山国立公園入口の廃墟化した旧ガソリンスタンドをドライブイン型(テイクアウト・デリバリー型)の飲食店を併設した土産物店【Big Snow Drive-in】へと改修し来訪者へ情報提供も出来る複合施設としてコロナ禍の甚大な影響を受けている既存事業だけはでなく地域観光のV字回復も目指す
専門店のブランド力を活かし、コロナショックを乗り切るマルチチャネルを展開する。 専門店のブランド力とセントラルキッチン機能で、運営・販売チャネルを増加。総合飲食サービス企業として、コロナショックを乗り切るマルチチャネルを実行する。専門店で築き上げたブランド力を活かし、その実績を足がかりに、総合飲食サービス企業へと成長を図ります。
会員アプリで繋がる、スーパー・中華料理店・デリバリーの総合的な商圏の構築 当社はインバウンド向けのビュッフェ専門中華料理店であったが、地域の顧客向けにラム肉を中心とした中華風串焼きや、デリバリーを提供する店舗へと業態転換を行う。副業のスーパーマーケット事業で獲得した6,000人の会員をスマホアプリで新店舗と繋ぎ、総合的な商圏を構築する。
古宇利島ふれあい広場・地域活性化プロジェクト 沖縄県今帰仁村から施設を借り受け、同村の古宇利島にある観光商業施設の運営をします。既存施設を大規模改修し、ふれあい食堂、ふれあいパーゴラ(物産店)、恋の島観光案内所、キッチンカー販売、日帰りBBQ施設を運営します。
テイクアウト事業の始動による事業再構築プロジェクト 弊社の強みを最大限活かせ、今後継続的な成長を期待できる事業であり、かつ、弊社として現在まで取組んでこなかったテイクアウト事業を新たに立上げ、合理的な事業再構築を行っていきます。
外食業界の発展に!24時間いつでも行ける美容室への事業展開 今まで飲食店経営しかしてこなかった弊社が、外食産業の発展を見据えた美容業への新分野展開を行う再構築計画。当社の強みや、市場ニーズを踏まえたうえで「24時間やっている美容室」の開発を行い、深夜でも個室で対応することでいつでも飲食人が身だしなみを整えて仕事をする環境を整えます。
食のSDGsを実現する精肉加工と弁当製造(SDGsBENTO)の展開 動物にストレスのない自然な状態で育成(農水省の推進するアニマルウェルフェア)された、上質な赤身が特徴である青森十和田の「とわだ短角牛」や、食のSDGs に取り組む生産者の食材を活用した新しい味覚を提供する弁当(SDGs BENTO)を、食の環境意識の高い企業および消費者を対象に精肉加工・弁当製造販売する。
外食・中食に対応し、新しい楽しみを提供する複合専門飲食店事業 同一敷地内に専門飲食店を複数設置し、それぞれのテイクアウトを専門的に提供するセンターを設けます。複合施設にすることで、お客さまの嗜好や利用シーンに合わせたニーズに応え、専門店の料理を食べる新しい楽しみを提供する、独自性の高い事業を行います。
デザイン×安心素材、麗しきお菓子缶を世界へ 安心、安全素材で作られる洋菓子を、人気のお菓子缶として製造し、海外への販売を目指す。地域の雇用を守り、2025年大阪万博への集客につなげる。
無煙ロースターによる料理提供とワインを中心としたレストランへの業態転換 コロナ禍において換気や衛生意識が高まり、3密を回避したスペースで安心して飲食を行いたいとの声があり、コロナ対策を徹底し、自然を意識した店舗内装による、自然の食材を活かした無煙ロースターによるワイン提供を中心としたレストランへの業態転換を行う。常連客以外の層の取込みを図り、既存事業への来店顧客増加を見込むことが出来る。
セントラルキッチンとなるガーデンカフェ併設のワークスペース事業 コロナ禍の自粛要請により店内での飲食が減少したため、新たにテレワーク等ができる小屋を設置し、屋外での飲食がメインのガーデンカフェ兼インターネット販売を可能とするセントラルキッチンを併設することにより売上拡大を図る。
ECサイトと冷凍技術で「めはり屋文在ヱ門」の味を全国へお届けします 最先端の冷凍機を導入しECサイト事業に新規参入することで、弊社の主力商品である、めはりずし等を味を落とすことなく、冷凍食品化し、これまで店舗でしか提供できなかった商品を全国の方にお届けします!
日本酒飲食店が挑む製造小売業への転身 当店は現在飲食店を営んでいますが、本事業により新たに西日本初の製造小売り事業に取り組みます。
バーチャルレストランの開業による寿司専門中食事業への進出 新事業では、急速冷凍技術を使って寿司の品質維持を実現し、デリバリー事業や通販事業を開始します。新たに中食事業に進出することで、店舗に依存しない経営の確立を目指します。
Wanaka Sky Terrace Awaji 淡路島に観光施設を建設し、キッチンカーの飲食店や地元特産品の店舗を誘致またイベントやカルチャースクールなどの施設貸出など運営管理を主とする事業を行う。地元に特化した人材雇用や地元生産者の支援を行う。
ミシュランシェフ✖医師・管理栄養士による医と食のコラボ宅食事業 ミシュランシェフ✖医師・管理栄養士のコラボにより開発・製造した宅食を提供するとともに、宅食を製造するためのセントラルキッチン及び家賃・人員配置の適正化の為の併設店舗としての鶏料理店を運営する事業。
既存事業「日本料理店」の技術を生かした「お惣菜テイクアウト専門店」の新分野開拓 ウィズコロナの時代に対応するため、コロナの影響が大きいイートイン型の店舗経営のみの事業から、弊社の強み、リソースを最大限活用した事業「お惣菜テイクアウト専門店」の事業化により新分野への展開を目指す計画です。
目指せナチュラル美魔女!心と体が10歳若返る健康エステサロン 「見た目だけの作られた美ではなく心と体の健康から成るナチュラルな美」を目指し「一般的な美容エステメニューだけではなく、効果的な運動・リラクゼーションを組み合わせた独自の健康エステメニュー」を提供する美容エステサロン事業
ホテルプラザオーサカ最上階屋上ルーフトップバー建設プロジェクト 大阪の中心部を地上80mの高さから一望できる好立地条件を全面に打ち出したルーフトップバーを建設。ウィズコロナに於ける三密回避しながら楽しめる新たな施設としてイベントやアウトドアなど様々なニーズに対応し新たな客層の取込を目指す。
ブリューパブから世界に羽ばたくクラフトビール製造業への転身 店内で製造したクラフトビールを店内で楽しんでもらうだけに留まる飲食店事業から、瓶詰ビールを製造することで新たに外販事業を展開し、大阪から世界に発信できるビールメーカーとして業態転換する。
店舗移転による製造力強化及びキッチンカー販売・地域密着フードロス削減ビジネスの展開 パルナスゆかりの地へ移転し、テイクアウト中心の小売業態に転換。製造機能を強化し、キッチンカー販売等機動的な販売及び、フードロス対策として、高性能急速冷凍機を導入し、地域を巻き込んだ冷凍パンの販売も行う。
大阪のご当地グルメ・野菜を通じて、大阪の魅力を全国、世界に発信するレストラン 当社は、コロナの影響により、都市部の人流の回復に今後も不安があります。

そこで、ターミナル駅直結の運営店舗を閉店し、郊外型施設に飲食店を開業します。

大阪の野菜やブランド豚肉のお好み焼きを地元のJAや農家の協力のもと、提供し、食を通じて、大阪の魅力を日本全国、世界に発信するレストランを開店します。

飲食店から「子供から大人まで楽しめる」回転寿司事業への進出! 本補助事業は、バーやサムギョプサル店等、主にディナーから深夜帯の飲酒を伴う飲食店を経営してきた当社が、長期的に成長する有望市場である回転寿司市場へ参入するべく、新たに回転寿司屋を開店するものである。
非接触・非対面のモバイルオーダーシステムで、運営を効率化した焼肉店の開店 従来店員が行っていた「オーダーを取る」行為を、顧客が自らのスマーフォンから注文してもらうことで、顧客は非接触・非対面で安全に、そして店舗は運営の効率化を期待できるシステムを導入する。このシステムを活用し、感染症の対策の徹底および、より時代にマッチした効率的な運営の焼肉店を実現する。
アフターコロナ時代に新たな“集いのBar”新規開店事業 アフターコロナに向けて減少してしまった集えるBarを新規開店2階店舗で焼肉店を経営しており2件目需要の回収をして売上増加を目指します。食品ロスの少ない点や来客人数を制限しやすく新型コロナウイルス感染拡大防止策も行いやすい
地元兵庫県の神戸牛・但馬牛を使った焼肉店の新規展開による事業再構築計画 神戸市・西宮市にレストランなど5店舗を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、コロナ禍でも好調な焼肉店を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする。る
テイクアウト中心の店舗への転換と新たな商圏・ターゲットの獲得 コロナの影響をうけ既存店舗での店内飲食利用が激減。自慢の料理を活かしたテイクアウト店へ転換するとともに、テイクアウト需要が見込まれるマーケット(工場、商業施設等)に思い切って移転することで、コロナ禍からのV字回復を図る。
スナックで得た人脈や経験を使って挑む韓国料理店への新分野展開 スナック店で培った経験値に加えて代表者自身が韓国出身という特徴を最大限に活かすことができる韓国料理専門店へ新分野展開を計画することで、苦境に立たされたコロナ禍の現状からの復活に挑戦する。
飲食店に特化した人材紹介ポータルサイトの運営 ポータルサイトによる飲食店の紹介・人材紹介を展開する。掲載料は無料とし、成約時に成果報酬を頂く。ポータルサイトをフックに、そのお店にあったチルド商品や店舗運営を提案する。
播州地方の豊かな食材を和定食とフードボックスで提供するレストラン事業 遠方からのビジネス宿泊客に対して、地元播州地方の食材を愉しめる食事を安全・安心の店内で提供する。また、部屋食をご希望のお客様に対しては環境に配慮したフードボックスで提供し、当ホテル自慢の客室でくつろいでいただく。
韓国料理のキンパとピンス専門店の新規出店 新型コロナウイルス感染拡大により、既存事業である立ち吞み業態の売り上げは激減しており、テイクアウトを主体とする事業展開が必要であると考えた。自社の得意な韓国料理であり他にはないキンパとピンスの専門店を出店。
地元食材(酒米)をつかったメニューで、若者と地域をつなぐコミュニティカフェ 既存事業を活かして、地元食材(酒米)を取り入れたメニューづくりと、新設大学の学生等と地域の方々の交流や出会いも生み出すコミュニティカフェを開業し、地域活性化を目指す。
丹波篠山の立地と地域ネットワークを活かしたグランピング事業の展開 コロナの影響による売上激減の危機を打開するため、既存の事業所の隣の土地を活用し、近年人気が高まっているグランピング事業を開始する。丹波篠山のブランド力と地域ネットワークを活かした集客を行い、新たな事業の柱を確立する。
笑顔の絶えない明るいドライブスルー店と自動販売機で地域貢献 喫茶店及びレストランとして営業してきたが、ドライブスルー形式の店舗に業態転換することにより、遠方の新規顧客を開拓する。また、店舗裏の倉庫部分を自動販売機コーナーとして改装し、若年層の顧客を確保する。
自社強みを生かしたコロナ禍に対応するセルフ脱毛店の開設事業 既存店舗の倉庫スペースを改装し、接遇等自社の強みを生かすことによってコロナ禍で需要が伸びている「セルフサービス」による脱毛店舗を開設する。これによって既存の「飲食事業」に新たな収益の柱を加え経営を向上させる。
大規模商業施設に出店し、新規顧客開拓を図り、事業再構築を行う 男性のサラリーマン層を中心に丼物・麺類を提供する老舗飲食店。課題は女性層等の取込み。新商品を開発及び近隣の大型商業施設に出店(業態変更)し、女性層等を取り込み、売上向上・経営の安定を図る。
テイクアウト唐揚げ弁当専門店での新業態展開 新型コロナウイルス感染拡大により店内飲食である焼肉店の売上が大きく減少している。アフターコロナに於いても需要の回復は7~8割程度と予想されることから需要の高い唐揚げ弁当のテイクアウトを新規事業として展開する。
割烹(懐石料理)を完全廃止。うなぎ料理専門店『うなぎ辻判』へ事業再構築 創業から200年続く「割烹辻判」。コロナにより大きな影響を受けたことで懐石料理の提供を完全廃止。新たにうなぎ専門店『うなぎ辻判』に再構築します。それに伴い、ターゲットを団体客から個人客へ。若い世代でも利用しやすい店にリニューアルします。
居酒屋業態を昼型の中国料理業態に転換しコロな渦での雇用の継続と売上の確保を目指す。 現在、夜型の居酒屋業態を運営中でしたが、今回のコロナ渦での休業・時短要請により売り上げが減少する中、新たに昼型・食事が中心の中国料理業態に業態を転換、展開し雇用と売上の確保を目指し継続できる企業にする
老舗料亭が次世代に繋ぐ「食・伝統」文化発信・物産販売事業 神戸で100年超の歴史を持つ老舗料亭が日本の食文化や伝統工芸を後世に伝えるため自社ブランドの物販事業を立ち上げる。日本が誇る和食・和菓子をはじめ伝統的な工芸品のオリジナル商品をメーカーと企画販売することで日本の技術の素晴らしさを国内外の人に伝えることができる。
地域密着型鮮魚店の開始と仕入れ等相乗効果による海鮮居酒屋復活計画 これまでの海鮮居酒屋の経営ノウハウと代表者の過去の鮮魚店での勤務経験を活かし、地域密着型サービスを取り入れた鮮魚店を開始します、また、仕入れなど相乗効果を活かし、コロナで被害を受けた海鮮居酒屋の経営の復活を目指します。
ECサイト運営ノーハウを元に肉のカジュアルギフト市場へ参入 子供服の通販事業を通じて培ったECサイト運営・デザインノーハウを活用して、コロナ禍で活発化したカジュアルギフト市場向けに、有名焼肉店とコラボした高級感のある焼肉用食材のネット通販を開始する。
居酒屋の人気メニューを活かした住宅街の古民家カフェ事業 「塩おでん」をはじめとする居酒屋の人気メニューを活かし、関西近郊では珍しい住宅街の古民家を確保し、ランチ主体のカフェ事業をランチ需要が旺盛な神戸市の須磨ニュータウンで行う。
健康と美容を追求した韓国料理店の住宅立地出店によるテイクアウト販売強化 コロナ禍により関西都心のオフィス街で営む飲食店業態の売上が大幅に落ち込んだことから、韓国料理の知見を活かし、健康と美容を追求した韓国料理店を住宅立地へ展開し、本格的なテイクアウト販売に進出する。
「旬の国産野菜」と「最新の急速冷凍技術」を用いた冷凍惣菜の製造販売事業 最新の急速冷凍技術を活用して地元の旬の野菜を用いた冷凍惣菜を製造し、ECサイト等で通信販売する新規事業を立ち上げ新分野展開を図る。
一期一会 / クラウドファンディングプラットフォームサービス 当社は主にライブハウス経営を行います。その経営で培ったノウハウを活かし音楽・エンターテインメントに特化した専門的な「クラウドファンディングサービス」を構築し提供する、新たなビジネスモデルを構築します。
老舗寿司店から新規ブランドを立ち上げ日常食提供への新分野展開 高級寿司専門店のイメージを新ブランド立ち上げで払拭し、食のカテゴリーを増やして、日常食を長期契約の定額戸配、贈答品のネット販売、24時間対制の自動販売機販売の三事業を新分野事業として開始する。
スペイン料理店でスペイン語とスペイン料理のハイブリッド授業 コロナ禍によるスペイン料理店の売上減少を補うため、ビジネスレベルのスペイン語力を活かし、他店との差別化や集客で売上増加が見込まれる「スペイン語、スペイン料理教室」事業を開始することで新分野展開を図る。
感染症対策と客単価増を両立する小グループ対応型しし肉料理店への事業転換 コロナ禍で事業スタイルを新しい生活様式へ対応する必要がある。大人数の宴会メインだったターゲットを多種多様なしし肉料理を扱える強みを活かした小グループ対応型専門店に事業転換し、事業継続につながる新たな客層開拓を図る。
農家レストランが旬野菜を農園の見渡せる人の集う加工場で新提案 当店は農家レストランを経営しているが、コロナウイルスによる外出自粛等により、売上が減少している。新たに「人の集う加工場」を作り、加工品の製造販売、およびワークショップ等の開催を行うことで売上確保を目指す。
飲食店で培ったメニュー開発の経験を生かしレトルト食品事業へ新展開 飲食店経営から食品製造販売事業へ。コロナ渦での安定している食品小売事業及び拡大著しいECサイトへの進出し、V字回復を目指す。
ピザ新商品開発と移動販売による新規顧客の獲得 現在はサンドウィッチを主力としたカフェで、店内飲食、テイクアウトを行っているが、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、新たな顧客層向けにピザ商品を開発し、店頭および移動販売による販路開拓を行う。
揚げないカレーパンのテイクアウトのみでの店舗の営業 店内飲食店営業からの物販のみでの新規事業。焼かないカレーパンを地元、神戸ビーフをしようした、お土産にも喜ばれる店舗の経営
山の茶屋とスペースレンタル事業で地域交流の活性化計画 岡本駅前の立地から徒歩15分山手の住宅地へリロケーション。糀カフェのメニューは登山客及び登録者向け弁当デリ販売と簡略化し、登録者同士のマッチングとスペース運用で地域交流の活性化を促進する事業へ転換する。
有名ホテルの味を再現したレトルト商品の製造販売を行う! 当店は飲食店を三店舗経営しているが、コロナの影響で売上が大きく減少している為、事業再構築を活用して自店で有名ホテルの味を再現した独自性の高いレトルト商品の製造販売・他社の委託パック詰めを行う事によって売上増加を目指す。
飲食業から製造販売業への転換による事業再構築計画 現在運営する飲食店(TAKOダイニング井の万)にて開発したコンテンツを基に冷凍食品の製造販売、製造ネット販売を行う。そのための工房を設営する。これにより店舗依存型から無店舗型トップライン構築を図る。プロトン冷凍機を導入することで他社との差別化を図る。
地元ジビエ食材を活用した宅配事業への取組による廃棄処理問題への対応 近年ジビエと言う言葉は広まり、地方の郷土料理や一部都心で食べることが出来る様になった。しかし、現在全国で捕獲された内の9割は廃棄されている。今回、当店の調理技術を活用し宅配事業への取組みにより、食に携わる企業として、廃棄問題に取り組む。
テイクアウト、EC販売進出による新販売チャネル構築と顧客獲得 withコロナ・afterコロナを見据えて、淡路ビーフ正規取扱指定焼肉店の強みを最大限に活かし、必要な設備導入により、新たな販売チャネルであるテイクアウト、EC販売に取り組むことで事業の再構築を図る。
密が懸念される大宴会設備の撤去及びテイクアウト等設備導入計画 既存の宴会用スペースについて、密になりやすく、今後は宴会需要の回復は見込めないことから、当該スペースを撤去し、中食事業用の厨房を設置することで、芦屋市のハイクラス層向けにデリバリー事業を積極展開する。
和食を中心にお酒と対話を楽しめる「おばんざい店」に転換する。 新型コロナウイルス感染症による飲酒慣習の変化を受け、地場の食材を用いた和食を中心とした食事とそれに合わせて嗜好性の高い地場のお酒と対話を提供する「おばんざい店」に事業を転換する。
コロナ禍および緊急事態宣言の影響が大きいバー経営から昼間営業のカレー店への事業転換 現在行っているバー経営は、コロナ禍の影響をもろに受け、緊急事態宣言等による休業要請、時短要請、および顧客の外出自粛により、ほとんど売上が上がらなくなった。コロナ禍がいつまで続くか分からない状況下で同事業の継続は不可能と考え、当社は、バー経営の調理経験と経営経験を踏まえ、昼間営業のカレー店へ事業転換し再生を図る。
中国料理とトンカツのデリバリーテイクアウト&冷凍トンカツ通販事業 2019年11月に開業してから5カ月後に新型コロナウイルス感染症の影響により事業に大きな影響を受けています。新店舗を構えテイクアウト&デリバリー事業に参入し、冷凍トンカツの通販事業を行います。
大人の為のお酒と共に楽しむ焼き菓子のインターネット通販 店頭で接客しながらの営業形態であるバーには成長が見込めない。パティシエのスキルを生かしてDtoCに特化した事業展開を行う。
老舗焼肉店が始める日本庭園付き古⺠家で食べる「肉そば」事業 現在焼肉店を運営しているが、既存店舗よりも低単価で誰にでも気軽に来店が可能となる幅広い顧客層向けに古民家を再生した日本艇庭園付き「肉蕎麦屋」を開業する。
ピザ窯を設置してピザを主体とした窯料理店への開店 「炭焼きべらみ」の店舗を改装し、ピザ窯を設置してピザを主体とした窯料理店を開店する。イタリアン出身のシェフによる、ピザと素材を活かした料理・テイクアウト商品を提供していく。
ゴルフバー運営からプライベートゴルフレッスン事業への参入 三ノ宮駅から徒歩1分という好立地を活用し、ゴルフバーが営業していない昼間の時間帯(10時から20時)に、レッスンプロによるプライベートゴルフレッスンを実施します。
キッチンカー・ネット販売への進出による居酒屋実店舗以外での収益確保 時短要請や顧客減少で居酒屋の売上減少・1店舗を閉店した。シェフの雇用を維持するため、店舗で人気のパスタを中心とするキッチンカー販売・パスタソース等のネット販売を新たに開始することで収益を確保する。
ウィズコロナ対応-神戸の洋菓子事業 新型コロナウィルス感染症の影響を受けにくい事業としてカヌレ&生キャラメル専門店をオープン。

現状順調にブランドの認知度が高まっている状況を鑑み、セントラルキッチンを製作し商品の製造能力の向上、大量生産によるコストダウンを図る。

環境配慮型コーヒー菓子通信販売事業 喫茶事業を通して得たノウハウを活かし売上減少喫茶店舗を縮小、新たに菓子製造施設に改装し環境にも配慮したコーヒーチョレート菓子を開発し通信販売することで業態転換新します。
オーガニック食材のランチをくつろぎの空間で提供するレストランカフェ コロナによる宿泊者数の減少により稼働率が落ち込んでいるホテルで使用している朝食・夕食用の食堂を改装し、地元住民やビジネスマンへランチ提供を行う。地元オーガニック食材を使用し安心素材の食事と、おしゃべりや仕事をしながらゆっくり過ごせる空間を提供する。
既存事業での強みを活かした喫茶店事業の開始 既存事業である立ち飲みバーではアルコール提供制限の影響をうけ、大きく業績が悪化した。感染症の収束が見通せない中、喫茶店事業を開始する。既存事業で培った若者への訴求方法を活かす。
コロナ禍でも安心な次世代デジタル化非接触のチャーシュー重で再構築します ラーメン屋10年以上のノウハウの詰まったチャーシューのお重を主力商品します。積極的にデジタル化を取入れコロナ禍でも安心安全な非接触性の高いタッチパネルオーダーシステムを採用し従業員の労働難易度を下げ積極的に雇用促進を図っていきます。また10年後、姫路のソウルフードになれるよう積極的に発信していき地元で愛される店舗運営を行います。
自家製「あんこ」と「わらび餅」の製造卸売事業 地域で人気の鯛焼き店の自家製あんことそれを利用したわらび餅の製造卸業をしフランチャイズを開始する。こだわりの原料をフランチャイザーに提供することで、多くを卸売りすることが可能になる。
勲章料理人「大田 忠道」の料理技術を活かし割烹スタイルでの食事提供と全室露天風呂付き客室の新旅館計画 黄綬褒章、瑞寶單光章を授与された料理人「大田 忠道」の料理技術による割烹スタイルでのパフォーマンス料理と全室露天風呂付き客室により宿泊客同士のコロナ感染リスクを大幅に軽減、外国人観光客の来館にも安心して宿泊が可能な新旅館計画
ノンアレルギーパスタとやみつき新感覚の食べるカレーで業績V字回復 アレルギーに配慮したノンアレルギーパスタと当社オリジナルのやみつき新感覚食べるカレーを中心に中食産業に新規参入します。コロナ禍でも食を楽しみたい方にテイクアウトやネット販売し、業績のV字回復を達成します。
サムギョプサルを提供する焼肉店を開業して事業再構築する計画 コロナ禍により既存の居酒屋の売上が激減している。コロナ禍で増加した焼肉店需要を獲得すると共に、ファミリー層なども利用可能な焼肉店とすることで顧客の層を広げ、新たな収益を得られる事業を再構築する。
但馬牛の本場「但馬」に作る一戸建てプライベート空間「はなれ」で本物の但馬牛料理を提供する コロナ禍で居酒屋の業績低下が著しい。そこで当社の強みである「肉」事業に経営資源を集中し、地元ブランドである但馬牛を使用したしゃぶしゃぶ、すき焼き、ステーキ等の牛肉料理を、コロナ対策や完全個室のニーズを満たす「はなれ」で提供する、革新的な新事業を展開する。
日本初の冷凍技術で全国のアレルギーっ子へ安心・安全と笑顔をお届けする事業 特許取得予定の冷凍技術を使用し「安心安全で美味しいアレルゲンフリーの食品」を製造・販売する。工房にて製造した食品を自販機・実店舗・オンラインを通じて販売し、全国のアレルギーっ子に笑顔を届ける。
ミートマルシェAKANOREN~既存ノウハウを活用した新規事業による販路拡大~ 自社の牛肉調達ルートと調理ノウハウを活用した牛肉メニューの食品製造販売、通販事業に新規参入することにより、外食専業のビジネスモデルを再構築し、コロナ禍でも売り上げと利益を確保できる事業体制に転換する。
全席個室・半個室化および店内デジタル化で焼肉食べ放題への参入 兵庫県神戸市のしゃぶしゃぶ店が、強みである素材調達力や運営ノウハウを活かし、焼肉事業に参入する。全席個室・半個室化や配膳ロボット・モバイルオーダーシステムの導入により、感染対策としゃぶしゃぶ・焼肉食べ放題の提供を両立し、売上をV字回復する計画です。
海と空とアイランドワーケーション ~コロナを乗り切る地域密着型「泊」と「ワーク」~ 銀行の寮を改修し、島だからこそできる地域密着型の体験と屋内外でも快適にテレワークができる環境、グループでも長期滞在が可能でサテライトオフィスとしても使えるワーケーションに特化した宿泊施設を展開し、新たにビジネス客の獲得を目指す。
プライベートドッグラン付き!オーシャンビューの貸別荘事業 南あわじの灘地区という温暖で気候が安定、自然豊かなロケーションに貸別荘を2棟建設する。コンセプトは愛犬と過ごせる貸別荘。プライベートドッグランを併設し、当社の強みである料理を活かしたプランで提供する。
伊勢海老料理店の高級感と特別感に拘った中食・冷凍加工食品事業参入による販路拡大計画 創業71年の長きにわたって、高級感・特別感のあるサービスに拘りつづけてきた飲食店経営の技術とノウハウを活かし、中食・冷凍加工食品事業に本格参入することによって営業収益のV字回復を目指す。
塩麹を使った溶岩鶏焼肉店「焼け石に肉」の開店 既存店舗の客層とは違うファミリー層をメインターゲットとした溶岩鶏焼肉店「焼け石に肉」を開店する。これによりこれまでの居酒屋業態のようなアルコールメインの業態を脱却し、コロナ禍を乗り切る。
海の家を活用した、リゾート施設開発による事業再構築 海岸沿いの海の家を改装し、弊社の持つ飲食業のノウハウを活用しつつ、ペット同伴可能かつ他者との接触のない一棟貸しの宿泊業と見栄えがSNS向けのスイーツ事業を行います。海とスイーツが映えるロケーションでの新事業展開です。
淡路島洲本市での簡易宿所開設による コロナ渦における運動不足・空き家老朽化対策 兵庫県淡路島の洲本市において、老朽化した保養所を利用しプロゴルファーとしての人脈・スポーツ教育に関するノウハウ・宿泊事業運営代行の豊富な経験を活かしたゴルファーをターゲットとした簡易宿所を開設する。
自社オリジナルの「家庭用BBQ電気グリル」を開発・製造 「バーベキュー場運営会社」から「プロダクトメーカー」へ発展していく第一歩として、家庭でも本格的なBBQが楽しめる、自社オリジナルの「家庭用BBQ電気グリル」を開発・製造を行う。
食、泊、体験で多可町をまるごとおもてなし。1日1組限定オーベルジュ コロナで休業に追い込まれた都会でのカフェ経営を見直し、自然豊かな田舎の多可町で、安らぎと感動の空間、各界から称賛されたシェフによる料理、地域資源と地場産業が体験できる宿泊業として転換を図る。
自然豊かな山あいにカフェ併設のドッグランを開業し業種転換を図る。 コロナ禍で壊滅状態となった居酒屋の経営を縮小し、高速道スマートインターからほど近く交通至便の自然豊かな山あいの広大な敷地に、カフェ併設のドッグランを開業し、業種転換を図る。
老舗旅館が仕掛けるワーケーション&3密回避に特化した客室改装事業 ポスト・コロナのニューノーマルな生活様式にそった、お部屋専用のワーケーションルーム・温泉露天風呂・完全部屋食をそなえた高級宿泊プランの提供
旅館の一部を釜めし専門店へ改装し、新規客獲得と宿泊客の温泉街での滞在時間増加を目指す 創業300年の1泊2食付きサービスを提供している温泉旅館が、コロナで観光客が減少する中、新しい旅のスタイルに対応した観光客の潜在ニーズを掴み、地域全体の活性化にもつながる「新たな名物料理」を専門とする飲食店を新規開業する。
淡路島の寿司職人が実績と信頼を活かしたオーベルジュ施設の提供 淡路島岩屋漁港で長年培った仲買人としての魚の知識と寿司店での実績、顧客との信頼を活かして特別な(1日1組)オーベルジュ(レストランや飲食店が主体の小規模宿泊施設)事業です。
淡路島の大自然と人々の暮らしを体感できる宿泊施設“樂久登窯の宿”の開設 淡路島五色町鳥飼地区で、窯元とカフェ&ギャラリー経営で16年以上商売を続けてきた“樂久登窯”のブランドと知名度を生かし、歴史や文化を継承し、地域活性化の中心となる、大自然と地元の食事を存分に味わえる宿泊施設を新規開業する。
シェアリングエコノミーを導入したジャパニーズレストラン併設 沖縄県石垣市にある自社所有オーシャンビューの土地を活かして2階建て建物を建設し、新しい旅行スタイルに対応するジャパニーズレストラン併設プライベートヴィラ(宿泊業及びレストラン業)を開業する。
空地・空き家を有効活用した韓国料理レストランとアウトドア施設 韓国料理レストランでありながら屋外でも飲食ができ、アウトドア要素も併せ持つ革新的な事業を新展開する。さらにBBQエリアやイベントエリア、カフェを設け、幅広い年齢層が楽しめる施設として事業の拡大を図る。
中華料理の冷凍調理食品の事業化による事業再構築 弊社は、中華料理店を営んでいるが、コロナ禍による影響が甚大である。今回、新たな事業の柱とすべく、中華料理の冷凍調理食品の事業化を目指し、冷凍調理食品の生産や販売体制を確立し、事業再構築を図る。
店内飲食からテイクアウトおよびEC販売への参入、売上アップを狙う 代表の修業時代に培ったイタリアンジェラートの技術を活かし、必要な新規設備を導入することによって安定供給体制を確立し、需要が急速に拡大するEC販売・店頭販売(テイクアウト)に参入する。
最新冷凍技術による冷凍食品の24時間自動販売機事業 新型コロナウイルスの影響による、三密の回避及び営業時間の制約により、飲食店の売上が低下しています、そこでコロナの影響を受けにくい販路の拡大を狙い、お客さんが時間を気にせず購入できる冷凍食品の自動販売機設置のよる商品の販売、又ネット通販にも冷凍食品を流用し、自宅においても味や品質を落とすことのない冷凍技術を用いて加工された冷凍食品の販売を行います。
過疎地域に残された元銀行の建物を利活用し、地域活性化に寄与する 過疎地域に残された元銀行の建物を“宿泊施設兼飲食店”として再生し、地域交流・経済の活性化に寄与することで地方創生を図る事業です。将来的には、地域の空き家利活用による問題解決や、地域住民の雇用の創出をします。
料理人とお店を繋ぐマッチングサイト(cafe's recipe)事業の発足!! 弊社は兵庫県にて飲食店を営んでおりますが、自分で開業された方の料理開発メニュー等のサポートをしたいと考え、料理人とお店を繋ぐマッチングサイトの運営の計画をしました。
少子高齢化を支える健康産業をホテル業界から初めて発信する24 時間フィットネスジム事業 ビジネスホテルの一部スペースを活用し、24時間フィットネスジムを新設します。地域への貢献を深め、地域発展へ貢献を図るものです。従業員の比較的時間のできるタイミングでの業務であることや現在のコロナ渦においての感染予防対策ができる無人受付、健康産業にも寄与し、旅行者以外の地域の方への認知度も上げることができます。
大切な人との時間は宝物「思い出を形に残す」お手伝い これまでは、インバウンドでの海外からのお客様や県外からの旅行客に飲食のみでの提供を行ってきたが、これまでの飲食ブースに撮影スタジオを導入し、地域や近隣のファミリー層のかたが、家族の記念をアットホームな雰囲気で、移動することなく過ごして頂けるお手伝いをしていく。小さなお子様連れの方や年配の方は移動が多いことが困難との意見も多く、東大寺の境内横で、他社には真似のできない、飲食と撮影のプランを打ち出す
ウィズコロナ時代のニーズに沿うレトロモダンな鶏焼肉店 安心して来店していただける様に感染症対策を取り入れ、どんな世代にも受け入れられるレトロとモダンを融合した店内で、既存店舗での経験や仕入れルートを活かしリーズナブルな価格で鶏焼肉を提供していく。
旅館業への転換とニーズに合った施設整備による国内旅行者の獲得 住宅宿泊業から旅館業への転換による年間営業日数の変更と、大手旅行サイト(OTA)への掲載開始。施設の一部を改修し、ワーケーション・ステイケーション環境の整備で国内旅行客の新規獲得を図る。
飲食業から美容業への新分野展開 現在、奈良県の橿原市にダーツバーを経営しているが、緊急事態宣言等に伴う外出自粛や時短営業によって、来客数が少なくなり売上が激減。補助事業として、奈良県橿原市の賃貸マンションの1フロア6部屋に内装工事を入れ、ジェル不要の脱毛器「LIGHENCEⅡ」を2台、セルフホワイトニング器を2台、美顔器(ハイフ)を1台導入し、美容エステサロンを開業する。
就労継続支援A型事業所への業種転換により売上を回復する 障がい者数は増加傾向にあるものの、就労継続支援A型事業所は不足している。弊社レストラン事業においては従業員の高齢化等働き手が不足している。双方の問題を解決でき、2019年6月より始めたお弁当事業におけるサポート会社のノウハウを活用し、弊社スキルと社会貢献の両翼を担える事業計画。
ライブハウスにゴルフシュミレーターを導入しゴルフカフェに進出 ダイニングバー2店舗とライブハウス1店舗を営業。コロナ禍によりライブハウスを休業したが、新たにゴルフシュミレーターを導入し、食事も充実したゴルフカフェに進出する。
昼間も笑顔に!居酒屋がテイクアウト専門パフェ店を開業し多角化の実現へ 居酒屋一本の飲食店が、昼営業が可能で、密を避けられて、収益が見込める事業として、テイクアウトパフェ専門店を立ち上げ、事業の多角化と、既存事業とのシナジー効果による全社的な売上拡大を図ります。
地元の銘柄鶏と野菜を使った奈良県初の鶏コース料理専門店。 これまで回転率は良いが密になる店内設計だったのを、少し落ち着いたゆったりできる雰囲気にし、こだわりの地元の食材を使い地産地消を心がけ、地元の活性化を図る。
セントラルキッチン兼用の焼肉屋のテイクアウトハンバーガーの製造販売 セントラルキッチン及びテイクアウト用の販売スペースを設けるとともに、商品製造の過程で生じた端材を用いてハンバーガー製造など、近隣の著名観光地である馬見丘陵公園の野外飲食に適した中食食材を提供する。
自家製麺による八重山そばを活用した石垣島名物の開発 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける飲食店事業の割合を低下させ、土産物としての菓子製造事業を開始する。当社が商標権を保有する「石垣島辛麺」というブランドを活用し、石垣島土産の定番商品の地位を獲得することを目標とする。石垣島内での販売にとどまらず、ネット通販や都市部のアンテナショップなど複数の販売チャンネルの獲得をめざす計画である。
老舗料理旅館が挑む!地元食材を活かしたフレンチの新分野展開 既存事業は、料理旅館としての宿泊事業と地元での法 事などの行事での料理を提供する料亭をしており、ターゲットは50代以上の年配の夫婦やファミリー層である。新事業では近隣府県在住の20代~40 代の男女グループとファミリー層をターゲットとし、旬の新鮮な地産の食材を使用したフランス料理を提供する。また、テイクアウト等にも力をいれキャンプ場等のアウトドア施設を利用する顧客層へ販売する。
春ブランドの知名度を活用したFC事業とEC販売への挑戦 コロナで来店数が鈍い既存事業から、自社の強みであるミシュランに掲載された知名度とブランド力や自社生産の無添加食品のこだわり等を活かし、ECサイト構築などによりFC事業と一般消費者向け通販事業を開始する
高付加価値部屋設置で個の多様化対応プラン ~滞在型にも対応~ 露天風呂・ミニキッチン付の高付加価値部屋を設置し、宿泊料金はこれまでの1.5倍へ=アッパー層への訴求及びワ―ケーションなど滞在型にも対応して多様な泊・食形態に応ずる「マスから価値重視の個の対応への変革」を実施するもの。
新たな収益源として旅館経営の強みを活かした飲食業へ新規参入 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で2020年売上が大幅に減少した。増加傾向の日帰り観光客をターゲットとし、旅館経営の強みやノウハウを活かした飲食業を開業する。それにより収益源の確保と経営回復を図る。
宿泊事業を撤退し、キッチンカーを利用した新しい業態に変更 当社は、宿泊業・飲食業を行っていたが、新型コロナの影響を鑑み、宿泊業をやめて移転改修しキッチンカーを使用し移動販売を含めた店舗運営に。この事業は、設備の撤去を含め販売の仕方
を変更するので要件の業態転換にあたる。
オフィス向け弁当の開発で新規顧客層を開拓し、事業再構築を図る オフィス向けの高品質かつリーズナブルなお弁当を開発し、オフィスワーカーのランチ需要に対応することで、新たな顧客層を開拓する。懐石弁当や寿司で磨いた技術を活かして、製造ラインを構築することで事業再構築を図る。
石窯ピザとイタリアン総菜のテイクアウトを主体とした地域初のデリカテッセンの開店 当事業では、テイクアウトを主体とした地域初のイタリアンスタイル・デリカテッセンを新たにオープンし、コロナからの再起に取組む。事業実施により、コロナ禍に適応した事業形態への転換が実現し、売上、収益性共に大幅に向上する。最低賃金よりも高い金額で新たな人員を採用し、地域の雇用にも貢献する。
東大寺旧境内跡にて奈良の風土を感じるテイクアウトカフェの新規出店計画 当社は主にレストランを経営していたが、新型コロナウイルスの影響により売上は大きく減少した。

本事業では当社の経営資源を活用し、テイクアウトに対応したカフェを新規出店することで収益面でのV字回復を果たす。

飲食店の商品ノウハウを活かし、卸小売業への事業転換で活路を見出す 飲食店経営からリスク分散経営へ「卸・小売業分野新設」による業種転換で、コロナを機に新たな経営活路を見出すため、更に需要拡大が見込まれる冷凍設備を設置し、商品製造販売による提供を行う
古都奈良から歩いていける台湾、異文化体験型台湾無人飲茶専門店、完全個室と点心体験施設の建設 海外旅行先として人気の高い台湾の飲茶の専門店と点心の手作り体験教室を建築する。本場の料理人を雇い、本格的な台湾飲茶料理を提供するとともに、先端的なロボット技術の導入を通じて注文や料理のご提供の完全無人化を実現し感染防止に役に立ち、台湾、中国と日本の文化的交流施設として伝統芸能を飲食しながら観賞できるサービスをお客様に提供するための建物を建築する事業。
食材のデータ管理機能を有する加工センター・直売所新設による顧客開拓 当社ノウハウを活かした食材のコントロールセンターと直売所を新設。外食事業から地元住民への小売、小学校や老人ホームとの連携による卸売事業の新分野展開により、新たな収益の柱を構築し、生産性向上に寄与する。
旅館業の強みを活かしたグランピングと日帰り入浴事業へ新規参入 コロナウイルス感染症拡大により2020年度売上が30%も減少した。事業のリスク分散とコロナ禍に適した新たな収益源の確保が急務である。強みと市場ニーズを捉えた新規事業グランピングと日帰り入浴へ新規参入する。
飲食店としての強みを活かし地域活性化につなげるグランピング事業への進出 新型コロナウイルス感染症の影響で本業飲食店売上が大幅に減少しました。コロナ禍でも需要を広げるグランピング事業に注目し、飲食店のノウハウを活かした新分野事業展開と周辺地域活性化を目的としております。
紀伊半島大水害を生き残った奇跡の「梅」加工品で飲食店から六次産業化へ コロナ禍にいち早くテイクアウトを手掛けたものの、お客様の戻りが心配される飲食業から、思い切って農業とその加工に取り組む。調理スキルと既存取引先との連携を武器に、ご当地初の「梅」商品を展開し、六次産業化の新しい担い手となる。
店舗の個室をテラス型へ改装し、海鮮バーベキューで二毛作営業 和歌山県橋本市において日本料理店を経営しているが、新型コロナウイルスの蔓延により世界的な自粛ムードの中、業績が著しく悪化した。ウイズコロナ時代を生き抜く為、店舗の個室を細分化し非接触型へ。さらに個室のある店舗東側壁面を撤去し、新たに換気の行き届いたテラス席を確保する。そこで海鮮のバーベキューを提供し、新しい顧客層を確保する。
和食料理店を営む事業者によるハンバーガーを看板商品としたカフェ事業 コロナ禍で業績の悪化した魚料理と酒を楽しめる和食店事業者が、需要が拡大するハンバーガーを看板商品にカフェ事業を開始する。ジャンクフードではない本格ハンバーガーを気軽な価格で楽しめるコーヒーショップをコンセプトとする。
デジタルサイネージを使用した広告による収益と無料公益広告の放映 デジタルサイネージを使用した広告メディア事業。動画を媒体とした有料企業広告の放映による収益事業と、防災情報等の公益広告の無料放映および市民掲示板によるメッーセジの無料放映による地域貢献事業を行う。
南紀白浜の奥座敷「椿温泉」の湯治宿が地域のウェルネス資源の活用やオンライン医療連携を通じて提供する日本初カスタムメイドワ 「湯治宿」が地域資源やオンライン医療連携等を活用したカスタムメイド型のウェルネスワーケーションプログラムの提供により、固定資産の回転率を向上させ、付加価値の向上や地域の活性化を図る。
周辺に訪れる観光客を新たにターゲットに、民泊事業を展開する 当社周辺は歴史的観光地が多数存在しており、多数の観光客が訪れる。しかしその一方で、宿泊施設は2件しかない状況である為、アフターコロナのインバウント需要を視野に入れた民泊事業を展開する。
団体観光客依存型のレストラン経営から脱却 カフェへの事業展開 当社は、団体観光客をターゲットに、レストラン事業を行っています。しかし、昨今のコロナの影響により団体観光客、外国人観光客が激減し、厳しい経営状況が続いています。

そこで本事業では、和歌山県の食材を用いたランチやスイーツ、こだわりコーヒーを提供するカフェ事業を展開します。イートインのみだけでなくテイクアウトも可能にします。快適な空間やお洒落で写真を撮りたくなるような商品を提供します。

老舗ステーキハウス自慢のお肉をご家庭でも、食材の有効利用と販路拡大のためのオンラインショップの開設 ステーキに使っている高級牛肉の不要になった食材を利用し、素材を生かした新商品に生まれ変わらせ、瞬間的に冷凍し、それを全国各地にお客様に販売するオンラインショップを構築します。
世界遺産熊野古道での民宿豊舟の開業 和歌山県田辺市中辺路町近露で、民宿を基軸とした宿泊・飲食サービス業を計画し、現業の事業継承を含め継続的事業展開を目指す。2021年8月現在の現地調査では、事業計画エリアの中辺路町近露圏内には宿泊施設は10軒と比較的少ない。また、古民家と言う謳い文句に頼らず、30年間の飲食業で培った一品料理屋のカラーを打ち出し、世界遺産熊野古道の観光客に重点を置いた弊社独自のブランディングによる宿泊業を展開する。
廃校で地域の⼈々と共につくるさつま芋菓⼦ 白浜町日置川地域に残る廃校を利用して、町や地域と共にさつま芋を使った、芋けんぴ・芋チップス・干芋・ペット用トリーツの製造販売を行う。
水産資源の廃棄ロスをなくす!雑賀崎漁港での鮮魚さばき活用事業 和歌山市雑賀崎漁港内に於いて魚介解体代行及び魚介買取、加工販売、軽食、BBQなどの飲食施設の提供を行い、雑賀崎漁港を訪れる人達に魚介に関する総合的なサービスを提供する。
本格イタリアンの保存食品の製造及び自社所有地内での工場・販売拠点の創設 既存イタリアンレストランで培った独自のメニューや豊富な仕入先を活かし、冷凍・レトルト食品を中心とした保存食品を製造開始します。同時に製造工場及び販売店舗を同敷地内に創設することで、総合イタリアンエリアとしてのブランディングを確立します。
円月島前唯一の民宿が挑む和歌山イチのイタリアン店への挑戦 和歌山県指折りの観光地である白浜の円月島前唯一の民宿にて、差別化イタリアン店に挑戦します。地域ロイヤリティおよび和歌山県に限定した食材仕入力、イタリアや高級ホテル等での調理経験のあるシェフによって和歌山イチの店舗を目指します
外食産業で培った「おもてなしの心」でテイクアウトの中食産業へ 今まで長年に渡り展開してきた外食産業で培った経験やおもてなしの心を大切に、コロナ禍において需要が増加している中食産業である「からあげ」テイクアウトの専門店を始める。
南紀すさみのリゾートホテルが自社敷地内で「安全・清潔・快適ないちご狩り体験」 を提供するフルーツツーリズムモデル ホテルが非効率資産化しているテニスコートを安全・清潔・快適なサービスレベルの高いいちご狩りハウスに転換してフルーツツーリズム事業に取組み、付加価値の向上と顧客満足の最大化を図る。
建設会社と世界遺産熊野の観光復活を応援する長期滞在型ホテルの開業 新宮市ではたくさんの建設作業員が来訪しており、ビジネスホテルが不足しています。当社の飲食業の強みを発揮し、温浴施設付き長期滞在型ホテルを開業します。また熊野地方の観光復活にも貢献できる新しい「ホテル」です。
サステナブルホテル事業の開始による地方創生拠点の創出事業 当社が地方創生の拠点となるようなワーケーション等にも対応したサステナブルホテルへ転換することで、コロナの影響が大きい既存ホテル事業の再興及び世界的に関心の高まっているSDGsへの対応を進める。
EC販売用の「さばしゃぶ」製造 現在製造を外部委託して販売している「さばしゃぶ」を製造工場の新設と製造機械の導入により全工程を内製化して、在庫を確保し機会損失をなくして販売網を広げる。
飲食ノウハウと大和しじみを活かした新商品開発による全国展開事業 新型コロナウイルスの影響により観光客が激減し売上も大きく減少。在宅時間の長期化等によりスーパー市場が拡大する中、しじみの製造卸売により全国へ販路開拓し、事業再構築を図る。
焼肉店から巣ごもり・中食需要を取込むため、食肉小売業への進出 コロナ禍による外食自粛の影響で主事業の焼肉店事業の売上減少。本件補助事業はテイクアウト市場の拡大を背景に巣ごもり・中食需要の新規顧客を取り込むために食肉小売業への進出を計画。
2棟を自在に!心の調和を実現する沖縄古宇利島での別荘宿泊型ワーケーション事業 戦略特区である沖縄古宇利島で、海を見ながら家族・仲間と休息したり、籠って仕事ができる別荘宿泊棟と、他人の刺激を受けつつ仕事をするワーク棟の2棟を建設。自在に使い分け心の調和を保って働く「ワーケーション」の場を運営する事業
老舗旅館2.0!一歩先を行くテレワーク事業でニッチトップを目指せ! 働き方改革の変化を踏まえて、テレワーク環境の整備により、老舗旅館として培ったおもてなしと都市型旅館としての利便性、そしてくつろぎを兼ね備えた、新しい独自のテレワークサービス事業を展開する
介助サービス付バリアフリールーム宿泊プランの販売による新分野展開 アフターコロナ期の社会変化に対応すべく、無償介助サービス付きのバリアフリールーム宿泊プランを販売し、バリアフリーツアー市場に新たに進出することで、既存ビジネスモデルからの脱却、事業再構築を図る。
飲食サービス業から卸売・小売業への転換による鮮魚店の開設 本事業は、弊社の主たる業種「飲食サービス業」(大分類 M)に該当する寿司屋から、福祉施設や観光客へ「卸売・小売業」(大分類 J)をする業種転換である。いわゆる飲食業である寿司屋から、川上の「鮮魚店」への転換で、地元の旅館、福祉施設、保育所等への海産物の「卸売業」、地元住⺠や観光客への「小売業」を行う。
特別食、季節食に特化して製造販売をし介護食市場へ参入 右肩上がりで推移する介護食市場へメニューや調理ノウハウの蓄積と栄養管理やカロリーバランスの取れたメニュー作成ができる強みを活かして参入を目指す。また、季節食に特化して製造販売を行い、大手介護食事業者等との差別化、競合回避を行う。
有休古民家を再生した会員制サウナ事業 新型コロナの影響により、既存事業(肉バル)の売上が大きく低迷したため新たな柱としてサウナ事業へ参入します。駅から徒歩圏内にあり日常使いのできるサウナを目指します。弊社バルをご利用されるお客様にも、健康促進効果が期待できるサウナの利用をお勧めし、食とサウナの両面からの健康管理をお手伝いします。
居酒屋事業から、法人向けお届けサラメシ弁当事業への新分野展開 コロナ禍の状況を鑑み、居酒屋一本足経営からランチデリバリー事業を新たに行う。

┗メニュー開発の強みを活かし、市場が拡大するデリバリー市場に参入する(強み×機会)

┗既存事業以外の収益を確立させ、経営の安定化を図る(脅威への対応)

急速冷凍機導入、ECサイト開設による販路拡大 まずECサイトを開設します。商品は海老チリ、麻婆豆腐、油淋鶏の3種類で、ECサイトに注文が入るとその商品を調理し、真空包装機で真空パックする。それを急速冷凍機で瞬間冷凍し、次の日にクール便でお客様へ送ります。
新型コロナで大打撃を受けたカフェ事業の強みを活かしたベーカリー製造販売業への新分野展開 当社は岡山県岡山市でカフェを経営しています。新型コロナの影響を大きく受けましたが、多くのファンに支えられ、なんとか経営を維持しています。その常連顧客からの要望もあり、当社がプロデュースする惣菜パンおよび人気のチーズテリーヌの製造販売にチャレンジする事業計画です。
ミシュラン受賞ビザ店の強みを生かしたテイクアウトピザ事業の展開 ミシュランガイドのピザジャンル最高位ビブグルマン受賞の岡山市内で唯一のビザ店の味を、家庭用オーブンで温めても再現できる技術を開発し、駅近くに開発中の大型複合モール内にテイクアウト専門ピザ店として事業展開する。
既存飲食事業との相乗効果を実現する遊漁船業への新分野展開 遊漁船業で新規のお客様を獲得して売上を伸ばす。また、遊漁船で釣りをしていただいたお客様を既存経営2店舗へ誘導して釣った魚を「遊漁船乗船者限定割引料金プラン」で調理提供して店舗の売上を伸ばす。
ドローン機体の整備サービス開始による事業転換 コロナ禍でも売上が拡大しているドローン関連事業の事業拡大を図るため、新サービスの提供体制を構築する。具体的にはドローン機体の整備サービスであり、そのための整備工場建設を行う。
冷凍自動販売機を活用し新たな販売方法を行い顧客価値の向上へつなげる 直営8店舗(水島店、中島店、松島店、堀南店、金光店、岡山健幸プラザ店、麵処 方丈、めん工房)へ冷凍自動販売機を設置し、非対面、非接触の新たな販売方法を導入することで、お客様の利便性向上と顧客価値の向上へつなげる。
キッチンカーと料理人を派遣する新仕出しとデザートのテイクアウトに取り組む。 現地にキッチンカーと料理人を派遣して、特別な日に暖かい料理を提供する新仕出しとデザートのテイクアウト事業に取り組み、ウイズコロナ時代を生き抜く新たな居酒屋像を創造する。
キッチントレーラーと自動販売機で斬新なファーストフード提供 キッチントレーラーと冷凍自動販売機の導入により既存の飲食店事業から、地元の新鮮な鮮魚を使用した新しいファーストフードの移動販売、自動販売機による販売事業へ。ポストコロナ時代の売上の安定、増加を目指す。
既存ラーメン店の飲食スペースを縮小、から揚げ持ち帰り専門店の新設 既存ラーメン店の飲食スペースを縮小し、非接触型のからあげ持ち帰り専門店を新設する。現在成長が続いている中食事業に参入し、新規顧客層を開拓する。
地元観光産業を盛り上げろ!3世代でつなぐ老舗レストランの復活 高梁市の名産品を取り扱うアンテナショップを開設し、既存事業の飲食店と併せて民間の道の駅にする。高梁市の観光経済の発展と、地元企業の成長に貢献する。
湯原温泉の旅館が取組む『地域初』のペットホテル事業 当旅館はコロナの影響で宿泊客が大幅に減少した。そのような中でペットと旅をする人は増加しているため、地域初のペットホテルを開業することで既存事業とのシナジー効果を発揮し、売上回復を目指す。
美食の国イタリア発のスイーツ専門カフェ イタリア菓子は非常に個性豊かで、味の美味しさはもちろん、見た目にもいわゆる「インスタ映え」するものが多い。日本ではまだ珍しいイタリアのお菓子とコーヒーをカフェで楽しんでいただく。あわせて、持ち帰りとして、お友達を自宅に招いたときのお茶菓子や手土産に利用していただく。
グランピング白石島で新たな顧客層を取り込みコロナを乗り切る 瀬戸内国立公園名勝地の白石島で長年、民泊やゲストハウスを営んできた。ウィズコロナの中、既存事業の低単価の客層を大切にしながら、高単価の一棟貸グランピング事業に進出することで、事業を再構築する。
ファミリー層を対象とした脱毛エステ店 小中学生様向けの安全性が高く痛みもなく出来る光脱毛メニューによりファミリーでの来店を促しお得な割引メニューを提案。男性脱毛の需要が特に10代、20代で注目されているが岡山県内では店舗数が少ないため男性向けメニューの提案。
天然温泉と本格パンの魅力を活かすカフェから宿泊業への新分野展開 湯原温泉郷で『足湯カフェ』を営んでいるが、コロナ禍で観光客数が激減し、低単価のカフェ業態だけでは収益確保が困難な状況となっている。この現状を打破すべく、既存店舗に抜本的な改装工事を実施のうえ、新規事業として「1棟貸切の天然温泉付き宿泊施設」に参入する。
屋内型ゴルフ練習スタジオ&バー事業による売上の拡大 新型コロナウイルス感染症拡大により飲食事業の売上が激減しており、売上回復の見込みが立たない中、ニーズの高まっているゴルフ事業に進出する。ゴルフシミュレーション機を複数台設置して競合のいない市街地に展開することで幅広い客層と需要を獲得し事業再構築を行う。
テイクアウト・ゴーストレストラン形態による外食市場から中食市場への展開 コロナ禍での外食自粛等により既存の飲食店の売上が減少している。既存飲食店を改装し、駐車場を有効活用できる「から揚げ専門店&フルーツサンドのお店(テイクアウト)」と「ゴーストレストラン(デリバリー)」を立上げ、中食市場への展開を図る。
冷凍商品化、ECでの中食への展開・DXを活用した安心安全な店舗の実現 自社商品を冷凍商品化し、店頭や自社ECサイトでの販売を行い中食への展開を図り外食機会の減少に対抗する。

加えて、DXを活用し、店舗内での対人接触機会の削減を図り、コロナ禍でも安心安全な飲食店を実現する。

地域と人とのつながりを生み出す『農泊古民家』 古民家を改装し、農泊をモデルとした宿泊施設を始める。コロナ以降の密を避けた旅行への需要に応えつつ、飲食店経営で培った経験を活かし、こだわりの無農薬野菜で作る食事と田舎体験プランを提供することで高単価高付加価値を実現する。
全国展開に向けた山珍の冷凍豚まんの生産体制確立による業種転換 コロナ禍により飲食サービス業が壊滅的な打撃を受ける中、近隣はじめ大都市圏のスーパーマーケット・百貨店からの保存性の高い冷凍豚まんのニーズがある。本事業では、冷凍豚まんの生産体制を確立し全国展開を目指す。
旅館流おもてなしの「和風モダン高級貸別荘」で自分達だけ宿泊需要獲得 現在未活用のままになっている美観地区内の契約物件を「和風モダン高級貸別荘」としてリニューアル。自炊型の滞在ができる貸別荘として運営。
複合的な宅配食事業の開設による事業再構築 ①複数のゴーストレストランによる企業向け宅配事業②近隣他店舗の宅配代行業③宅配代行付レンタルスペース事業④見守りサービス付高齢者向け宅配弁当事業、の4つを同時に行う複合的宅配事業開設
倉敷駅前に完全個室の焼肉店オープン 【背景】
現状の居酒屋経営では緊急事態宣言等による外出自粛及びお酒提供自粛による多大な影響を受ける
【解決策】
完全個室の焼肉店をオープンすることで3密に完全に対応して外出自粛等の影響下でも売上維持につなげる
高知初!食事が楽しくなる生簀とライブクッキングによる新形態のエンタメ海鮮飲食店事業! 今後有望な市場と考えられる中食、テイクアウト、ドライブスルーの要素を内包し、「少人数」、「家族向け」、「高齢者」を対象に、「ライブクッキング」、「生簀」を組み合わせた体験型の全く新しい飲食店事業を作り出すものである。
岡山の農水産品を活用したオリジナルたい焼きテイクアウト分野への進出 創業22年のもんじゃ焼き店で培った粉もの商品開発力を活かし、岡山県を代表する季節の農水産品を活用したオリジナルたい焼き「岡山名産季節の魚貝焼き」を開発、住民やビジネス向けテイクアウト事業を展開する
特許食材・地産メニューを提供するコロナ配慮型カフェ事業への参入 岡山市中心部で営む串焼屋はコロナ禍で顧客が激減し事業継続が厳しい状況にある。そこで新たに岡山市郊外にて地産食材や特許食材を利用して開発したカレーを看板メニューとしたカフェをオープンする。店休日には料理教室や飲食業の起業を目指す人向けの勉強会を開催する。
「コンテナハウスを活用したワーケーション・グランピングに適した宿泊施設運営事業」の新設 新型コロナウイルス感染症の影響により、本業の飲食業が大打撃を受けている。既存の観光型の宿泊も不透明である。

新たなビジネスとして、ワーケーション・グランピングに対応できる宿泊業への進出を行うことで、売上の回復を目指す。

居酒屋からテイクアウト型オープンサンドイッチ専門店へ事業転換 この度の補助事業は、コロナ禍でも対応できるテイクアウトでオープンサンドイッチを専門に提供する事業です。新たに調理設備を調達し地元素材を使用したオープンサンドイッチを製造、テイクアウトにて販売します。
「秘伝の味をおうちでも」プチ贅沢を叶える事業 新型コロナウイルスの影響を受け、来店客数の減少により大幅に売上が落ち込んだ。団体や宴会のリピーターを主軸としていたため、アフターコロナを見据えると新たな顧客層の開拓を行う必要性がある。今回の補助事業では、非対面型の販売機事業により、安定した収益確保と地域の飲食店との連携や、活性化を実現したいと考えている。
広島県中心に居酒屋を多業態展開する飲食業の、デリバリーに特化したラーメン店へのチャレンジ! 今まで、広島県を中心に居酒屋を多業態展開する飲食業として、成長を遂げてきたが、コロナの影響により、大打撃を受けた。そこで、これまで培った飲食店経営ノウハウを活かして新たに、テイクアウトやデリバリーを中心とした家系ラーメン店への進出を図る。
withコロナを見据えテラス席を設けた大衆居酒屋「neki hakutaka」の出店 昭和34年より培ってきた割烹料理のノウハウを生かし新たな業態となる大衆居酒屋の出店を行う。店舗にはアフターコロナを見据えたテラス席も用意し換気も容易で密にならない店舗作りを目指す。商品ラインナップには、既存店舗の人気商品を安価で提供出来るよう仕入等に工夫を凝らし、新たな顧客層開拓を目指す。
お好み焼きの飲食業から製造業への業種転換 製造工場を新たに取得し、お好み焼き飲食店経営をしてきた実績を活かして、製造業としてお好み焼きを製造する。イートインから中食需要の高まりに乗じて飲食店で食べるお好み焼きが自宅で食べられるよう業種転換を進める。
ウィズコロナ時代に対応した広島初、味噌ラーメンへの業態転換 新型コロナウイルスの影響で、来客数に伴い売上が減少している。しかし、コロナ禍でも換気設備が整っているラーメン店は需要が増加している。また、健康食ニーズにマッチした味噌を使ったラーメンを提供することで、従来のとんかつ専門店よりも低価格と回転率の早さでV字回復を図る取り組みである。
地域を圧倒するお店作り、唯一無二の焼き鳥店へ! 10店舗のドミナント出店を目標に、焼鳥屋のイメージである赤提灯系1本100円以下、白提灯系1本300円前後の所、当社はその中間でオシャレな店内で本格的な焼鳥を提供する唯一無二の焼き鳥店を目指す。
カフェレストランからインスタ映えする韓国料理店への業態転換による事業リスク分散と事業全体の成長 カフェレストラン「CLOVERS紙屋町」を2021年11月に閉店・撤退。新たな場所に韓国料理店「アンニョン」の出店を2022年1月に実施予定。新型コロナの影響を受け、歓送迎会や2次会需要が激減した既存事業のレストランカフェから、コロナ禍でも安心安全な全席完全個室のインスタ映えする韓国料理店へ業態転換する事業。
冷凍自販機「ど冷えもん」による広島名物せんじがらの無人販売 居酒屋2店舗とからあげのテイクアウト専門店1店舗を経営していたが、コロナで売上が減少した。非対面接触対応ができる新たな販売ルートを確立すべく、冷凍自販機「ど冷えもん」を導入し、広島名物せんじがらなどを含めたモツ関連商品をご提供する。
飲食店の販促も目論む、Aiドローン活用によるゴルフ場支援事業 本事業は、コロナ禍でむしろ脚光を浴びたゴルフ市場をターゲットとして、ドローンと当社の強みである360°カメラ付き自撮り棒(実用新案)を活用した映像配信事業の展開により、新たな収益源の獲得と既存事業立て直しの両立を図る。
冷蔵・冷凍食品の開発を通じた中食事業への新分野展開 外出・移動の自粛や時短・休業要請等により外食事業の売上が大きく減少した。経営の安定化に向けて、冷蔵・冷凍食品の開発を行い、新型コロナウイルスの影響を受けにくく、市場を伸ばしている中食事業に新分野展開する。
カレーペーストとスパイス料理真空パックで新規顧客獲得事業 新たにカレーペーストとスパイス料理商品の冷凍惣菜を開発・生産するため、店舗改装により厨房を移設・拡張し生産体制を整備する。販売は、店頭のほか、ECサイトを活用し販路を開拓する。
セントラルキッチン構築による食料品製造業への業態転換 セントラルキッチン構築による食品製造部門への業態転換を実施し、当店自慢の「創作おでん」のパッケージ販売を新たに開始することで、飲食部門以外の売上確保、リスク分散を可能とする。
唯一無二の存在へ「テイクアウト、苺パフェを新規併設する事業」 インパクトの強い苺パフェをパフェとしては珍しいお持ち帰りとして提供します。インスタグラム×アプリ決済×テイクアウトと相性の良い組み合わせと既存店のかわいらしいイタリアンカフェとの相乗効果が強みです。
塊根植物育成を通じた体験価値の提供とコミュニティ形成 マダガスカル産塊根植物の販売を通して体験型育成を提供する。また、どんな人でも生育体験を楽しめるように、ITを活用したサブスクリプションサービスによる継続的なフォローや、コミュニティ形成による孤独感の解消を通じて、コロナ禍でストレスを抱えている国民のQOL向上を図る。
スナックから喫茶店への業態転換およびテイクアウト事業開始 当店代表の喫茶店経験を活かし、地域で減少傾向にあり競合の少ない喫茶店およびテイクアウト事業への業態転換を行うことで、感染リスクを避けつつ地域に欠かせない交流の場を目指します。
冷凍鯛そうめんを開発、製造し、全国や世界に通信販売していく 食品冷凍設備を購入し、冷凍食品の開発、製造技術を取得後、冷凍鯛そうめんを全国と世界に販売していく
洋服リペア事業でエシカルなアパレル業への新規参入 衣服の生産から廃棄に至るプロセスで持続可能を目指し、地球環境や関わる人・社会に配慮した取り組みをおこなうべく、洋服集やカスタム、廃棄洋服のリサイクル商品販売をおこないつつ、事業活性化をおこなう
3Ⅾフリーザーを使用した会席料理のテイクアウト及びECサイトでの販売 3Ⅾフリーザーを利用したテイクアウトとECサイトで旬の食材をいつでも提供できる店づくりを行います。当社自慢の会席料理を急速冷凍し、地元の「味」を全国に届ける仕組みを導入致します。
簡易宿泊業からワーケーションや移住支援のための中期滞在型施設提供への展開 本法人の主たる事業は「再生空き家を活用した旅館業法に基づく宿泊事業」である。私達は主たる事業を変更することなく再生した空き家をワーケーションや移住支援のための中期滞在型施設を提供することで新たな市場に進出したいと考えている。
フランスで2.5年修行したベテランフランス料理店が作る150種類の現地と同じフランス風チーズケーキの全国製造販売 フランスで修業したシェフが日本人好みの本格的フランス風チーズケーキの製造販売を行う。冷凍し解凍後も良好な味を保てるケーキを全国にネット販売するとともにテイクアウトやレストランでの提供も行う
サブスクリプションでの販売を中心とした酒類小売および惣菜販売事業への業態転換 新たに酒類小売業免許と惣菜製造業許可を取得し、これまで当社の飲食業態でのみ提供していた「ワインと料理」を外部にも小売販売ができるようにする。
ラーメン専門店の出店による新たな利用客層の創出 うどん専門店で永年麺類に携わり創作料理も提供してきた強みを活かし、ラーメン専門店を開業し新たな客層や観光客を呼び込む。地元食材を使用し地元広島の特色をアピールし地域活性化に貢献する。
ダイニングバー・ワイン教室・酒販の新規展開によるコロナに強い事業再構築 ダイニングバーに加えワイン教室及び酒販を展開することで新規顧客の掘り起こし・単価向上を可能にし、かつ広島県の新型コロナ感染拡大防止集中対策等の要請に対し事業継続可能な体制を構築し、売上(付加価値)向上を図ることで、コロナを乗り越えるための事業を再構築する。
地元農家との強固な関係性を生かして「ECサイトでの広島レモンの販売」という業種転換に挑戦 串揚げ専門の飲食業からECサイトを利用し「広島レモン」を販売する小売業へと業種転換を実施。シナジー効果を発揮しながら2業種体制によるリスク分散で新型コロナ等の不測の事態に対応できる体制を構築します。
経営資源を最適化し飲食業からクラフトビール製造業へ業種転換する 醸造(brew)居酒屋(pub)で提供していたクラフトビールを外販するため、新たに工場をつくり、製造業に業種転換する。外国人に人気のテイストと英語に堪能という強みを活かし、米軍基地をはじめ地域と協力して、新たな顧客と収益の獲得を図る。
地元広島県産食材にこだわった健康志向の麺類の非対面式販売 広島県産食材の使用と無添加・無化学調味料による飽きのこない味をそのままに、新たに冷凍商品・生麺商品を製造し、新生活様式に沿った非対面式販売に取組むことで、自社の事業再構築と地域経済の活性化を目指す。
既存店舗1店舗の撤退と、最新冷凍技術を導入した冷凍食品加工工場の新設 従来は飲食店3店舗を経営。イートイン、お弁当宅配、仕出し・ケータリング事業を行い、特に広島で開催されるイベントやコンサートの食事のほとんどを請け負うようになっていたが新型コロナウイルス感染症の影響により売上が減少。中食の需要が今後拡大することを見込み、冷凍食品加工工場の新設を行い、冷凍食品配送事業を軸とした経営にシフトする。
~ 古民家再生プロジェクト ~ 大正ロマンを伝える門司港の景観と庭園美を感じながら季節の食材を贅沢に楽しむ 北九州市門司区の築70年超の古民家をリニューアルし、洋食中心の中高価格帯レストランの開業を行う計画です。この古民家は日本銀行旧門司支店の支店長社宅として建築された由緒ある建物で、6,700㎡の敷地にロータリーや庭園を完備しています。
地域と共に〝HIROSHIMA SUP City”を目指した、SUPパドラー向けホテルへ生まれ変わる ビジネスや一般観光者利用依存型の宿泊施設・サービスから、SUP(スタンドアップパドルボード)愛好者向けの施設とサービスを提供するホテルへ生まれ変わることで、地域活性化へ貢献をすると共に、ニューノーマル時代にも強い事業へと再構築を図る。
居酒屋経営で培った強みを活かした特徴ある焼肉店への事業転換 コロナ禍で壊滅的な居酒屋から撤退し、感染症に強い焼肉店に進出する。精肉加工場の開設で低コスト化と熟成肉加工を実現。熟成肉と独自の仕入ルートによる高知産の魚介の品揃えで競合と差別化し、事業を再構築する。
喫茶店から小ロット、OEM 珈琲豆生産オンライン販売へ進出 スプレモは自家焙煎コーヒー専門店の喫茶店である。本事業は、喫茶事業から新分野であるOEMコーヒー豆の製造に取り組む。カフェ、飲食店、企業等から依頼を受け顧客仕様の焙煎を行い、これをネットで売る。
コロナ対策を兼ねたワーケーションとしての連泊プラン構築と仕事場とお食事場を分けた食事処改装事業 コロナ禍のためインバウンド客が減少したが、新しいニーズとして地元企業がワーケーションで利用したいという声が増えた。現状、仕事で利用するには気分転換がしにくい食事処に加え部屋食が主体となっている。旅館のサービスを見直し、人手不足によるサービスの質の低下と食事処の改善を図る。
セントラルキッチンを軸にウィズコロナ対応型の飲食事業展開 当社はコロナ影響で既存店の飲食事業が打撃を受けている。打開を図るためにセントラルキッチンを新設してそこを拠点に、①高級料亭、②オープンカフェ、③持ち帰り専門店、④ネット通販、の4つの事業展開を行う計画である。
次世代型シェアキッチン・王様のゴーストレストラン事業 コロナ禍でも売上が見込めるテイクアウト・デリバリー専門業態の開発、それを飲食業を始めたい人に向けて、シェアキッチンとコンサルティングを共に提供する次世代型シェアキッチン事業(王様のゴーストレストラン)で業績向上と雇用の創出を図る。
居酒屋による完全個室焼肉店の開設並びに食品物販事業への進出 既存店舗の隣地に完全個室焼肉店を開設。当地世羅町中心部に存在しない飲食事業である事、完全個室である事に加え、焼肉店は換気イメージが強く、来店客に安心感の高い飲食事業を行っていく事が可能。また、取扱品目については世羅ワイン、世羅牛等、当地の地産地消に強く貢献する事業である。
日本料理店の強みを活かした釣り船事業への進出 コロナ禍の中での生き残りと再成長をかけ、コロナ禍で人気が高まっている「釣り船」事業に挑戦する。長年の日本料理店の強みを活かし、日本料理のプロによる釣れた魚介の調理・テイクアウトや、徹底した接客サービスにより差別化し、新たな客層の顧客を獲得する。
『テイクウトを主軸としたイートイン併設の焼売専門店』の運営 これまで中華料理店として3店舗を展開していたが、コロナにより大打撃を受けた。商品特性上、テイクアウトも強化しづらい難しさがある。そのため、新規事業として、独立店舗でテイクアウトに適した商品(焼売)を販売し事業継続を目指す。
キッチンカー導入で待つスタイルから出向くスタイルへ! 今まで既存店舗で扱っていなかった韓国フードを新たにオリジナルメニューとして商品化し、

キッチンカーを導入して、新たな市場でお客様を『待つ』スタイルからお客様の元へ『出向く』スタイルへ挑戦します。

食の維新を山口から!山口県産飲食料品を世界に向けて販売し地域活性化 飲食店経営の経験・繋がりを活かし、様々な企業との事業者間・異業種間連携を進め、特色ある山口県産品を高付加価値商品として全国及び世界に販売します。地域活性化にも貢献し、食のトータル企業、飲食店の維新を目指します。
既存事業で培った人脈を活用した、新たな顧客獲得のためのシミュレーションゴルフ事業 既存店舗に隣接するスペースを活用したゴルフ練習打席とシミュレーションゴルフ事業を開業し、コロナ禍以降増加傾向にあるゴルフ市場への新分野展開にチャレンジします。本事業を通じて、コロナ以降低迷している近隣の飲食店舗の再興を図ると共に当社業績のV字回復を図るものにしたいと考えています。
コロナ後を見据えた新規事業の再構築とセントラルキッチン方式の導入 家庭内消費向けの新規事業構築(精肉販売・豆腐販売)と豆腐専門店(創作料理豆汰)の開業、生産性向上に向けたセントラルキッチン方式の導入を行い、コロナ後も継続して安定した利益が出せる組織体制を確立する
ハンバーグレストランからラーメン屋への業態変更 レストランからラーメン屋に業種変えすることにより、サラダバーなどのビッフェスタイルを止めお客様同士の接触の可能性を減らす。また、券売機を導入する事で、オーダーテイク時間を減らし、従業員のお客様との接客時間も最小限に留められる。
外食から中食へ、高級食パンの製造・販売による新分野展開 山口市徳地特産の自然薯を使用した高級食パンの製造・販売をする。従来のパンの販売店ではなく、コロナ禍で顕在化するテイクアウト・中食需要や、プチ贅沢需要に対応した取り組みである。
ラーメン店参入による居酒屋営業依存からの脱却 3店舗ある居酒屋の一店舗を近隣の家族連れや県内のラーメンファンをターゲットとした新しいコンセプトのラーメン店に改装し昼間の客を取り込むことで、飲酒を伴う飲食店営業形態への依存から脱却する。
飲食業者の不動産業への展開による地域と企業の相乗発展創出事業 飲食業者が新たに不動産業を展開し、当社の所在する中心市街地を含め地域へのテナント誘致や居住者の誘致に取り組み、地域の発展と共に既存事業である飲食事業の発展にもつなげるという相乗効果を作り出す事業です。
老舗ふぐ料亭のチャレンジ、福を呼ぶ長寿、縁起物ギフト事業 新たにふぐ加工品を中心とした特産品や土産物を活かした縁起物、ギフト通販事業」に取り組む。「ふぐ→ふく→福を呼ぶ、縁起がいい、ご長寿祝いや新築祝い、開店祝い、合格祈願、退職祝いなど様々なライフイベントで人々に幸せをもたらす縁起の良い商品を販売する。自社に限らず地元企業の商品を仕入れ長州長寿ギフトとしてブランド化を行い、付加価値をつけることで単価を上げ販売を行う。
テイクアウト専門に特化した自社商品製造と非対面式販売チャネル構築 店舗に併設する形で「自動販売機による弁当・惣菜の販売」と店舗を持たない「インターネットやキッチンカーを活用した宅食向けの商品販売」を実施する。同時に、セントラルキッチンを新設して地元食材を使用した持ち帰りに特化した商品の企画、製造を行う。
山口県初!焼肉用和牛等の自動販売機を活用した販売による事業再構築 当社の主要事業である焼肉店において、新型コロナの影響により時短営業等を余儀なくされたなか、既存事業における知名度や強みを生かし、新型コロナ対策にもなる自動販売機を活用した中食市場への対応力強化を図っていく。
飲食店経営で培ったホスピタリティで児童発達支援事業への新展開 飲食店経営から放課後等デイサービスを主軸とした児童発達支援事業へ新分野展開します。弊社は地域密着で50年、これまでも地元の子育てを応援してきました。その中で地域では、発達障がい児が増えてきていて、放課後等デイサービス事業者が不足していることを知りました。弊社はこの分野に参入し、障がいを持つ子どもたちが放課後を安心して過ごせる場所を提供し、保護者の社会参加を促し、地域の経済活動に寄与できます。
コロナ過にて宿泊施設が消滅した秋吉台エリアで地域復活グランピング事業 秋吉台と秋芳洞の2台観光資源を擁しながらコロナ過で宿泊施設が消滅した秋吉台エリアで、地域唯一の宿泊施設としてグランピングを開設し、減少している観光客を呼び戻す。当社のV字回復を図ると共に、市の観光推進計画の一助となる取り組みである。
旅館、宴会サービスの廃止に伴う、超小規模複合施設への転身 宿泊業と宴会サービスを廃止し、今後使われなくなる客間、宴会場を改装して、3つのレンタルスペースをアーティストや事業者への貸間として展開することで、テナント賃料だけでなく、当社の飲食売上にも貢献していける。
日本初上陸となる台湾の人気店をEC・店舗同時に展開してV字回復 本場台湾で人気の台湾カステラブランドを日本初上陸させECサイトで販売。同時に店舗も展開しオムニチャネル化をめざす。コロナ禍、コロナ収束後でも持続的に収益確保できるビジネスモデルを確立してV字回復を図る。
新分野となるフレンチ嚥下食を新市場で展開しV字回復 コロナ禍で福祉施設等は面会が規制されている。施設は入所者に特別な食事を提供しストレスを軽減したいが摂食障害者が多く咀嚼可能な嚥下食が必要である。長年の技術をいかしフレンチ嚥下食を提供して摂食障害者のQOL向上に貢献し当社もコロナ禍を乗越えV字回復を達成する。
学生向け生活費支援型下宿サービスで新事業と飲食業の売上拡大 コロナで売上が激減した相部屋和室の旅館を、スマートロック付きの個室へ改装し、飲食部門の業務補助を通じた生活費補助サービス付きの学生向けサービスに転換する。
フードアミューズメントパーク&ホテルズへのリニューアル計画 地域最大の宿泊施設の再建。「ホテルと付帯する飲食施設」という既存の事業形態から、宿泊機能のある「食のアミューズメント施設」として生まれ変わる。観光・ビジネスなど地域の活性化に寄与するホテルへ。
配食事業と御用聞きビジネスを融合させた地域密着新サービスの提供 クックチルを採用したセントラルキッチンによる惣菜を製造し、製造から販売まで一貫した夕食宅配モデルを確立します。さらに顧客管理システムを構築し、御用聞きサービスを付加することで地域に密着したサービスを実施します
エスニック料理の冷凍ミールキット製造・ネット販売事業 新たに調理加工設備を新設し、現在運営の飲食店で提供しているエスニック料理を冷凍ミールキットとして製造・通信販売することで、新たな市場の獲得、及び飲食店との相乗効果を生み出す。
県内外に徳島の食文化を発信するオープンカウンター型割烹料理店 課題はコロナによる大人数での飲食環境と客数の減少であった。感染対策が施されたオープンカウンター型の日本料理店へ業態転換を図り当社でしか食べられない旬で本格的な徳島の日本料理を堪能できる事業を開始する。
焼肉店のノウハウを活かしたテイクアウト専門唐揚げ店への展開 当社は、これまで焼肉店の経営で培ったノウハウを活かしてテイクアウト専門唐揚げ店を展開する。テストマーケティングでも反響は大きく、唐揚げに特化することでお店の再起を図る
焼き鳥店が挑む、地元特産ブランド地鶏を使ったラーメン店の展開 徳島駅前で、焼き鳥屋を営んでいるが、コロナ禍により売上が減少。収益回復のための新事業を検討する中、焼き鳥店で廃棄していた鶏の部位を利用したラーメン店の開業を決断するに至った。
人気ラーメン店が挑む、地元密着のテイクアウト可能な定食屋の展開 著名人も多く訪れる徳島県の人気ラーメン店として地元空港や中心駅前に出店するなど順調に業績を伸ばす中、新型コロナによる外出自粛の影響を受けて客数が激減。業績回復の一手として、新たに地元に根差したテイクアウトも可能な定食屋を新たに展開する。
父母ヶ浜近くでのゲストハウス事業および東南アジア料理事業 父母ヶ浜観光客をターゲット顧客として、自社としてはこれまで取り組んでいないゲストハウス事業およびフード事業を行う。
「徳島ラーメン」と「徳島スープ」の文化を繁栄させ、徳島県の魅了を高めつつV字回復を狙う! 元祖「徳島ラーメン」の老舗として徳島ラーメンを四国・関西地方に広めた。コロナ禍に伴い、店舗の来店者数が激減し、売上が大幅に低下した。そこで、ラーメンスープの製造ノウハウを生かし、鍋スープの販売に挑戦した。また、餃子の自販機や無人販売所、テイクアウト場の設置などで非接触型の販売も開始した。
韓国スタイルを取り入れた新たなステーキ専門店への事業転換 ポストコロナに向けて変化する食のニーズを捉え,個人客・少人数客を対象とした韓国風ステーキ専門店への事業転換を図る。新規店舗には個室空間を用意し,顧客単価の向上を実現し事業目標を達成する。
[商店街に元気を!! eスポーツカフェで、関係人口を創出!!] 今回の補助事業は、物置として利用している2階フロアーを撤去し、新たに eスポーツカフェ業を「新分野展開」として実施する。
郊外型、紹介会員制メンズ専門脱毛サロン 〜お客様満足度No1を目指します〜 新型コロナの影響で外出自粛制限の影響を受け飲食店の売上が減少しました。遊休地を改装して紹介会員制の脱毛サロンをつくります。
地元に愛されたうどんと笑顔を移動販売車で届ける地域貢献事業 コロナショックを「不況ではなく需要の移動」と捉え、物販事業を拡大していく

移動販売による売り上げ拡大と店舗での物販拡大を強化する

自社開発「幸せのフルーツバター」の製造工場新設し婚礼ギフト展開 香川県産の和三盆糖や苺・キウイなどフルーツを原材料にした「幸せのフルーツバター」を香川県に縁のある人・企業をターゲットに、婚礼・記念事業ギフト展開するために「幸せのフルーツバター製造工場」を新設。
イノシシ肉の焼肉とデリバリー専門フィットネスフード事業 当店を改装し、もともと鍋料理で提供しているイノシシ肉をつかった焼肉メニューを開発・提供する。SMART DELIというフィットネスフードブランドが立ち上がっている。500kcal以下で低カロリー高タンパクなバランスのとれた弁当をデリバリー専門で販売する。デリバリーサービスのUberEats対応地域でないと取引できないため、高松市内に新店舗を構えてスタートする。
飲食事業から食品製造業へ進出しオリジナル商品の製造販売を実施 コロナで危機的状況に陥った飲食事業から自社の強みである商品開発力、技術力を活かしオリジナルのバターソースや骨付き鳥を製造。問屋を通じて百貨店、スーパー等で販売するとともに自社のECサイトで直販を行う。
エンジェルロードでアートギャラリーの開設事業 小豆島にあるエンジェルロードは、引き潮の時にしか見られない為、観光客は待ち時間に苦慮しています。今回、周辺の倉庫を借りてアートギャラリーを開設し、待ち時間の有効利用と新規観光拠点を提供します。
北海道食材を使った鮮魚店と鮨屋の開業 札幌鮨屋の大将を雇用し、北海道からの直送食材を使った鮨屋と鮮魚店を沖縄で開業致します。居酒屋経営や、海外進出経験を活かし、地域食材と組み合わせた「南国の北海道グルメ」という新しい業態を開発、運営。
コロッケ専門店によるお弁当ランチのテイクアウト・デリバリー事業 コロナによって減少した「外食」需要の一部がテイクアウト、デリバリーなどに移動しているため、新たにお弁当、サンドウィッチのテイクアウト販売を開始し、新たなニーズに対応する
「オンライン学習×食事健康管理」による受験生応援事業 地域学生を対象としたオンライン学習支援事業。勉強に限らず実際の社会人がどのような仕事をしているのか学生の未来構想の参考になる機会や、健康に良い軽食を提供し、学生を全面支援する地域貢献事業。
障害者の就労継続支援から、SDGsに貢献する就労継続支援事業への参入 就労継続支援事業へ新規参入し、B型事業所として利用者を獲得し、お弁当の詰め作業などを行う。障害者や、高齢者の就労継続支援を行うとともに、こども食堂なども運営する。
音楽に特化した魅力ある複合施設 新型コロナウイルス感染症の影響によりライブ本数が激減し、業界ガイドラインを遵守した方法では運営不可能と判断しました。そこで「完全非接触型システム&キャッシュレス決済」等のIoTを導入したスタジオ事業と既存事業を組み合わせたウィズコロナ時代にも対応したスタイルでの運営を行う。
さぬきお好み焼の冷凍ネット販売と米粉を使ったグルテンフリーお好み焼の開発で新たな顧客を掴む 地域に根ざし・地域の素材を活用しているお好み焼店が、最新の冷凍技術によるネット販売を行い、同時に米粉を使ったグルテンフリーのお好み焼を開発し、より広い人たちに「さぬきお好み焼」を楽しんでもらいたい。
24時間シュミレーションゴルフ練習場&ゴルフレッスン事業 コロナでブームに火がついたゴルフに着目した非接触型の24時間シュミレーターを搭載したゴルフ練習場、レッスン事業を行い、空き店舗の有効活用で、土地勘、店舗経営ノウハウ、経営者層の豊富な人脈を活用し、成長を目指す。
本場さぬきうどん職人が新規開業するパン屋さん「ら・ぱぱぱん」 コロナ禍で外食の機会が減り既存うどん店売上が大幅減、そこでテイクアウトと非接触販売が可能なパンの製造販売を行い、顧客満足度を高めフードロスの削減と従業員雇用の安定化を図り、企業付加価値を高める
本格的で健康的な自然食をご家庭に届ける家事代行サービス 事業の新たな柱として、料理専門の家事代行事業に取り組む。登録スタッフは、健康的な食事の調理技法を代表者(自然食アドバイザー、健康管理士等の有資格者)から体系的に学び、給食サービス等と差別化を図る。
モバイルオーダーを活用したハンバーガーテイクアウト専門店 コロナ禍において「中食」が増えている。そこで前述の通りモバイルオーダーシステムによって注文から決済までをWebで行い、店舗では商品を受け取るだけの非接触型テイクアウト専門店バーガーマフィアを立ち上げる。
「やってみせる!」自分らしい姿を残すためのセルフ写真館の展開 既存の写真館では時間や人の目線から難しい、家族や親友たちだけが知っている本当の姿を写し取るために、貸切かつリモートで手元でシャッター操作ができるセルフ写真館を展開し、自分たちだけの整った設備の中で、自分たちのペースの写真撮影を実現する。
歴史的建造物をリノベーション古民家貸切り宿泊業への新分野展開 既存の観光飲食業はコロナ禍での打撃の波が強いため、田舎にある自社所有の歴史的建造物をリノベーションし、一棟貸切りの宿泊業を構築、コロナ禍でもファミリー層やビジネス層にも安心して利用できる一棟貸切り宿泊業を地域とも連携して行うことにより既存事業とは違うターゲット・新分野で顧客獲得し売り上げ回復・アップを図る。
地元愛媛と他県の特産物を存分に取り入れた、家族で愉しむ蕎麦・海鮮食堂の創出 コロナ禍で酒類提供中心の飲食店事業が大打撃を受けている。新事業として四国最大のショッピングモール、エミフルMASAKIに愛媛の海鮮と他県の特産を愉しむファミリー向けの蕎麦・海鮮食堂を出店し弊社、地元、日本の活力再生産を目指す。
コインランドリー・クリーニング取次店併設での事業進出 利便性が良くない声や地元の住民のニーズ・利便性の向上に応えるため、また、ビジネス環境の変化にも耐え得るための新たな収益の柱とするコインランドリー・クリーニング取次店併設での事業進出
居酒屋から古民家を活用した玉川地区野菜のマルシェとピザ窯カフェ&キッチンへの挑戦 無農薬野菜を提供するカフェ事業を新たに行う。既存ビジネスのリソースを生かしながら、健康志向の高まりと共に注目されている無農薬野菜を用いたピザを提供する。
松山三越出店計画-新たな百貨店業への挑戦- コロナ禍において観光業が大打撃を受け、観光業を柱とする各部門の業績が低迷しています。その状況を打破するために、従来の事業に加え新たに百貨店業を開始します。

リニューアルオープンした松山三越への出店で、新たな柱となる事業の再構築に取り組みます。

過疎地だからこそできるパーソナルトレーナー付きワーケーション用宿泊施設の提供事業 愛媛県上浮郡に拠点を置く公共宿泊施設の運営会社ある。新型コロナウイルス感染拡大の影響で観光客が激減し、同社の売上も大幅に減少している。今回の補助事業においては、コロナ禍においてリモートワークが普及し、都会から田舎へという志向が高まる中で、ワ―ケーションやリモートワークに対応したトレーラーハウス事業に乗り出す。
おうちで職人の作るお寿司を再現。冷凍寿司で新しい寿司店のカタチ コロナによる内食需要に着目。自宅でも、寿司店で食べる職人の寿司を再現した、こだわりの食材による冷凍寿司を開発。量販体制の強化と、HACCP対応の工場整備を実施し、店舗事業と外販事業の両輪でコロナにも強い事業体制に再構築する。
オンライン対応地域密着型ワーキングスペースで地域のデジタル化を推進 飲食スペースを撤去、縮小し、オンライン対応地域密着型ワーキングスペースを設置し、デジタル化を推進する。デジタル化が進まない地域特有のニーズに応え、スペースの提供だけではなく、オンライン設定などきめ細やかな対応でシェアリングエコノミー市場を獲得する。
コロナを生き抜く!ファミリー向けレストランへの業態転換! 当社はこれまで深夜営業を強みとした飲食店を営業してきたため、コロナにより他の飲食店以上にダメージを受ける結果となってしまった。そこで、現在の事業規模および雇用を維持していくため、当社がこれまでジャンルが違う飲食店を経営してきたノウハウ等を活かした、ファミリー向けのレストラン業態転換を行う。
withコロナ時代の新しい働き方を支える「ワーキングカフェ事業」 社員食堂など従来の企業の食環境は、感染症対策や新しい働き方に合わせた形へと再検討されている。これまでの普遍的な食堂や弁当提供ではなく、個社毎の課題を解決する「オーダーメイドのワーキングカフェ事業」を展開する。
創作料理人の新分野展開、外商商品の開発、オンライン販売用システム構築 外商可能な商品を開発する食品加工事業を行う。

ホームページを作り全国の飲食店、消費者へオンライン販売できる仕組みを作る。

商品試作、パッケージデザイン構築、ホームページ作成を実施し外商を行う。

キッチンカーによる新たな営業形態と販路拡大への取り組み コロナ禍により実店舗の売上が落ちる中、テイクアウト需要に応じたキッチンカー営業を展開し、機動性を活かした積極的な集客活動を行い、新たな顧客獲得と販路拡大による売上の回復を目指す。
飲食店の強みを活かした新たな挑戦!「食」と「遊」をテーマにした遊漁船事業 コロナ禍でも人気の「釣り」を楽しめる事業として遊漁船事業に取り組む。釣れる漁船としての楽しみと、高知市の有名居酒屋が釣ったばかりの新鮮な魚をその場で調理して提供する「食」を楽しむことができる事業として新たに取り組む。
高知名物屋台餃子の冷凍商品開発に伴う工場新設とEC販売開始 屋台餃子安兵衛を運営しているがコロナの影響が大きく、長年の悲願であった冷凍食品を開発しECサイトを構築し販売する。屋台餃子を地域ブランドとして全国に発信し地方創生に貢献。
老舗ちゃんこの復活!鍋バル新業態店への挑戦 弊社は郷土料理店2店舗、居酒屋2店舗を運営している。いずれも和食で宴会メインの店舗のためコロナの影響が深刻。遊休不動産を活用し少人数向け・テイクアウト併設型の新業態店開発として少人数向けの「鍋バル」を開店させる。新しく業態転換に挑戦するものである。
本格ナポリピッツァと地産地消のイタリアンを手軽にテイクアウト・デリバリー“マンマ・ミーア エクスプレス” コロナ禍で行楽客や通勤・通学者の減少による売り上げ低迷を受け、新たにテイクアウト・デリバリー業態へ展開することで、レストラン業態に依存した現在のビジネスモデルからの脱却を図る。
コロナ禍に対応したシミュレーションゴルフで事業の再構築 新たな事業としてシミュレーションゴルフを導入することで今まで獲得できていなかった顧客層の獲得を行う。今回導入する予約・決済システムにより従業員とお客様間の直接的な対面がなくなり完全非対面型ビジネスを行うことができる。
どんぶり屋で新たな市場へ挑戦し、寿司屋とのシナジー効果を狙う 今回の補助事業『どんぶり土井』を始めることで、外部環境の変化にも強い新分野への展開を行う事ができる。又、既存店舗「すし土井」とも近くの立地でオープンする予定であり、互いに相乗効果を生むように努める。
コロナに負けず目指せ100年!老舗割烹旅館の高齢者とともに歩む生涯学習サービス 日本は超高齢化社会に突入し、年々高齢者の割合は増え続けていく。

多くの高齢者はスマートフォンの扱いが苦手であり、スマホでLINEやメール、ビデオ通話などの便利機能の操作方法を覚えることで、いろんな情報が入手でき家族や友人とオンラインでつながって交流機会も増加する。

新事業として、老舗割烹旅館が高齢者の楽しみ+生涯学習(スマホの操作方法教室など)を組み合わせた新たな高齢者サービスに挑戦する。

世界遺産のまち宗像で地産地消料理専門店 福岡県遠賀郡岡垣町で人気の焼き鳥屋さんが、世界遺産のまち宗像に進出!

コロナ対策万全の換気に優れ、海の幸と山の幸に溢れた地産地消のお店を新規オープン!

玄界灘の海産物と地物ブランドむなかた鶏をふんだんに使い、屋外テラス席から屋内個室席まで空間を広々と使い、大人から子供まで、家族連れで食事を楽しんでもらえる食のテーマパークを展開する!

シミュレーションゴルフバー事業の展開 現在運営している飲食店は結婚式の2次会等が可能な広い店舗であるため、新型コロナウィルスの影響により業績が悪化している。そのため少人数で楽しむことができるシミュレーションゴルフバーを開設し事業継続を図る。
スペインバルからスペイン料理総合店へのシフトチェンジ 多様化する食事ニーズに対応した新たな売上を獲得する為、惣菜の製造販売をはじめる

。また消費者ニーズに合わせてランチ営業、テイクアウト、EC販売、自動販売機、デリバリーなど様々な提供形式をそろえることで、スペインバル(酒場)から”いつでもどこでも本格スペイン料理を提供する総合店”への転換を目指す。

高価格帯海鮮丼テイクアウト・デリバリー及びソーシャルディスタンスを徹底したセルフオーダーシステムの導入による非接触型海鮮 テイクアウト・デリバリーを利用した家庭内で食べれる高価格帯の海鮮丼の製造・販売を行う。家庭内で簡単に食せない外食の味を提供。更にソーシャルディスタンスを徹底し、お客様自身で注文可能なセルフオーダーシステムを導入し、九州産の魚介類を使った食堂業態の運営を行う。
急速冷却冷凍機を用いた冷凍広島お好み焼きの製造・販売 冷凍広島お好み焼きの製造と通販サイトでの販売を開始するために、必要な設備設置が可能な店舗への移転・販促HP作成等の広告宣伝を行い、既存の営業スタイルであるお好み焼きの店舗販売・新事業である通販販売の兼業事業の構築。
コロナを乗り越える!食肉小売店を併設したホルモン焼専門店の開設 既存事業は夜のお酒の提供が伴う店がほとんどであるため、コロナによる被害が大きい。そこで店舗の改築等をし、自社の強みを生かした食肉小売店を併設したホルモン焼専門店をオープンすることで、V字回復を目指す。
体の中から美容と健康を!本場韓国の無添加キムチ等製造事業 新型コロナウイルス感染症の影響による緊急事態宣言下の外出自粛等の影響は大きく、事業の再構築を図る必要がある。当店は、既存事業において培ったキムチ等の製造ノウハウを駆使し、小売店へ卸すことで収益を拡大、V字回復を図る。
薬院でフランスのパリを想起させる、身近な「フレンチ総菜」を提供する事業 コロナ影響により外食を避け、ご自宅で料理を楽しむ生活様式に変わりました。当社ではフランス料理をご自宅でも楽しんで頂ける様「フレンチ総菜」を企画し店舗にて販売する事業を行います。
グランピング施設への食品提供並び、地場産直マルシェの運営 地域特産品を活用した、グランピング施設(グランドーム福津)への食品提供サービス

地域の活性化を目的とした、地場産直マルシェの運営

飲食による癒やしから美容による癒やしへ 現在営業している居酒屋を改装し、新たに美容室を開店します。
結婚式もできるレストランからニッチな和牛専門すじカレー販売への業態転換 ウエディングもできるレストランとして、広々と落ち着いた空間が地域で人気であった当店も、来店型での集客を改めなければコロナ禍のライフスタイルに対応できない。新たに、店舗を縮小してスペースを確保し和牛専門のすじカレー販売を開始し、来店を控える既存顧客の呼び戻しと全国販売体制を確立する。
移動式キッチンカーで独自メニューのレモネードとカボネードの販売を行なう新規事業 移動式キッチンカーでイベント会場・大型スーパーや商業施設・フリーマーケット・オフィス街や公共施設などでオリジナルレモネードとカボネードを販売します。
毎日完売!フードロスを出さない持ち帰り弁当店への新分野展開 コロナ禍で大打撃を受けたバー経営とは商圏やターゲット、時間帯が異なる持ち帰り店を開業。営業時間を絞り込み限定数量の商品を毎日売り切ることで小さくても効率よく事業を再構築します。
レストラン経営での食材加工ノウハウを活用した手作りハム・ソーセージ製造分野への展開 当社の飲食店3店舗のうち、「密」になりやすい居酒屋を閉店し、レストランの2階(団体客用スペース)に、手作りハム・ソーセージなどの畜産加工施設を整備し、食料品加工事業分野への新分野展開を図る。
電子管理で個別のサービス提供、ミドル女性からの完全個室エステティックサロンの開業 小規模の同業他社にはない、電子カルテによる顧客管理を行うことで、一人一人にマッチした施術を提供する、現代社会の女性の悩みを解消するアロマを使用したアロマエステ店の展開
飲食事業のノウハウと地域の豊かな自然を活かした豆乳製造による新市場進出事業 コロナウイルスの影響で観光客向けの飲食業を中心に営む当店の売上も減少傾向となっている中、地域の豊かな自然を活かす豆乳の製造場を開設して、新たな特産品として、豆乳の卸販売から商品開発と展開していきます。
飲食店ノウハウ活かしてテイクアウト専門の高級ベーカリーで新分野展開 持帰り専門ベーカリー店舗の出店に加えEC事業で販路拡大します。

近年、高品質食パン需要は伸びており、中高年層食パン需要に加えて

既存事業の強みを活かす「カツサンド等」差別化商品で若年層にも対応する事業です。

人気メニューである北九州名物すじ肉うどんを全国対象に冷凍販売する計画 当店の人気メニューでもあり、コロナ禍前は1日30杯以上売り上げる事も多かったすじ肉うどんを、急速冷凍機で冷凍し、自社ホームページ製作・ECサイト構築・ネット通販等通じて、全国の顧客をターゲットに販売する。
時代のニーズに応える、地域密着型外構工事業への業種転換 繁華街での深夜帯営業を主とした焼肉居酒屋はコロナ禍より回復が望めない。今までに築いた人脈経験資格を活かして、地域建設業にターゲットを絞った外構工事業へ業種転換する。
イタリア料理ロケット 熟成麺のイタリアンヌードルを開発しECサイトで販売 地元のイタリア料理店の有名店が中食事業へ参入。糸島野菜を練り込んだ「モチモチ熟成麺を活かしたイタリアンヌードル」や「無添加ドレッシング」などECサイトやキッチンカーで新規に販売する。
日本料理店の味を生かした唐揚げのテイクアウト事業への参入 唐揚げのテイクアウト専門店を始めることで、コロナ禍等の外部環境の変化にも強い事業へ参入し、アフターコロナでも継続的に事業を続けることができる営業スタイルを確立する。
チーズケーキをメインとしたスイーツ事業への取組 長年飲食店事業を行ってまいりましたが、ウィズコロナ時代に向けてチーズケーキをメインとしたスイーツの製造販売に取り組み、テイクアウト・オンライン販売を行います。
弁当製造販売及びキッチンカー事業 -店舗飲食事業で培った「良質な肉を低価格で提供する」ノウハウを活用しコロナ禍で生き残る コロナ禍で店舗型の飲食事業が厳しい経営環境となるなか、長年居酒屋・料理店運営にて培った経験を活かし、既存事業(居酒屋・料理店)と共存可能な新規事業(弁当製造販売及びキッチンカー)をスタートする。

当初は、当社の強みである「肉料理」を使った新規事業展開を進めつつ、将来的には他飲食店の商品も取り扱うなど、地域飲食業界ヘの貢献を果たすことも目指していく。

福岡食材に特化したプリンを効率的に量産する為の厨房改装で業種転換 飲食業から食品製造業(地元食材を用いたプリン販売)への業種転換事業。そのため現在の飲食店の店舗改装及び製造ラインの設置を行い、主に非対面のECサイト・ふるさと納税で販売をしていく。
フレキシブル・ワークを生み出す求人プラットホーム運営の開始 新型コロナウイルス感染症の影響による既存事業の売上高の減少を打開するため、広告業界に新規参入し、フレキシブル・ワークを生み出す求人プラットホーム運営の収益化によって、経営の安定化を図る。
からだに優しいご褒美アメリカンスイーツの製造・通信販売『ギルトフリーアメリカンスイーツ』 当店独自のギルトフリーアメリカンスイーツを製造・通信販売することによりコロナで減少した収益力を取り戻すとともに、地域交流貢献により地域活性化を行います。
特許取得機器を導入したミドルからシニア向け無人型フィットネスジム開業 日米を含む世界5か国で特許を取得した機器を設置した、機能改善に特化したミドルからシニア向け少人数制の無人フィットネスジムの開業
ダイニングバーから女性目線のグランピング施設運営への事業転換 2019年3月の開業以来、お客様から評価いただき順調に売上を増加していたが、コロナ禍により売上が激減。既存事業での強みや弱みを勘案し、経営課題及びその解決方法を検討、既存事業で培った強みを活かし、主に女性にアプローチしたグランピング事業を新たに行う。
釜めし&ステーキのお店が行う地域デリバリー事業 釜めし・ステーキ店が人口が少ない地元地域の施設を中心にデリバリー事業を開始する。WEB上での注文受付にし、そのまま決済が出来るシステムのものを制作する。そのためのHPも制作する。
飲食店によるシェアリング事業「FOODトレーラーシェアキッチン」 さまざまな飲食店のノウハウを持つ飲食店経営者が手掛ける「トレーラーシェアキッチン」。飲食店の開業を考えている方等を対象に、初期費用やランニングコストを抑えながら、コロナ禍でも営業できる飲食店の場を提供します。大型アウトレットモールに隣接した土地の優位性を活かし。フードロス削減を実現する「SDGs」の観点などを取り入れた、アフターコロナも見据えたサービスです。
飲食店が考案した、誰でもわかるHACCP管理システム 田川市で飲食店を3店舗経営。コロナで半減した売上回復の新事業としてR3年6月義務化のHACCP対応管理システム制作販売に取り組む。飲食店目線で考案したシステム操作も容易で経営のデジタル化にも寄与する。
テイクアウト専門店「千代サンド」でコロナ禍に立ち向かう。 現代のニーズに合わせた店舗作り(テイクアウト専門店)を行うことで、今までとは違う市場への参入を行う。コロナ禍では店内飲食よりもテイクアウトで家に持ち帰って食べることが主流になったため、その市場にフォーカスを当てて事業展開を行っていく。
自家焙煎珈琲によるオリジナルブランドの製造販売 事業の目的コロナ禍で喫茶営業の売り上げが激減し、喫茶主体のビジネスモデルからの再構築を図る。

そのため、珈琲豆焙煎機を導入し、自家焙煎による珈琲豆の販売を開始する。

具体的な投資内容,周辺地域に自家焙煎珈琲販売店がほとんどないという立地条件を鑑み、珈琲焙煎機の購入、設置工事、焙煎研修と珈琲豆を開始し、差別化を図る。

看板メニューのハンバーグを使用したハンバーガーテイクアウト 当バーの看板メニューであるハンバーグを使用したハンバーガーを作り、テイクアウト販売を開始する。コロナの影響で来店客が減少したため、SNSを使いテイクアウト客を呼び込み、売上拡大を図っていく。
土産品販売所の運営と有明海の魚介類を使用した商品開発 コロナ禍における観光消費低迷に伴う店内飲食の減少に対応するため、地域性を生かした商品開発に取り組み、駅前再開発を機会と捉えた土産品販売所や巣ごもり需要を狙ったECサイトの運営を行い、売上急回復を目指す。
既存事業のアイドルタイムを活用した鯛焼き店の出店 コロナ禍の影響での売り上げの落ち込みを,「鯛焼工房たろう」のフランチャイズに加盟し,既存事業と2つの収入柱を作り,売り上げの安定と拡大を図る.
全国初の佐伯市産直フラッグショップとその試食宣伝を兼ねた飲食店 全国初の佐伯市の産直フラッグショップと産直商品の試食、プロモーション機能を持った飲食店事業を実施する。
独自販売ルート構築による配達サービスの展開とオリジナル商品のネット販売事業 昨年突如襲ってきた「新型コロナウィルス感染症」の影響で繰り返される緊急事態宣言の下、営業自粛や時短営業、酒類提供禁止を余儀なくされ、2021年の売上は2019年の同月比50%減となり、今までのやり方では経営が成り立たなくなってしまった。そこでコロナ禍でも急速に普及しているデリバリーやテイクアウト、ネット販売の形態を導入し、今までとは違う方法で商品を提供していく。
家賃1万円の古民家をリノベーションして行う珈琲豆の選別代行業と菓子製造業 古民家をリノベーションし菓子製造所を設立する事でテイクアウトやEC販売に進出しtoCの売上を増加させ、同業他社の珈琲豆の選別代行業務を請け負うことで新たにtoBの売上構成を作り出す計画である。
自社遊休資産と人材を活用したうなぎ料理店の開店 既存事業は夜型の飲食主体の店舗であり、感染症の影響を多大に受けている。そこで、自社が所有する遊休資産を改築し、元鰻職人の調理技術及び弊社が培ってきた和食店のノウハウを応用した独自のうなぎ料理店を開店することで、V字回復を目指す。
ファミリー向けグランピング事業への新分野展開 男性をメインターゲットにしたダイニングバー事業から脱却し、コロナ禍において3密(密閉、密集、密接)を避けることができ、現在人気急上昇中のファミリー向けのグランピング業界という新たな市場へ進出する。
ITを活用した3密回避型24時間フィットネスクラブ事業への進出 IT技術を最大限活用した3密回避型フィットネスサービスのフランチャイジーとして宮崎市古城町に110坪のフィットネスジム「エニタイムフィットネス宮崎古城店」を新規出店し新分野開拓を行い新たな収益の柱とする。
高級総菜テイクアウト等の事業進出による酒類提供依存からの脱却 当社の居酒屋事業は、新型コロナ自粛の影響が直撃している。このため、既存の運営ノウハウやネットワークを活用の上で、健康と美にフォーカスした高級総菜・サラダのテイクアウトを主体とした飲食事業へ新たに取り組む。
立飲み業態から自家製オーガニック野菜による専門料理店への事業転換 飲酒がメインの立飲み事業はコロナの影響を特に受けやすく、売上は激減。代表の長年の飲食業界経験に基づくメニュー開発スキルを活かし、自家製オーガニック野菜を売りにした食事がメインとなる専門料理店への事業転換を行い、売上の安定を図る。
20年間研究した秘伝のタレによる、神楽坂発のブランド唐揚げ事業 20年間培った秘伝のタレで高級唐揚げのテイクアウトとタレのEC販売に事業転換。給食事業のノウハウを活用し、神楽坂の隠れ家的な好立地で、大人好みの高品質の唐揚げを提供し差別化し、フランチャイズ展開を実現。
飲食店と地域をつなぐ!「ONE-DELI無人販売事業」 「テイクアウト事業を上手く活かせていない。販売ノウハウがない。」といった個人飲食店の課題や、「共働きで、家事に係る手間を省きたい。」といった一般消費者の悩みやニーズに応えていきます。
感染対策を徹底した新棟建設による婚礼サービスへの新分野展開 新型コロナによる宿泊需要の急減を乗り越えるため、隣地に換気性能に優れた新棟を建設し、ガーデンブライダルを含む婚礼サービスを提供。地域の需要にかなった大規模会合が開催可能な施設として事業再構築する。
寿司店による、体験型ゲストハウスへの新分野展開 コロナの影響で寿司店の売り上げが激減したことを受け新分野事業への展開を計画しました。

寿司と当店独自の強みや地の利を活かしランドマーク的なゲストハウス(旅館業簡易宿泊所)に建て替え、新たな市場を生み出します。

DX推進による店内飲食からテイクアウト事業への業態転換 コロナ禍での顧客ニーズ(お持ち帰り需要や非接触へのシフト)に最大限に応え、美味しい食事を提供し続けていくため、テイクアウト事業を確立する。テイクアウト予約やモバイルオーダー機能を盛り込んだアプリの導入を実施し、顧客に合った情報提供・販売促進を行うためのDX化を推進し、ニューノーマル時代の新しい収益モデルを構築するとともに、お客様にとっても新しい付加価値を創出することで、弊社の成長基盤の強化を図る。
飲食店依存型から、精肉・加工、総菜、小売店への新分野展開 自社の中核事業の飲食店事業から得た経験知識を活かし、直営の小売店舗及び非接触型のEC販売体制を構築する。新規性の高い独自の仕組みで競合他社と差別化を実現し、5年間で当社総売上の3割超を占める事業へと発展させる。
名店の味を再現した冷凍お好み焼きで販路拡大!名店の暖簾を守る! 新型コロナウイルスの影響により、来店客数が激減。家庭で名店の味を再現できる冷凍お好み焼きで販路拡大を目指します。
新しい生活様式にあった新しい低接触型焼肉店へ新規分野展開 飲食店を開している当社はコロナ禍で大きな打撃を受けた。

新しい生活様式に適合した飲食スタイルの構築が急務と判断し、換気性能に優れた焼肉店に、低接触提供スタイルを付加した新業態飲食店へと新分野展開する。

一椿ブランドを活かした海鮮焼×焼肉への新分野展開 懐石料理店を縮小し焼肉店を始める。ファミリー層、若年層顧客の取り込みで接待利用の減少という既存事業の課題を解決する。既存設備やノウハウを活かした『海鮮×焼肉店』という強みで競合との差別化を図る。
天ぷら乗せ放題の完全セルフ式天丼屋 コロナ禍での外出自粛や時短営業、アルコール提供の自粛をはじめ、企業のテレワークにより来店客・売上高は大幅に減少。新規事業として『天ぷら乗せ放題の完全セルフ式天丼屋』を計画。セルフ式のため、お客様との接触を軽減させる事での感染リスクの低下と回転率の高い業態を図り、テイクアウトも行う。天ぷらを商品にした理由としては内食では手間の掛かるメニューのため、外食での需要が高いと考え計画。
老舗クラブがコラボする“イノベーションバー”を開店! 老舗の強みを活かし起業意欲のある若年層との相乗効果を狙い、女性が好む酵素ドリンクやノンアルコールカクテルも提供。バーの概念を破り、体が喜ぶ免疫力アップ発行玄米弁当もテイクアウトする。
七節の出汁を生かす新商品の開発・テイクアウトと旗艦店の全改修 ラーメングランプリで優勝を果たした「七節の出汁」を生かした当店独自のカレー等の新商品を開発する。既存店舗の改修にてテイクアウトにも対応し、収益機会の複線化を行う。
冷凍おこわを主とする地域活性化に向けた地産地消の冷凍食品製造 地元名産品である合馬のタケノコを使った冷凍おこわを主軸に、地産地消で安心安全な食材のみを使用した冷凍食品を製造し、地元のブランド商品にすべく、近隣のみならず全国に展開し地域活性化を図る。
福岡県筑豊文化と融合した新メニューと「全席個室焼肉」の展開 焼肉店の売上改善のために①アフターコロナにおける顧客ニーズである「個室化」への対応、②強みを活かした話題性のある新メニューの開発、が事業課題である。課題解決のために、焼肉店の全席個室化や筑豊文化と融合したとんこつしゃぶしゃぶ鍋を開発、展開し、新規顧客獲得及び客単価向上を図る。
テイクアウト・通販事業への進出による酒類提供メイン業態からの脱却 当社は主に高級居酒屋を運営してきたが、酒類販売自粛要請等により売り上げが減少している。今回京風お好み焼き(鉄板焼き)や中華そばなどの新メニューを展開するテイクアウト&ネット販売事業に取り組み、窮境からの脱却を図る。
パティスリーの新設および海外へのREC COFFEEブランドの進出 台湾を中心とした「海外でのフランチャイズ展開」および「プラントベースやグルテンフリーデザートを取り扱う郊外型のテイクアウトを主体としたパティスリー専門店の新設」を行う。
飲食店が挑む、養蜂業・農業を融合した郊外の観光型テイクアウト店 これまでの店内飲食の形態から「観光型テイクアウト店」の出店に取り組みます。志賀島の当社所有の土地に店舗を出店し、採蜜体験や観光農園を併設するとともに、自社で生産したハチミツや地元特産物を使ったメニューをテイクアウトで提供します。
大豆ペースト製造事業 当社はこれからの食糧問題に解決策を提供し、世界中のすべての人々のための健康で幸せな生活を創出するために、日本の伝統技術から生まれた新しい特許技術の大豆ペーストを市場に供給いたします。
創業139年老舗ホテルが実現する地方都市久留米のワーケーション活用構想 新型コロナウィルスが経営に甚大な影響を与える中で、ホテルの一部と旧家屋を「ワーケーション対応滞在型施設」に改修、当社の強みと久留米の特徴を活かし、ビジネス客や医療、観光客の滞在需要を取り込みます
コロナ後定着のテイクアウト対応、小規模「揚げもの屋」への転換 既存店退店後、よりコンパクトでニーズの変化にマッチした既存事業と異なる業態の2店舗を出店(料理・食材の冷凍化、テイクアウト・配達・通信販売等へも展開)し博多・九州の食を国内外に届ける。
九州の食材と「はつ美の味と技」を活かした冷凍食品の製造販売 はつ美寿しで長年お客様より人気のある商品を冷凍食品として製造し、全国の消費者へお届けする事業を行います。そのため、現在ある当店の倉庫を一度解体し再度同じ場所に冷凍食品工場として建築します。製造工程では、当店が独自に研究した冷凍方法を活用し全国に九州の食材と当店の味と技を冷凍食品としてお届けします。
中洲の名店がお届けする伊万里牛と秘伝のタレ お取り寄せグルメ 昭和34年創業、博多区中洲で老舗の名店として知られていたが、コロナ禍の影響を受けたため、A5ランク伊万里牛と独自開発の「秘伝のたれ」をセットにした通販事業を開始し、「店舗営業事業」から「店舗とECサイトの両輪で収益アップ!」へ新分野展開します。
地産地消型コールドバリューチェーンの構築を通じた事業の変革及び新規事業の立ち上げ 魚産地に一次加工や凍結/チルド保存を行う加工センターを新設するなど、料理人目線で“海の恵みを無駄なく美味しく食せるコールドバリューチェーン”を構築し、産地や飲食業の課題を解決すると同時に、新たな収益の柱を作りあげる。
地元食材を活用したライブキッチンレストランの構築 従来の大宴会場をライブキッチンを備えたレストランへ転換し、日帰り需要の取り込みを図る。さらにコワーキングスペースを設けることで、地域のプラットフォームとしての機能を充実させ、地域の食文化の発展に貢献したい。
観光資源開発にも資する飲食オープンテラス・RVパーク複合事業 新型コロナの影響が長引く中、飲食事業の抜本的な改革を念頭に、消費者の意識変化と今後多様化しつつある消費者ニーズに対応すべく、新分野展開として遊休地を活かした飲食オープンテラス・RVパーク融合事業を展開する。
“総合的にムダ毛処理ができる脱毛サロン”の開設 本計画は、理美容師が施術する脱毛サロンの開設である。施術者が理容師資格を保有することを活かし、単なる脱毛サロンとは異なる、保健所の許可を得たカミソリによる美容シェービングも実施することで、他社との圧倒的差別化を図る。
テイクアウト専門からあげ店への業態転換 居酒屋経営からテイクアウトからあげ専門店として業態を変更します。現在のからあげブームを最大限に活用しつつ、テイクアウト専門として営業し、新しい生活様式に対応した飲食店を目指します。
高級居酒屋から「鯛めし」料理店への事業転換計画 2店舗の高級居酒屋を営業中であるが、コロナの影響で大幅な売上減。今回はV字回復を図るため食事提供メインの「鯛めし」料理店を新たに開業する。同時に「鯛めし」に関連した販売用商品開発を行い、ECサイトを使うなどして販売、「鯛めし」を新たな佐賀の名物とし、街おこしにも貢献する計画
コロナで打撃を受けやすい小料理屋から、弁当製造配達販売への転換によるV字回復計画 夜営業の小料理店を経営していたが、コロナ感染症の影響が大きく閉店を決意。弁当製造業に業種転換し、事業所向け配達販売を主体に営業する。弁当販売用の受注、決済システムを導入することで顧客である事業所およびその従業員の方の利便性向上と自社の効率経営を実現する。
お一人様大歓迎!強力換気装置を備えた本格鉄板焼き事業への展開 日本料理店(グループユース)から鉄板焼き店(パーソナルユース)への新展開で、お一人様や夫婦、家族が安心して佐賀牛を楽しめる店舗改装を行います。テイクアウトも行いコロナ禍でもV次回復する再構築計画です
県内初!非接触・非対面、ニューノーマルなスタイルのITを駆使した高級旅館プロジェクト 現在使用していない、隣接する土地に3棟の完全離れタイプで自動チェックイン・アウト等
お客様同士はもちろんスタッフとも接触も可能な限り0で滞在できる客室を建設し、これまでにない【直接おもてなさない】旅館スタイルで高単価客層への販売を行う
テレワーク応援!自然の中でのテレワーク休憩室提供事業 館内に日帰り客をターゲットにしたテレワーク環境の整備を行う。コロナ禍の新たな生活様式におけるニーズに合致した新たな事業であり、従来とは全く異なる顧客を獲得し、新たな収益の柱を構築する。
感染リスクを抑え客数が減少しても店舗が維持できる新ラーメン店開設 コロナ感染拡大によって落ち込む客単価を引き上げるため従来のうどんに代わる新メニューラーメンを販売する店舗を取得して新店舗をオープンする。うどんよりも店内滞在時間が短縮できる店舗でお客様の感染リスクを抑える。
外食産業の変化に対応、地元食材の魅力をPRする飲食業から食品製造業へ 地域で長年飲食業を営むCAFÉ.5が地元佐世保の肉や野菜の生産者と協力し、カフェメニューを商品化し、小売店での販売を行うという新分野への転換を行います。
焼鳥テイクアウト店と一人立ち飲み焼鳥店への業態転換 コロナ禍で焼鳥居酒屋の売上が減少していることから、焼鳥テイクアウト店と一人立ち飲み焼鳥店をオープンし、コロナ禍で増加しているテイクアウトや一人飲みの需要に対応することで、売上拡大を図る。
長崎のジビエに特化した本格イタリア料理の通信販売 長崎産の食材を使ったイタリアンを飲食店、テイクアウトの形態にて提供している。近隣の別店舗で運営するためコスト高になっており、本事業を契機に統合店舗とし、新たに通販事業への展開に取り組む。
観光客向けの居酒屋から地元に愛されるハンバーガー店に事業転換 観光客相手の売上変動が激しい居酒屋を廃業し、離島の高校近くに、居酒屋1番人気のチキン南蛮を使ったハンバーガー、女子高校生向けカロリーオフ野菜バーガーが売りの地元に愛されるハンバーガー店を開業し売上改善
地域資源を活用した高級仕出し弁当事業への事業転換 団体客をターゲットとしたレストラン事業から,50代~60代男性をターゲットとし,長崎和牛や雲仙ハム等の地域資源を活用した高級仕出し弁当を提供する持ち帰り・配達飲食サービス事業への転換を図る。
雲仙温泉の旅館による「おこもり旅でワーケーション」需要に 特化した新サービス展開 当社は長崎県内で有数の観光地である雲仙温泉街において、旅館を営んでいる。今回の補助事業ではコロナ禍において注目されているワーケーション、おこもり旅需要に対して特化した新たなサービスを展開する。
地方の小規模飲食店によるアレルギー対応冷凍食品新分野展開 夫婦主体で運営する経営歴約20年の小規模飲食店であり、食物アレルギーの息子を育てる中で、同じ悩みを有する顧客と連携してメニュー開発してきた実績を活かし、食物アレルギー対応冷凍食品製造への新分野展開
長崎のご当地ラーメンを冷凍ラーメンとして全国へ認知拡大 コロナ禍により売上が減少していることから、業態転換によって新たに冷凍ラーメン等の製造及び店舗・自動販売機・ECサイトでの販売を行い、コロナ禍にあっても地域に貢献し、雇用を守る企業を目指す。
長崎台湾カステラの製造・販売による売上アップと新イメージ定着 長崎で44年の台湾出身李宗賢がプロデュースした長崎台湾カステラを主軸として長崎と台湾の味をコラボした新商品を土産店として次の世代まで残せるように新たなビジネスモデルへの転換を行い、経営の柱とする。
佐世保市の名物料理を最新瞬間冷凍技術にてOEM製造し全国へ発信 コロナの影響で当社飲食店は予約キャンセル、客数減で売上が大幅減少した。補助事業にて最新瞬間冷凍技術と当社の調理技術を融合させ、冷凍食品のOEM製造を受注することにて地元佐世保市の名物料理を全国へ発信する。
中高年向け居酒屋から観光客や若い世代向け洋食レストランへの転換 コロナ禍で悪化した居酒屋のイメージと収益を改善する為に、洋食店に転換し島内だけではなく観光客も視野に入れ事業拡大展開していき、地産地消・雇用維持と拡大で島の経済に貢献する。
巣ごもり需要に対応!自宅で楽しむ旅館満喫セットの製造販売事業 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた旅館業が、巣ごもり需要に対応するため食品製造業に進出し、コロナ禍でも自宅で旅館気分を満喫できる商品を販売し、経営基盤の強化および経営規模拡大を図る事業である。
割烹料理店の低稼働率宴会場改装による宿泊施設新分野展開 壱岐島北部を代表する割烹料理店が、コロナ禍で低稼働率となった2階宴会場を、「ペット同伴宿泊」および「ワ―ケーション」等対応型宿泊施設に改装し、滞在型観光客を受け入れる新分野展開事業
長崎食のブランドを広める、最高にふつうのお店「弁高」の出店 弁当事業、給食事業の調理ノウハウを生かし、長崎の地元農家や漁師との繋がりから新鮮な食材を使用した料理を提供する飲食店「弁高」を福岡で開業し、新しい市場開拓で長崎の食材需要増加、ブランドイメージ向上へ貢献する。
地域資源の発信拠点としての古民家カフェ改修事業計画 弊社はこれまで、地元住民との連携し無人島を活用したレジャー業を行ってきたが、ウィズコロナの時代において、マイクロツーリズムに通じた地域連携型で「飲食×食品加工」の事業を実施することにした。
和食のプロが監修する銘茶プリンとクラフトジェラートの製造・販売事業 「新和食吉田」の敷地内に新たに菓子工房「吉田商店」を新築。京都宇治のほうじ茶を使った「銘茶プリン」と熊本の新鮮な素材を使用した「熊本クラフトジェラート」の製造・販売事業を開始する。
新たな製造方法真空調理法を導入、昼ランチ営業・テイクアウトへの転換でコロナ禍に順応 これまで行ってきた夜型の居酒屋、焼肉店営業を昼ランチ営業の店舗へと転換、新たな製造調理法でもある独自の真空調理法を取り入れ、ロードサイドの店舗から最寄り駅そばに新設される商業施設へと移転を行う。提供方法としてテイクアウト・デリバリーを加えて行う。
地元素材を活かし食品製造業への再構築計画 コロナウイルス感染症の影響を受け、飲食業での売上が減少。地元素材のブランド商品を開発・製造・販売(通信販売)・卸販売を行うにあたり、保健所等の許可申請の許可を得るため、新たに製造設備を新設。コロナウイルス感染症で落ち込んだ飲食業に加え、新たな収益の柱を構築し、雇用を生み出す。
居酒屋から焼肉店への転換、セルフ機器の導入で自動化、非接触化でアフターコロナをフォローする これまで夜、アルコール提供をメインで行ってきた焼鳥居酒屋の事業を昼夜2部営業として焼肉店へと転換させる。テーブルオーダーシステム、セルフレジ精算機、サラダ・ドリンク・デザートバーを取り入れ食べ放題システムとすることで省人化と非接触業務化を図る。
昼営業のそば店が新たに夜営業でフランス料理を提供する事業 当店は昼営業のみのそば店である。昨年、東京の有名フランス料理店で修業した当店代表の娘婿が夫婦で大分に帰郷したのを契機に、厨房を増設してフランス料理の調理スペースを設けて、夜営業のフランス料理の提供を開始する。
ペットと家族が団らんできる囲炉裏炭焼き料麿(りょうま)の新設 中心市街地の団体向けの居酒屋から郊外の囲炉裏炭焼きへの業態転換を図る。最新の換気設備の導入により、炭焼きで生じる煙という課題を逆手に取って、ペットや家族と安心な時間を過ごせる新スポットを開設する。
自店特製ジビエレトルト食品・ペットフードの製造販売で認知度アップ! 現在ジビエ料理専門店を営んでいるが、新型コロナウイルス感染拡大により大きな売上高減少に至った。そこで、既存事業にて培った狩猟肉及びジビエ料理に関するノウハウを活かしてレトルト食品製造による業種転換を行い、国内でのジビエ料理の認知度アップを図る。
白川水源の観光立地条件を活かしたテイクアウトへの業態転換 アフターコロナを見据えて、年間40万人の観光客が見込める白川水源の立地条件を活かし、ラーメン店からテイクアウト店に業態転換します。阿蘇あか牛の串焼きなど、阿蘇をアピールする商品で地域の活性化に貢献します。
「プレミアム感」を演出した本格的洋菓子の製造・販売への新事業展開 新分野展開事業とし、経験豊富なパティシェと「プレミアム感」を演出したオリジナル洋菓子を製造し、SNSの活用によるブランディングにより付加価値を向上させるとともに、既存事業との連携により新規市場及び顧客の多様化を目指し売り上げの回復を図る。
フードトラック専門の屋台村事業への新規参入 新型コロナの影響で売上が減少し、様々な対策を実施してきたがコロナ以前までの回復には至っていない。そこで当社の強みであるBBQ事業やイベント企画運営の経験を活かし、顧客やフードトラック事業者のニーズを加味した「フードトラック屋台村事業」を展開し、収益の回復を図る。
地元産の人参を活かした製品開発、及び冷凍ピザの製造販売 菊陽町特産の人参を活かした製品の開発、及び冷凍ピザの製造を行い、食品ロスを無くすなどSDGsへの取組、通信販売・BtoBによる新分野展開で地元及び熊本県全体を盛り上げる
サブスクリプションサービスによる、彩食宴満・潤和の居酒屋料理のデリバリーサービス事業 新型コロナウイルスの影響にて、外出自粛、時短営業要請、まん延防止等重点措置などにより、売上が減少しました。事業再構築として、市場の動向、消費者ニーズに訴求した、サブスクリプションサービスによる、彩食宴満・潤和の居酒屋料理のデリバリーサービス事業を行います。
人生の主導権を取り戻す・ワーケーションプランの商品化事業 コロナ禍による売上減少とワーケーション需要の高まりを踏まえ、本事業の新分野展開として自然×心身の健康をテーマとした「人生の主導権を取り戻す・ワーケーション宿泊プラン」の商品化行うことにより事業再構築を目指す。
ハートフルな温泉旅館への業態転換 ハートフルな温泉旅館をコンセプトとして事業を見直し、旅館をバリアフリー化。高齢者や障害者の方でも安心してご利用いただける形に業態転換を行います。
添加物を使用しない健康的で美味しい惣菜で健康寿命延伸 コロナ禍において健康志向が高まっている。40年以上の魚の目利きと35年の調理経験がある代表と後継者が一体となり、添加物を使用しない新鮮食材で安心安全な日常の食事から、地域住民の健康寿命延伸に貢献する。
避密の冒険 日本最大級能古島バギー体験付き安心安全宿泊プラン 緑豊かなテーマパークである「のこのしまアイランドパーク」の自然の中でリフレッシュでき、今後コロナパンデミックの状況下でも成り立つビジネスとして 「本格バギー体験」ができる自然体験型観光コンテンツ事業(宿泊パック)を行います。
地域活性を背負う宿がととのえる ご当地ソリューション 新型コロナ感染症により宴会・会議需要が大幅に減少する中でアフターコロナを見据え、飲食売上に代わる新規事業として高付加価値サウナ事業及びコワーキング事業を行う。宴会場を縮小し、新たに生まれるスペース及び既存の経営リソースを最大限に活かした新規事業を構築する。
高齢者本位のデイサービス事業に業種転換し地域貢献を図る コロナ禍で孤立する高齢者が安心して過ごし、かつ、QOL向上に積極的に取り組む環境を提供するため、新たにデイサービス事業に進出する。飲食店の経験を活かし、おもてなしと機能回復結果の伴う施設運営を目指す。
地域資源を生かした温泉宿泊施設への<事業転換>と地域課題を解決するコインランドリーの開業 コロナの影響を受け、売り上げが激減したレストラン事業を廃業し、地域資源とレストランの建物を活かした1日1組限定の宿泊施設とコインランドリーへ事業転換。地域に貢献しながら事業を再構築していく。
中心街地下の居酒屋形態から趣のある通りで夢の飲食店開業へ コロナ禍で中心市街地での居酒屋経営が悪化したことから、長年の夢であった洋食専門店を郊外に開業する。公共交通機関でも自家用車でも利便性の高い場所で、ランチやテイクアウトを充実させることにより、事業転換を図る。
最新冷凍技術による調理済冷凍うなぎの非対面・非接触型販売事業 コロナ禍で店舗での提供食数が半減。急速冷凍機を導入し、国産原料・職人手焼きの美味しい鰻料理をECサイト・自動販売機・無人販売店で販売する。新たな収益の獲得と雇用の創出、人々に元気をお届けすることを目指す。
イタリアンの調理技術で熊本産さつまいもを熊本の特産スイーツに 熊本県産サツマイモを使ったオリジナルのイタリアン風スイーツの製造販売と、産地の洗浄と貯蔵業務を請け負い、熊本産ブランド芋を熊本の特産品として流通させる事ができるよう、サプライチェーンの再編に一役買う。
高齢者・障がい者が安心、安全に楽しめる離れの旅館を開業! ユニバーサル市場・高齢者、障がい者に特化した離れを1350坪の日本庭園内に建築して安全に過ごせる空間を提供。デジタル案内と必要時の細やかなサポートの併用で思い切った事業再構築を目指す。
自然派ワインと最高のマリアージュを提案する角打ちバー 角打ちバーで、お客様がセレクトした自然派ワインにベストマッチの料理を提供。これ核とする様々な仕掛けで、ワイン&料理の最高のマリアージュを楽しむスタイルの提案を進め、事業再構築を目指す。
フードトラックを活用、DXを推進した出張焼鳥事業 大分市内での焼鳥居酒屋としての知名度を活かし、従前の屋台型焼鳥店舗や単なるフードトラックとは異なる地域密着型かつDXを活用したフードトラック事業に着手する。
サラダ持ち帰り店の新設による事業転換 夜間営業のダーツバーはコロナ禍で売上激減.他の飲食店に隣接で市内初の持ち帰りサラダ専門店を開設し,ダーツ店もその階上に移転する.特に夜間の外出自粛に対処し,美味しさと楽しさの相乗効果で顧客に訴求する.
九州初!自動回転串焼機を活用した創作BBQ料理で「宇宙人」をおもてなし! 55坪ある広い店内スペースを生かし、コロナで売上が激減した既存事業の韓国料理部門を縮小し、大分県の特産品を使った申請事業のBBQ料理部門を新設します。更にキャンパー向けに、機材の貸し出しと食材の販売をセットで行うことにより販路導線の拡大を図ります。
スタンディングカフェ形式でのテイクアウトをメインとした販売事業 コロナ禍の移動制限で県外顧客の売上が悪化している。また、仕入れも年々困難になっているため、自家栽培でデザートに使用していた「ルバーブ」を使ったスイーツを商品化し、スタンディング形式でコーヒーとともに販売を開始する。
業界初!毎月定額の管理サービスによる最適な状態での嗜好品提供事業 度重なる緊急事態宣言の発令により、常連客の来店も激減しており当社の経営も打撃を受けている。大分県内での導入は当社が唯一となるウォークインワインセラーを改装し、業界初であるワインやシガーの月額管理サービスに取り組み事業再構築を実現していく。
「養殖とらふぐ」加工場の新設と加工卸・販売業での拡販新事業 売上低迷の宿泊事業に加え、新事業として大分名産「養殖とらふぐ」の加工・卸販売を行う。宿泊業等への食材卸(BtoB販売)、日帰り客への料理販売(BtoC販売)と、全国への通販事業(BtoC販売)で売上拡大を狙う。
居酒屋甲子園優勝実績もある飲食業の、サービス力を活かした個室サウナへのチャレンジ!! 当社は今まで、サービスレベルの高い飲食業として成長を遂げ、竹田市・大分県の街づくりに大きく貢献してきた。これまで培ったサービス力とチーム力に加え、地域での知名度活かして新たに個室サウナ市場への進出を図る。
宿房翡翠越之庄 天空の杜インフィニティスパ&カフエ 当社は、日本一の炭酸泉の宿として営業している老舗旅館ですが、コロナ禍の影響により売上減少の状況を打開するため、九州アルプスを望む高台にデザイナーズカフェと貸し切り風呂を設け、女性客をターゲットとしたスイーツを提供する「天空の杜インフィニティスパ&カフエ」を開業する計画です。
コロナ禍を乗り越える!非対面に特化した新たなビジネスモデルへの転換 コロナの影響により「催事部門」の売上が大幅に減少。催事部門に注力していた経営資源を、非対面に特化した新たなサービス事業に集中させ、業績の回復を図る。
体験型グランピングを併設したIT活用型海産物直売施設の運営事業 地元地域の活性化に繋がるECネット対応の新たな海産物直売場及びお客様自ら活魚や魚介類を目で見て選べ、調理して食すことのできる海鮮 BBQができる体験型グランピング施設を開設する。
グランパーク長湯(温泉×キャンプ施設) 温泉、河川、廃業旅館施設を最大限活用し、キャンプ・アウトドア初心者向けに、ここでしか味わわえない体験を提供するキャンプ施設を新規に開業します。
自然の中で才能を引き出し、未来を創るDX療育プロジェクト 住宅街を隣地に眺望の良い2万坪の森と畑のある環境を活かし、ICT等の最先端技術を融合させた情緒豊かな療育を通し、デジタル社会に通じる障害児教育を行うことに貢献する事業である。
老舗旅館の絶景客室を利用した、湯〜湧く家族風呂計画 客室風呂(ユニットバスタイプ)を家族風呂に改装のみならず、先端的デジタルの活用で「温泉+絶景家族風呂+ルームサービス+限定部屋食プラン」で他社との差別化を行い、新分野展開する。
カフェで人気の自家製チーズケーキと自家製調味料を家庭消費向けに加工して新たに販売 感染症拡大と外出自粛の影響で郊外立地カフェの来店客が減少し経営が悪化した。そこで根強い人気があり販売の要望が強い「自家製冷凍チーズケーキ・自家製調味料」を家庭消費向けに製造し、隣接する小売店とECモールで新たに販売する。
コロナ禍に家族で楽しめる中食需要を取り込んだ住宅街店舗出店 羽釜炊きのご飯を主軸に和・洋にとらわれない高級家庭料理をメインに据え、おばんざいイメージの惣菜のテイクアウトもできる形態の店舗により、健康志向に配慮した新たな食生活にマッチしたビジネスモデルを構築する。​
With コロナ絶景グランピング施設運営の新分野展開 コロナ禍もより、宿泊・飲食部門の売上は減少している。当社は、コロナ禍に伴うグランピング市場拡大や在宅ワークの流れを踏まえ、グランピング施設を開業し、新分野展開を行いWithコロナ時代の売上拡大を図る。
接客飲食店から宮崎の特産品を用いたテイクアウト、ドライブスルー販売への新分野展開 宮崎市内において接客飲食店を運営する当社は、令和2年から長期化する新型コロナウイルス感染症対策の影響を鑑み、更なる新型ウイルスが誕生しても事業をゆるぎなく継続できるよう、新たに宮崎特産品である炭火焼地どりのテイクアウト・ドライブスルー販売を開始し、再度ロックダウンが発令されても地域住民に美味しい食事を提供できる新分野へ挑戦する。
憩いの場を併設したテイクアウト専門店による、新市場開拓及び売上増加計画 本町内でも飲食店の時短要請や外出自粛要請等によりコロナ前にくらべ、売上の減少が続いている。本事業を活用して、今まで店内飲食のみの事業からコンテナハウスを使った憩いの場を併設したテイクアウト専門店を立ち上げる。既存店舗で使用していない大豆ミートを使ったメニューを提供し、リスク分散を進めつつ、今までにない健康志向の顧客など新たな客層の獲得を図り、既存店舗との相乗効果で売上増加を目指していく。
焼肉屋と卸業がタッグを組み日本一の宮崎牛を手軽に買える精肉店 本補助事業では飲食店を経営する弊社と父親の経営する鶏肉専門卸売業のクシマフーズをビジネスパートナーに選択し、事業再構築として2社合同で精肉店の経営を、業種転換による事業再構築を行います。
夜の店のオーナーが昼のお店に挑戦!人気のステーキハンバーグ店 コロナ時でも売上を落とさなかったショッピングモールにフランチャイズ方式によるテイクアウトと弁当販売をメインとした新規店舗を出店し、緊急時でも安定した経営ができる体制作りを行う。
キクラゲ栽培分野への進出による事業再構築 需要の高い国産生キクラゲの栽培・販売・加工事業に取り組むことで、コロナの影響を受けやすい飲食事業に依存した売上構造から脱却し、また既存飲食事業とのシナジー効果により自社全体の業績回復を図る。
飲食業から「宮崎餃子」食品製造業への新分野展開 自動餃子製造機械導入によって、自社加工を行うことで、製造に要する時間が約6割削減し、

コストダウンと顧客満足度の高い餃子商品の生産を実現して、トータルでの生産性向上と高い付加価値生産性を確保します。

焼肉専門店が運営する豪快なBBQが 楽しめる能古島グランピング場 宮崎牛の焼肉専門店の肉の調達力、メニュー提案力をフル活用した日本一のBBQを強みとし、能古島という福岡の繁華街を商圏に持つ九州屈指の観光島でグランピング場を創設する
燻製専門の加工食品製造業への業種転換とEC販売事業の開始 来店客に依存せざるを得ない現在の飲食店単独事業の経営リスクを回避する目的から、新たに燻製加工食品の製造販売事業を開始し、ECサイト等を使用した販路開拓やふるさと納税返戻品の活用を目指します。

新たな事業所(霧島市霧島田口)に燻製工房兼直売所を開設。当社独自の技術を活かした魚介類や調味料等、地元産食材を積極的に使用した特徴的な商品品揃えを展開します。

行列ができる食堂が手掛けるECサイト・自販機を活用した逸品販売 本事業で雇用の維持及びECサイトの活用によってお客様だけでなく、仕入れ先の農家様まで喜んでいただけるような仕組みづくりを通して、地域貢献を果たします。また、営業時間外をフル活用できる自動販売機の導入を行います。
最新技術を用いた配信、録音、オンラインに特化した音楽教室事業 飲食店舗付住宅を建築し1階部分の防音工事を行いカメラ、マイクを購入し新しい時代に対応したコンテンツを制作できる環境を完備した音楽教室として運用する。2階の飲食店を発表の場としても利用でき既存事業とのシナジー効果が期待できる。
シミュレーションゴルフをメインとした多目的レンタル施設の整備事業 シミュレーションゴルフシステムを使ってコロナ禍で運動機会を失った方々に安心・安全な運動環境を提供する事業です。
創業71年 お好み焼き・焼きそばの加茂川 通販チャレンジ事業 店内で調理した商品を瞬間冷凍後、真空梱包することで全国発送を可能にし、オンラインサイトを立ち上げ注文を受付けることで、ランニングコストを抑えた上で多くの方に加茂川の味をお届けする。
自然体験型 泊まれるギャラリー 奄美大島に所有する建物を改装し宿泊施設にする。島の自然の魅力をネイチャーガイドや、地元の方とのふれあい、自身のアート作品を通して広く伝えていく。他の地域に比べてデジタル化が進んでいないため、その促進にも務めて地域の発展に貢献する。
飲食店から冷凍食品製造業へ!ウィズコロナの食卓を豊かにします! 飲食店が冷凍食品製造業に新分野展開。急速冷凍機でお店のメニューを冷凍食品化。家飲みでも極上の焼鳥焼肉を楽しめます。コロナで急速にニーズが高くなった冷凍食品を通信販売と自動販売機で24時間販売します!
持ち帰り弁当店から地産地消で一汁一菜にこどわった和定食店へ転換 地元生産者と連携し、直接食材等の仕入れ契約を行う事で、安価で、地域の特産品を活かした定食メニューを提供できる飲食店に事業転換し、子供食堂としての活用も視野に、地域の課題解決や自社の収益環境改善を図ります。
弁当販売所併設型コインランドリーの建設 宴会利用を主な対象とする当社の飲食店はコロナの影響で売上が大幅に落ち込んだため、弁当販売所を併設したコインランドリーを建設することで飲食売上の回復と、経営状況の立て直しをはかる。
カラオケボックスから撤退し防音機能付きレンタルオフィスの開業 カラオケボックス事業から撤退し、既存の防音機能を活かし、Web会議や動画撮影にも最適なプライベートオフィスの提供。オープンオフィスも設け、コワーキング向け空間提供事業を行います。
飲食店事業進出により、地域住民と観光客の憩いの場を提供する事業再構築 既存事業の宿泊業・アクティビティガイドに加え、新たにテイクアウトに対応した飲食サービス業への進出により、奄美大島の魅力向上・地域経済の発展に寄与する取組みを推進する事業計画
【非日常&ヒーリング】をコンセプトにしたワーケーション施設の事業化 【屋久島で非日常&ヒーリング】をコンセプトに、屋外施設を充実し、居ながらにして森・山・川の大自然を感じ、都会では味わえない体験を通して、休暇(バケーション)をしながら、仕事(ワーク)をする宿泊施設の事業化を行う。
外食スタイルや消費者ニーズの変化に対応するための食品加工業への参入 ポストコロナの時代でも持続的かつ安定的な経営を実現するために食品加工領域へ参入。小売や卸業者、飲食店だけでなく、デジタルプラットフォームを活用して一般消費者にも販売する経路を構築し、国内外問わず鹿児島県産品をを食していただけます
居酒屋からランチ・テイクアウトヘの事業展開によりリスク分散を図る。 居酒屋業を主業とする当社は、コロナ渦において大きな打撃を受けた。今回、黒豚居酒屋として店のウリを明確にするとともにお酒に頼らないランチ・テイクアウト事業に取り組むことにより経営の安定化を図る。
郊外型フレンチレストランの強みと老舗ワインショップのノウハウを最大限活用したミックスアップによるワインショップ申請事業 老舗ワイン店の協力のもと現在の店舗の裏の市有地にワインショップを新設し、酒類販売の免許を取得後、フランス中心のワインやテイクアウト用のチーズ、惣菜などの販売を目指していく。またフランス料理店併設の強みをいかし試飲会などもコンスタントに行っていく。
焼肉テイクアウト事業による新分野への挑戦 焼肉店の店舗運営を営んでいる当社が、コロナにより変化した顧客ニーズに対応するため新たにテイクアウト・キッチンカー事業に参入し業績回復を図っていく事業再構築計画
愛犬や介護犬等と泊まれる「離れの宿」の設置による究極の癒しの空間の提供と新たな顧客の開拓 愛犬や介護犬等と泊まれる「露天風呂付の離れの宿」の設置により、大切な家族の一員である愛犬との宿泊を希望するお客様に、コロナ禍の中で3密を避けた究極の癒しの空間とサービスを提供し、新たな顧客の開拓を行う。
鹿児島県産キジ・黒豚・黒牛を全国の食卓へ~ま心こめて~ コロナ禍の影響により、遠方への旅行が憚られる状況が継続するなか、ご家庭で鹿児島県産のキジ、黒豚、黒牛、赤鶏など食材を気軽にお召し上がりいただけるよう惣菜製造と通信販売体制を構築します。
食品加工場を新設し鹿児島の老舗日本料理店の味を全国の食卓へ コロナの影響で減少した日本料理店の業績回復を図るため、食品加工場の新設で、これまで培った高い調理技術を活かし鹿児島の食材を使った冷凍・レトルト食品の開発・製造し自社ブランドの味を全国の食卓へ提供します。
炭火で焼いた本格焼き鳥のテイクアウト販売 繰り返しの営業自粛要請で疲弊しきっている現状からV字回復を狙うために、専用カウンターを既存の店舗に取り付け、持ち帰り商品の王道である炭火で焼いた焼き鳥のテイクアウト販売を展開する。
有機野菜をたっぷり使った餃子の物販+餃子食堂のハイブリッド業態の開発 有機野菜をたっぷり使った餃子を開発し、テイクアウト、デリバリー、ECサイトを中心に販売する。そのための餃子工場と餃子食堂を併設した、餃子の物販+餃子食堂のハイブリッド業態を作り、経営の安定化を図ります。
老舗ブランドを活用しフランチャイザー化と加工場設立 42年の営業実績を活かし、フランチャイズ展開によるストックビジネス化と、高効率な加工場を新たに設置しフランチャイジーへ加工品や半製品を安定して販売し、国産食材にこだわったヘルシーなイタリアンブランドを全国に展開する事業。
老舗旅館から温泉施設に!2つのテーマを掲げた新サービスを提供する温泉施設の創設 全盛のバブル期に比べ利用客が減少していたが、事業をスリム化することによって経営を継続してきた。しかし、コロナの影響により利用者数が減少して、今までにないような売上減少につながっている。今回、弊社の旅館業で培ったノウハウと強みを活かして「家族湯」と「一人湯」をテーマにした温泉施設に事業転換する。
国産牛の精肉テイクアウトの販売・少人数向け焼肉コーナーの増設 地元ファミリー層をターゲットに国産和牛を活用した「あぱらぎのお家で焼き肉セット」等を開発し、リーズナブルな価格でテイクアウト販売を行う。また、店舗の一部を「少人数向け焼き肉スペース」に改装する。
沖縄の超人気店のテイクアウト・物販事業への業態転換計画 コロナで観光客が減少し、当社は大きなダメージを受けた。これらを挽回するため、テイクアウト、物販事業を立ち上げ、新商品を開発。沖縄超人気店の味をいつでも家庭で楽しめるテイクアウト・物販事業への業態転換計画
老舗の居酒屋から、家族が賑わう焼肉店への転換 夜営業が中心の居酒屋から、ランチタイムとディナー営業を展開可能な焼肉店への転換を行うと共に、換気設備を強化し感染予防対策を取りながら安心して食事を楽しめる環境を提供します。
非接触型セルフ脱毛サロンによる「おしゃれ志向」及び「清潔・衛生」両面から老若男女の需要獲得を狙う 沖縄を中心に居酒屋事業を行ってきたが、コロナの影響で観光客が街から消えた。従業員の雇用維持を図ることが最大の使命である。既存事業からの脱却と雇用の維持を目指した時、昼夜問わず需要があり、オシャレという側面だけでなく、超高齢化社会に向けた介護が増加する社会需要に応えるため非接触型のセルフ脱毛サロンを展開し、事業の再出発を図る。
鳥と卵の専門料理を提供する非接触型ファストフード店の展開 当社は独自性のある「鳥と卵の専門料理」を提供しているが定食屋スタイルであり、対人接触機会が多い。また、ポストコロナを見据えると店内飲食とテイクアウト需要を両立できない。そのため新しい業態の店舗に改修し売上のV字回復を図るとともにFC展開を見込む。
宿泊施設に併設したヴィーガン料理カフェの開業 観光客に依存した事業モデルであった為、近年注目を浴びているヴィーガン料理専門店の営業を行います。動物性の原材料を使わない美味しい料理を提供します。
中食産業への参入に取り組み、沖縄料理を通じ全国へ沖縄の魅力を発信 コロナの影響を受け、既の外食事業での来店客数が減少する中、中食事業へ参入する。販売方法はテイクアウト・オンライン販売とし、県内外のご家庭の食卓で弊社の商品を楽しんでいただき、食を通じて沖縄の魅力を発信する
地元及び外来観光客向けセレクトショップと簡易パーラーの開設事業 遊休施設と余剰時間と現サービスを活用し地元客と観光客向けにクラフト等のセレクトショップと簡易パーラーを開設。観光宿泊業に依存した経営から脱却するとともに既存事業と地域経済に波及効果をもたらす事業である。
美と健康をテーマとしたカフェ&サロンへの新分野展開 広い店舗スペースを活用して、当店は新たに地域密着型のカフェと美容サロンを展開する。日頃利用してくれている地域の主婦層に新サービスを提供し、顧客満足度の向上と来店頻度の増加を目指したい。
観光客向け飲食店から、地元客向けのテイクアウト店舗への業態転換 当店は本事業を活用して、観光客向けの飲食店舗から、地元客向けのテイクアウト店へと業態転換を行う。メニューの絞り込みやモバイルオーダーシステム導入等で業務効率化を徹底し、コロナ禍でも利益の出せる事業に再構築する。
コロナ禍でも需要が見込めるリゾートワーケーション分野の展開 当社は宿泊業を営んでいる。新型コロナウイルス感染症の影響により、目標売上に達成しない状況にある。こうした中で、リモートワークが増えていることや今後もコロナ禍の収束が不透明なことを背景にワーケーション施設へとリニューアルを図り、新たな事業を展開する。
エンターテイメントフードサービス事業 キッチントレーラーを使ったスケートパーク型テラスでテイクアウトも可能なトロピカルシェイクやチャイニーズバーガーの販売を行う
沖縄一青い海を展望する古宇利島のカフェ中庭を結婚式場事業へ 既存建物の敷地内の中庭を使い挙式.披露宴等を行う設備を整え、場所貸し及び式のプランニング.プロジェクションマッピング等のオプションを用意する。飲食は既存事業のレストラン部門が担当することで全社売上.利益に貢献できる。
製麺所の建設・生産方法の再構築によって実現される通販市場への参入 本事業では、製麺所の建設・新しい機械装置の導入を通して通信販売に対応できる生産体制を構築し、店舗販売に依存したビジネスモデルからの脱却を図る。通信販売での売り上げを伸ばすことで、新型コロナウイルスからのV字回復を目指す。
レストラン店舗+最新のゴルフシュミレーター導入による新分野展開 新型コロナによる現在の厳しい状況を受け、現在利用できていない屋内施設を有効活用したゴルフシュミレーターを使った新サービスの提供を行う。これにより、売上の確保と飲食の集客の強化を図る。
スーパー銭湯事業から飲食店事業への業種転換 本事業では飲食店事業への展開を行う。沖縄県内でデリバリー業態のピザハット第1号店をつくり、当社本部の1階の立地を活かし、ピザハットのFC本部や近隣飲食店とも連携しながら売上の確保を図る。
健康をトータルサポートする複合型の事業展開 那覇市の繁華から所有資産のある大宜味村に拠点を移し,健康に配慮した食事と飲食店と相乗効果の高い料理教室、ヨガ体験、高齢者向けデリバリー、農業体験、農産品販売等の体験型の健康をトータルサポートできる事業展開を策定し、既存事業の再構築を図る
店舗外需要獲得のための移動販売とEC販売への新規参入事業 店舗売上が利益に直結するという飲食店の弱みであり課題を解決するには、店舗外で稼ぐ必要性がある。そのために移動販売とEC販売というオフラインとオンラインの店舗外営業を同時進行することで大きなシナジー効果を生み、スピード感を持って大きな利益の柱としたい。
独立・開業希望者向け店舗サブスクリプションサービスと卸売・通信販売への事業転換 新たに調理加工設備を新設し、炭焼商品、沖縄そば、お惣菜等を真空冷凍商品として他社向けの惣菜販売、通信販売を行う。それら商品を揃えていき、独立・開業希望者を集い、開業支援を行う。独立のリスクを低下させて食材だけでなく、店舗設備からメニュー開発、冷凍商品まで含めた「店舗のトータルサブスクリプションサービス」としての新たな収益と雇用を生み出します。
公園利用者向けのカフェ運営による事業再構築 既存事業の居酒屋では、沖縄料理・アルコールの提供を主としています。新事業では、2店舗目として

カフェの業態において公園を利用するアスリート向けに料理を提供します。新たな商品の開発及び新たな顧客層への提供のため、新分野展開に該当します。

エコツアー、アクティビティー、ワークショップ開設へのプラン これまで簡易宿泊業を運営してきたがコロナの影響により収益が激減したため、新分野の事業としてフリーダイビングやアロマ製造のワークショップサービスを提供することで売り上げ回復を目指し事業の安定化に資する。
調理技術・立地条件を生かした料理教室・キッチンカーへの業態転換 新型コロナの影響による観光客減少の影響を打破するために、事業継承する予定の宿泊施設を活用した外国人向けの料理教室と地元外国人住宅街に住む外国人向けのキッチンカーでの料理の販売を行い、売上を確保する。
石垣牛を取り扱う食肉加工卸・精肉直売店・EC販売事業への取り組み 弊社既存事業で保有している旧工場を全面改装し、石垣牛を中心として、国産牛、あぐー豚の解体からカット、磨き、包装、商品発送等まで一貫して行う食肉加工場を立ち上げます。また、石垣島の中心地に立地する好条件を活かして、精肉やお弁当、お惣菜を販売する直売場を食肉工場に併設します。加えて、石垣牛や端材を使用したハンバーグ、郷土料理の牛汁をECサイトで全国に販売します。
「健康経営」に注目した新しい形のコワーキングスペース運営事業 「健康経営」をコンセプトに

①「宿泊機能」での休息

②「飲食機能」でのバランスの良い食事

③「ジム&サウナ機能」での健康増進

の3つの機能で他社との差別化を行う

新しい形のコワーキングスペースの運営

居酒屋から石垣牛を取り扱う本格的焼肉レストランへの事業転換 弊社の居酒屋店舗を全面改装し、石垣牛などの銘柄牛を取り扱う本格焼肉レストランに事業転換を行います。石垣牛は提携食肉加工場から直接仕入れるほか、宮崎牛・鹿児島牛も取り扱います。現在、市内では接待利用やお祝いなどに利用できる焼肉店が少なく、ワンランク上の食材や演出、調理法を用いて差別化をはかります。牛汁などの地元料理を名物にしていきます。そのほか、沖縄アリーナなどと提携して、食のイベントを開催します。
原材料に五穀等を用いた冷凍食品の販売による事業再構築計画 コロナ禍で既存事業が大打撃を受けている。再構築のため、原材料に五穀等を用いた冷凍食品の開発と販売のPRを行う。近年需要が高まっているヴィーガン市場で高付加価値商品を販売する計画。
飲食料理店の店舗展開ノウハウを活用した「惣菜パン屋」出店計画 当社は県内で飲食店を多店舗展開しており、「飲食店舗運営のノウハウ」を保有している。既存事業で培った当社のノウハウを活用して、新たにフードテイクアウト・デリバリーサービスに対応した「惣菜パン屋」の出店を計画する。
沖縄でとれる原種の山葡萄を使いブドウ栽培から加工、販売までの一貫した自社生産体制を目指す 自社の強みである「沖縄原種山葡萄の栽培実績(15年)や地元事業者・役場とのつながり(地元業者、かりゆしホテル、恩納村役場等)を活かした自社生産によるブドウ及びハチミツワインの醸造を行う。
ビーチサイドにおけるバーベキュー飲食店及びキャンプ場運営への事業転換 県外観光客需要に頼った宿泊業から、ビーチサイドにおけるバーベキュー飲食店及びキャンプ場運営へ思い切った事業転換を行ない、沖縄県内のマイクロツーリズムとしての飲食・キャンプ場の需要を掘り起こしていく。
団体客壊滅!初沖縄和牛食べ比べ焼肉店へ事業転換でⅤ字!IoT化、セントラルキッチン化にh王朝レス、シニア活用での店舗展開 「県産和牛食べ比べ」を目玉としイベントを行い、生産者から直接仕入れた協力関係で得た信用で、市場に出ていない希少部位や問屋を挟まない仕入れ値からお手頃価格での商品の提供により、お客様に喜んで頂けるお店で多角化を目指す
長期滞在ビジネスワ―ケーション型民宿への転換 当民宿は観光向けに営業していたが、不安定な情勢によって影響がでた。しかしながら、リモートワークやワ―ケーションといった新たな宿泊の需要がうまれた。それに対応した長期滞在ビジネスワ―ケーション型民宿へと転換する。
宮古島の最高級ホテルが運営する本格的な「ベーカリーカフェ」事業開設 これまでの、食を魅力とした宿泊施設の運営が、新型コロナウイルス感染症下で売り上げ減少の影響を受けるなか、伊良部島で唯一の「ベーカリーカフェ」として製造・販売を行う
広範囲ネットワーク活用を前提とした業務スーパーのフランチャイズ店舗開業 業務スーパーのフランチャイズ開業をすることで、他社に蓄積されているノウハウを活用し、効率的な店舗運営を実現する。また、業務スーパーから食材を卸すことで既存飲食店の原価を圧縮する等シナジーの最大化ができる
長期滞在型離島で心身ともにリフレッシュできるウェルネスツーリズムの提供 石垣島での長期滞在型のウェルネスツーリズムを提供します。主に沖縄本島等に在住の沖縄県民を対象に、心身共に療養・リフレッシュを要する人等に向け、ホテルの中ではハーブ風呂や沖縄よもぎ蒸し、マッサージ、サウナといった温活や、マクロビオティックを活かした八重山伝統料理を、ホテルの外では石垣島の遺産や観光資源を生かしたアクティビティを提供し、心身共にリフレッシュいただくものです。
沖縄冷凍ピッツァの製造体制構築と販路開拓 当社はコロナ禍の影響で来店客が減少した。この状況を打破するために沖縄県産素材を活用した冷凍ピッツァの製造販売に着手した。補助事業では製造体制の構築による生産能力の向上と県外販路の開拓に取り組む。
Copyright © 株式会社M41 All Rights Reserved.