ホーム » ブログ » 事業再構築補助金9回採択(飲食業・宿泊サービス業)

事業再構築補助金9回採択(飲食業・宿泊サービス業)

FCラーメン店からマシン特化型フィットネスジムへの新分野展開 既存事業で培った強みを活かし、トレーニング需要・健康意識の高まりから成長するフィットネス市場へ参入する。お客様とのコミュニケーションを大切に「通い続けられるジム」を目指し、マシン特化型ジムを展開する
宮古島での伝統のゆし豆腐活用飲食事業 東京都で焼き肉店を経営している当社はコロナの影響で売上高減少が著しく厳しい状況です。そこで新たに沖縄県の宮古島に宮古そば店とあぐー豚しゃぶしゃぶ店を出店しリスク分散を図り経営の立ち直りを図ります。
「鉄板ビストロ」再構築事業 既存事業(Bar経営)は「コロナ」の影響大。新事業として半径2km以内に「鉄板ビストロ」を開店し、既存(Bar)と新事業「鉄板ビストロ」間で相互に送客を行い「事業転換」を実現します。
ラーメン専門店から複合飲食店への業態転換事業化計画 当社は秋葉原にてラーメン店を営んでいますが、新型コロナウイルスの影響で売上が減少しました。そこで、新たに水炊き事業・コンサル事業・料理教室等の事業を行い、感染症に強い複合的な飲食店づくりをしていきます。
空き家活用、地域活性へと繋がる古民家カフェの構築事業 著名な観光地が近く、且つ隠れた秘境スポットとなっている千葉県の大佐倉にて新たに古民家カフェを構築・運営し、地方創生と空き家活用という社会課題を解決しながら当社が誇る「くつろぎの空間」を提供する事業
八丈島の雄大な自然の魅力を伝える1棟貸しの宿泊施設運営事業 手付かずの自然が残る八丈島の特性を活かした1棟貸しの宿泊施設運営事業を行う。コロナで新たに生まれたニーズと当社がこれまで培った飲食店のノウハウと掛け合わせ、持続可能な経営を行う。
飲食店併設型のクラフトビール工場設置と地域活性化への取り組み 東京の観光エリア御岳にある既存の飲食店舗に新たにクラフトビールを製造する機械を導入し、クラフトビールの製造、販売を行うと共に、地元特産物を使って商品開発をし地域の活性化にも繋げる。
カフェ事業への進出とテイクアウト開始およびオリジナルグッズ販売 本事業では、当社が従来から行っていたアルコールの提供および店内で飲むこと中心であった「バー」から、コーヒー等のノンアルコールを中心に提供し、かつテイクアウトを行うカフェ事業へと進出を図るものです。併せてオリジナルグッズの販売を行います。従来事業とビジネスモデルが大きくことなり、リスクの高い思い切った事業改革となります。
健康食と体幹トレーニングによる体作りも出来るインドアゴルフ事業 ゴルフに適した体作りができる総合的なインドアゴルフ施設は無い。AI活用のシミュレーションゴルフ、トレーニング場、健康食用カウンターを設置したインドアゴルフ施設を提供し、ゴルフ人口増加&産業活性化に貢献する。
深川の魅力を発信する「レストランウェディング事業」 既存事業では1階と2階の席を含めて122席の1軒屋レストラン・小売事業を展開していた。コロナ禍で店舗営業は外出減少の影響を受け業績が悪化した為、新規事業として主に老舗ならではの深川の魅力を発信したレストランウェディング事業を展開する。
タイ最大コーヒー店Cafe AmazonのFC展開、テイクアウト、およびCafe Amazon商品等の通信販売 弊社はタイ料理店の経営をしています。本国の味を忠実に再現するために食材や調理人にこだわり本物のタイ料理を提供し続けてきたノウハウと実績を活かし、新たにタイ国内最大コーヒーチェーン店Cafe Amazonを運営するOR社とFC契約を締結し、Cafe Amazonの店舗展開、テイクアウト、通信販売を行います。
郊外の女性と美大生をサポートするアートギャラリー&カフェの設立 東京都八王子市南大沢エリアに、アートギャラリー機能をもつカフェサービスの提供。また子育て世代を応援するリスキリングのための講座を開催し、レンタルスペース機能も提供する。
日本人の私たちだからこそ引き出せる、新しいタイ料理の魅力を届ける 既存店舗にて培ってきた営業ノウハウを専門料理店に活かし、魚介の美味しさや楽しさを、付加価値の高い「和洋折衷の高級タイ料理」という新たな切り口で展開する
温泉・BBQ設備・ドッグランを併設した最新のサブカルチャーを体験できる貸別荘事業 温泉地として有名な神奈川県湯河原町で貸別荘事業を開始する。貸別荘では既存事業で培ったコネクションや映像技術をもとに、まだ世に出ていないインディーズアーティストの音源や動画、ライブを視聴設備に加え、温泉やBBQ設備、ドックランを完備する。
生鮮肉および肉とコラボした中華惣菜や地域野菜の小売りを低炭素の製造過程で実施 生鮮肉の小売りは肉の直売所(ミートファクトリー)のFCとして実施する。当該FC店舗にてブランド肉とコラボした当社独自の中華惣菜を製造、小売りする。「ついで買い需要」向けに地域野菜の小売りも行う。
キャットコンシェルジュ事業 保護猫の情報を全国で共有出来る「キャットレスキューサイト」の構築を行い、保護猫活動の効率化を目指す。保護猫の譲渡を通じて既存事業の売上向上も図る。富裕層向けに「キャットコンシェルジュ」事業を展開する。高級ペットホテルの事業を主軸とする。保護猫の富裕層への譲渡、飼えなくなった長期預り猫を保護猫カフェに移動するなど、既存事業と新規事業の相乗効果を図る。
熊本・九州肉専門店による立ち飲み事業への事業転換計画 昼中心の精肉店及び熊本・九州の食材を使用した料理を提供している既存事業を継続した上で、新たに夜中心の立ち飲み事業を主たる事業へ転換することにより、長期化していたコロナ禍での売上の回復と新規顧客の獲得を目指す。
第6次産業地域回復プロジェクト〜平塚の港が育む未来 地元平塚漁港の協力のもと旬な地魚を食品加工&調理し、移動店舗やインターネットによる全国販売(第6次産業)をすることにより会社と平塚漁港の事業再生につとめ、売り上げと地域の賑わいの回復を目標とする。
中華料理・惣菜店が始める外国人入国後研修センター事業 中華料理店の運営・中華総菜の小売・卸販売がコロナ禍及び物価高騰により大きく影響を受け、いくつかの拠点を閉鎖しました。飲食に頼らない経営のため、外国人労働者のための日本入国後研修センターを開始します。
企画・デザイン力を活かし、菓子と珈琲のテイクアウト業態へ転換 新型コロナの影響で既存のカフェ業の売上が大幅減少。テイクアウト需要が拡大している背景を利用し、カフェ業からテイクアウト・通販を主とした業態に変更します。広告会社のクリエイティブ部で活躍した店主の経験や人脈を生かした、企画・デザイン力が最大の強みです。
業務用エアコンのクリーニング/脱臭サービスへの新分野展開 コロナ禍で売り上げが激減した既存事業(飲食店)から、におい診断をフックとした業務用エアコンを対象としたクリーニングサービスへと展開し、Withコロナで求められている清浄でにおいのない空気環境と安心感を提供する。
北海道直伝!従来のイメージを変えるモダンなジンギスカン店をオープン 北海道の飲食業界を代表的食材である、ジンギスカン屋をopenする。関東においては珍しい食材であり、店舗内装をモダンに仕上げることで、なお一層、特別感を演出する。既存事業と食材/人材をシェアし、シナジー効果を発揮する。
四季を彩る料理とクラフトビールの多様性を融合!新感覚の割烹料理店 川崎市溝の口エリアに割烹料理店をオープンする。高品質な国産食材や趣のある内装、さらに和食器を揃えて、専門の料理人により料理を彩る。既存事業のメインメニューであるクラフトビールを提供し、シナジー効果を発揮する
コロナ禍で遊休化した中華店の宴会場を改装。焼肉店併設で新市場開拓 コロナ禍で遊休化した中華店の宴会場を改装して焼肉事業を開始する。本格中華も食べられる焼肉店で女性やファミリー層をターゲットとする近隣にない競合優位性と中華店との相乗効果により減少した売上を回復・増進する
アメリカンダイナーの経験を生かした、バラエティ豊かな本格おにぎりの提供 店舗を改装しアメリカンダイナーと共に本格的なおにぎりのテイクアウトを始める。人気が高い定番メニューと共に当社ならではのアメリカンテイストのおにぎりも開発し中食需要を獲得してV字回復を目指す。
まいど!癒しの空間お貸しします。レンタルスペース事業開始計画 当社はウナギ料理を提供する飲食店を営んでいます。コロナ禍や物価高騰等の影響により既存顧客による当店利用頻度が下がり、売上の減少を招いています。そこで、新たな売上げの柱とすべく新規事業としてレンタルスペース事業を開始します。
地域文化を発信する飲食店への進化及びジビエ商品を主としたEC事業の展開 店舗形態を酒類主体のBARスタイルから地域特色(ジビエ料理やジャズ演奏)を活かした料理主体のレストランスタイルに転換。加えて、ジビエ商品を開発・販売するEC事業を立上げます。
8地域の中華専門料理が一カ所で楽しめる「がち中華フードコート」事業 東京都豊島区池袋で営業している、コロナ禍で打撃を受けたカラオケ店と隣接する中華料理店を合わせて全面改装し、四川、台湾、新疆、広東、福建、北京、上海、シンガポールの8地域の中華専門料理店が入るフードコートとしてオープンする。
近隣主婦層中心の米粉レストランからアスリート向けカフェ&テイクアウト専門・教室事業へ これまでは主にビーガンなどを志向する主婦層を対象にしたレストラン(小分類761)でしたが、補助事業では、大学キャンパス内に店舗出店。大学生及び近隣住民対象のプロテインや低糖質スイーツをメインメニューとしたカフェ(小分類767)とし、本店をテイクアウト専門店&教育事業にすることで事業転換いたします。
コロナ禍でも継続的成⾧を見込める焼肉業態の新規展開計画 コロナ禍の影響で当社の居酒屋の集客力は低下し、業績が悪化している。戦略ポートフォリオを見直し、コロナ禍でも安定的な需要が見込める焼肉業態を新たに展開します。
地元密着で17年営業の創作居酒屋が挑戦!冷凍EC・テイクアウト完全対応の本格うどん店事業 EC・テイクアウト完全対応の本格うどん店事業を実施します。新型コロナの影響が長引き回復が遅れている外食市場の状況を背景として、当社全体としての新たな売上基盤とするために、既存事業の店舗付近で物件を賃借しうどん店を開店します。また、セントラルキッチンを整備します。セントラルキッチンを整備し、うどんの冷凍EC・テイクアウトができる体制を整える。
飲食サービス業から製造小売業参入!企業のハイブリッド化を目指す! 本事業は、弊社の主たる業種「飲食サービス業」に該当する蕎麦・和食等の飲食店事業を変更することなく、製菓製造小売業に参入する事により今後も予想される感染症の再流行や事変等による影響に対応できるハイブリッド企業化を目指します。現在成長中のEC市場を含む新市場に進出する「新分野展開」事業として応募いたします。
ポストコロナ時代に対応したフルーツジュース事業の開始による収益性の改善と当社理念の実現 当社の強みであるFC運営ノウハウや接客技術を活用して「需要が増加している中食産業需要を捉えたフルーツジュース事業への展開」を行い、ターゲット層を転換した安定的な経営体制の構築や、当社理念である多くの人に笑顔を届けるの拡大を図る。
地域で愛される喫茶店が挑む、ベトナムコーヒーのEC販売 横浜市で大型喫茶店を営んでいたがコロナ禍で大きな打撃を受け、また慢性的な人手不足に苦しんでいる。新たにベトナムコーヒーとドライフルーツのEC販売に取組み既存事業の弱みを補い、商圏を広げ収益性を上げる。
<オリジナル蕎麦>を製造、提供するポストコロナ対応の新事業で事業を再構築 コロナ禍でも堅調な<蕎麦>需要とうい市場ニーズを、当社の強みである場所、市場、顧客に合わせたマーケティング力を使って獲得するために、<地元海産物を練り込んだオリジナル蕎麦>を製造し、<蕎麦専門店>と<ECサイト>で提供する新規事業を立ち上げ、経営をV字回復。
家庭経営旅館の強みを活かしたウィズコロナ時代のコワーケーション事業展開 ウィズコロナ時代のテレワーク・グループワークに対応したコワーケーションスペースへと改装を行う。家族経営・中規模旅館の強みを活かした新たなコワーケーションサービスを提供し、売上高及び収益力を高め経営の安定化を図る。
スポーツジムの新規開業と既存飲食店の集客と売上を増やす事業再構築 フランチャイジーになりスポーツジムを開業します。また、本格的な筋トレに励んでいる人をターゲットにした特別料理を独自の看板メニューに追加し、伊勢佐木モール店の集客と売上を増やす事業再構築に取り組みます。
本場の味を提供する上海料理店が家庭で楽しめる本格的な冷凍製造事業に挑戦! 上海で生まれ育ったメンバーが提供する「本場・上海の味」と「本場で使われているレシピ」を活かし、上海料理を家庭で手軽に楽しめる冷凍製造事業に挑戦する。
IoTを駆使した安心・安全な多目的スペースと飲食店舗の融合による新分野展開 IoTを駆使して事業効率向上や非接触サービスを追求すると共にアートギャラリーやeスポーツ環境も提供可能なカフェとジャパニーズ・ファストフード店を展開して、物件の使用率を向上し、従来取り込めていなかった顧客層を獲得する。
店舗併設型セントラルキッチン及びEC構築による新規顧客層の開拓 本事業は、【高品質のフードメニュー】と【ブランドイメージ(経歴・実績)】を活かしつつ、既存店舗よりも客単価の低い顧客層をターゲットとして、テイクアウト販売を前面に打ち出した新規店舗を設計します。
ジェラートを中心とした自社製造冷凍商品の冷凍自販機販売 既存の卸先の中に冷凍自販機セレクトショップがあり、そこへの卸売上が良かった為、自社で冷凍自販機を購入し、自販機で自社ジェラートやその他冷凍食品(ラーメン、惣菜など)を販売することを決意。ジェラートという商品は季節性が強く、観光地や住宅地での売上が良いことから、自販機運営と相性が良い商品であると考えている。またコロナ禍で冷凍自販機市場も伸びており、商機がある。
培ってきたノウハウや人脈等を活用でき、かつ独自の展開が可能な「アパレルショップ」の開始 当事業の代表がこれまでに培ってきたアパレルに関する知識・仕入ノウハウ・人脈等を活用した「差別化されたオリジナルなアパレルショップ」を新たに開始し、既存事業とのシナジーも創出しながら、売上の回復と事業の再構築を行う取組となります。
「泊食分離」によるワーケーション、インバウンドの獲得~生産性・持続可能性の向上を目指して~ 生産性を向上させ事業の持続性を高める観点から、従来の1泊2食を、素泊りを基本としたゲストハウススタイルへ切り替え「泊食分離」を実現する業態転換を行う事業計画である。
新潟県内各種イベントにキッチンカーで出店する事業 アルビレックス新潟等の各種イベントにキッチンカーとして出店を行う。当社が運営するビストロ椿を全面に出し、ブランド力と商品開発力を同時に生かす事業である。
地域食材を活用した高いレベルの冷凍加工食品事業(OEM)と受発注システムのIT化 当社は、当社リソース(人材・空いた時間の有効活用・高い調理技術・プロデュース事業で得た顧客)を活かし、地域食材を活用した高いレベルでの冷凍加工食品を軸に、地域のレストランの厨房を外注OEMとして請け負い、同時に受発注システムのIT化を進めコストダウンを図り競合他社との優位性を高める。
創業43年、地元の美味しい焼肉を自宅でも!スーパーやECサイトを通じての新製品販売計画 創業40年の焼肉店1店舗を運営しており、グループでは計3店舗を展開する地元人気店に成長した。地元人気を活かし、新たに焼肉弁当を地元スーパーチェーンに卸売する。また自宅でも店の味が楽しめるよう、焼肉セットのEC販売及び店頭での精肉・惣菜販売も行う。
ウィズコロナ時代に適したセルフ美容サロン事業への業種転換 当社は飲食業(スナック事業)を営む。コロナの影響による営業規制や、外出自粛に伴に伴って当社売上は激減。この状況を打開すべく、コロナ環境下でも運営できるセルフメインの個室エステサロン運営事業へ業種転換を図る。
“ワーケーション需要”と“サウナ需要”に対応した、プライベート空間をかなえる1棟貸し宿泊ロッジの新規事業計画書 当社は、民宿施設を営んでいるが、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が減少し、経営が不安定になりました。この経営難を乗り越えるために、近年伸びている“ワーケーション”“サウナ”に着目したプライベート空間を提供する1棟貸しロッジの新事業展開を行います。
(仮称)ジェラートショップ新潟駅構内店 出店計画 2024年開業の「CoCoLo新潟」にて、ジェラートショップを出店いたします。地産地消とフードロス問題に取り組む商品を、集客力の高い場所で提供することで、補助再構築と地域への貢献を両立させます。
新たな新潟駅と共に地域の為の店舗作り 既存事業で培った経験を活かし、運営している「飲食店」とは異なり幅広い客層に支持されるコーヒーの提供をメインとする新分野となる『カフェ事業』に取組みます。新しい新潟駅、新しい街づくりを行う新潟市と共に地域の発信元となる店舗作りを行います。地域貢献を実践し「選択と集中」を加速し業績のV字回復を目指します。
地域資源を活用したアウトドアサウナ事業 小千谷市の管理する茶室「習静庵」と空き地を利用したアウトドアサウナ事業に取り組みます。近くに水源がある湧水「馬場清水」を水風呂として使い、既存の建物を休憩室や土産物などの売店に使用します。また、敷地内にて飲食物の提供を行うことで既存事業との相乗効果を狙います。
大部屋を主とした旅館を改修し非対面型ショートステイ施設への業態転換を図る 当社が運営する大黒屋旅館は3~5名での宿泊を想定した宿泊施設であり、コロナ禍で感染リスクが懸念され売上が大きく減少した。本事業にて当該旅館を改修し、新たに消費者ニーズを満たした、非対面型ショートステイ施設への業態転換を目指す。
高付加価値飲食提供事業としての再構築を実現するサービス提供プロセスの改善 セントラルキッチン集中調理体制にて各店舗での提供するサービスに関し、回転寿司業態でありながらも「ワンランク上のプライベート空間」、実店舗提供とインターネット提供を融合した新たな「セルフオーダーテイクアウト」といった新たなサービス提供方法による顧客満足度の向上、これによる高付加価値化ニーズを捉えていく。
食品物販事業への新分野展開 当社の強みである調理技術を活かし飲料・食料品の物販事業を行う。対象顧客は既存事業を通して繋がっている飲食店や、固定客を始め、地元スーパーやアンテナショップを顧客とする。直近の市場や今後の市場状況も踏まえながら本事業に取り組み売上の柱を作る。
温泉を利用した足湯カフェ実施により近隣エリアの新たな顧客層を獲得する事業 石川県輪島市にて温泉旅館を経営しているが、コロナ禍で大幅な影響を受けた。そこで、当社の経営資源である温泉・料理・人材・遊休スペースを活用し新たに足湯カフェを開業することで近隣エリアの日帰り客を獲得する。
市産市消で地元を活性化する野々市スパイスカレー専門店 野々市市商工会と共働し構築した新たなサプライチェーン「逆6次化ビジネスモデル」を基に、野々市産スパイスカレー店を出店します。市産市消による品質と金額において満足度の高い野菜をふんだんに活用しつつ、健康需要を取り込むスリランカカレーの専門店となります。
小松市の里山ツーリズムのシンボル「乗鞍岳」を望む、豊かな自然環境と食を体験できるサウナプロジェクト 当社は石川県にて、集落を丸ごとリノベーションしてできた「TAKIGAHARACRAFT&STAY」を営んでいますが、新型コロナウイルスの影響により観光客が減少し、売上が減少しました。リモートワークの普及や地方移住志向、インバウンド観光客需要を機会として、当社がこれまで培ってきた時代を、当社がこれまで培ってきた時代を先取りした企画力を活せる「サウナ事業」を展開します。
ドックサップを核としたペットツーリズム向けゲストハウスの新分野展開 ウィズコロナ期においても需要が見込めるペットツーリズム市場に向けて、既存リソース(空き家)を最適化し、既存事業の強み(里山里海での自然体験)を活用することで、新規顧客層を開拓し、収益基盤確立と地域経済活性化を目指す。
地元食材を活かした駅そば店への転換によるウィズコロナ・ポスト コロナ時代への対応 本事業は新型コロナウイルスによって売上高が大きく減少している既存事業から、需要が回復している駅を利用するサラリーマンをターゲットとした駅そば店への転換を図り、ウィズコロナ・ポストコロナに対応した営業体制の構築を目指す取組である。
街のイタリアンレストランが、チャペルを作ってお父さんと娘のバージンロードの夢を叶える会費制ウェディング事業の提供 当社は昭和60年より福井西南部でイタリアンレストランを営む。建物もおしゃれな感じで地元では人気のレストランである。今回、コロナ化の影響で若者達がウェディングをしなくなっている。寂しがっている父親達のためにレストランを改築しチャペル付き(ヴァージンロード)会費制ウェディングのリーズナブルなサービスの提供を図る。
地元の高級ブランド食材と熟練職人の加工技術を活かした、自社開発の惣菜製造販売 コロナ禍で稼働率の下がったドライブインを閉鎖して、内部を惣菜加工工場に改装。ここで、地元特産のブランド食材を使った自社開発のオリジナル惣菜を製造。インターネット通販等を利用して全国に販売する。
害獣駆除にて廃棄される鹿肉を活用したペットフード用肉の製造・販売 既存の飲食事業は宴会や団体需要の減少により再建が困難である。コロナ禍で参入した狩猟事業のノウハウを活用したペットフード用肉の製造販売を開始し、経営の再建と地域環境保全を両立する。
人材育成事業と飲食店経営で培ったノウハウを活かしたドローンスクール開校事業 ガス保安に関する人材育成事業と、高圧ガス配送の経験を活かして飲食店事業を経営していたが、コロナ禍で売上が悪化。ドローン資格・人材育成ノウハウ・接客技術等の当社の強みを総動員したドローンスクール事業を新規で行う。
富士山麓のドッグラン併設キャンプ場がトリマー事業に新規参入! 当社はドッグラン併設のキャンプ場経営を実施してきたが、アフターコロナにおいても成長できる体制を構築するべく、成長産業として識別されるトリマー事業に新規参入することで、安定した事業ポートフォリオの再構築を行う。
国内産最上級「山の蕎麦」の高い食味を生かす冷凍蕎麦の開発製造卸売事業 本補助事業は、弊社の持つ「水・蕎麦粉・出汁・製麺ノウハウ」を最大限に活用し、蕎麦の風味を楽しめながらも電子レンジのみで簡単に加熱調理が可能な商品を開発し生産体制を整えます。しかも本商品は大量生産に適しており、特許申請も可能です。
アフターコロナで拡大が見込まれるインバウンドをターゲットにした本格炭火焼きテイクアウト事業 コロナ禍によって居酒屋である当店は大きな打撃を受けたため、当店の強みである炭火焼きと富士山や忠霊塔といった観光地にあるという立地を活かして、アフターコロナで拡大が見込まれるインバウンドをメインターゲットとした、本格炭火焼きテイクアウト店をオープンする。
温泉観光地の再生に伴うインバウンド客向け郷土料理専門店への転換 既存の居酒屋店は、新型コロナウイルスの影響を受け売上高が大きく毀損している。外食産業の停滞に伴い、売上が落ち込む地元農家から食材を仕入れ、新たに山梨特産の旬の食材を用いたスイーツとした観光事業を展開する。このことで、湯村温泉地域にインバウンド顧客を取り込む。
ロードサイド食堂のテイクアウト新商品及び中食事業による新分野展開 山梨県北杜市の主要幹線道路沿いで大衆食堂を営んでいる。コロナ渦と燃料・物価高により経営が苦境にある中、新たに冷凍食品を開発・製造し、スーパーへの卸売りなど中食や自店舗でのテイクアウト販売で減少した売上・利益の回復を図る。
「食べる力」=「生きる力」を育む地産地消の飲食事業 本事業で計画している「畑の中にある体験型の地産地消カフェ」は、コロナ禍で「健全な食生活」への関心が高まる中で産地や生産者、工程の見える化をし提案・提供・体験していただくことで食を学び、価値をつけ地域の魅力を発信しサステナブルな社会をつくっていきます。
特産フルーツを活かした食のセントラルキッチン構築とキッチンカー事業 特産フルーツを活かした食のセントラルキッチン構築とキッチンカー事業を実施します。 セントラルキッチンを構築しフルーツなど特産品を利用した地産地消健康食提供する事業を行います。新たに受託するフルーツ販売ショップと屋外販売所の運営を行ういます。キッチンカーを購入し山梨県産の豚肉、牛肉、果物を使用した商品を製造してイベントなどを行います。
人気のラーメン店が複合カフェを新事業展開し、富士北麓地域の経済を活性化させる 「ラーメン店を20年経営してきたブランド力」「店舗進出時におけるマーケティング能力」という強みを活かし、富士河口湖IC近くに複合カフェを新規で出店し事業再構築を図る。
ソムリエによる八ヶ岳南麓の気候風土を活かしたワイン醸造と楽しみ方の提案・販売 コロナ禍で既存の宿泊・飲食業が深刻な影響を受けている。そこで、代表がワインソムリエの強みを活かして、八ヶ岳南麓のブドウを使って気候風土を活かしたワインを自社醸造し、既存事業とのシナジー効果を図って、売上を拡大する。
多くの人に門戸を開く登録有形文化財で食事するカフェ事業の開始 登録有形文化財の大広間を活用して、今まで断ってきた予約をしていない国内外の観光客などのお客様に向けたランチメニューの提供、新たなカフェ事業を展開する。
ヒゲ脱毛・VIO脱毛のニーズを満たす完全無人型セルフ脱毛事業 ⻑野県佐久市で完全無人型セルフ脱毛店をオープンする。既存事業顧客ニーズのヒゲ脱毛や新たなターゲットの女性のVIO脱毛のニーズを組み、競合他社が少ない佐久市内にて完全非接触・セルフサービスにて提供する。
飲食店をドライブスルーの有るテイクアウト専門店に転換する事業 弊社は長野市において飲食店を経営、新型コロナウィルス感染拡大により営業自粛等により売上が減少し回復が見込めない飲食業ではなく、顧客ニーズの高いテイクアウトやドライブスルーといった事業に大転換を行う。
幸せ信州から発信する濃厚ぶどう和コスメ販売 創業90年の老舗飲食店が、地元のぶどう農家が販売できずに廃棄せざるを得ない「ぶどう」から抽出した純日本製濃厚ぶどうエキスを使った和コスメの販売を手掛ける。オーガニック・サステナブル・アップサイクルな化粧品として、幸せ信州から日本、そして世界へ。化粧品業界の常識を破る高濃度ぶどうエキス配合。それはまさにワインのような化粧品【信州和コスメブランド】の販売を行う。
ウィズコロナ時代に需要が高まるワーケーション向け民泊事業への新分野展開 新型コロナウイルス感染症や原油価格・物価の高騰の影響を受けて減少した売上高を回復させるため、ウィズコロナ時代に需要の高まりが予測されているワーケーション客をターゲットに民泊事業への新分野展開をめざす計画。
「民宿」×「アウトドアサウナ」による新事業展開 アウトドアサウナの新規導入により「現代社会・仕事から離れ、雄大な自然と共にストレスから解放される宿」をコンセプトとし、「新たな顧客層の開拓」「付加価値増加による収益アップ」を図る事業計画。
本格ロウリュサウナとサウナ飯が楽しめる貸切サウナ事業 数年前から続くサウナブームは現在個室化が進みつつある段階。先行者利益が確保できる今のうちに、本格ロウリュサウナと当社の強みである食事を楽しめる貸切サウナ事業を始めて、コロナ禍による打撃から回復する。
海なし県で旨い鮮魚を!海なし県から旨い高原野菜を! 地元の高原野菜を使用したオリジナル冷凍品と、漁港から直送された鮮魚を新鮮なまま急速冷凍した刺身を販売することで、新たな市場を獲得します
洗濯で家族と地域の絆を深めるコインランドリーと洗濯代行サービス 高齢化社会で汚れた洗濯物と一緒に洗濯がしにくい状況が発生してきている。そこで、地域密着のコインランドリーと運輸業を掛け合わせて洗濯代行サービスで地域貢献をしていく。
焼き鳥を主としたテイクアウト事業に新たに挑戦し、 業態転換することで事業を再構築します 酒屋の既存スペースを撤去し焼き鳥を主としたテイクアウト事業を始めることで、売上に新たな軸を加え、課題となっていた①売上の増加、②売上の拡大、③酒店事業からの撤退を実現し当店の経営基盤の強化に繋げます。
少数需要に対応するインクルーシブ・マーケティングを用いた複合型多目的ゲストハウスの開業 各部屋の内装や設備にそれぞれテーマ性を持たせ、子供連れ、女子旅、登山客などの少数需要に対応した複合型の多目的ゲストハウスを開業する。また宿泊施設のない商店街エリアに開業することで宿泊者の観光消費を地域活性化に繋げる。
宿泊業から地元密着型のコインランドリー業への業種転換 コロナ禍で収入が激減したため、十数年の宿泊業で培った地域の特性についての知識と人脈を活かして、地域密着型の日常生活に欠かせないサービスであるコインランドリー業へ業種転換し事業の再構築を行う。
南信州再発見~世代を超えた明るく気楽な楽しいオープンな飲食店~ 飲食業の置かれている価値観の変化や、コロナ禍・アフターコロナでの顧客ニーズ(消費者の価値観や食の楽しみ方)の変化に伴い、既存の営業形態にはない飲食店を出店する。
高付加価値な冷凍グルメを新たに開発し中食・EC市場へ新規参入 ミシュランガイドなどに選ばれた店舗のブランド力を活かし「お取り寄せグルメ」など中食・冷凍グルメ食品EC市場の伸長に対応した高付加価値な冷凍グルメを新たに開発しコロナ禍など経営環境の変化に強い事業へ再構築を図る。
高山市初立ち食いラーメン店の開業 当社は現在高山市でスナックを営業しているが、コロナ禍の影響を受け営業状況が非常に厳しい状況が続いている。今回は地元高山の観光名物であるラーメンを、当地域では提供業態のない立ち食い形式で提供し、既存事業とのシナジー効果も含めた事業展開をする。
アフターコロナで多様化する食のニーズを捉える新しい地産地消の飲食事業 コロナや世界的な原油価格・物価の高騰により外食産業を取り巻く環境は劇的に変化した。そのため23年という長きに渡り愛されてきた焼き鳥屋である当店の味を武器に中食・内食分野へ進出することで、生き残りをかける。
テイクアウト需要に応える「冷凍・自家製焼干しラーメン」の製造・販売 これまでは店でしか味わえなかった本格的な味が自宅で気軽に楽しめるように、ラーメンを冷凍し、店頭販売をはじめ、自動販売機での販売、委託販売、オンラインショップで販売するなど、Withコロナの時代にマッチした販売チャネルを複数整備します。
特色あるパン製造小売への参入による高付加価値の創出 当社は、長年に渡り培った標準化された仕組みを組織に浸透させるFC運営ノウハウを活用して、市場拡大が見込まれるパン、カジュアルギフトの消費者需要に対応したパンの製造小売業に参入する。
空き家を活用した町中華が挑む無人販売店とEC販売による業態転換 中華料理店を経営する当社は、コロナや原油価格・物価高騰の影響で経営の危機に直面。再起を図るべく中食需要等に対応できる無人販売店・EC販売により自宅で楽しめる商品を提供することで事業再構築を実現する。
朝ラーメン店、冷凍自動販売機事業によりポストコロナへの対応計画 静岡県焼津市で居酒屋2店舗を経営。コロナにより打撃を受け、脱居酒屋、ポストコロナ型、地域特性を活かす朝ラーメン店事業と冷凍自動販売機事業に進出。朝方の営業と自動販売機という非接触・非対面営業で事業リスクを分散できる
仕込み不要で効率的・競争力のある商品を提供可能な焼肉店の開業 上質で高級感を感じられる店内で快適に美味しい焼肉を召し上がって頂ける店舗を開設します。他店に劣らない品質・お客様との対話を重要視して特別感のある環境を作り、リピーターの獲得、顧客の囲い込みを図ります。
電動サイクル・釣り・レジャー用品が楽しめる複合レンタル事業 「レンタル」初心者でも楽しめるように「レクチャー」機能を有した複合的レンタルスペース運営で電動サイクル・釣り・レジャー用品が楽しめる新たな価値を提供し、観光地活性化と既存事業とのシナジー効果を図る。
クラウドチケットシステムによる次世代ライブハウスの開発 地方都市の小規模ライブハウスの安定した収益を見込んでいくためにハード面で設備のデジタル化による配信および音源のコンテンツ化とソフト面でチケットのオンライン販売に取り組む
「おダシにこだわった中華そば」と「ツヤピカの銀シャリ」が名物!ラーメン店事業による社運を賭けた事業再構築 当社全体としての新たな売上基盤とするためにラーメン店事業を実施。ラーメンの製造工程は徹底的に標準化し、アルバイトや高齢の方でも質の高いラーメンを製作可能に。他社ノウハウ活用による導入コストの低減化及び事業開始期間の短縮化及び既存店との相互の送客により早期の事業化を実現。
沼津で50年愛される伊・仏料理店による焼き菓子EC事業・イベントスペース事業への挑戦 購入ビル1Fに移転して実施するレストラン事業(既存事業)に加えて、2Fにて焼き菓子セントラルキッチン化・EC事業に取り組み、収益の新たな柱とします。また、クリエイターによる個展や音楽イベントを実施することができるイベントスペースを新設し、既存事業であるレストラン事業の顧客と交互に送客を実施します。
セルフ式飲食店の業態転換により高品質なメニューをリーズナブルに提供する 牛タン居酒屋の仕入れ力を活用して、牛タンを使ったハンバーグやローストビーフ等の上質なメニューをセルフ式の提供スタイルでリーズナブルに提供する新たな業態の店舗を立ち上げ、業態転換によるリスク分散と規模拡大を目指します。
全国の餃子ファンに!浜松を元気にする餃子店による「浜松餃子冷凍EC事業」への挑戦 セントラルキッチンにおいて製造した冷凍餃子をECにおいて販売します。それにより当社がお客様に評価されている創作餃子や浜松の食材にこだわった自慢の餃子を、実店舗の限られた商圏の顧客だけでなく、全国各地の餃子好きニーズの取り込みを図り、今までリーチできていなかった層の消費も喚起します。
昔ながらの塩造りを体験できる施設の開設と「天然塩」を用いる商品の開発 宿泊客からも要望がある塩の製造の体験施設を開設し、宿泊客や観光客に塩の製造を体験していただく。同時に「天然塩」を使用した「加工食品」として新たな商品開発を実施し販売していく。
ラーメンのスープ、麺、具、カレーや餃子等の総菜類の製造販売の開始 セントラルキッチンを設置し、業者向けにラーメンのスープ、麺、具材の製造と卸売りを開始、同時に消費者向けにラーメンセットとして企画小売り販売する。更にカレーや餃子等の総菜類の製造販売も開始する。
遊休不動産を活用した超低温アイス・ケーキ等を実店舗及びECサイトにて販売する事業 自社保有の和を感じられる日本風別邸を活用し、和菓子の製造及び店舗販売、テイクアウト販売、冷凍和菓子のEC販売。また日本風別邸のレンタルスペースの提供。
エリア初の泊まれるレストランオーベルジュの開始 宿泊設備を備えたレストランであるオーベルジュを開設し、近隣のアウトドアアクティビティーやインバウンド客の訪日需要に連結させて事業再構築を図る
体験型カフェで”つなぐ”!青果卸業からの新分野展開事業 コロナによる観光客の減少により既存事業の青果卸業と弁当総菜の売上が減少している。2021年7月の伊豆山土石流災害で被害にあった店舗を「リング焼き」の製造と体験型の和カフェに改装することでコロナ禍からのV字回復を目指す。
標高900m富士裾野で高齢者に寄りそう未来ある商店づくり 地域住民に日用品、食料品、嗜好品等を。観光者にお土産、特産品、企画品等を。地域内に限って無料でデリバリーをし、またデリバリー先にて10分間のお手伝いサービスを行う。ECサイトを利用しオリジナル品、セレクト品の販売を行う。
ペット同伴宿泊業から新分野:里親探し、ドックセラピー提案型宿泊業への進出 里親探し、ドックセラピーを行うホテルを建設する。動物愛護団体と協力し、ペット(犬・猫)の里親探しの際、充実した時間を過ごし適切なマッチングを行う場をホテルサービスとして提供する。ペットを飼うことができないお客様に対して、静岡県東部の大自然の中でお好みのペットと触れ合えるサービスを提供する。ペットに癒しを求めるお客様に対して、ドックセラピーを行う。ペット動物とのふれあいのための適切な空間を提供する。
宿泊、観光業、キャンプ業の有機的結合による浜名湖の魅力発信 弊社は浜名湖の湖畔で、ペットと泊まれる宿泊施設である。また、BBQ、マリンレジャー等を運営している。各サービスが有機的結合をめざし、キャンプ業を付加して総合観光サービス業としての転換をめざし、新規顧客層を開拓する。
感染対策、地域住民への温泉提供の為の大浴場から貸切風呂への業態転換 大人数で使用する「大浴場」から少人数で利用する「貸切風呂」への業態転換を行うことで感染症に強い事業となり、「貸切」という付加価値をつけることにより客単価を上げて売上を伸ばし弊社の温浴事業を再構築する。
熱海で非日常感を満喫できるアクティビティ&スパサービスの新事業展開 心身をリフレッシュし心と体の健康づくりをサポートするウェルネス&リトリートをテーマにした新たな宿泊施設を開設する。競合の多い1棟貸し施設事業から脱却し、充実したサービス展開によって新事業参入を成功させる。
駅周辺の人流と飲食店夜間就業者向けの完全個室の焼肉店の展開 本事業では潜在的なニーズのある駅周辺の人流と飲食店の夜間就業者向けに、新型コロナウイルスの対策を考慮し、換気の見える化を図った完全個室の焼き肉店を展開する。
水産加工製品製造業への進出とスマート卸売システムの開発・販売 本事業では、水産加工製品製造業に進出すると同時にスマート卸売システムの開発・販売を行うことで当社の事業再構築の実現、食品製造卸売業界の生産性向上に貢献する取組みである。
店舗の美味しいを全国へ!キッチンカーによる移動販売事業の開始 中食内食ニーズの需要増加に着目し、韓国人シェフ直伝の本場の味を再現した旨辛韓国風丼や地域の特産品とコラボしたメニューを、全国のグルメイベントやオフィス街等でキッチンカーによる移動販売事業を開始する。
名古屋中華の冷凍食品販売を展開して新たな収益の柱を構築 既存店舗を冷凍食品製造が可能なセントラルキッチン設置のために内装構築を行い、新たに冷凍食品の製造・販売を展開。世の情勢に左右されやすい既存事業のリスクヘッジとして、市場が拡大している冷凍食品業界へ参入し、名古屋独自の商品を提供することで、売上高の安定化を図る。
第2の家で味わうスパイスカレーで美と健康を。 ウィズコロナ時代における飲食に対する新たな需要「テイクアウト」や「ランチタイム」に対応するため、近年注目されているスパイスカレーに特化した事業転換。
フレンチレストランの家飲み需要取り込みと相乗効果を狙ったワイン小売展開の取組み 新型コロナの影響で夜の飲食需要が回復しない状況下、レストラン併設のワインショップを開設し小売り販売に参入。家飲みへの市場変化に対応し、事業の再構築を図る。
大人気レア焼豚の製法を活かしたお持ち帰り対応の豚カツ店開始 既存ラーメン店の人気チャーシューの製法、仕入れルートを生かして新たにとんかつ専門店を開始します。テイクアウトやランチ帯に力を入れることで既存事業の弱みを補いながらも、相乗効果を期待できる事業となります。
歯科向け虫歯予防体験こども食堂の開業コンサル事業へ新分野展開 集客課題を抱えている歯科診療所や歯科クリニックを運営する歯科医師に向けて虫歯予防体験施設を活用したこども食堂型飲食店の開業支援サービスを提供する。当社の既存事業の強みである飲食店の開業運営実績、歯科医師のネットワークやこども食堂の運営実績、NPO法人の代表として大規模な食育イベントの企画運営を開業支援サービスに転用する。
らーめんと健康・美容のシナジー効果を狙った男性に特化した美容事業 既存事業のらーめん店がコロナでの打撃に加え、小麦価格高騰により利益率が減少する状況。グルテンフリーらーめんの開発と、男性に特化した美容事業にチャレンジすることで、健康と美容へのアプローチから既存事業と新規事業の顧客間シナジー効果を狙う事業である。
ジビエ肉や地元野菜を使用したエシカル料理を提供するレストラン事業への転換 今までフランチャイズ加盟店として居酒屋を営んでいましたが、フランチャイズ加盟店契約を解約し、エシカル料理を提供するレストラン事業を開始することを計画しました。
キッチンカーから店舗へ!アジア料理提供による販路拡大計画 これまでキッチンカーで得た顧客や経験・ノウハウを活かして店舗でのアジア料理の飲食店経営を実施する。これまでのキッチンカーやイベント出店だけの不定期の売上高だけでなく日々の売上高を確保することで、継続した利益の確保を図る。
SNSコンサルティングと掛け合わせた動画制作支援に特化したレンタルスペース運営 弊社に隣接する空き店舗を借用・改装し、外部環境による売上への影響を受けにくく、感染対策も施された「レンタルスペース運営事業」「SNSコンサルティング事業」を行う。弊社のSNS活動の実績を生かしていく。
-脱マスク社会の到来!- 30代~40代向け【大人のホワイトニング】への挑戦 マスク着用要請の緩和により、今後活性化するであろう「脱マスク」を意識した消費者行動を機会と捉え、30代~40代向けのホワイトニングサロン運営を開始いたします。美容に関するカウンセリングを強みとし、当社のラウンジと同様に「落ち着いた空間」を提供することで既存店との差別化を図ります。
自然や海の幸が豊富な篠島にペットと宿泊できるペットツーリズム 名古屋で人気の観光地“篠島”にある旅館がペットツーリズムの受入に対応する。ペットと一緒に宿泊できるだけではなく、ペットと一緒に観光を行い、篠島自慢の海の幸をペットと一緒に満喫できる体験を提供する。
【ドローンを通じた地域農業活性化へ!】ドローンコミュニティ施設の提供とドローン農薬散布事業 ドローン市場は拡大しているものの、本体価格や高い、また高齢者が操作しにくい点等、課題も多い。そこで当社では、誰でもドローンを体験できるスペースを提供し、ドローンでの農薬散布サービスをすることで地域農業の活性化にも寄与していく。
立地と質の高いサービスを活かしてホルモン・焼肉店への事業転換 パブ経営を事業譲渡、新たに駅前の好立地店舗を活用したホルモン・焼肉店に事業転換を行う。接客業で培った人員管理と教育ノウハウを活かし、顧客モニター等を行いサービス・商品力を磨き続ける店舗運営を行う。
惣菜サンドをテイクアウトできるラーメン店の出店 忙しく働く女性やサラリーマン、学生に本格的な豚骨ラーメンと手づくり惣菜サンドを店内飲食(惣菜サンドと豚骨ラーメンのセット販売)、テイクアウト(惣菜サンド)などの販売チャンネルで提供する
地域との共存共栄を図る地元食品を使った本格蕎麦屋への事業展開 鶴舞公園リニューアルに伴う出店機会を背景に、アフターコロナでイベント等の気分転換をしたいファミリー層に対して、地元食材を使った本格的な蕎麦屋事業の展開を行い、地域に根差したビジネスモデルを確立する。
アフターコロナ対応!テイクアウト強化・ゴーストレストラン開業・EC事業への新分野展開 アフターコロナに対応したデリバリー事業やEC販売事業に進出しテイクアウト商品のさらなる販売強化を実施することにより、新市場の開拓、新規ブランドの立ち上げ、収益源の多様化を行い、売上のV字回復を図る。
スポーツバーで培った経営資源を活用した女性向け洋風バルへの事業転換 新事業として女性向けオイスターバルへ選択と集中により売上回復を狙う。スポーツイベントや2次会需要を軸とする既存事業を撤退し、現在の強みとIT技術を活用しながら、比較的早い時間帯の女性客向けにオイスターバルとテイクアウト事業を展開する。
美容・健康に効果的なスープ料理を提供できる飲食店の開業 市場機会である女性の1人外食やスープ料理需要と、弊社の強みである食材厳選・調理法を掛け合わせ、本事業では美容・健康に焦点をあてた飲食店を出店します。具体的には、現在美容・健康に効果的と注目されているスープの料理を、自宅を改装して活用しながら、私共の代表を中心に開発・提供を進めます。
地域で愛されて40年!名物「焼きとんかつ」「手羽先」冷凍EC事業への挑戦 新型コロナの影響が長引き回復が遅れている外食市場の状況を背景として、当店全体としての新たな売上基盤とするためにセントラルキッチン化と冷凍EC事業を実施。店舗建物の遊休スペースを活用しセントラルキッチンを設置、セントラルキッチンにおいて店舗で提供している「焼きとんかつ」や「手羽先」等の人気商品の冷凍EC用商品を製造。
独自の仕入れルートと厳選した鮮魚の目利き、評判高い接客力を活かした寿司専門店への進出 既存の居酒屋の売上減少の中、当社の強みとする「独自の仕入れルートによる厳選鮮魚」と「豊富な種類の日本酒」、「居心地の良い接客力」、「利便性の良い立地」を活かし、コロナ禍でも人気の高い寿司専門店に進出する。
肉割烹料理店をブランド化&EC市場での調理済冷凍食品販売 現在は焼肉店を営んでいるが、補助事業では肉割烹料理店に業態転換し、専門的な肉割烹料理や冷凍食品の製造販売を行う。店舗を旗艦店としブランド価値を高め、ECサイトで冷凍食品を流通させ、コロナ禍で拡大した家庭内での食事需要の獲得を目指す。
愛知県産のこだわり食材を使ったお弁当のキッチンカー販売事業 愛知県産のこだわりの食材を用いたお弁当を製造し、キッチンカーで各地ビジネス街やイベントへ出店しテイクアウト事業を行っていくことで、新規顧客を獲得しカフェとの相乗効果を狙う。
新業態の飲食店進出を通じて地域に新たな客層を呼び込む 居酒屋事業から高級肉料理店という新たな業態に転換を図る。現在小牧出駅周辺において取り込めていない層を獲得するために、新規事業進出を進めていくことで当社の経営安定と共に地域の活性化に貢献していく。
地元の郷土料理が味わえる蕎麦屋と地域文化が体験できる一組限定宿泊施設事業 地域資源を活用した食事や体験等を楽しむことができる旅行形態が増えているというニーズを捉え、「地元の郷土料理が味わえる蕎麦屋と地域文化が体験できる一組限定宿泊施設事業」を開始し新城市の活性化に貢献する。
焼肉店へ事業転換し、冷凍馬肉ユッケと牛焼肉セットでEC市場へ進出 現在は、馬肉料理をメインとした居酒屋を経営しており、コロナ禍を機に売上が減少しており、未だ客足は戻っていない。補助事業では、生と焼きの異なる魅力を持つ馬肉と牛肉を一度に楽しめる焼肉店への事業転換を図る。感染対策を徹底した店舗づくりと非接触型サービスに加え、テイクアウトやEC販売での売上獲得を目指す。
大手が真似できない生キャラメル専門店の創設 大手に真似できない、中小企業だから可能にした数量限定の生キャラメル専門店を創設限定生産で名古屋市管理の新規施設にテナント出店。市場のニッチをついた、模倣困難な業態を中堅飲食チェーンの元執行役員が事業化に取り組む。
昼は和食弁当の販売、夜は居酒屋スタイルの店舗出店計画 健康志向が高まる20-60歳男女向けに手作り感のあるお弁当をテイクアウト・デリバリー販売し、夜は30-70歳男女向けに昭和の下町料理とお酒をイートインで提供する居酒屋を出店する。
パティシエが創るスイーツとランチのカフェレストランへの業態転換 ウィズコロナ、アフターコロナを見据え、思い切った転換を図る(課題)べく、ダーツを残しながらも、パティシエが創るスイーツ、ランチとテイクアウトのカフェレストランへの業態転換し、事業継続を図る。
味にこだわった海鮮居酒屋が冷凍自販機による24時間販売で再構築 海鮮居酒屋を営んでおり、独自の仕入れルートによる鮮度・味・価格にこだわった料理は非常に人気が高い。

当店固有の強みと経験を活かし、冷凍自動販売機による24時間販売を行うことで事業再構築を図る。

コロナやパンデミックの影響を受けにくい新たな飲食業態での事業再構築 コロナにより客数の減少という影響を受けている。来店しなくても売上が上げられる持ち帰りや通信販売を強化し、コロナやパンデミックに強い業態で再構築を図る。
味で地域一番を目指す産業給食事業への挑戦 既存事業はコロナ及び物価高騰の影響を受けている。本事業では新たに産業給食事業を始めると共に外部環境の影響を回避する。
働くオトナのご褒美ゴハン。フレンチシェフの本格テイクアウト 当社は国内の有名レストランやフランスの2つ星レストランで修業したオーナーシェフがカジュアルフレンチを提供するレストランを展開しています。コロナ禍で変化した自炊以外の食事に対する顧客ニーズに対応するため新たに冷凍フレンチ食品を開発し自販機で販売する計画を立案しました。また、冷凍フレンチで使用する食材に愛知県域で捕獲された害獣のジビエ肉を使用することで食を通じた地域課題の解決にも参画して参ります。
究極の地産地消高級食パンを商品開発し持続可能な地域を目指す 「究極の地産地消高級食パン」を商品開発し、レストランのお客様の他、地域の人たちや観光客にも販売を行う。また、環境に配慮したお持ち帰りバックを用意したり、地域の野菜を販売するなど、SDGsへの貢献を果たす。
海辺のリゾートで非日常的なとっておきのバケーションレンタル体験! 愛知県三河湾にある離島で、いつも見ている景色とはまったく違う非日常的なバケーションレンタル体験を行います。広大な海と島を満喫していただき、プライベートスペースで特別な時間を提供します。
特産品を使用したテイクアウト+オンライン販売事業を構築し新分野展開 当社の強みの調理技術と人との繋がりを活用し、地元特産品の調理・販売事業を開始する。さらに新開発した商品は、コロナ禍で需要を伸ばしたオンライン市場でも販売を実施する。本事業を通じ、新たなご当地グルメを創出し地域の活性化を実現、さらにコロナ禍で落ち込んだ売上のV字回復を図る。
利便性と楽しさを魅せて販売 成熟期の冷凍食品へ投ずる次の一手 動画によるデジタル販促をプラスしてた「楽しむ冷凍食品」の製造販売と、人手不足で苦しむ飲食店へ仕込み済み食材の卸売販売に挑戦する。深刻な飲食店人手不足の課題を解決すると共に、複合的売上構築により売上向上を果たす。このようなポストコロナに強いビジネスモデルの構築を通じ、深刻な人手不足で苦しむ飲食店の課題を解決し、地元飲食店と共に発展し地域の人々の食を支える、地域イノベーションへ貢献する取組みを目指す。
ホテル修行で培った技術で、サイドメニューや創作肉料理が魅力の焼肉店へ 居酒屋業の当社は、コロナ禍で宴会需要が減少し売上が減っている。そこで宴会スペースを減らし、焼肉店を開店する。ラグジュアリーホテルでの修行等で培った調理技術で創作肉料理やサイドメニューを充実し差別化を図り、コロナ禍の脅威を克服。
愛知県産食材100%のクッキー(焼き菓子)製造小売業への業種転換 ウィズコロナ・アフターコロナに強いオンラインを活用した愛知県産食材100%のクッキー(焼き菓子)製造小売業への業種転換事業。実店舗でのテイクアウト販売とオンライン販売を組み合わせた新しいD2Cモデルを展開します。
地元の健康弱者のニーズに応えた酵素風呂事業で事業再構築 既存顧客をはじめとした地域市民のニーズに応えた酵素風呂事業を新たに開始し事業を再構築します。
深夜営業のイタリアン酒場による仕出し弁当&テイクアウト店への新分野展開 深夜営業のイタリアン酒場を経営する当社は、本事業で病院に勤める方や介護施設入居者、葬儀参列者の方々を対象とした仕出し弁当事業と近隣サラリーマン向けのテイクアウト弁当店を本事業で行います。当社が位置する四日市市の方々を和洋中様々な弁当で支えていきたいと考えております。
地元三重県への特化型デジタルクーポンマガジンサイトの運営 三重県の飲食店を掲載したデジタルクーポンサイトの運営を行う。これまで紙で発行していたクーポンをデジタル化し、スマホ上で発行から管理、利用までできるようにする。発行する店側の広告宣伝費削減、集客増強をサポートすると同時に、クーポン利用客にとっても魅力的なクーポン内容にして利用促進を図る。
和食居酒屋が挑む地域初の完全個室ふぐ料理専門店「円久」 オープンスペースの和食居酒屋を1Fに構える当社が購入後未使用のまま放置している保有リソース(自社ビル3F)を改装して地域初の完全個室フグ料理専門店をオープンする。
スケート(ボード)パーク事業開設に伴う地域創生事業 伸び行く需要のスケート(ボード)パーク事業を展開し、地域の賑わいとスポーツ振興を創出して参ります。
特許取得のお箸カトラリーを製品化し世界に展開させる新分野展開 2013年に世界初の「箸、ナイフ、フォーク、スプーン一体型のカトラリー」の特許を取得しており、このお箸カトラリーを具体的に製品化します。海外との往来の多い個人やインバウンド向けの国内飲食店・宿泊施設をターゲットとして販売し、中長期的には世界中で販売します。
「琵琶湖でクールダウン!」湖の家のオフシーズン屋外サウナ事業 「琵琶湖に店から直接入れる」という当店の最大の強みを活かし、占有権を持つ店舗前のビーチに琵琶湖を一望できるサウナをオフシーズンに設置、ジャグジーも整備します。露天サウナ感覚で、「琵琶湖」と言う最高の武器を活用する為に、サウナから直接琵琶湖に入れるようにして、サウナの後に琵琶湖でクールダウンできるようにします。
三成醤油プリンの冷凍化による新たな販路拡大 コロナ禍の中、現状の課題を打開すべく新たな取組みとして、当社独自の商品開発をした「三成醤油プリン」を瞬間冷凍させ、賞味期限の拡大と営業エリアの拡大を目的として事業展開していきます。
地元滋賀・近江地域の素材料理を活かした通販事業への業態転換 コロナの影響を受け、和食「近江食堂」と洋食「ぶどうや」「岩﨑喫茶店」の3店舗の業績悪化に伴い、地元滋賀・近江地域の素材を使用した料理の通販事業としてコロナ禍でも影響を受けない新たな業態での収益化を図る。
今後人口増加が期待できる滋賀県守山市において地元食材を活用した釜めし専門店の展開 地元滋賀県で構築した顧客基盤と、代表の専門店におけるオペレーション技術を活かし、ベッドタウン守山市において、地元産の近江米を使ったファミリー層が利用しやすい釜めし専門店を展開する。
地元食材とコラボ!大自然の古民家deスープBAR 自然豊かな地域の空き家を活用し、地元食材を使った古民家カフェ風スープBARを開業する事で、新規顧客の獲得、空き家問題の解決、地域活性化に貢献する。
新しい商圏・顧客・市場の獲得を行う(新分野展開) 本事業は、弊社主たる業種(飲食サービス業に該当する飲食店事業をへんこうすることなく、和食・惣菜を日持ちかする(冷凍食品)の提供を可能といたします。
給食事業者が始める安心・安全なアレルギー対策コインランドリー運営事業 社員食堂の運営事業を行っており、新型コロナウイルスや物価高騰で喫食数低下が続いている。当者の強みやノウハウを活かし、コインランドリー運営事業に着手し、アレルギーで困っている方にサービスを提供する。
SDGsによる廃棄ロス減少可能にしたコスト減の京風鴨おでん事業 京都の食材にこだわった鴨おでん開発。食材は昨今問題になっている廃棄ロスの観点から形が悪い野菜や流通できない魚などを安価で仕入れおでんの具材で加工しやすい為、廃棄ロスを減らし価格コストも削減し収益に繋げる。新たなターゲット層獲得の為SNSを利用した宣伝を行い集客し事業再構築します
「カッコよさを追求した男性専門のトータル美容サロン事業」 飲食店事業を展開する当社が、店内飲食・アルコール提供・深夜営業から脱却し、エステサロン事業への業種転換を図る。脱マスク等の社会状況の変化に対応した「男性専門」の「トータル美容サロン」を実施する。
「新開発の冷凍京わっぱ」と「地元産京野菜」のEC販売の新展開 当社は、需要が増加している冷凍の弁当やスイーツのEC市場を選択し、商品の開発力や企画力、地元農家との連携体制等の資源を集中し、感染拡大や災害等の不測事象に強い『京わっぱの冷凍食品化とEC販売』にチャレンジします。
キッチンカーによる「世界を旅した気になる料理」の販売事業計画 宿泊業から撤退し、飲食サービス業への事業転換を図る計画。地球を一周して食べ歩き学んできた世界各国の郷土料理をキッチンカーで販売し、同時にその料理の歴史やその国の文化などを紹介することにより「世界を旅した気分」を味わってもらう。
古都再生〜京都ゲストハウス・ワンストップ総合支援サービス〜 当社の現在の「宿泊業」というドメインと、「強み」と「機会」を生かし、ウィズ・コロナ、ウィズ・ウィルスの時代に本業とのシナジー効果を生み出し、今後も企業として生き残り、更なる発展を目指すため、同業者であるゲストハウスや民泊を対象としてソフト面・ハード面の支援ビジネスを実施します。
京都で味わえる、和牛とジビエの鉄板焼きライブレストランの開業計画 コロナ禍での休業要請による隠れ家Barの売上激減の危機を打開するため、新進気鋭のシェフと最高食材の仕入れルートを活かして、京都の中心でお昼も楽しめる黒毛和牛とジビエの鉄板焼きライブレストランに挑戦する。
お茶の魅力を世界に発信!茶葉販売&お茶イベント事業への挑戦 海外及び国内からの観光客に向けて、「京都」という地から、お茶の魅力を発信するための事業を展開する。こだわりの国産茶葉を店頭で販売すると共に、店内のアンティーク茶器でお茶を楽しむためのイートイン&イベントスペースを整備する。これによりインバウンド需要を捉え、売上のV字回復を目指す。
アフターコロナ対応!セントラルキッチンの導入による商業施設への新店舗展開・施設への卸事業・EC事業への新分野展開 本事業は、フランチャイズ(以下、FC)四川串鍋店を1店舗運営している当社が、コロナ禍で来店客数の減少や時短営業の影響によって事業収益減となるなか、セントラルキッチンを導入し、新たに商業施設への新店舗展開・施設への卸事業・EC商品販売を始めることで、業績のV字回復を図る取組である。
既存事業(飲食)の強みを活かした卸・小売業への新分野展開 コロナの影響で既存の飲食業売上は大幅減少した。コロナ前の売上水準に戻るには相当な時間を有する為、セントラルキッチンを新設し、既存事業での強みを活用した卸・小売店として事業展開し、事業の再構築を図る。既存事業での強みを活用してウィズコロナに対応した専門店として事業展開し、事業の再構築を図る。
京料理店の冷凍食品販売事業の展開によるポストコロナに対応した事業再構築 飲食業(京料理店)を営んでいるが、新型コロナウイルス感染症や原油価格・物価高騰等の経済環境の変化の影響により、当社売上高も伸び悩む状況。当社のブランド力や食品加工技術といった強みと、環境変化による機会を捉え、ウィズコロナ時代への対応を企図した冷凍食品販売事業による事業再構築を図る。
紹介制バー、人気焼き肉店のノウハウを生かしたラーメン事業展開 既存の紹介制バーおよび無煙高級焼き肉店の運営で得たノウハウやコアで幅広い人脈を活かし、ランチの営業時間で回転率が高くウィズコロナ・ポストコロナ時代の新事業としてラーメン事業に進出し売上のV字回復を図る。
シズル感溢れるデリバリー事業開始による業態転換 高クオリティの料理を提供している飲食店(居酒屋)である当店が、質の高い料理といった自社の強みを活かしたシズル感溢れる配達飲食サービス業を開始する。
テイクアウト・宅配、インバウンド対応型ラーメン店立ち上げ計画 テイクアウト・宅配、インバウンド対応が可能なラーメン店の立ち上げを行います。ラーメンの種類は周辺に競合店のない担々麺を予定しており、すでに認知の高い「びし屋」様から新開発のスープを仕入れる見込みです。
観光業の回復を捉えた和室の貸出 遊休施設である同ビルの2階と5階を改装し体験型スペースとしてレンタルを行う。2階はインバウンド客向けに茶道や舞妓体験などの文化体験事業を行う。5階は洋室とし、結婚式の2次会利用などをターゲットにしたパーティールームとして活用する。
当店人気のオーバーライスの冷凍化によるネット販売及び自販機販売 味が落ちないよう急速冷凍機で冷凍にしたオーバーライスを自社で構築したECサイトでネット販売、そして冷凍自販機での販売をする計画です。
「舞台芸術と地域をつなぐ」異色の喫茶店が目指す次なるステージ 古い歴史を持つ京都の地で「舞台芸術と地域をつなぐ」を合言葉に演劇等のイベントを開催し、広く京阪神からの集客を実現する昭和レトロな雰囲気の喫茶店が、コーヒー豆専門の卸・小売業に進出し全国展開を目指す。
セントラルキッチンで製造した加工商品を多方面に販路拡大する事業。 コロナの影響により中食需要が増加した為、中食向けの商品を新たなセントラルキッチンにて製造し、ネット販売、自動販売機、店頭販売、フードトラック販売、食品卸しの販路にて販売促進を可能とした事業です
日本の伝統着物の文化継承を目指した、新たな販売形態構築計画。 弊社のホテル東山四季花木が提供するサービス価値を活かし、ブランディングとEC販路構築によるデジタル戦略により、アパレル分野に進出する。伝統着物を使用した装束小物や着物ローブの商品開発・販売体制を実現し、事業の再構築を図る計画である。
京都南部唯一!全犬種対応&ドッグラン可能な移動サービス付き宿泊 コロナをきっかけに国内旅行が再注目されている。また、おうち時間や在宅ワークの増加でペットの家族化が進み、ペット同伴の旅行者が増加傾向にある。京都府には全犬種対応の宿泊施設が1施設しかないため、当社の「和食料理技術」「ペット宿泊施設での運営・清掃ノウハウ」を活用し、本事業を実施し、観光客に充実した旅行を届け、京都のまちづくりや観光産業の活性化に寄与する。
生産者の顔が見える、宇治市内産100%の有機抹茶を使用したコスメの開発・販売 宇治市内産の最高級有機抹茶の手摘み一番茶を活かした化粧品の開発・販売に挑戦します。「飲んで内からキレイに、塗って外からキレイに」をコンセプトとしたライフケアブランド『Shinba』として、抹茶の新しい価値を広める取組です。
居酒屋からデリカテッセン事業へ展開し、テイクアウト市場に進出 旬な食材を使った料理を提供する居酒屋を運営している当店は、店内改修後、一画で和食・中華・イタリアン・フレンチ・スペイン料理のデリカテッセン事業を開始する。テイクアウト市場に進出し、業態転換による再構築に取り組む。
創業107年レストラン×IOT×セントラルキッチン化の冷凍食品製造販売 ポストコロナ、ウィズコロナで増加している「家で作れない味、専門店の味を自宅で楽しみたい」等の顧客ニーズに対応し、冷凍食品製造設備導入およびセントラルキッチン化をおこない、冷凍調理食品事業に参入します。
イミ消費をペットと共に体験できる宿泊施設の整備 新たにイミ消費を具現化できるペット同伴可、個室サウナ有、ワーケーション対応宿泊施設を整備し、ホームページ等を通じ情報提供することにより京阪神から中京地域までの顧客獲得を目指すことで新分野展開を図る。
古きを愉しむをテーマにした宿泊と食体験サービスの提供 京都京丹波の古民家での豊かな空間における宿泊体験および、土地柄や空間を活かした飲食の体験である。具体的なサービスとして①体験型宿泊サービスの提供、②古民家ウェディングの提供を行う。
洛東迎賓館をイノベーション創出オフィスに転換する事業 マーケットが大きく縮小しているウエディング事業から撤退し「迎賓館を活用した京都ならではのイノベーション創出オフィス」を設置し、今後成長が見込まれるレンタルオフィス事業へ進出する。
給食センター事業から冷凍調理食品製造事業への転換による事業再構築 弊社は、主に京都市内の企業向けに給食センター事業を営んできた。コロナ禍が長期化する中、売上減少が続いており、事業再構築が急務である。冷凍調理食品製造事業への転換により、コロナ禍からのV字回復を図る。
キッチンカー営業から実店舗でのおにぎりカフェへの事業転換 古民家カフェこむすびとして、おにぎりカフェを開業する。これまでキッチンカーでのテイクアウト専門で営業を行ってきたが、観光地などでの営業はコロナ等感染症の影響を多大に受けることから、お家ごはんをテイクアウトできる実店舗として開業する。お米マイスター厳選のお米、削りたてのかつお節、b型支援就労支援施設から仕入れる地産の野菜を提供する。
名勝嵐山で観光客を対象にテイクアウト茶房と土産物の店を開業 国内屈指の観光地である京都・嵐山で国内観光客を対象に、京都のイメージに合致した和スイーツや茶中心の飲料のテイクアウト(イートインあり)の茶房ならびにに土産物販売の店を開業する。
和食料理店が出汁や味噌にこだわったラーメン専門店の新設 新型コロナウイルス感染症により甚大な被害を受けており、売上の回復が急務である。その解決策として、新たに店舗工事、各種設備導入を実施し、ラーメン専門店運営事業を開始、売上のV字回復を図るもの。
インバウンド需要に特化したヘリコプターによる遊覧事業からの祇園南側への飲食店への集客事業 今回の再構築事業では、弊社の強みであるヘリコプターによる遊覧事業による集客を強化し、そのインバウンド需要に対して、既存店舗のイルチプレッソと同じ祇園町南側に2店舗の飲食店をオープン致します。これにより、遊覧事業のお客様に対して、面で営業する事が可能となり、また、店舗を増やす事で、人材の効率化や宣伝広告効果を期待します。
老舗珈琲館が古民家をアート空間に変えテイクアウト珈琲事業に挑戦 当社は自家焙煎のコーヒーを提供する喫茶店である。培った焙煎・ドリップ技術を活用しデザイナー・自治体等の協力を得ながら、アートギャラリー併設のコーヒーテイクアウト事業に挑戦し、業績のV字回復と宇治市の地域活性化を図る。
飲食業をターゲットとした宿泊型研修サービスの提供 新規に飲食店を開業、またはリニューアルオープンする経営者をターゲットとし、飲食店に特化した法人向け研修サービスの提供を行う。京都市左京区大原に所有する京町屋を宿泊型研修施設に改装して実施場所とする。
本格中華調味料の商品開発及び販売による食品製造業への挑戦 計画している新事業は、地元産の農産物を原料にし、無添加の調理法により製造する本格中華調味料の開発です(食品製造業)。加えて、新商品を効果的に製造・販売することを目的として、京都市下の古民家(京町家)を改装し、製造所兼販売所の機能を備えた施設を構築します。
「和」を堪能できる空間を活かしたレンタルスペース事業の開始 新規事業を通じて既存事業で運営しているホテルの客室を一部レンタルスペースとして改装し、レンタルスペース事業を開始します。これにより客室稼働率を向上させ、レンタルスペース事業としてのサービスであるパーティーグッズ貸し出しや撮影機材のレンタルなどを宿泊プランにも組み込みます。
対面接客必須のヘッドスパ業態でDXとアナログを融合して差別化を実現 対面接客が必須のヘッドスパ業態において、業界では大半を占める中小零細事業者が実現できていないIT技術の活用(DX=デジタルトランスフォーメーション)をウェブマーケティングやオンラインカウンセリング等で実践。代表者の経験を生かした施術/接客技術といったアナログ要素と組み合わせて差別化を実現する。
新メニュー開発とフードトラックを活用したイベント出店事業 フードトラックを活用したアフターコロナの食事の楽しみ方を提案する。スポーツや音楽、アウトドアイベントなどに出店し、手軽だが本格的な食事をイベントと一体となって楽しめる場を提供する。
“とりの焼肉店”が作る「とり餃子」のEC販売事業 当社の現状、市場の将来性を分析の上、コロナ禍、コロナ後において売上を獲得すべき新たな取組みとして、とり餃子等の冷凍食品の製造・EC販売事業を始めたく考えています。
飲み客を主とした居酒屋の運営から成長市場である中食市場へテイクアウトのパン屋さんへの転換 今まで飲酒を目的とした居酒屋の運営を行ってきましたがコロナウイルスの影響を大きく受ける業態のみでの経営となっているため、当社の強みとつながりを分析した結果成長市場である中食事業へ参画し新たな市場へチャレンジする計画です。
地元未利用の農産物海産物活用による『本格オリジナル中華』の移動販売事業 コロナ禍の3年間(2020~22年)飲食業界は大きな影響を受け、回復の足取りも十分とは云えず、先行きは極めて不透明である。  一方、密を避ける屋外飲食は活発で、イベントなど復活で盛況を呈している。当社はこれに着目し、イベントを中心に移動販売を展開する。地元農家、漁業者とのネットワークを構築し、市場に供さない「規格外野菜」「未利用魚」を確保し、長年の店舗運営で培った調理技術を駆使、本格中華を提供する
「肉の知識を活かしたステーキハウスから焼肉店の事業展開による事業再構築計画」 ステーキハウスでの事業運営から、自身で焼くスタイルの焼肉屋の運営を行い店舗展開を計画することで事業を展開するプラン。単価もステーキではとれない飲酒需要や家族需要を獲得することで今までにないターゲット層と単価へのチャレンジとなる再構築計画となっています。
焼肉店の強みを活かした新分野展開による事業再構築 焼肉店に小売店舗を併設し、中食・内食ニーズに応える商品を販売します。既存事業とのシナジー効果を得ながら、新事業で新たな顧客開拓をすることで事業再構築を行い、持続的な発展ができるようにします。
「冷蔵庫と洗濯機」メインの無人リサイクルショップを多店舗展開する。 飲食業から、感染症予防と人件費削減の観点から、冷蔵庫と洗濯機をメインとする無人のリサイクルショップの事業に進出する。リモートで接客対応配送の手配し、店内決済配送時に集金する無人店舗で行う
多目的レンタルスペース開業によるスペースシェア市場への進出 アフターコロナ・ウィズコロナ時代における、「独立開業するための準備をしたい」「楽器練習がしたい」「気心知れた仲間で結婚式の二次会がしたい」といった需要を受け、多目的レンタルスペース事業を開始することで思い切った事業の再構築を行い、経営基盤の安定と市場変化に強い企業体質を実現する。
廃棄となっている牛筋やA5ランク牛肉を使用した商品をネット販売で全国へ 現在廃棄となっている牛筋やA5ランク牛肉を使用し、既に調理済みで湯煎のみで召し上がって頂ける料理を開発し、冷凍加工を行った後、自社ネット通販サイトと各種ECモールへの出店を行い全国への販売を行う。
希少な経産牛(けいさんぎゅう)を使用したハンバーグ専門店の開業 ポストコロナにおける「おひとりさま」需要の高まりを受け、国産黒毛和牛の経産牛を使用したハンバーグ専門店を新たに開業することで思い切った事業の再構築を行う。テイクアウト・通信販売にも対応することで複数の収入源を備え安定した経営基盤を確立する。
極上のブランド牛をリーズナブルに!高級焼肉店が手掛ける精肉店 「なにわ黒牛」や「神戸うすなが牛」「近江牛」といった、希少なブランド牛を中心に取り扱い、値段は高くとも、健康的で美味しいお肉を、多くの人に食べて頂き「お客様に笑顔になって欲しい…」その思いを実現するために、「語れるお肉」が食卓を彩る日々を創ります。
居酒屋事業から近隣の飲食店を支えるための仕込み外注サービスによる業種転換 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化することで居酒屋事業の顧客回復までに時間を要すると考えていることから、これまでに培ってきた小規模店舗でも利益を残すための仕込みスキルを活かすことで、近隣の飲食店の仕込み作業の外注化をサポートする事業を行う。昨今、飲食業界で人手不足が大きな課題となっている中で業務効率化をサポートする形で飲食店を支えていく。
創作春巻き専門店への事業転換による中食・通信販売市場への進出 ポストコロナにおけるテイクアウト需要・通信販売需要の高まりを受け、居酒屋から創作春巻き専門店へ事業転換し、テイクアウトを重視した創作春巻きの提供を行うことで思い切った事業の再構築を行う。
100億企業の総料理長経験と人脈×ITを活かした巣籠り×自宅飲み市場開拓によるV字回復 居酒屋事業からの撤退を行い、レンタルスペースの需要発掘と強みを活かした食にまつわる事業を組み合わせることで再構築する計画。固定費の少ない生産性の高いビジネスモデルでV字回復を行います。
大阪のソウルフード『大阪うどん』を自宅にお届け冷凍うどん製造・販売事業計画 弊社が店舗で提供している大阪のソウルフード『大阪うどん』を研究を重ね、生めんのまま冷凍し商品化。50年の歴史のある弊社自慢の『大阪うどん』をECサイトにて販売し全国のお客様にお届けする。
和食店による日本の良き食器文化を広める陶器・酒器小売業への進出 当店を訪れた外国人が「器も料理の一部」という考えから、和製食器を楽しんで頂き、店内のギャラリー・Webで和物の陶器を、販売し小売業(物販)市場へ進出し実際に食事で使用した食器・グラスを購入できる体制を確立し経営基盤を安定したものとする。
博多の柔らかいうどんを大阪へ「峰のうどん」運営事業計画 既存事業においてコロナ禍で業績が悪化しました。大阪にて新規性の高い福岡うどん専門店「峰のうどん」をオープンし、安定的な売上基盤の確保を図ります。
ふぐ仕込み受託事業および自社のふぐかに料理通信販売事業への進出 安定した自店の経営基盤を確立するために、ふぐ加工受託事業を新たに立ち上げるとともに新事業拠点の生産性・収益性の最大化を目指し自店のふぐ・かに料理通信販売による通信販売市場へも進出することで思い切った事業の再構築を行う。
物価高騰・デリバリーにも対応した地産地消ラーメン店への参入 緊急事態宣言等により、「たこ焼きバー」の売上が大きく減少した。そこで、地元農産物を活かしたオリジナルメニューとOEM生産によるスープを使った「ラーメン店」を新分野として事業展開を図る。
アンティークショップ開業によるリユース市場への進出および長浜伝統工芸の販売 アンティークカップ・食器を扱うリユースは、時流に乗った業態であり、長浜市の伝統工芸品を提供することで地場産業にも貢献ができる。SDGsの潮流も踏まえると、社会的なニーズが高いと考えられるアンティークショップの経営により新たな売上を確保するとともに、地域活性化にも寄与したい。
会員制の導入及び低温調理ケータリング商品の開発による業態転換 大阪市北区兎我野町は商業地域でありながらオフィス街からも比較的近く、近年では近隣に高層マンション建設も進み子育て世帯も増加傾向にある。当社にとっては新たな市場(顧客層)である子育て世帯へ向けて、会員制のサブスク料金プランとテイクアウト・ケータリング商品の充実に取り組む。
ポストコロナ対応のフィットネスジム及びプロテインカフェの展開 コロナ禍で需要が伸びているトレーニングに着目し、代表者のノウハウを活かした「プロテインカフェ」の新分野展開で業績のV字回復を狙い、事業再構築を図る計画である。
「焼肉店」による新分野展開「肉の卸・精肉店」事業 当社は仕入先である食肉大手から当社近隣の飲食店などへの配送を受託します。当社は質と仕入価格が改善します。飲食店も仕入価格が改善します。食肉大手は、当社周辺の物流を最小化し「物流2024年問題」解決の一助となります。
サステナブルを考えたEC・通販・テイクアウト事業への挑戦 兵庫県の地域食材を活用し、サステナブルを考えた加工食品で、EC・通販・テイクアウトの消費者を開拓する
炭焼ワインバルの二毛作ビジネスによって収益増加を目指す 既存事業で昼にうどん店を経営している。そこで同一店舗で夜は炭焼ワインバルを経営する二毛作ビジネスを行う。

二毛作ビジネスによって競合他社との差別化を図ると同時にシナジー効果を見込むことが出来る為、収益UPを見込むことが出来る。

地域食材を使用した高級串揚げ店と当社商品のEC販売への進出 地域の鮮魚を使用した寿司店を営んでいたが、コロナによる営業自粛で売上が減少した。そこで、当社の調理技術を活用した串揚げ店と串揚げ・寿司のEC販売に展開し、地域内外の方に高品質な料理を提供する。
割烹料理店が挑む、和の素材を活かしたチョコレート製造・販売 コロナ禍において大きな打撃を受けた飲食業界の中でもデリバリーなど新たなスタイル取れなかった割烹日本料理店の課題である柔軟性や高年齢層以外の取り込みを行うためチョコレートの製造・販売を福岡市にて行う事業
食肉調理技術を活用した丹波篠山のジビエ肉のEC販売に進出 大阪市福島区で焼き鳥屋を運営する当社はコロナによる営業自粛・時短営業で、十分な営業を行えず、売上が激減した。そこで既存事業で取引のある丹波篠山の食材生産者と連携して、ジビエ肉のEC販売業に進出する。
需要拡大が見込める会員制インドアゴルフ施設を開設 コロナ禍の休業要請等で売上が減少し、原材料の高騰等の影響で付加価値額が減少しているお好み焼き屋さんが、既存店舗の23m先に会員制インドアゴルフ施設という物価高騰等の影響を回避した新規事業を新展開する。
飲食店で提供する熟成牛のB2B、B2C、インバウンドへの展開 焼肉店での和牛の熟成加工技術を応用し、食肉卸売業に参入します。熟成肉やタレ、カレーなどの新商品開発し、レストラン等の飲食店向けに販売【B2B事業】、ネット通販【B2C事業】、さらにはインバウンド向けに新たなテイクアウト商品の展開も行います。
ワインバルが挑む本格的なフランスパン&デリカデッセンのテイクアウト事業への進出 新型コロナウイルスによる売上の減少からのV字回復を図るため、これまでに培った調理技術を活かし、本格的なフランスパンとデリカデッセンのテイクアウト事業に挑む。
チャイティーとカレー販売で本格本場の味をテイクアウトで提供 これまでカレー屋の経営に長年携わり、本場の味を研究して来た当社のリソースと、テイクアウト需要の拡大という市場環境を活かし、新たに本格スパイスを使ったチャイティーのテイクアウト販売を行い事業再構築を図る
大阪から日本全国に!インドブームを席巻しテイクアウト事業を確立 今まで提供していなかった新商品を開発し、テイクアウトでの提供を行う。現状の店内飲食のみの事業構成から脱却することで、店外消費の売上を新たにつくり、新たな事業の柱とする。
立ち飲みバルからの新分野展開「自家製の燻製とこだわりのお酒を揃えた街の酒販店」へ挑戦 ポストコロナ時代における「家呑み需要」を新たな事業機会として捉え、自家製のオリジナル燻製とこだわりのお酒を店頭とネットで販売する酒販・食品販売事業へ参入する。
高級イタリアンシェフ厳選!絶品おつまみと一押しワインショップ 本格的なワインを中心としたアルコールを絶品のおつまみとともに自宅で楽しんでいただき「より充実したおうち時間を楽しめるような商品提供が可能なワインショップの運営を行います。
和のテイストを取り入れた世界に誇る創作中華料理バル ポストコロナ時代のインバウンド市場が回復する見込みに対応するため、新規事業として「創作中華料理バル」でインバウンド市場へ参入する。訪日外国人観光客も満足するSNS映えする料理とリフォームの匠による店舗内装で「地域へ訪れるインバウンド客の増加」に貢献し、当店だけでなく地域の持続的発展に寄与する。
大阪なんばの名店「あじと」の味を全国へ。EC販売の開始 コンセプトは「本格的なあじとの洋食をいつでも、どこでも味わっていただく」ことになります。

既存店舗にて多くの方に親しまれる味の完成形が確立できているため、人気メニューの冷凍食品化を行いEC販売等を開始することで事業再構築に取り組みます。

少ない席数で感染症にも安心!高単価とんかつフルコースの提供 ワインにあうイタリア料理を提供するイタリアンバールを主たる事業とする当社が、コロナ禍による2号店閉店を経て、厳選した国産ブランド豚に低温調理を施したとんかつをフルコース提供する新業態飲食店を出店します
Genjiシェフのブランド商品化による食品販売事業 当店人気シェフの味を家庭で手軽に楽しめるよう、販売事業を開始する。高齢化を意識し、健康に配慮した商品ラインナップで他社と差別化する。また、他企業との協業で商品開発を行い、販路拡大を目指す。
体験型サービス・冷凍販売への業態転換による生産性向上及び売上回復 コロナ禍で既存事業売上が激減。業態転換としてたこ焼き体験型サービスを開始し、店舗生産性を向上させる。その余剰リソースにより、冷凍・テイクアウト販売を開始する。既存事業の強みや顧客基盤を活用し、売上回復を図る。
ペットサロン×フレンチ×カフェ事業でのシナジー効果の構築 フランス料理の料理人かつ愛犬家が 新たにペットサロンを開業する事でフードロスの削減 環境保全に繋げ 人だけではなく家族の一員となるペットにも安心安全の食で 笑顔になってもらう事を目指す。
待ち時間無しで提供する海苔巻きのテイクアウト専門店事業 既存事業で顧客から好評を得ている銀シャリと焼肉を海苔巻きに開発し直し、個室の有無に影響を受けないテイクアウト専門店事業へ進出します。生産性の低さを補うために導入するロボットの副次効果として、注文を受けてから待ち時間無しで出来立てを提供するサービスを行います。これにより新型コロナウイルス感染症のような外部要因に左右されにくい企業体質へ事業を再構築します。
廃棄されている伸び過ぎた筍とスパイスを用いた加工食品の販売 スパイスカレーを提供する飲食店を運営する事業から、竹林整備の際に廃棄されている幼竹(伸び過ぎた竹の子)とスパイスを使用した加工食品を製造し、通信販売を行う事業への進出を図る。
ふぐ料理を提供する飲食店事業から愛犬と泊まれる宿泊施設の運営事業への展開 ふぐ鍋やふぐ刺しなどのふぐ料理を提供する飲食店事業を展開する弊社は、新型コロナウイルスや物価高の影響により厳しい環境に立たされている。新たな収益の柱として、愛犬と泊まれる宿泊施設を開業し、事業の多角化を図る。
【専門店のこだわりを自宅で再現】中食・内食需要の取込み 当社は大阪における韓国料理の先駆けとして多くのファンやリピーターから支えられてきた。コロナ禍のイエナカ需要により、当店の味を自宅で味わいたいという要望を多数いただいていることから、新たにテイクアウト事業へ参入する。本事業により、韓国料理、鶏料理をテイクアウト、デリバリーで提供することで既存顧客の呼び込み及び、新規顧客の開拓につなげ、コロナに強いビジネスモデルを構築し収益拡大を図る。
自転車業界への進出。関西No.1サイクリストコミュニティへ 店舗を一部縮小し自転車店を併設させ自転車店と社会的需要が高いロードバイクがコンセプトのカフェの新規事業する。その結果、自転車店とカフェ間に相乗効果が生まれ生産性・独自性の高いビジネスモデル構築となる。
コロナに負けない店舗づくりとテイクアウト商品の開発・提供 当社は摂津市にて新鮮な食材で作る料理を提供していたが、新型コロナの影響を受け売上高が大幅に減少。このままでは事業存続が厳しいと考え既存事業の強みを活かし、新しい生活様式へ対応した店舗運営へ業態転換することを決意した。
既存事業のノウハウを活かしどろ焼きのフランチャイズ業に参入する事業計画 弊社はラーメン店等のフランチャイズを運営しているが、コロナの影響により売上が落ち込んだ。そこで、既存事業のノウハウを活かし、兵庫県姫路のソウルフード「どろ焼き」事業に参入し、売上のV字回復を目指す。
行政連携キャンプ事業と福祉事業とのシナジー効果が見込める「障がい者向けグループホーム事業」展開 飲食業から「自然の中で働く、住む、生活する」、つまり自然に囲まれたストレスの少ない環境の中で多様な職種と健常者と同等以上の給与がある「職住接近」の障がい者専用グループホームへの新分野展開
これまでの大阪文化にはなかった盛岡冷麺が主役の飲食店の展開 コロナ禍において未体験の食への需要が高まる中、これまでの大阪文化にはない盛岡冷麺を主役に据えた飲食店を展開し、住民やビジネスマンの外食需要に応えることで、大阪市内を中心とした地域の活力創造に寄与する。
みゃーくとなにわをつなぐ「んまむぬ」焼肉店 おにくのくにお コロナ対策をしたカウンターのみの座席で、宮古牛や独自性の高い沖縄県産の食材、飲料を提供し、店内は宮古島の雰囲気を味わえる空間を演出することによって、差別化を図り、非日常感も味わえる焼肉店を運営する
「給食事業からアフターコロナのティーラウンジ事業への挑戦と飛躍」 新型コロナ感染症の影響を受け、経営基盤の脆弱性と変革の必要性を痛切に感じ、BtoBの給食事業で培ったノウハウとた事業で得た海外の人脈を活用した本格的なカフェ事業に乗り出し、当社のモットーである「笑顔」を世界に届ける事業を展開する
プライベートに特化した完全個室貸切サウナの運営事業 弊社は2018年に創業し、「COTE HOUSE」というゲストハウスとして宿泊事業、短期賃貸事業、レンタルスペース事業を行ってきた。宿泊事業については外国人旅行客の需要が多かったがコロナ感染症の拡大により完全に消失した。プランの新設や短期賃貸事業を行うも、コロナ禍以前の回復には至っていない。この課題を解決すべく、近年のサウナブームを背景に既存施設の空きスペースを活用しプライベートサウナ事業を行う。
老舗焼肉店が地元特産品を活かした冷凍加工食品の製造販売へ進出 兵庫県加古川市で34年間営業する焼肉店が冷凍加工食品の製造販売事業に進出する。急速冷凍機と真空パック機を導入し、自社の強みである高品質食肉と地元農家がつくる野菜を用いた冷凍加工食品を製造する。製造した商品は、自店舗だけでなく、地元スーパーやECでも販売する。
古民家Caféの人気商品“蜂蜜紅茶“の物販事業販路開拓 古民家Caféはちみつ茶葉園が物販事業に本格参入いたします。大阪の阪急三番街に初の物販専門店“はちみつ茶葉園”をオープンします。また、販路を海外に広げ、“中国ライブコマース”コンテンツを利用した中国市場販路開拓を行います。
営業代行業から飲食業に事業転換、さらに無人雑貨小売業・セルフ写真館への挑戦 当社は、営業代行業を営んできましたが昨今のコロナ禍の影響で立ち行かなくなり、昨年担々麵専門店を開業しました。本事業で遊休化スペースを活用した無人古着店・セルフ写真館を開業することにより、経営の効率化とシナジー効果による売上増加を狙います。
淡路ICからすぐ!1日1組限定の宿泊施設の開業 1日1組限定の宿泊施設として、家族や仲間同士でゆっくりとくつろげる時間を提供する。最大10名まで宿泊できる当民泊施設は、当社の鍋料理特別プランをはじめ、周辺の飲食店とコラボしたテイクアウト商品を開発予定
重箱使った洋風オードブルのネット販売による事業再構築 全国のお客様に向け重箱を用いた洋風オードブルをネット販売する。店長自ら足を運び厳選した素材のみを使用しているため安心してお召し上がり頂ける。ご注文を頂いてからお作りする為、生冷蔵でお届けする。
店舗メニューと同等の商品をECサイトにて販売し売上拡大を図る計画 コロナ禍の影響で弊社のハンバーグ店の売上が激減している。新たに通販用のECサイトを開設し、顧客から要望のある店舗メニューやドレッシング等の販売に応じると共に、全国へ商圏を拡大することで、売上のV字回復を図る。
オリジナル「レモンす」メニューをアピールポイントとしたカフェ事業の本格展開 コロナ禍により収益が大幅に悪化した夜間営業の飲酒を伴う飲食点からカフェに事業を転換する。コロナ感染症蔓延期に商品化し、物販で人気上昇中の「レモンす」をメニューに取り込み、近隣住民と宝塚歌劇関係者に『ふるさとのような場所』を感じていただく。
老舗ステーキ店・ドライブスルー併設オープンカフェ新設による新市場開拓 老舗ステーキ店が、国道沿いの地の利と調理技術を生かして、客足減少によりデッドスペース化した駐車場の一部を利用し、但馬牛のナポリピッツァを目玉にドライブスルー併設のオープンカフェを展開し新市場(中食市場)を開拓します。
溶岩石焼シェフおかもとの満腹おにぎりの運営 溶岩石焼技術と惣菜販売ノウハウに地域の食料品店との連携も加えて、中食市場の一番人気カテゴリーである米食市場で新ジャンル形成を担うべく溶岩石焼具材ののったお弁当のようなおにぎり事業を開始する。
10~20代の女性や小さい子供をターゲットにした、地域にはないデザート専門店の開始 当社はこれまで50代以降をターゲットにステーキ・ハンバーグ専門店を行っていた。補助事業ではこれまで取り込めていなかった10~20代の女性や小さい子供をターゲットに、SNS映えするパフェ型ソフトクリームを販売するデザート専門店を開始する。
姫路市の文化を継承する新しいロールケーキを全国のファンに届ける 新型コロナ以降、客数低迷が長期化しているため、洋食屋を廃業する。姫路市のモーニングに、コーヒーとアーモンドトーストを一緒に食べる文化を継承するロールケーキ専門店をオープンして、全国のファンに届ける。
淡路特産の鮮魚・牛肉を扱う飲食店から缶詰製造販売への展開 淡路由良港特産の鮮魚料理中心の居酒屋及び淡路牛を用いたハンバーグ等を提供するカフェを営んでいるが、アフターコロナを見据え缶詰の製造販売を行う。店舗での販売から営業を広げ土産物・贈答・(災害等)非常用品としての展開を行う。
事業再編を行い24時間インドアゴルフスタジオ事業を新規開業 不採算の飲食事業を整理し、スポーツ&リゾート事業の中心事業としてインドアゴルフ事業を新規開業。今後グループ保有物件をインドアゴルフスタジオに転換し、当社の中軸事業として積極展開する。
大衆居酒屋から、中上流層以上をターゲットとした高級焼肉店への事業転換 従来は大衆居酒屋として多くの客数で売上を確保していたが、新型コロナの流行で客足が激減したため、中上流層以上の家族客をメインターゲットに、短い滞在で高い客単価が期待でき、換気の良さが好まれて回復が目立つ焼肉店を新店舗にて開業する。
飲食店の料理場を活用した魚の切り身の加工販売による新分野展開 飲食店で提供する魚は鮮度が命であるため、廃棄処分も多い。冷凍加工する機械を導入することで、廃棄処分を減らし、テイクアウトや通販への販売を行う。このことによりコロナに負けないビジネスモデルへと転換する。
業界初コンビニ・駅施設で展開しているBAR『お酒の美術館』に新規参入し低リスクビジネスを展開して安定経営を目指します 民泊事業を運営してきた弊社は、2020年以降の新型コロナウイルスの感染拡大で外国からの観光客が止まり、国内でも緊急事態宣言が出され、大きな影響を受け事業継続が難しい局面を向かえました。そこで、新規事業として8坪から開業できる新たな業態のカジュアルスタンディングバー『お酒の美術館』へFC加入してBARを出店。低コスト低リスクビジネスを展開し安定経営を目指します。
老舗フランス料理店による焼き菓子小売事業への新分野展開 当店の顧客層が高齢化する中、コロナ禍で外食需要も大きく変化した。新たに焼き菓子の小売販売を始めて、より若い顧客層を開拓して新たな収益源とする。結果として、従来のフランス料理店事業についても若年層への浸透を図る。
イタリアンレストランが成長する中食市場を狙ったテイクアウト事業を展開 イタリアンレストラン事業はコロナ禍で売上減少傾向が続いており、さらに経済環境の急変により追い打ちをかけられ、非常に厳しい経営課題に直面しております。
この状況を打開するために、新たに中食(テイクアウト)に進出する決意を致しました。
焼肉事業参入による高付加価値化とフードロス削減の実現 コロナ禍においても安定した収益を確保できる焼肉事業へ参入し、食材の効率的な利用を追求するとともに、再構築店舗でのテイクアウト販売開始とキッチンをセントラル化することで、フードロス削減に寄与する。
本場仕込みの味をご家庭で。神戸フレンチのEC販売事業 当社の現状と市場の将来性を分析の上、コロナ禍、コロナ後において売上を獲得すべき新たな取組みとして、フレンチメニューのEC販売事業を始めたく考えています。
古民家宿泊業が挑むサスティナブルな子供服事業 当社は、古民家を改装したグランピング施設の運営会社です。コロナの影響で宿泊客の大幅減を経験しましたが、当社のサスティナブルなコンセプトに賛同してくれる顧客でコミュニティが生まれつつあります。そういった顧客層に対し「おさがり」として長く使える子供服事業を新たに展開することで、新たな売上の柱の構築を目指します。
地産地消食材「極上!えびすもち豚」にこだわった「高級しゃぶしゃぶ店」事業への進出 既存店DIVAでの各種イベントを通じて得た顧客ネットワーク、経営者ネットワークを活かし食事から二次会まで顧客囲い込みを行い、地産地消食材にこだわりながら価格を抑え感染対策にも配慮した高級しゃぶしゃぶ店事業への転換
神戸南京町の中華料理店がプロ目線の商材選定で業務用スーパーを新たに展開 神戸南京町の中華料理店である当社が中国人コックによるプロ目線の商材選定し、関西にはまだ少ない業務用食品スーパーマーケット「プロマート」を新たに展開し地元兵庫県の経済効果に「食」で貢献
既存事業から健康長寿に配慮した惣菜・弁当店への事業転換。 既存事業の「讃岐うどん専門店」(フルサービス/イートインのみ)からテイクアウト専門の発酵食品及び発酵調味料を使用した「惣菜・弁当店」に事業転換を行う。地元農家と提携し規格外野を仕入れ、真空パック及び冷凍での調理・販売を行い廃棄ロスを極限まで減らし、地域の食による健康と生活に貢献していく。店舗についても自宅(本社所在地)に移転し家賃をなくし収益性を高める。
飲食店から、近隣事業者と連携した好立地ゴルフスクール事業への進出 JR神戸線朝霧駅から徒歩約1分の好立地でゴルフレッスン場の経営。高性能シミュレーション機材を導入。集客面で既存飲食店とのシナジーを活用する他、近隣の事業者とコラボ。就労支援所で作った商品やゴルフアパレル企業のグッズ販売や継続インセンティブとして提供、保育園と連携しレッスン機会を提供するなど、地域貢献を実現。
全国初!兵庫県播州産老舗そうめん専門店の開業! 新型コロナウイルス蔓延の最中、お酒を嗜むBarの経営の経営は困難を極めています。現状打破するため「そうめん専門店」開業による新事業展開を行います。
古都奈良での一棟貸しゲストハウス経営によるガストロノミーツーリズム参画 これまでの飲食店経営ではコロナ以前のように回復させることが難しい。本事業では、既存事業の強みである奈良県産にこだわった食べ物やお酒を楽しめる感染対策を徹底した一棟貸しゲストハウスの経営という新たなガストロノミーツーリズム分野へ進出しV字回復を図る。
パワーサラダ専門店を開店し、地域活性化に貢献する再構築計画 東京で人気のパワーサラダ専門店を和歌山に開店し、コロナ禍や価格高騰で打撃を受けた既存事業の再構築を行う。流行を取り入れ、地元農家とのつながりを活かすことで、経営改善と地域活性化を両立する。
次世代が挑戦する持ち帰り、飲食2刀流餃子専門店での業態転換計画 私は母親よりカラオケ喫茶事業を引き継いだ。コロナ影響で厳しい現状を打破すべく、家族のサポートを得ながら活用されていない1階を改装し、コロナで変化した消費環境に対応した飲食2刀流餃子専門店での業態転換計画を図る
鷄白湯ラーメンの開業 昼間の集客が見込めるラーメン店を開業する。サラリーマンのみではなくファミリー層や子供、女性客など、幅広い客層をターゲットとした店を展開する。競合他社と差別化を図るため鶏白湯ラーメンを看板メニューとする。
冷凍自動販売機導入・EC販売による非接触型販売体制の構築 冷凍自動販売機、ECサイトによる冷凍食品の販売を開始する。同時にセルフオーダーシステムを導入し、非接触販売体制を構築する。
オーシャンビューホテルでフィットネスジム+パーソナルトレーニング 現在は使用しなくなった宴会場を改修、トレーニング機材を導入し、フィットネスジム・パーソナルトレーニング事業に取り組む。新たな売上の柱を作るとともに、既存事業との相乗効果による売上の底上げを図る。
居酒屋が昼食事業開始!立地を活かした本格ラーメン店 大学キャンパス前という好立地を活かし、これまで昼の営業を行っていなかった松江店で、コロナ禍にあっても集客が安定しているラーメン店への新規参入を行う。
多様な体験プランの宿泊サービスと朝どれ新鮮な魚介類のランチを提供する複合施設の展開 自動車学校の合宿免許と連携し、安定的な宿泊数を確保しつつ、合宿以外の時期にも宿泊ニーズを捉えることで、宿泊と飲食の旅行市場に参入する。施設は、宿泊施設とランチの複合施設を新規開業し、一般宿泊プランを地域密着型で提供し、売上を確保する。また、予約管理やチェックイン・チェックアウト自動機を導入し、効率的な運営を行う。
本場出雲の十割そばの急速冷凍により全国へお届けする新分野展開 出雲大社のお膝元で観光客をターゲットにそば店を営む既存事業はコロナ禍により売上が激減。当地唯一の十割そばの全国発信に向け冷凍設備及び新工場を設立し新たに小売事業へ展開するもの
瀬戸内の離島女木島に宿泊施設、及び、島民の方との交流拠点を開設 瀬戸内海に島嶼の一つ「女木島」の映画撮影の舞台になった民家を再生して、宿泊施設を開設します。瀬戸内国立公園の自然から癒しを得て、ウェルビーイングの実現を提案します。また、島民の方との交流拠点としても機能させる計画です。
夕方営業のみの店から増築により地元食材を活用した定食店事業拡大 新たに昼の時間帯にお持ち帰りランチサービスを行い、夜の焼肉屋以外の収益を得る。お持ち帰り事業で、新たな顧客の獲得、コロナで落ち込んだ店頭売り上げの回復、新たな収益の柱と雇用を生み出します。
既存事業のノウハウを活かしたコロナ禍に強い牛タン定食店への新分野展開 当社は、コロナ禍やウクライナ侵攻によるエネルギー資源、物価の高騰による市場の動きを踏まえ、既存事業と相乗効果及び新規顧客の獲得が見込める「牛タン定食店」を開業し、新分野展開による事業再構築を行います。
行列のできるラーメン店の展開で永続的に発展する企業へ転換する 当社はカレー全国チェーンのFC店として営業をしてきました。コロナ禍以降の厳しい業績を回復させるため、行列のできるラーメン店へ転換します。また、将来的には多店舗を展開し収益の安定化を図ります。
昼間営業、酒ナシ、新・牛肉郷土料理をコンセプトに担々麺専門店に挑戦 仕事・観光宿泊客を対象に、津山伝統肉料理の居酒屋を経営している。新事業は、「担々麺を新たな津山伝統肉料理を育てる」をコンセプトにした担々麺専門店に挑戦する。昼間営業、酒ナシとし、現事業のリスク分散も果たす。
ホテルの宴会場をワーケーション・テレワークが可能なスペースへ 宿泊部門と飲食部門の売上高が大幅に減少しており、事業継続及び雇用維持が危惧されるため、当社の強みを活用でき、売上高の実現可能性が高いコワーキングスペース事業を開始し、思い切った大胆な事業の再構築を行います。
「わんこのためのお宿」が挑む「わんこと楽しむカフェ事業」への新分野展開 当社は、ペット同伴に特化した宿泊事業を営んでいるが、コロナ禍による宿泊需要減で大きな減収被害を被った。この対策として、感染症流行動向に左右されにくい「ペット同伴の日帰りレジャー需要」に対応できるドッグラン併設のカフェ事業(テイクアウト対応)への新分野展開を目指す。
ご家庭でレストランの味が楽しめる喜び。おうち時間を楽しむためのレトルト加工品の製造販売 大日亭で取り扱うブランド牛「千屋牛」を使用してこれまでは店頭でしか販売していないカレーを、家庭でも楽しめるようなレトルト加工したものを販売する。販売先としては、地元の最大手である両備グループでの販売の他、インターネットでの通信販売を行う。
ニューノーマルに対応した洗濯代行事業への新分野展開 当社はお客様が持ってこられた洗濯物を店舗で預かり、お客様の代わりに洗濯→乾燥→たたむまで行い、お客様に店舗でお返しする。追加料金で家庭への配達サービスも行う。
飲食店からケータリング事業への転換 ケータリング事業対応できる専用調理設備を新設。惣菜、弁当、漬け物、菓子の製造免許を取得。飲食店の経験をもとにこだわりの食を多様な販売チャネルでお客様のもとへ届け、地域の食に貢献できる事業所を目指す。
オーダーメイド式の仕出し弁当の販売 広島県庄原市で居酒屋を営業。コロナ前はディナー営業のみであった。ただ、コロナ禍で外食需要が激減し、ランチ営業の実施により売上減少を食い止めようと図るも回復と言えるには程遠い状況である。そこで、新規事業として高単価でオーダーメイド式の仕出し弁当の販売を開始する。既存顧客へのアンケートを取ったところ7割の方に需要があり、新規事業として成功すると考えている。
「食」から神辺を元気に!新たなステーキ文化導入計画 神辺地区に安価で美味しいステーキ店を開業する。また県内では前例のない満足度の高い豚ステーキを提供する。美味しさ保持及び原価削減のため液体冷凍処理という新技術を採用する。これより新たな食文化をもたらす計画である。
飲食業から宿泊・イベント事業への再構築そして地域交流へ タイ料理専門店舗のリノベーションを実施、宿泊施設に改修し、宿泊事業を展開します。併せて施設内で音楽、料理教室等のイベントを定期的に実施することにより、地域参加者や外国人観光客との交流拠点を目指します。
近隣の事業者の収益改善にも寄与する地産地消×健康志向にこだわったベーカリーカフェの運営事業 既存事業で培った粉物への知見を活用することで、新たに米粉パンが魅力のベーカリーカフェを運営する。さらに農家との直接仕入れ体制を活かすことで、新鮮かつ美味しい野菜や果物を使用したパンを提供することで、地産地消の推進にも貢献する
ダーツやカラオケも楽しめるオシャレな隠れ家空間BARの出店計画 当社は広島県福山市浜松町の地で新たに他店にはないドープな隠れ家空間で、酒と合わせてダーツとカラオケが楽しめる若年層をターゲットにしたBARを出店します。
急速冷凍技術で店の味を自宅で楽しめる新商品を開発、知名度のある広島県全域にファンを作る コロナ禍で居酒屋事業の売上が大きく減少しました。また、現在も食材原価高騰で利益が圧迫されています。新事業では、急速冷凍設備等を導入し、当店の新鮮な魚料理を自宅で楽しめる新商品を開発します。知名度の高い広島県内でEC販売を行い、来店ありきのビジネスモデルからの脱却を図ります。
外国人観光客向けコイン式広島地酒ステーション&和ストフード店 事業実施場所の立地の良さを活かし、回復するインバウンド市場を事業機会として県内初のコイン式酒サーバーを導入した広島地酒ステーションと和のテイストを重視した和食のファストフードを提供する新事業を行う。
非接触型宿泊施設であるグランピング施設運営事業という新分野展開による事業再構築 本事業では、コロナ禍で既存事業である都市型ホテル業の売上が減少する中、当社の強みである既存事業の実績、経験、経営力、スタッフの技術力、インバウンドに強い宿泊施設ノウハウの保持という点を活かし、新施設建築工事と設備導入によりグランピングという非接触型の新たな宿泊事業を確立することで、新分野展開による事業再構築と競争力強化を図る。
バー店舗の有効活用による、メンズ向けセルフ脱毛サロンの新分野展開 長引くコロナ禍でバーの売上高が急減する中、県内初となる高性能脱毛機を導入し、完全非対面・非接触かつ24時間来店可能な「手軽に利用できるセルフ脱毛サロン」をコンセプトに、近年美容意識の高まる20代男性の取り込みを図る。
新型コロナウイルスに影響されない経営体制の構築 本補助事業は既存事業で得た顧客ニーズを基に進める美肌サロン事業であり、既に保有する女性顧客への訴求と医療従事者のスタッフが携わり、経営資源を有効活用して新・既存事業双方の相乗効果を得て収益増加を図る。
ふるさと納税とキッチンカー事業新分野展開で販路拡大 弊社は、店舗型経営からふるさと納税商品の販売とキッチンカー事業への新分野展開で販路拡大を目指す。セントラルキッチンの改装でオンライン販売可能な状況へ体制を整え、キッチンカーの実働で山口県内各地へ「紅屋ブランド」の認知拡大を図る。
3社連携によるおうち料理を楽しむための高級キッチン雑貨と本格テイクアウト料理を提供するプラットフォーム構築事業 おうち料理を楽しむための高品質キッチン雑貨と本格調理済み食材を販売する新たな事業に進出するため、3者が連携し、キッチン雑貨ショールームと食品製造設備等を投資する
ラウンジ経営20年で培われたホスピタリティを武器に、デトックスサロンへ新分野展開 20年のラウンジ経営で培われたきめ細やかな所作と顧客応対品質、壮年世代への圧倒的なホスピタリティを活用しデトックスサロン事業へ新分野展開、業績のV字回復を狙う。
鳴門沿岸地域の特産品を使った新店舗展開 年間数十万人もの観光客が訪れるにもかかわらず飲食・お土産販売の店舗が少ない鳴門沿岸地域に、鳴門海峡の新鮮な魚や徳島県で収穫した農産物を使った飲食・物販のお店をオープンします。最新の真空パック加工・冷凍加工を用いて「寿司の冷凍」を目玉商品とし、観光客の滞在期間を伸ばし、さらにはEC販売によって徳島のすばらしさを全国・海外に発信します。
障碍者や高齢者が中心となって働ける蕎麦屋事業への展開 障碍者や高齢者が中心となって働く蕎麦屋事業への展開。就労意欲はあるが働く場がない障碍者や高齢者が働きやすい環境を創造し、地域の盛り上げとともに障碍者や高齢者の生きがいの創出を行う。人と人のつながりをコンセプトにぬくもりのあるコミュニティを創造。
香川県の魅力発信!地元食材を用いたテイクアウト・ネット販売で関係人口創出! 弊社は高松市内にて焼肉店を経営する飲食店であるが、現在、コロナウィルス感染拡大の影響を受け、従来の53.24%(売上高対比:令和元年6月期で計算)と大幅に落込み、コロナウィルスが終息するまでは飲食店売上の回復は望めず、また、長引くウィズコロナ打開策として『新しい店舗スタイル(テイクアウト・インターネット販売)』の立ち上げしかないと思い申請するもの
賑わい創出!地域を巻き込んだマルシェスタイルのテイクアウト コロナ禍で閉塞した宴会場を、地域を巻き込んだマルシェスタイル店舗に変容し、人の集まる場と賑わいを創出。地元に密着した居酒屋で好評を得ていた自慢の家庭の味を、テイクアウトの弁当や総菜にして提供する事業。
夜のライブハウスから心機一転。古民家を改装した広い敷地で子供から大人まで楽しめる、音楽と宿泊の複合施設を作る! 当社は香川県高松市の繁華街に店舗を構え、ジャズバー、音楽スクールなどを運営してきた。今回の新型コロナにおいては、バー営業(ライブイベントも含む)では来店客数の激減、スクールでは生徒の休講が重なり売上が著しく減少した。その対策として簡易的な「演奏のオンライン配信」や「オンラインレッスン」などを実施するも即効性はなし。そこで、本事業を通じ「音楽と宿泊可能な複合施設」を開始することで売上のV字回復を図る
ラーメン専業から焼肉・総菜と弁当・食材通販の多角化事業へ ラーメン専業の一本足打法から脱却、昼のラーメンに、夜の焼肉の外食事業、惣菜と弁当の中食事業、外食・中食食材をネット販売(家庭調理用食材販売)する内食事業を加えた3本柱で経営強化、各事業間シナジーを発揮する。
働く人のパフォーマンスと免疫力を高める、食と運動のパーソナルケアサービス 「新分野展開」である本再構築事業は、コロナ禍で生活習慣が不健全になってしまったビジネスマン層をターゲットに、食と運動の面からパーソナルケアサービス(以下、再構築事業)を提供するものである。そのため、「製品等の新規性要件」「市場の新規性要件」「売上要件」を満たし、新規導入する設備「専用のWEBサイトおよび厨房機器」は当社が今までに保有していない設備のため、主要な設備を変更する要件を満たす。
ご自宅でお手軽イタリア料理を堪能できる通信販売事業への進出 当社の強みである調理のノウハウを活かして、イタリアンバルお手軽ディナーセットを主とした通信販売を行う飲食店への業態転換を図る。真空パックで冷凍しネット販売を行える様、イタリア料理の調理、商品製造のためのセントラルキッチンを新設するため、建物改修や、調理器具、冷凍冷蔵庫等導入等の設備投資を行う。
海鮮居酒屋から食べ歩きテイクアウト及び海鮮丼専門店と民泊事業に挑戦する計画 コロナ禍により海鮮居酒屋の売上が激減し、事業の継続が厳しい状況にある。道後温泉近くの用地に建物を新設し、食べ歩き用のテイクアウト及び海鮮丼専門店と民泊事業に着手する。新たな顧客層を獲得することでV字回復を目指す。
愛媛県産食材で感動創出のミシュラン居酒屋が、高級割烹料理店へ これまで大衆層を顧客対象としていた居酒屋が、コロナ禍による庶民の生活様式の変化等から、その対象を経営者、芸能人、都心部等からの旅行者等食に予算を投じることの可能な富裕層へシフトし、県内の高級食材を使った少人数高単価の割烹料理店へ事業転換を図る。
四国中央市初!地域事業者と連携したDX型シミュレーションゴルフ事業への進出 コロナ禍に伴い、既存事業の収益環境が悪化。現状を打開すべく、ゴルフ業界で積み上げてきた知識や技量、人脈を生かし、DX型シミュレーションゴルフ事業を新たに展開。また、新事業運営の中で地域事業者との連携や雇用促進により、地域活性化に貢献する。
夜間ダイニングバーからイタリアンレストラン&食品製造業に挑戦 ワインとイタリアン料理が評判の夜間酒場を運営。コロナの影響が深刻で、昼間営業も含めたイタリアンレストランに進出。日本一と称されるジェノベーゼなどパスタソースの製造販売にも挑戦し、コロナ禍などの危機に強い新業態店への再構築を図る。
ガレージ×カフェで時代に対応した店作りを行う 今回の補助事業でガレージ×カフェを開業し、若者やバイク好き等を集め、お洒落な店内でカフェとして利用してもらうだけではなく、本格的な料理も提供することでウィズコロナ時代に対応した店づくりを行う。
地域資源を活用したトンカツ店の開業とチルド製品の製造販売 当店は長く居酒屋を営業していたが、コロナの影響で客数が減少している。本事業でコロナの影響が少ないランチ主体のトンカツ店を開業する。テイクアウト機能を強化するほか、チルド製品を開発しEC等で販売する。
厨房改装による麺類、重飲食の再現飯を中心としたランチ提供の開始 バーという業種柄もありコロナ被害から未だに回復できていない。そこで、ランチ営業を開始するため、役員の経験・ノウハウを活かした麺類や重飲食の再現飯の提供ができるように厨房を改装する。
リモートワーカー等を対象とした作業用カフェによる事業再構築事業 福岡県福岡市祗園駅周辺のリモートワーカー等を対象に、電源やWi-Fi環境を完備した作業用カフェを新たに開業する。具体的には既存店舗の2階を改装してカフェ店舗として営業する。
専門引越事業への進出と効率的な受注を可能とするシステムの開発 一律料金による老人ホーム(老人介護施設)専門の引越事業を開始する。受注から精算までの効率化を可能とするシステムを開発し、九州は自社にて運営、他エリアは同システムを廉価で提供し全国の配送業者と協働していく
トマ豚骨ラーメンで福岡に新たな名物料理を!新たな挑戦の幕開け トマトと豚骨を組み合わせたトマト豚骨ラーメンを当店独自の「トマ豚骨ラーメン」という名称で当店独自のメニューとして打ち出し、現在の事業と両立しコロナ禍に負けない事業を行う。
西中洲で14年の水炊き屋こだわりの鶏肉を用いた『鶏コッペ』のテイクアウト事業 目の前に中央区天神の憩いの場である『天神中央公園』があり、そして福岡有数のビジネス都市である天神のランチ客を狙ったテイクアウト事業を行いたいと考えております。提供する商品は、水炊きで培った天草大王を使用した鶏料理(唐揚げ・チキン南蛮)と公園で食べやすいコッペパンを組み合わせた『鶏コッペ』を提供したいと考えております。
廃棄していた牛脂を再利用!特製肉うどんで事業の回復を目指せ 本事業では、店内飲食・出前可能なうどん屋のオープンを行う。今まで既存事業の焼鳥屋・ハンバーグ屋の調理過程で破棄を行ってきた牛脂を、生かすことができ、今回の事業により新市場への挑戦・対人接触機会の減少で、現在の事業と両立しコロナ禍や世界情勢に負けない事業を行う。
「低資金×低コスト運営」の飲食店出店計画。福岡で超絶人気ラーメン店の運営事業をはじめます。 赤身肉ブームの先駆け的存在の有名店『肉山(本店;吉祥寺)』業態を福岡と名古屋で運営している弊社は、新型コロナ感染症の影響により、「飲食店への来客が激減」、「酒類提供・営業時間の制限による売上が激減」しました。そこで、「低資金×低コスト運営」の福岡の人気ラーメン店『ひるとよる』にFC加入し、外的要因に影響されやすい商業施設でない路面店で出店します。
顧客拡大を目指す割烹料理を通した新たな飲食形態への進出 既存店舗とは違うデジタル技術を取り入れたウィズコロナ・ポストコロナ時代に合った感染対策の十分とれた完全予約制の割烹料理店をオープンし、強みである調理技術を最大限に活かした店舗展開をしていく。
人気ラーメン店ののれん分けによる焼き鳥屋からの事業転換 コロナで飲食業界は大きな打撃を受けたが、ラーメン店については業績を伸ばしているケースもある。今回のれん分けにより新規開店するラーメン屋、「ぎょらん亭」は評価が高く、数々の受賞歴もあり、場所を的確に選定すれば人気がでると考えている。
福岡県初!お晩菜×カフェで新形態の飲食店営業を行う。 本事業では、『福岡県初のお晩菜×カフェ』を開業し、店内飲食・出前可能なお店作りを行う。具体的な取り組みとしては、昼間はランチ用のお晩菜料理・カフェランチ(スープやサラダ等)の提供を行い、夜はお晩菜料理を肴に、お酒を嗜む小料理屋として営業を行う。
馬刺の小売販売と馬刺や馬焼肉専門店への展開 馬焼肉、馬刺をメインにした馬焼肉店。店舗営業に加えデリバリーサービスやテイクアウトでも販路を拡大。加工に必要な製造設備を導入し、馬刺などを店舗営業と小売、ネット販売、ふるさと納税に対応できる生産体制を構築する。
四川料理店の豆板醤、麻婆豆腐等の加工食品を真空パック等で製造販売 当社の四川料理の多くの味・料理法を組み合わせ、同業では少ない自店で作成した豆板醤や麻婆豆腐、肉系加工食品を、保存がきく形で真空パック包装等し、インターネットでの通信販売や常連客向けに販売、や小売店向けに卸売します。
高級ホテルの料理長にも認められた蕎麦屋の名店である当社が、素材に拘った蕎麦・うどんの生麺の製造を開始! 当社は北九州市で25年間にわたり蕎麦屋の営業を続けてきた。これまで、TV番組や雑誌の取材等にも多数出演してきたが、コロナの影響で売上が激減している。この度、引き合いがある高級ホテルや新規出店計画がある店舗を対象に蕎麦・うどんの生麺の製造と提供を行い、インターネット等でも通販を開始し、名店の味を知ってもらう機会とする。
カフェ併設型シュミレーションゴルフ施設の展開によるポストコロナに対応した事業再構築 既存事業「飲食業(酒場)」は、コロナ禍や物価高騰の影響により大きな打撃を受けており、事業再構築の必要性に迫られている。今般は当社の「強み」と「機会」を掛け合わせた新規事業として、「カフェ併設型シュミレーションゴルフ施設運営」事業を展開する。展開にあっては、既存事業とのシナジーと、他社との差別化を意識し、「選択と集中」による戦略を講じていく。
割烹料理業態、角打ち業態への進出による水平的多角化戦略 地元食材を使った割烹料理店と角打ち店への進出により、プライベートの個客や観光客に向け、福岡の食文化を提供、訴求する。居酒屋のみの経営による宴会需要に依存した体制から脱却する。
柳川うなぎせいろ蒸しの新形態 冷凍おにぎりの卸売事業への進出 うなぎせいろ蒸しを元に、手軽にどこでも味わえる冷凍おにぎりの卸売事業を開始する。観光客や人流の多い場所で販売して全国の方に当社や地元柳川に興味を持っていただき、実店舗と地域にも誘導して活性化を促す。
コロナ禍で大打撃をうけたバー経営者によるテイクアウトラーメン販売事業 コロナ禍でバーテンダー事業の売上が激減。それに代わる事業として、ラーメンのテイクアウト事業を始めたい。福岡市民の誰もが知り、おしまれながら閉店した老舗中華料理店があるが、その料理人とタッグを組んで二度と食べられない味を再現。多くの人に喜んでもらえるラーメンを提供したい。
居酒屋業態から「ちゃんぽん屋」への事業転換による業績回復 当社は居酒屋を経営してきましたが、コロナ禍の飲酒需要低下に伴い廃業し、「ちゃんぽん屋に社運をかけて挑む事にしました。今まで昼間は営業していませんでしたが、ランチタイムの営業を開始します。また、テイクアウトも始めます。
「きんぎょ」のブランドもつ鍋を「食品通販」分野へ展開 アフターコロナを見据え、県外客にも人気の「きんぎょ」の新店舗を開業するとともに、同店舗の一部に冷凍冷蔵設備を備え、「ブランドもつ鍋」として食品通販事業へ参入するもの
遊休不動産の活用と地域特性を活かす台湾料理店「妙見飯店」開業 アジアの飲食店が立ち並ぶ「リトルアジアマーケット」がメディアで話題の吉塚エリアにおいて、遊休不動産となってしまった駅前徒歩5分の好立地テナントに、現在競合店が存在しない台湾料理店を新たに開業する。
肉の卸販売とセントラルキッチンでコロナ禍から復興めざす 福岡県小倉で4店の飲食店を営む株式会社HANKAが、強み(今までに築き上げたブランド、商品開発、顧客開発の経験値)を活かし、低コストで、シナジー効果の高い、アンテナショップとセントラルキッチンを構築し、肉の卸売とマルチライン提供事業(テイクアウト、デリバリー、弁当販売、加工食品販売、ECサイト販売)に乗り出す。このマルチラインは長期のコロナ感染対策そのものになります。
お酒の背景にあるストーリー、物語を伝える提案営業型酒屋事業 コロナ禍での家飲み需要を捉え、ECサイトを活用し酒器やお酒をセット販売し、お酒の背景をサイト上でも伝えることで、提案型ECサイトとし国内に留まらず活況を示す海外への越境ECにより業績のV字回復を図ります。
高齢化率の高い朝倉市で介護ケア脱毛&介護脱毛訪問サービスを展開し地域活性化! これまで主にダイニングダーツバー事業を行ってきたが、コロナ禍およびウクライナ情勢の影響により、経営状況が悪化した。

本事業により介護ケア脱毛&介護脱毛訪問サービスを展開し収益改善を図る。

美容×食事の相互関係を理解した女性オーナーのエステサロン 今回の補助事業で痩身・脱毛を一店舗で行えるエステサロンをオープンする。既存事業との違いとしては、今まで飲食業界の最前線で培ってきた知識を発揮し、当店でしか提供できないメニューの開発・提供を行う。店内では、単に美容業(痩身・脱毛)を行うだけでなく、『美容×食事』の切っても切り離すことが出来ない関係からアプローチすることで他店舗には真似することの出来ないメニューを提供する。
福岡市で16年、強みを生かし新分野へ地域活性化小売販売業への挑戦 居酒屋等の飲食店事業を変更することなく、魚介類販売業・水産製品製造業・冷凍食品製造業を取得し、自社知識を生かし、「地域活性化小売販売店」(大分類I)という新市場に進出する。『新分野展開』事業であり、『最低賃金枠』として応募いたします。
地元で長く愛される居酒屋が創作洋風惣菜のテイクアウト店を新たに展開 地元北九州で長く愛される焼き鳥店、居酒屋など3店舗展開をしている当社が、女性に人気のおしゃれなイメージを前面に打ち出し、イートイン併設の創作洋風惣菜のテイクアウト販売事業を新たに展開
飲食業から製造業への業種転換計画 飲食業を廃業し、製品の包装を請負う製造業へと業種転換を図る。具体的には、外国から送られてきた製品に、新たに導入した機械を利用してパッケージ包装を施し、販売事業者に納入する。これにより事業の再構築を行う。
地域特産品を活用したこだわりのふるさと納税返礼品事業 新型コロナウイルス感染症拡大によって被害を受けている飲食店業から、そのノウハウを活かしたレトルト食品を製造しふるさと納税の返礼品の出品等を行う事業へ業種転換することで再起を図ります。
生フォー麺を中心とした飲食・テイクアウト店 兼 生フォー麺の製造工場 博多の郷土料理とベトナム伝統の味を融合させ、福岡から新たなる食文化を作り上げます。麺はベトナム、スープは博多、食材は農家直送の新鮮野菜をふんだんに使用、既存事業の強みを活かしつつ、米の消費拡大を促進する取組の一環として、食意識の高い人々へ、体質や肌質の改善が期待できるグルテンフリーメニューを提供します。
Next 092~博多創作中華への挑戦~ 福岡市博多区で地域住民をメインターゲットとした「創作中華」を提供する飲食店を新たに出店します。対象物件は本部兼セントラルキッチンとして賃借しているビルで、本補助事業にて店舗向けに改装します。また、本部事務所は移転予定です。
天然素材にこだわった、美と健康のためのハイブリット型カレー専門店の運営 当社は、福岡市で飲食店を経営しているものの、コロナや物価高等の影響を受けて売上は減少。また、目下、営業利益の悪化にも直面。今般、コロナ禍の家食ブームや健康ブームなどを背景に、オンラインとオフラインが上手く融合されたハイブリット形態でのカレー専門販売を行い、業績のV字回復を果たす。
福岡のラーメン・インバウンド需要を「非豚骨系ラーメン」により取込む新分野展開 春日市春日原の地元客及びインバウンドによる需要を見込みニーズを捉えた「非豚骨系ラーメン」と、当社がこれまで培った居酒屋経営での一品メニューの充実を図ることにより、他社との差別化を図った店を展開する。
地域初のアパートメントホテルで観光客需要に対応し市街地を活性化 コロナの影響により売上減少となった既存飲食店が立地する活気を失った市街地に、市内初となるアパートメントホテルを開業し、地域の宿泊施設の不足に対応すると共に観光客を呼び込むことで地域活性化を狙う。
パリの茶懐石料理店での茶懐石の提供 パリにてオープンする茶懐石料理店にて、茶懐石を提供する。フランスで単に本物の和食を提供するというだけでなく、茶懐石を入口に、茶の文化を伝え、日本の様々な伝統工芸も紹介していく。
百貨店等と連携し、バスクチーズケーキ製造工場及び店舗への進出 イタリア料理店の人気メニューのバスクケーキ専門工場及び併設する直営店を設立する。百貨店など催事イベントで認知度をあげ、3Dフリーザーなどを導入し、大量生産や長期保存できるオンライン全国販売に進出する。
冷凍焼きカレー商品化と門司港レトロで誰もが訪れる店舗開発 店頭に土産やテイクアウト食品が買える物販スペースと地ビール等の飲み物主体の飲食スペースを設け、奥の厨房をグループ店のセントラルキッチンとして人員を有効活用、生産性の向上とECを含め経営の多角化を目指す。
外食形態の競争激化の中での休業店舗(リソース)を最適化し、ハイブリッド食肉加工業を目指す 無添加加工食肉をはじめとした九州各県のうまかもんを毎月お届けするサブスクリプション通販事業
事業間のクロスセルを実現する飲食業から自動車整備業への業種転換 既存店舗正面にある自社保有の土地に整備工場を新築し、自動車整備業へ業種転換を行う。既存事業である飲食店の顧客へ利用を促し、事業間のクロスセルを実現する。さらに、米軍基地との販路を保有している事から、人気のある日本の中古車を販売し当社のV字回復を図る。
現役看護師と心理カウンセラーによる「体と心をほぐす健康エステ」 現役看護師として健康な食事を提供するため飲食店を開業して12年。医療でも使用されているラジオ波機器を導入し「体と心をほぐす健康エステ」事業を開始する。免疫力や基礎代謝の向上、ストレス軽減によりコロナに負けない健康づくりを実現する。
飲食業が地域活性型多目的スペース事業を新分野で展開 新分野事業として、既存の店舗を改築して2階にホールを建築し、現在の飲食業に加えて地域活性型の多目的スペース事業をオンラインを絡めて行います。
新しい業態と販路づくりのための事業再構築 当店は飲食店である。今後、事業承継や従業員の世代交代を控えており、賃金水準の引き上げや毎年の賃上げ原資の確保が必要となる。そこで、新しい業態と販路をつくることで付加価値額を増加させ、事業の継続とさらなる成長発展を目指す。
地域初の「黒田五寸人参珈琲」を地域連携で商品化 新型流行に伴う飲食業の苦境に対応し、大村市の特産「黒田五寸人参」の加工品として「黒田五寸人参珈琲」を地域連携して商品化する。非接触性を重視し通信販売や店舗(テイクアウト)、土産物店(農産直売所)で販売を行う。飲料として店内提供や加工品開発も行う。
新幹線開通の諫早駅前に焼肉店開業並びにデジタル機械で増収益 ほぼ全商品の値上がりに対抗し、①異なる客層をターゲットとする焼肉店を新規開業し、既存店との相乗効果で売り上げ拡大を図る ②配膳ロボットを設置し人件費を削減③無人販売機「スマリテ」で時間外売上を狙う
セルフ鉄板導入とブラストチラー活用で新規顧客を掴み業務効率化と収益性向上を図る 鉄板焼き専門居酒屋が昼ランチ業態にサービス提供を変更し、且つこれまで厨房内にて調理していたメニューを客席に鉄板を設置することでセルフ対応とし、業務課題の解決とアフターコロナの顧客ニーズに添ったサービス提供へと転換を行う。
飲食店事業の人脈を活用した、超地元密着型ポータルサイト事業 熊本市中心部、半径1キロ(徒歩移動圏内)という極小エリアに特化した、エリア密着型ポータルサイトの運営を行う。大手ポータルでは実現できない、高い更新頻度で詳細かつ最新の情報発信を行う。
地場食材を使った本格窯焼きピザのテイクアウト事業 当社がこれまで培ってきた食に関する知識や経験、余剰スペースを最大活用して、地場食材を使った本格窯焼きピザのテイクアウト事業を行うことで新規顧客獲得及び事業の再構築を図る。
郷土料理で培った技術と真心でもてなす味と価格自慢のうなぎ料理店 当社は1985年創業以来、日本料理を提供してきました。コロナ禍における外食産業への影響により、不採算部門である郷土・懐石料理の提供から、うなぎ料理店へ業態転換します。
阿蘇白水郷美術館を改装し、南阿蘇の良さを発信するアート館を新たに創設 南阿蘇村の公募型プロポーサル事業として、阿蘇白水郷美術館を改装し、南阿蘇の良さを地域住民自らが発信できる施設を創設・運営する。地域住民のコミュニティの場とするとともに、話題性のある施設として観光客の集客を図る。
黒川温泉地域での長期滞在を支援する補完プログラムの構築 アフターコロナを見据えた国内外の観光特需に対応しつつ、弊社および黒川温泉地域の競争力を強化するために、コインランドリーや長期滞在を支援するアクティビティ事業を実施します。
独自製法の熟成牛並びに熟成用乾燥糠販売事業 従来の熟成方法とは異なるシェービングをせずに全部の肉を使える弊社独自の乾燥糠を用いた熟成方法の特許を取得し、ECサイトを使って糠熟成肉及び熟成用の乾燥糠を販売する。また、ふるさと納税の返礼品にも登録する。
自社ビルでラーメン屋開業!コストを抑えて価格戦争へ参戦! 本事業では『自社ビルでラーメン屋を開業する事により固定費を抑えて価格戦争が起きている市場への参入』を行う。当店は自社ビルの一階部分で事業を行う為、家賃がかからず固定費を抑える事が可能である。又、新店舗では、「味噌とんこつラーメン」をメインに今後様々なラーメンの開発をしていく予定である。
創業41年、老舗居酒屋の美味しさを「瞬間冷凍技術」で全国の食卓へ 現在、冷蔵テイクアウトで人気の商品を「瞬間冷凍機」で日持ちする新商材にして販売します。「もつ鍋」「焼き鳥」の定番メニューも冷凍新商品として開発予定。創業41年の老舗の味を、自販機やECサイトで全国の食卓へお届けします。
新たな調理方法と加工技術の冷凍化であか牛料理の進化を目指す コロナ禍により店舗レイアウトの変更を余儀なくされた中で調理方法の進化によるあか牛料理の美味しさを追求する。また加工技術の冷凍化を図り冷凍食品でも出来立ての美味しさを実現し、直販体制の強化を図る。
老舗旅館が提案する地元民と観光客が混在し、賑わう空間創出事業 旅館業から、新たにランチ営業やワークスペースを備えたカフェ関連事業への新分野展開を行うにあたり、設備投資を行う。補助事業終了後に本事業化を行い、5年後付加価値額を基準年と比較し567.6%増加させる
コーヒー豆の焙煎事業への参入とシェアロースト事業の開業 コロナ禍の影響により既存事業である飲食事業が大きな影響を受けた。コーヒーショップに携わっていた経験を元に、上天草市で焙煎所を開業し、焙煎豆の製造・販売を行うと共にシェアローストの普及を目指す。
女性目線の飲食事業と相乗効果のある酵素風呂の開業による業態転換 コロナ禍の影響や地政学リスクの高まりにより既存事業である飲食事業が大きな影響を受けた。そのため自社の人材を活用し、拡大するウェルネス需要に応え、健康問題の改善を図る「酵素風呂」の店舗開業し、業種転換を図っていく。
罪悪感なくお酒を!健康・美容も考えた乾燥ハーブで事業再構築 40年以上のバーテンダーの強みを活かして、カクテルでも使用できる乾燥ハーブを新たに製造し販売することで、コロナ以降の家飲みの需要を取り込み、事業再構築を図ります。
スペシャルティコーヒー店が本格自家製クロワッサンで事業再構築 大分市内で自家焙煎した豆を販売をしているスペシャルティコーヒー専門店が、自社ブランドのクロワッサンの製造販売、卸売の開始とオンライン販売の構築を行い、事業再構築を図ります。
新たなニーズを掴み強みを活かした新規顧客獲得事業 キャンピングカーサイト新設により新たなニーズを取り込み収益性の高いサービスを展開。新広報戦略策定によりニッチ市場開拓を強化、強みを活かしたサービスで付加価値額を増加させる。
ポストコロナの女性志向サービスによる新分野展開 ポストコロナを志向した、女性限定・非接触・完全予約制のエステサロンを開業。既存事業では取り込みづらかった女性層にアプローチする新規事業で、コロナの影響をカバー、売上回復をはかる。
郷土料理のデリバリー等も行う地産地消に特化した飲食店の運営 消費量が減少している大分県産の食材を活用した飲食店事業に進出し、自社の事業再構築を果たすと共に地域に貢献する。店内の感染症対策を徹底すると共に、テイクアウト等を実施しコロナ禍の消費者ニーズにも応える。
九州のしらす食文化形成を目指して!OITAしらす豊洋丸の挑戦 コロナ禍で窮地に陥っていた飲食業の売上補填の為に始めたしらすの加工商品の評価は高く、そこに商機を感じた。そこで、製造業へと業種転換を図り、窮地脱却・持続的な発展・九州のしらす食文化形成を目指す。
地元で長年親しまれる居酒屋が挑む!小売業・食料品製造業への業態転換 感染症拡大での来店客減少と原油価格・物価高騰により経営が悪化した。そこで昼の往来者向けに直営の小売店を併設した食料品製造所を立上げ、創業36年を誇る調理技術と知識を活かし「菓子・惣菜・レトルト商品」の製造販売を始める。
古民家活用での菓子製造及びEC販売と犬と過ごせるアフタヌーンティ専門店の複合展開 古民家を複合型施設として改装し、EC特化の宮崎ブランドスコーンの販売を軸として、併設したレストラン店舗ではスコーンのシナジー性のあるアフタヌーンティ専門店を展開。犬も入室できるスタイルで差別化を計り日本初のペット用アフタヌーンティ等も提供する。
サーファー向け日帰りコワーキングスペースの新設とキッズサーフスクール事業 ゲストハウスを改築した地元サーファー向けのコワーキングスペースの開設と、キッズサーフィンスクールに取り組み、宿泊に依存しないサブスクリプション型のストック収入の確保を目指す。
アンテナショップ(食事(生そば)業態店舗)とテイクアウトデリバリー・通販のハイブリッド販路の構築でV字回復。 居酒屋業態からそば(食事)業態へ店舗を業態変更し、店舗をアンテナショップとして直接的な消費者への接点を作り認知拡大を行う。店舗に隣接するセントラルキッチンを活用し、テイクアウト・デリバリーとネット通販での販売も行う。店舗があるからこそ、一定数の見込み客と接点を持つことができ、テイクアウト・デリバリー、通販での売り上げにも繋がる相乗効果を最大化させる。
体験型サービスで鹿屋を思いっきり楽しめるゲストハウスの展開 コロナ禍により既存の飲食事業の業績が低迷している。対策として、遊休資産となっている物件を簡易宿泊所に改装し、地域内の農林水産業等と連携して体験型サービスを提供することで鹿屋市内外から幅広く集客を図る。
鹿児島を元気にする屋台村 新型コロナの影響により営業再開にこぎつけていない飲食店等と協力して「鹿児島」をテーマとした観光客向けの屋台村を開設し、当社自体の売上・利益の増加につなげるとともに、当社本店が所在する騎射場地域の賑わいを維持していくための事業
阿久根の魅力を再発見するガーデンリゾート事業 コロナ禍から感染リスクが少ないプライベートな空間で宿泊できるヴィラの需要が高まっているため、ヴィラとオンラインサービスを組み合わせた宿泊プランの提供を行っていく。既存事業である宿泊業のノウハウを活かし、地域の新たな魅力を発信しながら社会情勢及び消費者のニーズに応えたサービスの提供により水平型多角化戦略を図る。
世界自然遺産の森にほど近い山の中の「こだわり地元食材食堂」への転換 当社はこれまで近隣住民の顧客が中心の唐揚げのテイクアウト店を営んできた。新型コロナの影響に加え、テイクアウトのライバル店の増加および物価高騰の影響による売上減少により、事業の継続も危ぶまれる状況である。外出の機会と観光客の回復に伴うイートイン需要を取り込むため、現在のテイクアウト店を閉店し、コロナ感染防止対策に取り組める広々とした空間で食事ができる飲食店への事業再構築を行う。
久米牛を使った焼肉屋への事業転換により地域イノベーションの創出を図る 久米島内で生産される和牛を使った焼肉店を久米島内(沖縄県島尻郡久米島町比嘉160-71)にて新たに運営する。具体的な本補助事業の内容としては以下2点である。■久米島で生産される和牛を「久米牛」としてブランド化■主にブランド牛「久米牛」を使った焼肉店「にくよし」を開店
飲食店からDXツールを活用した宿泊事業で自社リソースに相乗効果を持たせる新分野の展開 自社で保有する不動産資産を有効活用して、運用面では複数のドアと入室者をクラウドで一括管理するDXツール、予約からチェックイン・チェックアウト、宿泊料金の自動決済をするシステムを活用した非対面型サービスを中心に据え、多言語対応が可能な「戸建てタイプの宿泊施設」を提供する事業です。
ディープな町 屋冨祖があふれる「屋冨祖バーガー」 地産地消の地元食材を使用した「ご当地ハンバーガー専門店」としてランチ限定のデリバリー・テイクアウトのみの販売営業を致します。場所は既存事業と変わらず、ハンバーガー製造の為にキッチンを一部改装工事致します。ターゲットは変わらず地元住民ではあるものの、Instagramなどを活用した遠方の県民や観光客も視野に入れた運用を致します。営業時間は11:00~15:00とし、既存事業との差別化を図ります。
高年式自動車専門の整備・再販ビジネスの展開 旧車(主として生産してから25年以上が経過している国産車)を購入し、整備し、再販するビジネスを展開する。旧車市場は40~50代の富裕層を中心に確固としたニーズがあるにもかかわらず、技術力ある職人が不足しているため3年待ちは当然といった状況にある。これを商機と捉え事業を開始する。
製麺所兼生パスタ専門店の新規開業による外飲み需要依存からの脱却 本事業にて製麺所を兼ねた生パスタ専門店を開業し、弊社の既存店舗における共通の特徴である外飲みとは異なる、食事メインの形態で営業を行う。また、生パスタ専門店に来店するお客様向けのパスタ料理販売のみならず、フードデリバリーでのパスタ料理販売や、オンラインでの生パスタ販売も行う。
デジタル技術を活用した24時間型省人フィットネスジムによる長寿沖縄復権プロジェクト 飲食店を営む当社が、沖縄県の『肥満率の高さ』と『長寿命県から短命県に転落』した事実に着目し、「食」と「運動」を通じ地域と連携したフィットネスジム事業を展開することで沖縄県の社会課題解消に寄与する。
郷土料理の食堂が提供する、地元果物を使ったトロピカルジュースのテイクアウト店開業 現在経営している飲食店の敷地内にテイクアウト専用の店舗を作り、石垣島の特性を活かし地元果物を使用したトロピカルジュースをはじめとするメニューを提供する。近隣には地元住民の他にホテルも多く、観光客も顧客になるメニューで業績向上と地域貢献を目指す。
木炭自家製麺を使用した業界初の八重山そば(石垣島郷土料理)の提供と販売戦略 業界初の木炭自家製麺を使用した八重山そばを中心とした郷土料理の提供及び八重山そばの加工食品製造によるお土産販売としての試み。
レストランウエディング事業への参入 リゾート挙式者の会食や地元カップルの少人数婚を検討している20代~30代をターゲットに、ウエディング会食が可能な規模の店舗を借り上げ、店舗開発を行う。ウエディング会食実施にあたっては県内のウエディングプランナーと連携し、レストランウエディング事業に新規参入する。
バーの裏メニューのカレーを焼きカレーパンへ!宮古島の名物・B級グルメの創出 バーで提供している沖縄・宮古島産の食材を使ったオリジナルスパイスカレーを使った焼きカレーパンを提供する。急速冷凍機を導入し、作り立ての味をいつでも提供できる体制とする。焼きカレーパンを宮古島の名物として育て上げる。
民宿さわやか荘発信(発進)西表島の文化伝承拠点事業 西表島で長年民宿を営んでいますが対象とするお客様は観光客でありコロナで客足が遠のいています。そこで新たに長期滞在できるワーケーションルームと文化伝承拠点として事業再構築をします。
石垣島農家レストラン「Arun farm to table」 石垣でゲストルームを運営する夫婦引継ぐ農園の側にリノベした建物でレストランを。亜熱帯気候を活かし自作の農作物を使う、島で最初の【農家レストラン】観光農園と併せ、地元と観光の方が共に楽しむ場に。
離島の食事難民を支援するお弁当事業 沖縄県最北端の離島、伊平屋島にて、お弁当の製造、販売を事業化します。人口減少と高齢化により、島外から来られる人たちが食事をとれる場所や弁当などの販売量も多くなく、食事難民、ランチ難民と呼ばれる方の増加は地域課題となっています。当事業ではこの課題解決に取り組むものとなります。